Hatena::ブログ(Diary)

風になれたら

2016-05-22

調子悪いけど、いい練習になった

GOUREN 110.50km 201w/NP 1,371m

https://www.strava.com/activities/583758825

今日は美山なので少なめf:id:cerveler_y2:20160522163958j:image(写ってない)練習太郎さん、なさん、T木さん、K久保さん、Y谷くん、K村さん、私。

あ、カコイッチがちょっとかすめた。



登り、持久力はやってきたけど、高強度ハイペースで走り続ける練習が不足がち。

来週の温泉ライダー4Hソロを見据え、GOURENで良い感じに走って安心しておきたい思いがあった。

が、がぁ・・・、全く駄目だっ。

これじゃ1時間ももたんな・・・。

どうしよ・・・。

原因は?

朝練がまだ身体化できておらず疲れが溜まっているのは確かだが、それにしても酷かった。

機材面でも油断してて、チェーン伸びで変則ズレを起こしたり、チェーンリングと噛み合ってないのも確かにマズイ。

チェーンは先週慌てて注文したが未入荷。

カンパは困ること多し。



f:id:cerveler_y2:20160522164015p:image

朝早く出たので時間調整にうろうろ。

そういえば、最初の東畑登坂から調子が悪かった。

うろうろするのも飽きて写真でもf:id:cerveler_y2:20160522075616j:image相変わらずカゲロウみたいにしか写らないヤツ。


体育館坂で脚を使いきり、大正池は序盤からキツキツ。

ボロ小屋まで行けず千切れ、一人旅でスローダウン。

唯一の救いは最後の急坂区間のみ自己新が出ていたこと。

一応体幹登りを実践しておこうと淡々と登って行ったら記録が出ていた。



和束〜湯船は、清水橋で本来追うべきT木さんを何もせず見送るしかなかったことで、気持ちがやや萎えた。

去年の岡山前なら反応できた。

ということは、来週苦戦するということだ。

県境も、なさん、K久保さんに追いすがれず。


307&422は、ごまかしごまかし。


猿丸への3段坂は一人旅。


山城からは完全にポタリング距離消化ライド。

東畑はランみたいな速度。


疲労困ぱい。

高強度での持久練ができていないことが露呈した。


今週は・・・、後半朝練をやめて疲れを抜くことを第一に過ごした方が良さそうだ。

でも良い練習ができた。

皆さん有難うございました!





痩せているというより・・・f:id:cerveler_y2:20160522111339j:image:w360

やつれている?

精気が無い?

金が無い?

2016-05-21

土曜の体力調整

本日は平日のお仕事お疲れ調整日

よって遅遅起床でZwift 60分

GARMIN 44.50km 142whttps://connect.garmin.com/modern/activity/1176909705

Zwift 32.10km 254w https://www.strava.com/activities/582610071


前回LEVEL10に上がってZIPP808がアンロック。

早速今日履いて丘のコースへ。

適度なアップダウンで3本ローラーとしては良い感じで強度が上がる。

短い登りを2回、高負荷で踏み切り山岳ジャージゲット!

f:id:cerveler_y2:20160521204839j:image

そしてZIPP808効果で中間スプリントも取って一時的に2枚のジャージを保持。

かなり高負荷で汗かけたので、後半流して終わろうとペースダウン。

油断したわけではないが、分岐で間違い最後に本格的山岳を登るハメに。

十分頑張ったし逆走して下って終わろうと思ったが、リーダージャージを着る者のプライドが許さず、痩せ我慢して登る。

ラスト20分仮想260〜300w(GARMINで47km/h以上維持)で回し続け、何とか山頂2位で通過したものの、時間制限有りで、ゴールまで下れず山中でリタイアf:id:cerveler_y2:20160521204837j:imageああかっこ悪ィ〜。



いい汗流せた。

明日は今季初のGOURENで、週末の温泉ライダーに向けひとまずのまとめ。

2016-05-15

疲れで寝坊のちZwift

昨日の激坂3時間走の疲れが予想以上で、朝布団にへばり着いた背中が起こせず。

3時間過ぎて、まだ4時間行こうかなんて思ったくらい余裕だったのに、今朝の有り様はどうしたことか・・・。

歳だな。


ということで、午前中いつものプチ筋トレの後、息子とキャッチボール。

このような人間には到底なれないけどf:id:cerveler_y2:20160515172626j:imageキャッチボールしながら思う。

せめてこれから人生の長い息子には・・・。

キャッチボールのひと汗で少しスッキリ。

午後からZwift活動。

ローラー53分ほどでこれくらい差が出る。

Zwift Watopia 29.5km 33.3km/h 239w

https://www.strava.com/activities/576365290

GARMIN 38.35km 43.5km/h 138w

https://connect.garmin.com/modern/activity/1168699549

特に山岳コースだったので差が大きい。

30分弱仮想270w(GARMIN上では時速46キロ以上を出し続ける感じ)くらいで回し続け大量の汗。


出だしf:id:cerveler_y2:20160515172722j:image

山間部f:id:cerveler_y2:20160515172721j:image

結果f:id:cerveler_y2:20160515172719j:image


余計に疲れた。

リカバリーにしておけばよかった。


首が痛い。

持病勃発の悪寒。

やばい気がするので今週は大人し目にしておかないと・・・。

2016-05-14

温泉ライダー激坂対策練

3h05m10s 72.84km 23.6km/h 1,489m

https://connect.garmin.com/modern/activity/1167047638

f:id:cerveler_y2:20160514153302p:image

登れるようになってきたなぁ(あくまで当社比ですからね)。

今は減量していなくて、伊吹山時とほぼ同じだけど、ひょっとしたら減量しない方がいいのかもしれない、かも?

平日朝練が定着しかけているので、今日もいつも通り起きた。

土日くらいはゆっくり寝てようかと思ったけど、起きれちゃったので、早く走って早く帰って、休日の時間を少しでも長く使えるようにするのも良いと思った。



6時出発。

先ずは東畑登って水取方面へ。

今日は温泉ライダー4時間ソロに向けた激坂練3時間走。


1周目:普賢寺新店前交差点左折で穂谷まで登って左折後、天王バス停からいつものコース

2周目:普賢寺小学校過ぎを左折でお気に入りの激坂登って天王バス停左折でいつものコース

これを交互に3周ずつ計6周+家から東畑往復分で3時間ちょいの72キロほど。

割と脚残ってたので無理すれば4時間耐久も可能だったが、無理は禁物と9時過ぎに早々と帰宅。

ちょっと尿意も来たし。

涼しかったのでロングボトル1本飲み干さなかったけど、本番4時間は2本挿しでも持つかどうか不安。

補給にお手製塩おにぎり1個とメイタンCC2本腰に入れて行ったけど、1時間半でおにぎり食べたらあとは不要だった。

体が動き出した4周目、普賢寺激坂で自己記録17秒も更新。

EDGE1000Jが、このセグメントのお前のターゲットはK久保さんのタイムだ!と表示するので、頑張ったら3秒勝ったよ!

ふたつの周回コースを交互に繰り返すのは面白かったけど、土曜日の8時過ぎると普賢寺〜穂谷間は大型が行き交い超危険だからもうやらない。

一度ちょうど大型が交錯する際、後ろからひかれそうになって、必死の手信号で回避した。

チョー怖かったよ。

やるならもっと早く起きてやる(これあり得ない)か日曜日。



重いけど旧型が走り易いf:id:cerveler_y2:20160514152852j:image

左の旧型の方がしっかりホールドしてくれてペダリングの支障になるブレが起き難い。

そもそも右が軽すぎるのだな。

左の持ってなかじきやさん行かないと。

2016-05-08

走りました

26.42km 5:41/km

https://connect.garmin.com/modern/activity/1158826422

実は10連休でした。

そして何と、外で自転車乗ったのは、5月1日の”びわいち”のみという驚愕の事実。

これを読んでくださっているような皆さんなら、アホかお前さん!と腰を抜かすくらい奇妙なことだろうと思います。


10日間のうち、

自転車練習×1回(びわいち268km)

ラン×2回(26km強のLSD

ローラー×7回


こんな信じられないような過ごし方をしたのには、特に理由はありません。

何となく乗りに行くモチベーションが維持されなかったのですね。

ちょっとチェーンが伸びて変速がズレてきたとか、ギア比のことで少し悩んでいるとか、そういったことが多少は影響しているのかもしれませんが。


ま、ただ、通常のウィークデイと同じだと考えれば、びわいちやった後の平日にローラーやって、次の週末にランのロングをやっているという、特に怠けたという感じでもありませんね。

ランのロングを2回は実は相当体にキツくて、バイクの100km4回よりはるかにダメージ大きいのです。



ま、そんなことで今日のラン。

水曜日に同じコースで超グダグダだったので、今日は少し頑張ってペースを維持。

LSDの流れの中での経緯として、ハーフ2時間切りを早くやっておかねばと思っていたので、途中からそれを意識して走ります。

と、開橋を過ぎしばらくのところで、日曜北野塾帰りのあしやんが登場。

神鍋ハーフの件など、しばしおしゃべりしながら良いペースで引いてもらい、結果ペース維持に大きく貢献してもらった。

ありあとアンしたあしやん!f:id:cerveler_y2:20160508123531j:image



玉水左折後の打田への道程も、前回ほど垂れずにペースを維持。

水取を過ぎ、ハーフ通過までキロ5分台維持を誓う。

ちょうど登り始めて1キロほどでハーフ通過。

キツかったが5分台維持。

次は東畑登頂までキロ6分台キープ。

前回は7分台連発でノックアウト。

相当脚に来たが、何とか6分半前後をキープして東畑登頂。

課題をこなして気持ちが終わったのと同時にハンガーノック

自販機の度に停まろうかどうしようかと弱気になりながらも、あと50メートルだけ、あの軽トラまで、あのバス停まで、あのおばあちゃん抜かすまで・・・、と君原建二作戦で、折れそうな気持ちとからっからの体に鞭打ちどうにかこうにか予定のコースを完走。

GARMIN押して記録を確認。

ハーフ通過1時間55分53秒/キロ5分30秒だった。

とりあえず、オケー!

始めて2時間切れた。

これで神鍋ハーフの目標1時間45分に現実感が出てきた。



現時点でのランの自己記録f:id:cerveler_y2:20160508172349p:image

ハーフのみが経緯としての記録なので、ここに神鍋でどんなタイムが入るか楽しみに頑張ります。



本日のコースf:id:cerveler_y2:20160508172350p:image

堤防が退屈かつ風が辛い。

木津川マラソンも毎年風が敵になるとか。





4観4敗の甲子園

息子も楽しみにしていたのでとても残念。

最近のマイヒーロー陽川選手f:id:cerveler_y2:20160507135111j:image

よーかわさーん!と呼んだらこっちを見てくれました!

打ってくださいねー!とお願いしてパチリ。

なぜ好きなのかと言うと・・・、ちょっと松井に似てるんですよね。

顔も似てますけど、オーラというか、打席で構えた時の迫力があるのですね。

ちょっと原口の活躍の陰に隠れてますけど、右のゴジラとして是非とも頑張ってほしいのです。

2016-05-04

ちんたらちんたら

Run 26.3km 6:02/km

https://connect.garmin.com/modern/activity/1152976281

6時45分出発。

朝の空気は清々しい。

乾谷から山田川を抜け河川敷へ。

土手は横風から向きによって斜めからの追い風。

塾に向かうあしやんとすれ違い挨拶。

玉水橋を左折後、ずっと向かい風。

あかん、しんどい。

ひざ痛は出なかったけど、びわいちの疲れが全身に残っていた。

普段は東から風が吹き上がる水取、打田も珍しくずっと西からの風。

打田から東畑は7分台連発。

今更アヴェレイジ6分台は気持ち落ち込むなぁ。

でも今日のテーマ、”左膝に痛みを出さない走法を探る”は達成できた。

一つだけでも良いことがあって良かった。




朝出た時は気持ち良かったf:id:cerveler_y2:20160504064650j:image



23km地点鳥谷池 脚が前に出ないf:id:cerveler_y2:20160504090204j:image



終了 コーラロング缶飲み干しぐったりf:id:cerveler_y2:20160504092830j:image

2016-05-03

びわいち振り返り

暇つぶしにGoldenCheetahのデータを使って備忘録的に振り返り。

全体268.47km 31.4km/hをおおまかに分割

距離はごくおおまかで参考程度)

⒈自宅〜南郷洗堰 約35km 30.4km/h 

 単独走のちCLOUD練

 集合場所までのちんたら及び、青谷、猿丸の登りをものともしない高速練


⒉南郷洗堰〜琵琶湖大橋 約23km 36.5km/h

 CLOUD練

 快適な特急列車ながら、後半の左膝痛の根幹はこのセクションで


琵琶湖大橋長浜 約52km 34.6km/h

 暴走おっさん

 吹きっさらし、何度も同じような光景が現れなかなか着かない等、

 びわいちのルート上最も嫌いなセクションでおっさん達に引き回された


長浜近江今津 約53km 30.0km/h

 CLOUD+暴走おっさん

 旧賤ヶ岳TN及び303岩熊TNの両登りがありながらなかなかのアヴェ


近江今津〜米プラザ 約41km 34.7km/h

 しつこいおっさん達+暴走女氏1名によるアルデンヌクラシック

 みんなほんましつこいわぁ・・・(ー ー;)


琵琶湖大橋東詰め〜大石コンビニ 約28km 30.0km/h

 渋滞スローダウンをカバーして余りある安定のローテーションと

 練習太郎さん1回切りの超鬼引き


⒎大石コンビニ〜自宅 約27km 29.5km/h

 GARMINバッテリー残量と全身疲弊したおっさんの涙ぐむような戦い

 このアヴェレイジが効いた( ̄^ ̄)ゞ



2日経ってようやく膝の痛みが引いたので、明日はバイクかランでまた体をいじめるのだ。

2016-05-02

GOURENびわいち2016

268.47km 31.4km/h 181w/NP

https://connect.garmin.com/modern/activity/1148854622

快晴の琵琶湖を望む木之本絶景ポイントf:id:cerveler_y2:20160501105431j:imageすみません、やっぱりCOLNAGOってフォルムがすっきりしていて格好いいですね(馬鹿)。

今年もやってきました春のびわいち。

強風の29日延期の、快晴ほぼ無風の1日。

北の方へいくと多少風で脚を使うものの、全体としては爽やかな春のびわいち日和でした。

日程変更でフル参加できなくなったメンバーが少々、これは残念でした。



果てしない道のりf:id:cerveler_y2:20160502124934p:image

いつもながらこのルート図を見返すと、ひりひりとした脚の痛みが思い起こされます。



6時30分山城大橋を19名で出発。

3班に分けた第1班、気がつけばえらいことになってる。

Y本さん、M川さん、M泉さんのCLOUD3人に、地脚のH井さんに私、という恐怖の布陣。

このメンツで琵琶湖大橋まで60キロ以上の道のりを行く自信がない(恥)。

青谷の登り、猿丸の登りはそろそろとまとまってローテーション。

それでも青谷登りのセグメントはPRが出ていました。

大石へ下り、立木山から南郷洗堰を経て東岸へ至るに従い高速化。

木山から琵琶湖大橋まで、交通事情で部分的に落ちるところを除き、きっちり37km/h台で刻んでいく巡行は、強く速く快適な高速列車。

37km/h台というのは私が前に出た時の速度低下が影響しての数値なので、他の4人が如何に強力かがわかります。

強いお方たちの背中f:id:cerveler_y2:20160501075520j:image速くても一定ペースで快適でした。

もちろん東岸のセグメントもPR連発。



ここで折り返すメンバーも一緒に集合写真f:id:cerveler_y2:20160501081235j:imageT木さん、なさん、塾長、K久保さん、Kやまさん、がここでさようなら。

ん?Kやまさん写ってないな?

ではもう一枚f:id:cerveler_y2:20160501081255j:imageやっぱり写ってない。

どこで帰られたのかな?



さて、ここから先CLOUD3人にばらけていただき個々の班の機関車をお願いすることに。

しばらく走ってみてそうはうまくいかず、第1班で持て余し気味のM川さんの後ろ姿が可哀想になり、2班からY本さん、M泉さんを先行させCLOUD練を許可。

1班と2班で残ったカコイッチ、あしやん、H井さん、O石さん、O橋さんに私で回していく。

H井さんはどうしても脚の強さを隠し通せないお方のようで、前に出るたびに速度アップで、私は後方でブツブツ言いながらへばり付き状態で我慢。

それをカコイッチ、あしやんの健脚アンカーチームは屁とも思わずローテーションを繰り返し、気がつけばO石さんO橋さんが後方へ。

挙げ句の果てに彦根の交差点で信号待ちのCLOUD練に追い付き、長浜まで先行する始末。

何のためにCLOUD3人を解き放ったと思っているんだ!ええっ!と、同行のおっさん3人に対し、真剣に心の中で怒りに耐える私。

琵琶湖大橋まででかなり脚を使った私は、2回に1回のローテ飛ばしでギリギリ耐え忍ぶ。

どうにかこうにか離されずに長浜着。



ここから例年と違い、全体の時間短縮を狙い、塩津休憩無しで近江今津までジャンプすることに。

登りが二つ入るので苦しいのは苦しいが、例年塩津の補給で腹一杯になって、海津からマキノで苦しむ、というのが続いているので今年はテストケースとして採用。

そのかわり今津で美味しい鰻屋さんに行くつもりで頑張る。

ところが、腹ペコで55キロ走って辿り着いたお店は満員で1時間待ち状態。

これでは塩津を飛ばした意味が無くなるので、後ろ髪引かれながらいつもの南新保のセブンで昼食。

はらペコゆえに、ハンバーグ弁当にこしあんパンを平らげた。

他のメンバーも弁当、パン、うどんなど、しっかり補給して帰路に備える。



昼食後の距離が短くなり少し気が楽になった帰路。

次はお米プラザまでの約45キロ。

後半にアルデンヌ並みのアップダウンを繰り返し、距離以上に苦しみを味わうこの区間

前半平坦を調子よく巡行し、高島、白髭神社辺りまで快調に距離をこなす。

北小松手前、渋滞に入ってほどなくO石さんパンクf:id:cerveler_y2:20160501133112j:imageT川さん怖いよ!

ここから湖西道路入口までの渋滞でスローダウン。

この間でみな脚を休めたか、渋滞から解放された瞬間に突如レースモードに突入。

最も強いのはずっとO石さんの影に隠れていたO橋女氏。

何それっ!っていう速度で、今の今までエスコートしてくれていたO石さんすら置いてけぼりで、鬼のようにペースを上げる。

負けじとあしやん、H井さん、Y本さん、カコイッチが追いすがり、左膝が痛み出した私はローテに入れず金魚の糞を決め込み耐える作戦。

ひとしきりのアタック合戦が終わり、一息ついた和邇駅過ぎ、気がつけばO橋女氏が単独アタック!

誰も反応できず、唖然として見送る小さな後ろ姿。

残されたおっさん達は、ブツブツ言いながら、打ちひしがれてお米プラザに到着。



たくさん昼食摂ったのにもう腹ペコなので、あしやんと大きな御手洗団子を共同購入

ココアも飲んでほっこりして、恒例の記念撮影。

少し空が曇り気味で残念f:id:cerveler_y2:20160501143157j:imageこの写真を撮ってくれた宇治の青年も一緒に瀬田まで帰ることに。

大橋を渡って東岸は少し追い風基調か、いいペースで回していく。

帰りのペースメイクはベテランM木さんで、安定感抜群。

既にかなり膝が痛いが、丹田に力を入れ膝に負担が掛からないよう注意して走る。

イオン手前から唐橋までの渋滞は例年通り。

唐橋を抜け、再び全体にペースを上げローテーション。

みな元気だ。

膝が関津峠に行ける状態ではないので、そのまま洗堰を左折して大石へ向かう。

木山付近で、ここまで脚貯めまくりの練習太郎さんが高速先頭引き!

ホイール効果でここまで随分楽をしてきた模様で、背中に気迫を感じる走り。

みな有難く微笑ましくその背中を見つめ、誰も邪魔をしようとしない(笑)。

いつもの大石コンビニで休憩しているともう終わったような錯覚に陥るが、まだ我が家までは30キロはあるし、猿丸も越えねばならない。

最後にチョコレートパンをねじ込みスタート。




ゆっくりはしていられない。

そこそこのペースで行く。

実はGARMIN EDGE 1000Jのバッテリーが底を付きかけている。

大石コンビニで残り18%の表示。

しまった!

途中の休憩地点でせめてスリープモードにしておけば・・・。

あとの祭り。

本来余韻を味わいながらゆっくり帰る道のりを、膝の痛みを抱えて必死で走る。

猿丸は全部アウターで登り、郷ノ口から青谷までの下りも攻める。

みなと別れて旧GOURENコースを入っても回し続ける。

膝が痛い、ケツが痛い、腰が痛い、肩が、腕が、首が・・・。

まさに2006年アムステルゴールドヴィノクロフ状態。

奈良線沿いを下ハンで苦しんでいると、左折交差点が違ったバッファローさんが追い付いて来て引いてくれる。

途中の単独行動をしきりに詫びてくれるのだが、自分にとってはただバッテリー残量との闘い。

理由はともあれここへ来てバッファローさんの強力な引きは大いなる天の助け。

棚倉平尾交差点まで引いていただきさようなら〜。

ここから先はもう力が入らず、精華町役場を過ぎてかしのき苑を登る頃には、両方の膝がギシギシと痛み、脚は今にもひび割れてしまいそうな感覚。

恐らく、自走びわいち6回の内、大石からあと、最も速いペースで来たはず。

残念ながらもう体が言うことを聞かないので、あとはバッテリーがギリギリ持つことを祈るのみ。

ゴール!

バッテリー残量は7%。

危なかった。

EDGE1000は自走びわいちギリギリなことがこれで分かった。

バッテリーを気にして、大石から手を抜かなかったことで、この先上回ることは無いだろうと思われた2014年のGOURENびわいち31.4km/hとタイ記録での帰還となりました。




郷ノ口まで来ても涼しい顔の練習太郎さんf:id:cerveler_y2:20160501162553j:imageホイール効果は大きそうだ。

途中後ろに付いた際に後輪の音を聞いて、こりゃ楽しているな〜って思いました(笑)。

あと、バッファローさんのコスカボもいい音してたなぁ。



例年感じるのですが、今年は特に、私が一番辛いのだろうなと、走っていて思いました。

なんで皆さんこんな強いのかと、感心しきりです。

特に、O橋、K林両女氏の強さには舌を巻きます。

私は、先ず膝が痛くなり、次に腰、次に肩、首、腕、お尻が順次耐えられなくなってきます。

200キロを超えても平然と走る皆さんとは、どうも体の成り立ちが違うようです。

少しでも皆さんに付いていけるよう、まだまだ頑張らねばならないようです。



日程変更にもかかわらず、たくさんのご参加をいただき、今年も楽しく苦しく、実りのあるびわいちとすることができました。

皆様のご協力に感謝いたします。

お疲れ様でした。

今後ともどうぞよろしくお願い致します!

2016-04-24

集合写真に後ろ髪引かれながら25キロ走

BW65.6kg RUN25.47km 5:51/km

https://connect.garmin.com/modern/activity/1139379482

f:id:cerveler_y2:20160424152905p:image

GOUREN集合写真が非常に気掛かりだが、クロストレの予定を変えるのも嫌なのでラン。

自然に5時に目が覚め、しばらく布団の上で考え事。

ゆっくり食事、ストレッチして、出発寸前に起きてきた息子と、帰宅後のバッティングセンターを約束して7時スタート。

北野塾の疲れは程々にあるが、それ以上に脚が重い。

体が重いの間違いか・・・。

うまく脚が前に進まない。

腕振りと脚のリズムが合わない。

マンネリしてきたコースを変えるため、乾谷から山田川を抜け河川敷へ。

やはりここは風が吹いている

平坦なのに脚を削られペースが落ちていく。

玉水橋を左折して三山木から水取方面へ。

打田補修コースをなぞり登って帰るわけだが、15キロを過ぎてから脚は棒。

我ながら情けないなと思いながら、もどうしようもなくキロ7分以上のペースで、打田から東畑をノロノロヘロヘロ登る。

登り終わってハンガーノック

頂上の鳥谷池から家までが悲しい程に遠い(実際3キロある)。

お腹と背中がくっつくぞ!

マジそんな状態でフラフラで帰宅。

25キロ走ったのはもちろん初めてだが、あまりの遅さに全くもって自信喪失なお疲れランとなりました。

びわいちまでに脚の疲れ抜かないととんでもない目に遭いそう・・・。






asics GT-2000 NEW YORK 4f:id:cerveler_y2:20160424093820j:imageLSD用に購入。

重い、重過ぎる。

でも練習用だから仕方ない。

ランニングシューズもバイクのホイールも、重いのはしんどいね。






あっ、バッティングセンター

惜しかった!

あと5センチで第3号ホームラーンという当たりが・・・(笑!)

2016-04-23

ペダリングスキルUPか?!

帰り道、K久保師匠から、「脚の回転よくなったねぇ」と褒めていただきました。

自分の感覚では全然まとまっていなくて、脚の動きがギクシャクしているのですが、そう言ってもらえるのは、少しでも改善できているからなんだろうと、素直に嬉しい気持ちです。



北野塾 100.55km 26.2km/h 1,222m 198w/NP

https://www.strava.com/activities/553847297

今日も東畑1本登って北野塾へ。

K林女王、K久保さん、M木さん、G藤さん、K山さん、あしやん、かこいっち、大将、私の9名。

少しづつ調子が上向き。

朝練やり始めて10日。

起きること自体には慣れてきたが、寝る時間がなかなか早められない。

キッツイ系のサラリーマンだからそう簡単にはいかないけど、朝練型の方が良いことが多いような気がするのでもう少し頑張ってみる。

朝練始めて唯一マイナスに転じてることは、お通じが悪くなったことかな。

朝から午前中にかけて、胃腸は排泄作業に勤しんでいるというが、朝練自体とそれに付随する飲食の変化がその邪魔をしているのかもしれない。

これは1ヶ月くらい続けて様子を見た方が良い。




登りは少しづつよくなっている。

木屋峠、童仙房、三国越林道と、塾の皆さんと一緒に登れるようになったのは、私にとっては奇跡だ。

昨年朝食を変え体重コントロールをし易くし、今年ランを入れたクロストレーニングで体幹と下半身を鍛えてきた成果だ。

このまま鍛錬を続けて、秋からもう一段階の減量ができれば、結果は・・・出るはず。



それにしてもM井大将の根性の走りには感銘を受ける。

大将は、登りでも絶対に諦めない!

大将は、ゴールは絶対に取る!

大将は、下りでも300W超で踏み続ける!

今日も大将からパワーをもらった。

明日はそのパワーでもって長距離走だ!





童仙房山荘でf:id:cerveler_y2:20160423100313j:imageRapha & Pantani Classicline Black」by 縁 enishi http://www.flickr.com/photos/enishi-kyoto/ ヘルメットとジャージにも合ってるな。これにして良かった。 



朝から整備不良なオヤジ!大事なマシーン、日々点検しといてよ!f:id:cerveler_y2:20160423080015j:image



と思ったら終盤私がパンク。偉そうなこと言えまへん。f:id:cerveler_y2:20160423200831j:image



後半の下り基調でも300W以上出さないと大将には付いていけません( ̄^ ̄)ゞf:id:cerveler_y2:20160423200836p:image