Hatena::ブログ(Diary)

ceeda日記 本館 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-01-04 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

新年明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。

適度な頻度でぼちぼちとやっていきますので、よろしくお願いいたします。

2016-12-11

ビデオキャプチャーボード買いました

私のパソコンは千年戦争アイギスをプレイするのがやっとなくらいで、プレイ動画なんて録画はほとんど無理。

一度BandyCamで録画したことあったが遅かった。

普段1分あれば終わるゲームが5分かかりましたよww


そんな環境でどうやって録画するのかということを考えたところ、私のiPhoneで出力させて録画する方法はないかと思いました。

世の中にはパソコン性能に期待できない人のために、ハードウェアエンコード方式のビデオキャプチャーというものがあります。

ということで、これを使うことにしました。

選んだのは11月に発売されたばかりのAverMedia製品

AVT878ビデオキャプチャー

これを購入しました。


しかし大きな落とし穴がありました。

このビデオキャプチャーは単体での録画もできるし、USB2.0で接続してパソコン側で録画もできるのですが、パソコンに接続して録画する際にソフトウェアエンコーダー方式になることです。

ソフトウェアエンコーダ方式だと、パソコンにかなりのスペックを要求するじゃないですか・・・

調べたら、G-Force必須環境。

ノートパソコンだったらCorei7の第4世代は最低限らしく、私のパソコンは完全にアウトです。

よく調べておけばよかったなと。


私と同じく、パソコンがしょぼいのでハードウェアエンコード頼みでのキャプチャをしたいという方には、この機種お勧めできません。


現在、パソコンを使わず単体録画モードというので録画しています。

単体録画モードの場合はハードウェアエンコードとなります。

その記録動画をパソコンで編集する方法を現在行っています。

パソコンを新しくするまでは、これで我慢ですね。