谷本 心 in せろ部屋 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-06-13

[]OpenSolarisDell XPS M1330で使う(解像度あわせ)

先日のJavaOne報告会で、

プロジェクタOpenSolarisの画面を映せなかった、

なんてトラブルがあったのですが、

その翌々日に、同僚から「xrandr使うんだよ」と教わりました。


ということで、xrandrコマンドをお勉強しながら触ってみる (^^;

xrandr

接続できるモニタ一覧が表示されました。

LVDS(本体の液晶)と、VGA、TVという3種類があるようです。


このVGAが外部出力でしょうと睨んで、早速のコマンド入力。

$ xrandr --output VGA --mode 1024x768

cannot find crtc for output VGA

なんかいきなりエラーが出ました。

ググってもよく分かりません。


よくよくxrandrの出力結果を見てみると、

なんかTVに既に出力されているようです。

TVなんて別に接続していないので、これは切っておきましょう。

$ xrandr --output TV --off

おっと、何という嬉しい副作用

これまでおかしかったGNOMEパネルの横幅が、

画面ぴったりに合わせられました。


さて、改めてVGAに出力してみましょう。

$ xrandr --output VGA --mode 1024x768

でたーーー!!!

外部VGAに、OpenSolarisの画面が出力されました。


とても素人感あふれるエントリーになりましたが、

同じ問題ではまっている人を、一人でも救えたら、幸いです。

2008-06-02

[]OpenSolarisでDTraceの可視化ツールD-Lightを動かそう! その1 (OpenSolaris)

昨日はこどもの国から帰国(?)した後、ぐっすりと寝てしまったので、

お伝えできませんでしたが、気を取り直して、、、JavaOne2008報告会懺悔シリーズ!


OpenSolarisインストールから、Sun Studio Express上のD-Lightで

DTraceをビジュアル化する所までの手順をお伝えします。


まずは、OpenSolaris 2008.05のLiveCDのisoダウンロードします。

http://www.opensolaris.com/get/index.html

ダウンロードしたら、iso焼き対応のCD-Rライティングソフトで、LiveCDを作成してください。


LiveCDを作成したら、それを使ってブートしましょう。

おっと、その前に、ここで注意点をひとつ。

OpenSolarisは、「拡張領域(拡張パーティション)」にはインストールできず

「基本領域(プライマリパーティション)」にしかインストールできません。


特に、Windowsとのデュアルブートなどを行なう場合で、

既に基本領域を1つ割り当ててWindowsインストールしていて、

それ以外を拡張領域にしている場合は、OpenSolarisインストールできません。


パーティションを切るためのツールを使って

基本領域を分割するなどすれば良いかも知れませんが

私の場合は、

  • 基本領域(WindowsXP用:30GB)
  • 基本領域(OpenSolaris用:30GB)
  • 拡張領域(データ用:残り全部)

パーティションを切りなおして、Windowsの再インストールを行ないました。


さて、パーティションに問題がなければ、おもむろにLiveCDからブートします。

ここから先は、片貝さんのblogスクリーンショットつきで素晴らしいので、そちらに頼ります。

OpenSolaris 2008.05: Live CD を使ってみる -- Masaki Katakai’s Weblog

ちなみにキーボードは、通常の日本語キーボードは18、SunのType6キーボードは17を選択します。


LiveCDからの起動後、「OpenSolarisインストールする」を

ダブルクリックすればインストールが始まります。

私のDell XPS M1330場合、確か20〜30分ぐらい掛かったと記憶してます。


これで、OpenSolarisインストールが完了しました。簡単でしょう?

[]OpenSolarisでDTraceの可視化ツールD-Lightを動かそう! その2 (開発環境)

OpenSolarisインストールしたら、次はJavaとSun Studio Expressのインストールです。

DTraceは最初からOpenSolaris本体に組み込まれているため、インストールの必要はありませんが

D-LightはSun Studio用のプラグインであるため、これらのインストールが必要です。


私の場合、SunのサイトからSolaris x86用のJava6 Update 6を

ダウンロードしてインストールし、

Sun Studio Expressをroot権限で「pkg install sunstudioexpress」コマンドを叩いて

インストールしたのですが、なんか先ほどの片貝さんのサイトを見ると、

一発でNetBeansも含めてインストールする方法があるようです。

ていうかPackage Managerなんて知らなかった ><

OpenSolaris 2008.05 : Java 開発環境を整える -- Masaki Katakai’s Weblog

インストール対象を絞る必要がないなら、こっちで構わないでしょう。

ほら、せっかくだからNetBeansとかMercurialとか入れてるとイイジャン?

どうせOpenSolarisを使う目的って、見せびらかすためか人柱のためジャン?

$ su -
# pkg install java-dev

これで、開発環境のインストールが完了しました。ホントに簡単でしょう?

[]OpenSolarisでDTraceの可視化ツールD-Lightを動かそう! その3 (DTraceの設定)

さて、続いてはDTraceを動かすための設定をしましょう。

DTraceを動作させるためにはroot権限が必要になりますが、

いちいちsuするのも面倒ですから、

各ユーザにDTraceの実行権限を与えておくと良いでしょう。

$ su -
# vi /etc/user_attr

これで開いたファイルを、以下のように修正してください。

<ユーザ名>::::profiles=Primary Administrator;roles=root
 ↓
<ユーザ名>::::profiles=Primary Administrator;roles=root;defaultpriv=basic,dtrace_proc,dtrace_kernel

これで、「ユーザ名」に相当するユーザでdtraceが利用できるようになります。

[]OpenSolarisでDTraceの可視化ツールD-Lightを動かそう! その4 (みそれん)

ところで、DTraceを利用するのは良いとしても、

トレース対象のアプリケーションを用意しなければいけません。


Javaを使ったアプリケーションであれば、何だって構わないのですが、

ここでは、JavaOne報告会でも使った「みそれん」を試しましょう。

みそれん -- エスエムジー株式会社

うちの後輩が、内定者時代に作った脳トレアプリです。


まずは、適当なディレクトリ解凍してください。

Windows用を前提にしているので.batしか付属していませんが、

空気さえ読めば、全く問題なくSolaris上でも動かすことができます。


詳しい起動方法は、次で説明しましょう。

[]OpenSolarisでDTraceの可視化ツールD-Lightを動かそう! その5 (D-Light)

これで全ての準備が整いました。

さぁ、D-Lightをはじめましょう!(インストール直後の画面の翻訳風)

$ /opt/SunStudioExpress/bin/sunstudio/

これでSun Studio Expressが起動します。

f:id:cero-t:20080603011535p:image

Sun Studioが起動したら、メニューの「Tools」から「D-Light Tool」を選択します。

f:id:cero-t:20080603011527p:image

D-Lightが起動したら、右端の「Instruments」から、監視対象を選びます。


DiskIOなどもモニタリングできるのですが、ここでは

Java Method Invocation Monitor」と「Java Object Creation Monitor」を

選択して、それぞれ「add」ボタンを押しましょう。

f:id:cero-t:20080603011528p:image

いずれも名前の通り、メソッド呼び出しと、オブジェクト生成のタイミングを確認できます。


では、アプリケーションの起動設定を行ないましょう。

まずは「D-Light Tool」タブの真下にある、「Welcome」と書かれたボタンをクリックします。

すると、コンテキストメニューが開くので「Run Java Application」を選択します。

f:id:cero-t:20080603011531p:image


ここでは、さきほどの「みそれん」の起動設定を書きますが、

別のアプリケーショントレースする場合は、

それぞれのアプリケーションの起動設定を記述してください。

もちろん、Javaアプリケーションでなくても構いません。

JVM Options : -Xmx256m -XX:+ExtendedDTraceProbes
Class Path : .:Misoren.jar BrainTrainingMain
Working Directory : 解凍して出来たディレクトリのフルパス。Misoren.jarがある所。

あれ? JAR FileとかMain Classとか指定するんじゃないの? と

思われた方もいらっしゃるかも知れませんが、その通りです。

ちょっと「みそれん」のクラスローディングとか、パス解決の問題で

若干、気を使った起動設定にしてあげなければいけません。

f:id:cero-t:20080603011532p:image


さて、これで本当に全ての設定が完了しました。

「Welcome」ボタンの左隣にある、赤い丸をクリックして、起動しましょう!

f:id:cero-t:20080603011533p:image


ここで運悪く、SIGSEGVなんてHotSpotエラーが発生しても、気を落としてはいけません!

おもむろに、赤い丸をもう一度クリックしてみてください!

f:id:cero-t:20080603011530p:image

今度は無事に起動したと思います。

少し、ゲームなどを楽しんでみてください。

f:id:cero-t:20080603011529p:image

私も得意の英語を活かして、単語クイズに挑戦しました。


さて、Javaアプリケーションの実行中、後ろでD-Lightにグラフが出ているのが分かります。

アプリケーションすると、グラフが停止するので、ゆっくりと出てきた値を確認することができます。

f:id:cero-t:20080603011534p:image

ここではメソッド呼び出しの詳細が、よく分かります。

カーソルの左右を押せば、一つ前、一つ後ろの呼び出しを取ることができます。


ほら、とっても簡単だったでしょう?

[]OpenSolarisでDTraceの可視化ツールD-Lightを動かそう! 補足編

、、、という手順で一通り動いたかと思います。


ただ、なぜか、いまの私の環境では、

メソッド呼び出しと、オブジェクト生成の片方しか

DTraceで取得できなくなっています。


先のHotSpotエラーの件を含め、私もあまりよく調べてないのですが(おいおい)

引き続き、何か分かればまたお知らせします m(_ _)m


この記事を読んで、興味を持った方は、

ぜひ、OpenSolaris + Sun Studio Express + D-Lightに

トライしてみてください。

2008-05-12

[]Intel965のオンボードグラフィックに無理させちゃいけません。

3Dデスクトップなcompizを試そうと思って、

わくわくしながら「システム - 設定 - 外観の設定 - Visual Effects」から

「Custom」を選んだ直後、「Ctrl + Alt + ←」を押したら、いきなりフリーズ。


再起動させて、「Ctrl + Alt + ←」を押したら、やっぱりフリーズ。

さらに再起動させて、Firefoxを起動しても、フリーズ。


XPS M1330を買うときに、グラフィックカードをちょっとケチって、

GeForceを入れずにIntel965オンボードのままにしてたから、3D系はダメなのかな。


仕方ないから「システム - 設定 - 外観の設定」から元に戻そうと思ったら、

なんかダイアログ内が真っ白で、選択肢が表示されない (^^;

ダメ元で適当にクリックしてたら、さくっとフリーズ。


何この地雷 (^^;


何度か、再起動を繰り返しながら、メニューを出したり消したりしつつ

何とかVisual EffectsをNoneに戻して、事なきを得た。


Compizを使うためにも、GeForceにしとくべきだったかなーと多少後悔しつつも

どうせ最初だけ遊んで、そのうちエフェクトは全部OFFにするだろうから、

別に構わないかなって思ったりなどした。

2008-05-11

[]OpenSolaris 2008.05をDell XPS M1330にインストール

帰国後、荷物の片付けをささっと終わらせて、

公約通りにOpenSolarisインストール

インストール対象はDell XPS M1330。


まずはWindowsXPインストールCDでパーティションの切り直し。

リカバリ領域だとか診断用ソフト用領域だとかがあって

ちょっとためらったけど、面倒なのでさっくり全領域削除。

WindowsXP用に30GBのNTFS領域を作成。


なんか、パーティション作成はDell Meida Direct(DMD)のCDでやらなきゃ

DMD起動用ボタンが自爆ボタンになっちゃう(その後DMDしか起動しなくなる)って

blogや掲示板とかで見かけたんだけど、そういう症状は発生せず。


WindowsXPインストールが終わったら、

Windowsの管理ツールで、パーティションを切る。

OpenSolaris用の領域を30GBのプライマリパーティションで作成。

残りの全領域をWindowsのデータ用としてプライマリパーティション

作成して、NTFSでフォーマット。

(もしかしたら、Win/Solarisのどちらからでもアクセスできるよう

 FATにした方が良かったかも)


それからOpenSolarisインストール

全く滞りなく完了。


っていうか、メモする必要ないぐらい、何のトラブルもなく終わった (^^;


1280x800の領域を全部使えてるし(バーの幅がちょっと足りないけど)

無線LANも認識されてるし、全く問題なし。


もしかすると使えないデバイスなんかがあるかも知れないけど、

そういうのがあれば、また追記します。

[]GRUBのメニューリストの場所

ZFSでは /rpool/boot/grub/menu.lst になったんだってさ。