英語で!アニメ・マンガ このページをアンテナに追加 RSSフィード

    北米発のアニメ・マンガニュースを紹介するブログです。


OTAKU UNITE!
実はマンガ専門の出版エージェントをやってます。


自分のクライアントさんのマンガだけでなく
色々な海外マンガを紹介していきたいです。



『メガトーキョー』(講談社BOX刊)
海外マンガの翻訳もしています。


海外マンガ事情についても調べています。
情報歓迎です!



米アニメファンを描いたドキュメンタリー映画 『OTAKU UNITE!』の字幕も担当しました。
監督からこのブログへの独占メッセージ。

2006-04-24

CLAMP、今夏の初訪米でVIP待遇?

今年の夏開かれるアメリカ最大のアニメ・コン「ANIME EXPO」で初めてCLAMPが米ファンの前に姿を現す予定だ。この決定はアメリカアニメ・マンガファンの間では大騒ぎを巻き起こしたらしい。

「初めて米ファンの前に姿を現すCLAMP」のニュースは北米大手ニュースサイトAnime News Network北米業界サイトICv2北米出版業界サイトPublishersWeeklyと、色々なサイトで取り上げられ、CLAMPアメリカでの人気ぶりがうかがえる。

「マンガ・スーパーグループのCLAMP」「アメリカでの現在のアニメ・マンガ人気を牽引しているCLAMP」「行きながらにして伝説となったマンガ家CLAMP」と、それぞれの記事のCLAMPの形容の仕方だけ見ても、他のマンガ家とはちょっと違う扱いだ。

今回紹介するのは上記の記事の中からPublishersWeeklyの記事”Get Ready America: Here Comes CLAMP”の要約。記事の原題は「アメリカ、用意はできた?CLAMPが来るよ」。

マンガ界のビートルズCLAMP”をアメリカに連れてくるのも、5つの会社が協力してやっと実現、7月の米アニメ・コンに参加する時は、一人一人に特別に訓練された警備員と通訳が付くなど、異例の待遇ぶりが語られている。

マンガに関して言うと、今どのOTAKUも必ず知っている二人のマンガ家の名前がある。手塚治虫とスーパースターのCLAMPだ。FUNimation(アニメ販売会社)、Anime EXPO(アニメ・コン)、DelReyとTokyoPop(マンガ出版社)の共同企画により、生きながらにしてマンガの伝説となったCLAMPが、7月アメリカカリフォルニアにやってくる。

CLAMPアニメ・マンガ界のビートルズのようなものです」FUNimationのイベント・ディレクターであるアダム・シーハンは言う。ANIME EXPOはアメリカ最大のアニメ・コンであり、今回CLAMPをゲストに迎えたことで、3万5千人を超える入場が見込まれている。

シーハンは本誌にある噂についても語った。日本からもCLAMPを追ってファンがやってくるというのである。「CLAMPはめったに公に姿を現しません」CLAMPアメリカにもたくさんのファンを抱えるマンガ家グループだ。大手書店のバーンズ&ノーブルやボーダーズのおかげで、アメリカの読者にマンガが届くようになったが、熱心なファンではない読者でもCLAMPのマンガは読んでいる。

CLAMPの『ツバサ』や『XXXholic』をアメリカで出版するDelReyのマンガ担当ディレクターであるダラス・ミダウによると、「CLAMPに対する興味は以前に無いほどに高まっています。今やCLAMPアメリカで最も有名なマンガ家なのです」

1989年以来、4人の女性で構成されるマンガ家グループCLAMPは『ちょびッツ』『カードキャプターさくら』(両作品ともアメリカではTokyoPopから出版)などのヒット作を生み出してきた。グループは繊細な女性やしっかりした男性を描くことで知られ、マンガは少女、少年、ファンタジー、SFと、どのジャンルにもわたり、その人気ぶりを見るとCLAMPがどれほど上手い描き手であるかよくわかる。

今年FUNimationはCLAMPの『ツバサ』『XXXholicアニメを発売予定にしており、この発売で更にグループの人気が高まると見ている。日本でCLAMPの人気はロックスター並で、先にシーハンが話したビートルズの比喩はあながち的はずれではない。CLAMPアメリカに連れて来るのに、前述の4つの会社と日本の講談社が総がかりで協力する必要があったのだ。

DelReyのミダウは言う。「日本でマンガ家はロックスターみたいなものです。雑誌の出版部数、単行本の売上はアメリカのアルバムに匹敵します。適切な比較だと思いますね」

ミダウとFUNimationのシーハンの両者とも、7月のANIME EXPOのセキュリティーは一層強化されることになるだろうと予想した。「もちろん予防措置を講じなければなりません」とシーハンは言って、CLAMP一人一人に特別に訓練された警備員と通訳がつく、と付け加えた。

7月のANIME EXPOではCLAMPはオープニング・セレモニーに参加する以外にも、CLAMPだけのスペシャル・ディスカッション・パネルが設けられ、サイン会も開かれる予定。詳細については未定だが、シーハンはサインの当たるくじ引きをすることも考えている。ミダウは言う。「できる限りたくさんのファンの場所を確保するつもりです。これ以上ビッグなゲストは今いませんから」

アニメ!アニメ!さんの記事「CLAMP 韓国に続き米国でもイベント参加(4/11)」

↓英語版『XXXholic

xxxHOLiC (Xxxholic (Graphic Novels))

xxxHOLiC (Xxxholic (Graphic Novels))