Cat’s Brand -“ライブとアルコールで生きている”

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

2008-12-22

[][][][] セルフ・クリスマスプレゼント。・゚・(ノД`)

 ・・・みなまで言うな! わかってるんだ! なあに、あまり金がかからなくっていいじゃないか! orz


 ・CDmilktub/「SMILE ENERGY」

 ・CDMELL/「KILL」

 ・DVD:川田まみ/「LIVE TOUR 2008“SAVIA”LIVE&LIFE vol.2」

 ・本:みつみ美里:「1998-2005 Leaf Illustrations」

 ・本:林家志弦:「キリカのビーム


 いよいよライブは今週末! bambooさん渾身の一作、なぜかいまさら1stってのが笑えますが・・・出来は相当イイ!!! これはちょっと堪らないモノが。カッコイイことにテレがあるところが何とも人間臭くって、それは中二病と言われればそうなのかもしれませんが(笑)、そうじゃないとロックじゃねぇよ! とにかく超絶オススメです。初回版は数が少ないらしいので、いますぐ店にGO!GO! 勢い余って3枚予約して買っちまった俺はどうにも。

 MELL様のシングル、いまさら買いました。すっかり忘れていたのは最近の傾向。どうにもこういう傾向なんですかね? MELL様らしいといえばそうなんだとは思いますが、俺は「美しく生きたい」みたいな広々とした曲も聴きたいのだ。・・・まさかこれ武道館では演らないよね?(笑)

 まみまみDVDは店で見て初めて発売してるの気づいた(ぉぃ)。FC入ってるのに・・・。まだ観てないんですが、STUDIO COASTでのライブ収録ということで、正直あまり期待してない(笑)辛口ではありますが、あのライブはあまり良くなかった。「川田まみ」を活かし切ってるとは思えなかった。それはまあ曲調のせいでもあり、本人のパフォーマンスのせいでもある。これからこれから! 声量だけでももう少しUPできれば随分と違うと思います。がんばれ、がんばれ!応援してますよ!

 みつみさんの画集は、商業的には初でしょうけど・・・まあ皆はわかってますよね?(笑) みつみさんは俺をこの世界に引き擦り込んだ方なのでいまだに敬愛度No.1・・・つーか俺個人の神さまなので、いまさら言えることなんてないっす!(俺と古い付き合いの方はみなまで言うな)ああ、あの頃が懐かしいねぇ・・・あれからもう○○年経つんだ・・・。

 林家センセの同人誌商業では出せなかった幻の一作。どうにもこうにも、いつもの林家節が効きまくりで笑えるとしか(笑)ファンなら絶対買いの1冊です!!!

2008-07-25

[][] BD時をかける少女」買いました。ついでに前回の劇場版空の境界「痛覚残留」DVD版感想も。

 最近は何か、BD版で出るものが楽しみになってきました(笑)。「時かけ」もDVD版は持ってるし、好きだけれど何度も見返す作品ではないなぁと思っていたのですが(これについては捕捉。何度も見返して自分の中ですり減らすのがもったいなさすぎる作品、ということです)、結局買ってしまいました。ちらっとOPだけ観ただけでも、やはりBDは良い! 面白さに直接関与するとは思いませんが、曇り無く観られる意味で、特にアニメーションにおいては良作にBD鉄板だと思います。粗の目立つ作品もあるでしょうが、そこはうまく選別して(笑)。

 そして前回劇場で観てしまったために開封すらしなかった、らっきょ「痛覚残留」ですが・・・やはり劇場の迫力にはかなわないか。部分部分でオブジェクト認識がはっきりした面はありますが、魅力は総じて劇場のが上だなぁ。サントラは毎回素晴らしいし、特典冊子も面白い。しかしやはりコレクターズアイテムですね。いずれBDで出ることを願ってます。

2008-07-23

[][][] 劇場版空の境界第3章「痛覚残留」買いました・・・が。

 各人、購入動機は色々とありましょうこの第3章。純粋に原作ファン能登さんの大ファン、オパーイネタで盛り上がるヒト・・・まあ私なんかはそれら全部当てはまるわけですが(笑)、たとえどれかだけだったとしても待望だったのは事実。とにかく魅力的な1本。改めて観るために・・・おもむろに池袋のテアトルダイヤまで。



 ・・・あれっ? 俺DVD買ったんじゃね? という疑問は、もう単純に・・・まだ第4章を観てなかったので、それならばまとめて劇場でもう一度観ようか、という理由で晴れました。池袋に昼頃到着。いろいろと用事を済ませ、時間どおりに劇場へ。

 13:25から第1章スタート。ウワサどおりかなり空いてましたね。平日とはいえ、この入りはちょっと新宿では考えられない(笑)。その分第3章までガッチリと堪能させていただきました。ヒトが少ないってのは逆に音響ストレートにクるので最高! 何度も書いてますが、この作品はぜひ劇場で一度観て、聴いてもらいたいんですよね。音圧による演出は、時に暴風となって心に残ると思います。

 第4章は完全に夕方。少しだけ客も増えましたが・・・さして全体的な印象としては変わらず。内容は、よくもまああれだけしかない原作で約1時間の作品に仕上げたなぁ、と。心象世界も悪くはなかったけれど、何より「死の線」が見える表現が秀逸。絶望感を多分に含んだ最高の演出だったと思います。以上、簡単な感想でした。


 そんなこんなで、改めて通して観るとやっぱりこの作品は良いなと感じました。DVD買う前にぜひ劇場で。

2008-06-24

[][][][] iPhoneは果たして買えるのか?

 SBで続けておいてよかった・・・かは微妙ですが、まあ同キャリアなので移行すると思います。正直楽しみ、なのですが実は何も知らないんですよね。何が出来るのかすら(笑)


 ・本:「新・萌えるヘッドホン読本」

 ・CD:「DJCD さよなら絶望放送第三巻【特別版】」

 ・DVD:「俗・さよなら絶望先生」第四集

 ・DVD:「劇場版空の境界 殺人考察(前)」


 ヘッドフォン好きとしては一度読んでみたかった「新・萌えるヘッドホン読本」、やっと市販されましたので購入。感想は・・・あまりのソニー贔屓に鳥肌が立った(;´Д`)さすがにこれは酷い。いくら批評自体が主観的なものだからってやりすぎだろう。それにぶっちゃけヘッドフォンの世界は3万以下は何使ったって一緒で、ある程度値の張るものから初めてジャンル向きとかが語られる。そういう意味では、高〜低価格帯入り交じったこの本で、あのグラフ群はどうにも総合的な評価と印象にズレを生じさせてしまうと思う。レビュー記事もくどすぎて読む気にならない。本当の評判が知りたいのならネットで調べるべきだなぁ。・・・自分としては最上級辛口ですが、正直な感想として。あ、イラストと最後のインタビュー記事は良かったと思いますよ。需要から考えて、この本読んでヘッドフォン選ぶ人はいないと思いますが(笑)

 その他はまあいつもどおりな買い物。

2008-05-21

[][][][] その他いろいろ。

 さて、お久しぶりです。相変わらずバタバタした毎日ですが、充実してる・・・のか? 胃腸だけは間違いなく弱ってきている今日この頃。週一ぐらいの更新で、しかも買い物ネタぐらいしか無いところに寂しさを感じずにはいられませんがとりあえず。


 ・CD:KOTOKO「Special Life!」

 ・DVD:「劇場版空の境界」俯瞰風景

 ・DVD:「俗・さよなら絶望先生」第3集

 ・本:久米田康治「さよなら絶望先生」第13巻

 KOTOKOさんシングルは前述のとおり。

 待望の「空の境界DVDはパッケージ含めて素晴らしい出来。絶対後からBDで出ると思うけど(笑)。後は、ホームシアター系の音響があると尚良い。映画館で観た方は分かると思うんですけど、どうしてもこの作品・・・梶浦さんの音楽に拠りすぎてる面があるので、そういう意味で。同梱のサントラCDは絶品なので皆買うといいよ!

 絶望先生2作は規定路線。DVDのほうはついにあの「リリキュア」が完全収録!(笑) ホントみんな買ってよ!!第3期でシャフト伝説を積み上げて欲しいです。原作のほうはいつもどおり最高の出来。