英語で!アニメ・マンガ このページをアンテナに追加 RSSフィード

    北米発のアニメ・マンガニュースを紹介するブログです。


OTAKU UNITE!
実はマンガ専門の出版エージェントをやってます。


自分のクライアントさんのマンガだけでなく
色々な海外マンガを紹介していきたいです。



『メガトーキョー』(講談社BOX刊)
海外マンガの翻訳もしています。


海外マンガ事情についても調べています。
情報歓迎です!



米アニメファンを描いたドキュメンタリー映画 『OTAKU UNITE!』の字幕も担当しました。
監督からこのブログへの独占メッセージ。

2005-10-18

英語版『DEATH NOTE』発売!「英語であのせりふはどうなってる?」デスノ編。

とうとう英語版『DEATH NOTE』1巻が発売された。「次にハリウッドで映画化されるアニメ・マンガのトップ3」に私の中だけでランクインしているこのマンガは、既に多くの北米アニメ・マンガサイトのレビューでも取り上げられ高得点を得ている。

Death Note, Vol. 1

Death Note, Vol. 1

英語版では、ライトがノートに書き込む文字は全部英語に変更されているが、オリジナル日本語版単行本に入っている黒地に白抜きの「Death Note How to use it」はそのまま(つまり日本語が入ったまま)掲載されている。

そこで今日のエントリーは、「英語であのせりふはどうなってる?」デスノ編。

ライト  「そして 僕は 新世界の神となる」

リューク 「人間って... 面白!!...」

Light  "And I... ...will reign over a new world"

Ryuk  "Humans... are fun!!"

新世界の神となる」が「新世界を支配する」に。ちなみに「死神」はそのまま「Shinigami」として表記。

ライト&L 「必ず おまえを 捜し出して始末する!!」

ライト  「僕が」

     「私が」

ライト&L 「正義だ!!」

リューク  「やっぱり人間て 面白―――っ」


Light & L  "I'm going to find and dispose of you, If it's the last thing I do!!"

Light    "I'm..."

L       "I'm..."

Light & L  "Righteous!!"

Ryuk     "Humans are... a riot!!"

ちょっとだけ英語の説明をすると、dispose of は「始末する」、if it's the last thing I do は「何が何でも」、riot は「すっげぇ面白い人または物」のこと。


ライトがノートに書いた事がどこまで実現するか犯罪者を使って試すところ。

犯罪者の残したメモの文頭の一語を続けて読むと・・・

「えるしっているか」

英文では、メモの文頭の一単語を続けて読んでいる。(最初のLordにムリあり。)

"Lord Do You Know"

おまけマンガ。

ライト 「さあ リューくんはクリスマスプレゼント 何が欲しいのかな?」

リューク「おっ? なんでもいいんだな?俺の欲しいのは やっぱ...アレ」 クックッ

ライト 「た...魂か?」

リュークゲームボーイ アドバンスSP シルバーのな」


Light "So Ryukie, what do you want for your christmas present?"

Ryuk  "Hmm? Can I have anything I want? The Thing I want most right now... is... you know." Hyuk, Hyuk

Light  "My soul?"

Ryuk   "The Game-boy advance SP. The silver version."

お茶妖精お茶妖精 2005/10/19 13:54 死神の翻訳はどこでも微妙ですね。ブリーチでもshinigamiだったり
Reaperだったり。あっちは神というには微妙だから仕方ないですけど
デスノートはDeath GodやGod Of Deathでいいと思います。
向こうは簡単にGodを使えないんでしたっけ?

ceenaceena 2005/10/19 16:57 アメリカなどのキリスト教圏でGodと言うと、ある特定の一人を指すのでGodは基本的には使えないんだと思います。今思いついた例だと『千と千尋の神隠し』の“神”たちはやっぱり”spirits”(妖精、精霊など)に変わってましたしね。

ただライトとリュークが出会うシーンでリュークが自分の事を「Shinigami」と言った後、ライトが「Death God」と言い換えていてそれが「Shinigami」の説明になっているようです。(見落としがあるかもしれませんが、気がついた範囲だと他は全部「Shinigami」になってます。)

>Death GodやGod Of Deathでいいと思います。
たいてい英語で「死神」を指す時は、(大文字の)Death か Grim Reaper(もしくは Reaper だけ)になると思います。だったら『デスノ』でもDeathや(Grim)Reaperでもいいような気がしますが、北米の読者に西洋的な先入観を持って欲しくなくて翻訳の方がわざと”Shinigami”にしたのかも…?

お茶妖精お茶妖精 2005/10/19 20:52 確かに一神教にGodsは受け入れにくいかもしれませんね。
日本の神も妖怪と精霊とお化けを足して割ったみたいな存在で
ゴッドとは意味合い違いますし。
でもライトには「I’m gonna be God!」とはっきり言ってほしかったかも。

ceenaceena 2005/10/19 23:11 >でもライトには「I’m gonna be God!」とはっきり言ってほしかったかも。

賛成!

ceenaceena 2005/10/20 02:43 おっと見落としてました。拾ったデス・ノートに書いてあった説明「これは死神のノートです」が「This is a Death God’s notebook.」になっているので、その言葉をライトはリュークに会った時繰り返したんですね。それ以外はShinigamiとなってます。