せすにっき

2007-04-17(Tue)

[]夜グルト

  • 南青山Mixage パティシエがつくったあんずオレンジヨーグルト

無脂乳固形分8.9% 乳脂肪分5.0%

あんずピューレの甘酸っぱさをオレンジのピールと果肉でより爽やかに。すっきりフルーティ、ふたちの果実のおいしい出会いをお楽しみください。

だそうです。パティシエ監修というやつですね。

とろふわ気味の質感でなかなかにデザートチックです。味は、うん。うまい。パッションフルーツの酸味がさし味みたいな感じで効いてます。洋酒も入ってうまくまとまってるなあ。ヨーグルトというよりはもはや一人前のデザート。

yetanotheryetanother 2007/04/17 23:38 つ携帯電話の計算機機能

cesscess 2007/04/17 23:44 ああーっ!そんな機能がついていること自体忘れてました…
なにしろ通話にも滅多に使わないものでorz

yetanotheryetanother 2007/04/18 00:05 さすがにスーパーで電卓は叩き辛いですが、これならメールをしているような顔ができますね。

ちなみに100円で15m買えるんなら、150円出したら22m以上は買えるやろ、20mで150円て2mどこいってん?と考えます。足らず端数の2円とか3円は孔明の罠です。

cesscess 2007/04/18 00:15 なるほど……罠という漢字は、民が棚の前でどの長さのラップがお得だろうかと考えるようすを文字化したものなのですね。

holpoholpo 2007/04/18 15:47 holpoもケータイの電卓つかうよ〜。
でもケータイを持つ前は、こういうときは15mの値段の4倍と20mの値段の3倍
を比べたと思う。割り算より掛け算のほうが簡単よぉ。v(^^)

cesscess 2007/04/18 20:26 うーむなるほど、確かに掛け算の方が楽です。
ケータイ活用とか、2mどこいってん?とか、掛け算比べとか、色々勉強になった今日のコメント欄でのやりとりを今度ラップを買う時に思い出せるよう祈ろうと思いマッスル。

2007-03-27(Tue)

[]夜グルト

無脂乳固形分8.2% 乳脂肪分0.9%

蓋を開けただけでさわやかキウイの匂いが!いいよいいよ気分は春だよ。キウイは春の果物じゃないような気がするけど、この淡い緑色がなんかふきのとうのてんぷらみたいで春っぽいよ。でもふきのとうヨーグルトだったらちょっといやだよ。

1cm角よりはやや小さめのカットキウイ、そこからこぼれた黒い種のつぶつぶしさ。キウイ好きにはたまりません。マンゴーヨーグルトにいつも大甘判定を下す俺ですが、何を隠そうキウイも好きです。

ちなみに去年の「凛」のパッケージにはこう書いてあった。

果実本来のおいしさが

"凛"ときわだつ、大人の5つ星

フルーツグルメヨーグルト

今年はこうです。

果実のうまさを

“まるごと”味わう、

たっぷり果肉と果汁で

仕上げたヨーグルトです。

五つ星が消えてしまいました。しかし美味いのでいいのです。割ととろとろ感の強いヨーグルトなのに、キウイの酸味で逆にミルキーな後味が引き出されてます。大人だけじゃなくて小さなお子さんにもどうぞ。俺はメイトーの回し者か。いいえ、むしろキウイの国の回し者。乳児ランド。

2007-02-20(Tue) リフレインが酒呑んでる

[]夜グルト

無脂乳固形分8.2% 乳脂肪分0.9%

ギュッ!と搾った

果実のおいしさ

って書いてあるんだけど、マンゴーってなんかギュッ!と搾ったらぐじゃぐじゃになるイメージがあるなあ。いやだからどうしたというわけではないのですが。

蓋を開けてびっくり。透き通った薄いオレンジ色のフルーツソースが表面の半分近くを覆っている。このヨーグルトは買って帰る途中に一度買い物袋の中で横倒しにしちゃったから、もしかしたらもともとは底に沈んでたのかもしれないです。混ぜて食す。

俺の好きなオハヨーのナチュファーム、そして安曇野のグァバとマンゴーのヨーグルトよりも酸味が強く、さっぱりとした味。それでいてマンゴーソースが効いていて決して淡白ではなく割とマンゴマンゴしている。濃厚ではないけれどもしっかり印象に残る味なのではあるが、口に残る酸味にかすかにマンゴー特有の青っぽさが漂っているので、苦手な人は苦手かもしれんです。ジューシーです。しかし角切りの果肉の存在感があんまりなかったのが残念。カップが大きめなのでもう少し大切りのをごろごろ入れたらよかったんじゃなかろうか。いやそうすると値段が。あうう。

けろやん。けろやん。 2007/02/20 19:42 こんにちは。
揮発性の夢、いいですね。
私の夢は澱んでいて、滞留する夢です(´・ω・`)

ソーセキ「夢十夜」ですが、私は、ソーセキさんの思いが凝縮されていると思います。自然主義派への思い、白樺派への思い、浪漫派の兆しへの思い、幻想譚派?への思い、その全てが。「夢十夜」から始まる文学史というのは、とても大切だと思います。

cesscess 2007/02/20 20:23 夢だから、ああ忘れちゃってもいいか、てことになりますが、どうもそれ以外のことも脳内からさくっと揮発しがちな自分です。うー。
 
「夢十夜」本日読みました。第三夜の子供をおぶってる話が超こえええええええええええええええ!!船に乗っている話は、ものすごくわかりやすいですね。というか、現代の人も見そうな夢が多くて意外でした。もっとこむずかしくて時代色が濃くてブンガクチックなのかと思ってました。
自分は伝記や小説、事件についての記録など個々の「おはなし」を読むのは好きでも歴史という縦軸でそれらをとらえるのがとても苦手なので、文学史なんかもなにがなにやらさっぱりなのですよ。この作品を読むことで、理解の一助になったりするのかなあ。そういう捉え方ができる基礎的な知識というか思考能力がスカッと抜けてるからなあ…