谷本 心 in せろ部屋 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-07-31

[]Day -1 : ラスベガスに来ました。

SpringOneに登壇するため、ラスベガスにやってきました @ です。

なんか「ラスベリガス」とか言う人が後を絶たなくて困るのですが、滑りに来たわけではありません、むしろ統べに来たという方が近く、「ラ統べガス」ですかね。

はい早速すべりました。


さてラスベガス、とても暑いです。事前調査で最高気温が40℃を越えることは知っていましたが、まぁ暑いです。ただ先週は46℃にも達したらしいですが、今週はせいぜい40℃程度なので、外にいても死ぬほどではない感じです。

よく「海外の夏は、暑くてもカラッとしてるから、日本ほど暑く感じない」とか言う人がいて、子供の頃はそれでも「んなわけない、暑いよ」とか思ってたのですが、最近ではその感覚が分かるようになりました。老けるとそういうのが分かるようになるんですかね。


なおSpringOneは8/1(月)から8/4(木)の4日間ですが、土曜日着の飛行機で来たので、土日はちょっと時間がありました。それで少しだけラスベガスらしくない観光をしてきたので、その辺りをお伝えします。


まず何はなくともSIM購入

海外に着いたらまずやるのがSIM購入ですよね? SIMないと死んでしまいますよね? アメリカではだいたいT-Mobileを使っているので、今回もT-Mobileを選びます。


事前に調べてラスベガス宿泊先の近くにはT-Mobileがないことを知っていたため、空港に着いたらホテルに向かわず、そのままT-Mobileに向かいました。Uberで$10ぐらいの所にあります。

なにげに空港の無料WiFiだけでUberを呼ぶという、ちょっと難易度高めのことをやりましたが、特に問題ありませんでした。

T-Mobileでは旅行者向けのプランとして、$30で2GB、通話1000分まで、SMSし放題のプランがあったので、迷わずこれを選びました。僕にとって最高にちょうどいいやつです。


そしてT-MobileからふたたびUberを呼び、ホテルに向かいます。僕がデカいスーツケースを持っているのを見た運転手に「ホテルに行かずに電話を買いに来たのか、良い選択だな!」って言われました。俺を誰だと思ってるんだ、せろさんだぞ。

T-Mobileからホテルまでは$8ぐらいでした。

空港からホテルまで$30ぐらいだったと言っていた人がいたのですが、空港からホテルと同じぐらいの距離にあるT-Mobileまで$10、そこからホテルまで$8の、合計$18だったことを考えると、Uberってとんでもなく安いなと思わされます。


開幕、当たり

ラスベガスと言えば、カジノ。空港にもスロットマシンがあるぐらい、カジノの町です。僕も過去にはちょっと言えないぐらいの額を貯金してきていて、いつか利子つきで引き出せると信じています。

今回はあまりカジノに興じるつもりはないのですが、一方で、手持ちの現金がほとんどなくて困っているという問題もあります。誰かと一緒にご飯に行って、まとめてカード払いして現金を集める方法も考えましたが、まだ日本にいる人も多く、めどが立ちません。

であれば仕方ないですよね、現金を増やすために、なけなしの$20をつっこんで勝負することにしました。


・・・その結果、3ターン目でヒットしました!

f:id:cero-t:20160801021242j:image

これで何とか、ハンバーガーぐらいなら食いつなげるぐらいの現金を手に入れることができました。今回はもうカジノでは遊びません!


ニャースマンキー、そしてガーディの巣

最近の話題と言えば、ポケモンGoですよね。仕事と資料作り をサボりながら の合間を縫って、僕も少しプレイしています。

それでラスベガスポケモン事情ですが、とにかくニャースがよく出ます。空港でもホテルでも、ニャースがポッポと同じぐらいの感覚で出てきます。マンキーも同じぐらい出て、その半分ぐらいガーディが出てきます。この3種類の巣になってる感じですね。

ホテルに着いて、ものの数十分でこうなってました。

f:id:cero-t:20160801021240j:image


もしかすると別のホテルに行けば違うポケモンの巣になってるのかも知れませんが、ちょっとそこまで歩く気力はありませんでした。

それよりも北米限定のケンタロスを捕まえたいのですが、残りの期間に手に入るのでしょうか。どっかにケンタロスの巣ないかな。


ボルダリングジムもありますよ

日曜にはボルダリングに行きました。ホテルからUberで30分程度、$20弱で行けるところにあるRed Rock Climbing Centerというところです。

ラスベガスにはRed Rock Canyonというグランドキャニオンの小規模版のような公園があって、クライミングも盛んらしく、その名前にあやかったクライミングジムです。


中はこんな感じ。ボルダリングよりロープクライミング主体なので、全体的に壁が高くなっています。

f:id:cero-t:20160801021241j:image

見てのとおりあまり広くないのですが、そんなに人も多くなく(十数人程度でした)、登るのを待たされることはほとんどありませんでした。


コースはとにかく力、技より力、力こそパワーという感じで、1時間で腕がパンパンになりました。V3〜V5ぐらいを攻略してましたが、これ日本で言うところの3級から1級ぐらいなのですよね。僕、日本だと5級(簡単な所なら4級も)ぐらいなので、あまりにも感覚が違う感じです。

アメリカだと体格の差が激しいためか、様々な体格の人に合うよう足場が多めに設定されていた感覚があります。そのおかげで攻略しやすかった気がします。


コースはあまり豊富ではないのでボルダリングガチ勢には物足りないかも知れませんが、僕には良い感じのトレーニングになりました。


そんなわけで資料づくりに戻りますね

はい、まだ1ページもできてません。

日本にいるうちにデモはおおよそできたので、進捗30%てところでしょうか。前回のJavaOneの時に比べれば、随分進んでますね!


それなのになんか明日の夕方、リハーサルらしいんですよね。いえ、PCの接続チェックなどが主なので、資料ができあがっている必要はないですが。

せめて表紙と、自己紹介と、導入ぐらいは作っておかないとね、てへぺろ

ということで、頑張ってきます。


モンテカルロより、愛を込めて。

f:id:cero-t:20160801021243j:image

@cero_t でした!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/cero-t/20160731/1470045209