Hatena::ブログ(Diary)

風になれたら

2017-05-21

荒療治しないと温泉に間に合わん!

f:id:cerveler_y2:20170521204501p:image

先ずは土曜日。

タプタプのお腹を少しでもへっこませようと心拍数130から140くらいでLSD

長く走りたかったが、ボトル1本だったので2時間42分、大石コンビニで補給停止。

ゆっくりだったとはいえ、終始単独で風を受けながら走ったので、疲れは予想以上。

だいぶ暑くなってきた。

f:id:cerveler_y2:20170520085648j:image





f:id:cerveler_y2:20170521204500p:image

日曜日はVIVAREN。

変速ほか足回りの様子見に、ええモンだ弟号SLRで出動。

んが・・・、木津から加茂への直線路でK村兄弟&O橋夫妻にぶっちぎられる!

昨日のポタリングが思いの外疲れを残しているようで、平坦で上手く回せない。

第2集団に拾われ何とかローテをこなす。

和束へのダラダラ登りで幾分調子を戻し、和ローからの寺さんT木さんとの地獄の3人ローテを歯を喰いしばって森林公園まで。

”歯を喰いしばって”という表現は少々生温い。

何がそこまで我慢させるのか?

後で思い出しても、よくぞあそこまで、と思えるほど、ずーっと限界線を超えたところで耐え続けた。

もう一回あれをやれと言われても恐らくできないだろう。

変態領域。




朝宮でT木さん直進。

寺さんは後続待ち?でいない。

422で単独になり、監督のバイクペーサーで引きづり回される。

おまけにジルベールの丘では、”おっらペース落とすなっ!”、”もっと追い込めーっ!”、”こっらもっと上げローっ!”と後ろから怒鳴られ、”全然大人の楽しみちゃうやん・・・”と泣きながら頂上を超えたのでした。




いい練習になった、のかどうか・・・。

反動で疲れが抜けない、なんてことにならなければいいが。

要するにそれくらい体調が悪いということだし、体重が落ちないということだし、無理矢理に根性で走れていることをあまり肯定的に捉えない方がいいと思う。




京都マラソンの後、未練たらしく城陽マラソンまで引き摺らず、3月一杯休んで4月からバイクに切り替えるべきだったんだろうな。



まだ精神的にシーズンを切り替えられていない。

2017-05-14

落ちるとこまで落ちたよっ!

61.38km 1,223m↑

f:id:cerveler_y2:20170514204831p:image

2週間ぶりの外練。

腰痛が残り、全くやる気が出ない日曜の午前をグダグダと過ごし、昼食後のお腹をずっしり抱えて家出。

走りが重いのは、体重が増えたのとボディーバランスが崩れて上手に走れないのが理由。

体幹がダメな時って何やっても駄目ね。

駄目な自分を思いっ切り味わうために、東畑〜打田〜天王〜高船周回×4周+弾薬支処1周+東畑と気持ちから追い込んでおく。どうせグダグダなのでセグメント表示は全てOFF!

かしのき苑の坂で地獄の特訓中のカコイっち親子を目撃!鬼だーっ!



帰宅後予想通りがっかりなセグメントを確認して、ここまで落ちたか・・・、と取り返しのつかない状態に陥っていることを悟る。

2週間後の温泉ライダーは宴会目的に決定やっ!



とりあえず、しばらくまともに走れないので、こそこそと体力回復に努めます。




GRIDE

f:id:cerveler_y2:20170514152725j:image:w360

チャリダー堤下が着てるあれ。

デザインもコスパもなかなかええね。

2017-05-07

GWって何ぃ?

30日のビワイチ以後、1ミリも自転車乗らず。

以上。

2017-05-01

何故ここまでドMになれるのかと不思議で気持ち悪い

VIVAREN BIWAICHI 2017 261.05km 30.9kph

https://connect.garmin.com/modern/activity/1705855909

f:id:cerveler_y2:20170501071929p:image:w360



スイッチオンからオフまで約12時間、内走行時間約8時間27分のビワイチデータを少々備忘のために。



GARMIN EDGE 520J

GLONASS オフでGPSのみ、バックライト50%、Bluetoothオフ。これくらいの設定で帰宅時バッテリー残量25%。



タイヤの空気圧

bontrager R4 tubular

前7.2気圧→6気圧 / 後7.5気圧→6気圧



GARMINの傾向と対策はこれでオッケー。タイヤの空気圧は予想以上の減りだった。tubularで7気圧以上入れると身体が辛いのであまり上げたくないが、これくらい減るのならロングの時はある程度の我慢が必要。


山城大橋コンビニをスタート

f:id:cerveler_y2:20170501082725j:image

それにしても辛かった、今年のビワイチ。毎週のように家の家具整理をしていて腰を痛めていたところに、よせばいいのにサドルを2ミリ上げて慣れないポジションで行ってしまった。家から集合場所までは何ともなかったのに、山城大橋をスタートした途端に下半身全体に違和感。高い・・・。明らかにポジションが高くて上手く入力できない。それでも止まるわけにもいかずそのまま無理して猿丸、大石、瀬田経由で琵琶湖大橋まで。しかもT木さん、トドさん、なさんと4人の高速ローテで無理に無理を重ねて下半身崩壊寸前。


コンビニサドル2ミリ下げるも時すでに遅し。一度崩壊した下半身が元に戻るわけもなく、右腰の激痛から右脚の回転がままならない状態で、M井さんを含めた高速ローテに耐え続ける。人間腰を痛めると本当に使い物にならないことを実感。長浜休憩後も回復することなく、木之本の登りをこなし塩津あじかまの里へ転がり込む。腰が痛くても昼食は美味しくいただきたいので、鯖寿司定食を注文。身の厚い鯖は柔らかくほんのり甘く美味。塩の効いた蕎麦の出汁も塩分補給に最高。

f:id:cerveler_y2:20170430114737j:image:w360ビワイチ人気は相当なもの。あじかまの里もそこかしこにバイクが立ち並ぶ。


ここから登りの末のトンネル2連チャン。海津大崎土砂崩れで仕方なく奥琵琶湖トンネルに向かうが、この登りが長くてきつい。腰が痛くて回転させられないため全くスピードが出ない。トンネルも長く危険だが、幸いに大型通過のないタイミングで助かった。もうこの辺りで上半身まで力が入らなくなってきた。


高島に降り湖岸道路を行くが、これがまた路面が荒れて体を痛めつける。腕、首も崩壊の兆し。海津大崎を通らなかったため近江今津まで距離が近く、休憩地点を変更して白髭神社過ぎのコンビニまで一気に。帰宅後STRAVAを見ると、鹽弔療盒兇ら白髭神社辺りまでPRが出たセグメントがいくつもある。こんな体でいかに高速で走ってきたかが分かる。脚の揃ったメンツでのローテーションは凄い結果を残す。また、ええもんだ弟号SLR+AEOLUS3の威力も大変なものだ。兄号ALRで来てたら長浜辺りで電車に乗ってたかもしれない。再スタート後、北小松から和邇へのアップダウンを耐えながら、こんなに体ボロボロになっても前を追い、走り続ける俺って一体何者?と、悲鳴を上げる体とは裏腹に、頭の中は愉快な妄想で一杯。


琵琶湖大橋米プラザで休憩。

f:id:cerveler_y2:20170430150912j:image:w360

甘いバニラソフトで焼け付いた胃の中を冷やし、メンチカツで力を蓄えるも、橋を渡ってからの南下が猛烈な向かい風。5人でローテするが30キロ台に乗らない苦しい苦しい帰路。首、腕、腰、脇、脚、全てが崩壊した状態で、変態的根性のみで走り続ける。瀬田川沿いまで戻ると若干風が止みローテの速度が上がる。それはそれで苦しいのだ。痛さに耐えることが今日の試練であり楽しみであると、割り切り過ぎた頭で絶対離れないぞと踏み続ける。


最後の休憩地点大石コンビニで流れ解散。猿丸を登る力は当然残っておらず、取り残され、うなだれて郷ノ口へ下る。青谷から旧GOURENコースに入ると、先を行っていたなさんと合流でき、途中まで付き位置させてもらい距離を稼ぐが、ワンボックスロックオンしたなさんが遠く離れていき、一人棚倉から開橋を経て精華町へ帰還。役場から家までは登りの連続。ダンシングするとまだ少し力が入れ易くなるので、平坦でも時折ダンシングを入れて誤魔化し誤魔化し家まで辿り着いた。


ゲロゲロのクタクタ。ヘロヘロのバキバキでも冒頭のデータ確認と往きの山城大橋コンビニで目算で下げたサドル高の確認をこなし、入浴。夕食は念願のすき焼き。ビワイチから帰って来て肉を食わしてもらったのは実は初めて。美味かった。ロング缶2本も飲み干し、食後ソファでいつの間にか寝入ってしまった。23時過ぎ布団に入って就寝。地獄の1日が終わった。

f:id:cerveler_y2:20170430192001j:image:w360このバイクよく走るなぁ本当。


満足に走れない体の状態、海津大崎崩落による奥琵琶湖トンネルの登り、帰路の向かい風など、今回は悪条件が重なった。それでもアヴェ30.9kphで帰ってこれたことは正直驚きだ。皆さんの力が凄かったということ。

本当に強い変態おじさん達。

こんな仲間に囲まれていたら、いつまで経っても自転車はやめられそうにない。


参加の皆様本当にありがとうございました。またよろしくお願いします。

2017-04-23

ローラーでごまかす多忙な休日

ローラー60分

訳あって先月から家の中を整理中。今日は予定以上に家具を動かし、ゴミ出しをして疲労困憊。お父さんは辛い。はっきり言って辛すぎる。

最近サドルポジションが気になっている。低いのではないかと・・・。

長い時間をかけて体幹トレーニングをしてきたが、この冬のランの成果でさらに下半身が強化されている実感がある。

そんな中、アンクリングが気になっていたので、思い切って2ミリ膝の位置を下げた。つまり、サドルを2ミリ上げたということ。

f:id:cerveler_y2:20170423222646j:image

2台ともにポジション調整完了。

一昨年からクランク長を165ミリにしてペダリング効率を上げようとしてきたが、まだ膝の高さが気になっている。効率よくペダリングするためにはもう少しサドル位置を上げないと。昨日北野塾で、やっぱりサドル上げないとダメだと思った。

アンクリングは膝が高く上がり、かつ引き足も力んでしまうので長距離持たない。回転重視でケツで回す感覚でないと長距離では力を温存できない。

案の定2ミリ上げたポジションは、膝から上の筋肉がモノをいう実感あり、凄く疲れた。力点から遠い足首でアンクリングなんかしている暇もない。

土曜の北野塾では、そのことを考えながら常にK久保さんの近くで登坂を繰り返し、勾配とケイデンスの関係を観察していた。私より体重があるのに、なぜあんなに高ケイデンスで軽く登坂できるのか?




はっきり言って、謎のおっさん・・・




私より体重の重いK久保さんの”登りの極意”、・・・・・・・・私には不可能なんだろうなぁ・・・。

2017-04-22

ええもんだ弟号でデブをごまかす

北野塾 95.31km 1,395mup

https://connect.garmin.com/modern/activity/1690979951

f:id:cerveler_y2:20170422115935j:image:w360

最近ハンドル幅が気になるのだ。

鉄人アダムハンセンの狭小ゲージは有名だが、キング・ボーネン様も今年は凄く狭いハンドルを使っていた。

EMONDAはスローピング率も高くフレームのシルエットが小さく見えるので、去年組んだ時からハンドル幅とのバランスの悪さが気にはなっていた。aeolusのタイヤも前後交換しないといけないし、ハンドルまで資金が回らないのだが、気になり出したらもうどうしようもなくなるのが嫌な性分だ。




さて、久々の北野塾。

f:id:cerveler_y2:20170422174323p:image

ダイエットできないままシーズンインしてしまってとても登りが辛いのです。お店のガラスに映る腰回りは大きく、腹はたるんでいる。それでもええもんだ弟号だとどうにかこうにか皆さんと一緒に山を越えられる。素晴らしいバイクに感謝するけど、その性能に甘んじている自分を何とかせにゃ。このままだと吉野大峰と、立杉の両ヒルクライムで戦えない。何とかせにゃ。





今日は疲労困憊。

明日?明日は久しぶりにランにしようかなぁ・・・。

2017-04-16

病み上がり、ええもんだ弟号で高強度練に耐える

VIVARENのち寺さん練 106.6km 27.9kph 929m↑

https://connect.garmin.com/modern/activity/1679904229

f:id:cerveler_y2:20170416171155j:image:w360

f:id:cerveler_y2:20170416171104p:image:w360

猿丸神社も今週が最後の桜でしょう。葉桜でしたけど綺麗でした。

病み上がりかつ寝不足ながら、好天にほだされて今年初のええもんだ弟号で出発、と・・・、GARMINのスイッチを入れたらいきなりSWの更新が始まりしばし立ち往生。遅刻決定。

本隊がいくつか信号に引っ掛かってくれることを祈り追い掛ける。脚にはもちaeolus。軽い走り出しに気分も軽くなるが、何せ体調は劇悪。付いていけなかったら途中で単独走に切り替えることも視野に入れていく。

開橋8時4分49秒通過。しばらく行くと集団が信号停止しているのが遠くに見える。上狛で無事練習太郎さんのお尻にドッキング。第2集団のようだ。ローテしながら皆さんにご無沙汰のご挨拶。

あしやんが比較的平和な引きでいいペースを刻んくれるが、塾長が一気にペースアップで第2集団はバラバラに。

163を越えてダラダラ登り開始と共に第1集団から信号で漏れた?寺さん、バッファローさん、M木さんにドッキング。珍しく緩めのペースなので、きっと何かスタート時に話しが付いているのだろうと思いペースを合わせてローテーション。そのまま山にでも行く約束かな?

案の定寺さん先頭で和ローをパスして進む。ははーん鷲峰山直行やな・・・。振り向くと誰もいない。寺さん、バッファローさん、私の3人で進む。ま、ええか、止まらず長く走る方が脂肪燃焼するし。

結局鷲峰山にもいかず湯船へ直進。いつの間にかバッファローさん離脱で、寺さんと地獄の2人ローテ。病み上がりの身にはまさに地獄の試練、阿鼻叫喚。

しかし今日の寺さんはいつになく優しく、苦しい場面で必ず緩めて待ってくれるので、なんとか二人で県境通過。

その後、紆余曲折あって寺さん、バッファローさん、K山さんと4人で信楽から大戸川方面へ。これがまた地獄の高速ローテで、苦しくて楽しい変態な時間を満喫。前から後ろに下がる際のたまらなく苦しい状態が、最高潮の変態世界へ誘う。仕上げは関津峠で、ええもんだ弟号の軽快さに助けられて自己記録を1秒更新。大石ファミマで崩壊した心と体を休めるべくあんぱん補給。

f:id:cerveler_y2:20170416105631j:image:w360

4人とも疲れ最高潮(寺さんはそうでもないか)でゴルフ場カットで緩々と猿丸詣での後、郷ノ口、山城興戸観音寺、普賢寺経由で東畑登って帰宅。

めっちゃくちゃ疲れたけど、久々に苦し楽しい集団走行ができて非常に満足。


ええもんだ弟号はやっぱり凄い。変幻自在といえば大げさだけど、(もちろん乗り手の脚力、テクニックの範囲内で)苦しい場面になっても何とかこなしてしまえる、反発力の良さみたいなものが際立っている。ただの軽量バイクではない面白さがあるなぁ〜。



葉桜とSLR

f:id:cerveler_y2:20170416110401j:image:w360


観音寺菜の花

f:id:cerveler_y2:20170416115003j:image:w360

終始向かい風に悩まされたけど、ポカポカ陽気で本当に楽しかった。

体調悪いのに楽しく走れてよかった。

皆さんに感謝です。

またよろしくお願いします。

2017-04-02

先週のようには行かず

単独山練 87.42km 1,099m↑

童仙坊から多羅尾、湯船から鷲峰山のつもりで出たが、寒さと体のだるさで鷲峰山中止。腰痛でうまく回せず無駄に疲れて帰宅。

https://connect.garmin.com/modern/activity/1653015153

f:id:cerveler_y2:20170402164723p:image

寝坊、というよりわざと布団から出なかったのが真実。

酒が良くない。

朝起きると怠いし、”もう飲まないぞ”と思うのだが、夜ストレスを抱えて帰ってくるとついつい・・・。悪循環を止める手立ては今のところない。

なのでどんどん肥ってきた。お腹がまるーく大きくなってきて、走る姿も格好悪くなっていると思う。こういうルーティーンは、自分自身にとんでもないことが起こることによってしか回避することができない。意識するだけでは無理。色んなもの抱えて生きてるし、速く走れなくても仕事はできるしね。

おそらく先週のようには登れない、そんな確信があってわざと寝坊したわけ。

来週伊吹山なのにねぇ・・・。

慌てないでおこうとは思う。いつか治るはず。沖縄申し込んだら治るかな。不健康な事態に陥ることで、そこから立ち直るために治す、といういつものパターンはできれば避けたいが。




今日は寒かったな。昨日すね毛を剃って勇んでレーパンで出たけど、終始寒イボ立ちっ放し。

f:id:cerveler_y2:20170402111648j:image:w360

このところ週末になると家の中の整理で、特に家具の移動や大きい物の片付けで腰痛が続いている。それもあって、なかなか体温まらず登りが糞詰まり。やはり腰回りの調子が大事だなスポーツは。先週よく登れたけど、来週の伊吹山はがっかりな結果が待っていそうで怖い。




和束いいとこ

f:id:cerveler_y2:20170402111552j:image:w360

こんな美しい地域で走れて幸せ。たまに飛ばし過ぎの車にひやっとするけど。

2017-03-26

菰野ヒルクライム逃亡練

天王高船弾薬支処練 41.14km 25.3kph 837m↑

https://connect.garmin.com/modern/activity/1640138214

https://www.strava.com/activities/914618405

f:id:cerveler_y2:20170326114841j:image:w360

モノトーンでビシッと決めたつもりが・・・、

f:id:cerveler_y2:20170326114852j:image:w360

すね毛剃らずにレーパン履いてしまった(汗)。ダサい・・・。タイツにしとけばよかった。



結局菰野町は1日雨だった様子。

だからよかった、と書けば大変弱い人間のようだが、雨のレースの前後は色んな意味でそれはそれは面倒なことになるから、明日も普通に働くサラリーマンとしては賢明な選択。上位を狙うとかでもないし、今日出るためにやってきた練習は無駄にはならないし、今日だけのためでもないし。

昨日DNSを決めた時点でお酒を買いに走り、今朝寝坊。


ダメだ、超弱い人間だやっぱし・・・。


10時過ぎから天王高船練へ。不甲斐ない自分を呪うように最初から突っ込んでいくも、いきなりの東畑TTは途中失速。

普賢寺から天王への劇坂TT(セグメント名45climb)1本目。4分43秒/VAM1198で昨年のオキナワ前のタイムを10秒更新。体重3kgオーバーでこのタイムは驚きだ。バイクもえーもんだ号兄で軽くはない。冬のランの成果か。

2本目さらに追い込んでみる。4分36秒/VAM1229でさらに7秒更新。実は今年の正月、各セグメントの目標タイムを設定しておいた。ここは昨年5月に出した4分52秒に対して4分30秒の設定。厳しいがオキナワまでに何とか達成したいと思っていたが、この時期にしかも体重3kgオーバーでいきなりあと6秒まで来た。あれあれどうしよう。

3周の予定だったが、この2本のイメージを崩さないように3周目は弾薬支処へ変更。最後もう1本東畑TTをやって頂上で折り返して帰宅。

f:id:cerveler_y2:20170326160616p:image

京都マラソンの後、信じられないくらい疲れが抜けなくて、春のシーズンどうなるか不安だったが、去年の今頃より登れるようになっていることが分かって一先ず安心。

あとは家飲み禁止をいつ頃再開するか。去年はいつからだったかなぁ、忘れた。あまり早く始めるとオキナワ前に反動が来てしまう恐れがある。精神衛生上の問題と、中間管理職のストレスと、1年1年衰えていく内臓の問題になかなか折り合いがつかない。



 

2017-03-20

多忙な3連休でした

息子の中学への進級に伴い家の中を整理、部屋の交換や家具の移動でクッタクタ・・・。その合間を縫って土曜、月曜に天王高船に篭って菰野ヒルクライムの「間に合わせ練」。体重が去年より重いのは、マラソンシーズン終了の反動がもろに来ているから致し方ないところ。菰野が最終目標でもないし、気楽に高強度練のつもりで行ってこようと思う。土曜月曜と天王登った感じは、去年の同時期とほぼ同じタイムだったので、成長もしてないけど出遅れたわけでもないと前向きに考えて置く。

それにしてもやばいのは、冬シーズン終了の反動が大きくて、食欲と酒が止まらないこと。


ほんにやばいす。