スラウェシ地域研究メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

京都大学東南アジア研究所:スラウェシ科研のサイトへ
2005040506070809101112
2006010203040607081011
20070405
20080510
20090406

2006-04-30/Sunday

celebes2006-04-30

[]

訃報:インドネシアの作家 プラムディア・アナンタ・トゥル : exblog ガドガド

no title←こちらで知りました。

プラムディア・アナンタ・トゥール氏が亡くなられたとのこと。インドネシアだけでなく、現代東南アジア文学を代表する作品をたくさん残された作家です。日本語にも多数、翻訳されていますが、英語にももちろん翻訳されています。わたしが最初に買ったプラムディアさんの本は、英訳された「すべての大地の子」でした。初めてジャカルタを訪れた1995年に、スカルノ・ハッタ空港の書店で買いました。インドネシア語はとても読めないだろうと思ったからでした。それから、インドネシア語で書かれた小説を、初めて原書で読み通したのが、プラムディアさんの民話集でした。一冊本を読み通すと、劇的に語彙が増えます。この本を読んでいた当時は、まだインドネシアでの生活もまだ日が浅く、民話世界の出来事と現実の出来事のなにがどう違うのかもわからなくなるくらいに、混乱していました。そのことを懐かしく思い出すと同時に、買ったまままだ読んでいなかったプラムディアさんの本を読んでみようと思いました。ご冥福をおいのりします。

プラムディヤ・アナンタ・トゥール - Wikipedia

Pramoedya Ananta Toer | MY HERO

no title