underber:アンダーバー このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-06-17 Fri

[]読んだ読んだ。 16:25 読んだ読んだ。を含むブックマーク


意識的に、新潮文庫を買うようにしてるんだけど。

よくよく考えてみると、今回のyondaくんグッズは欲しいのもうもらいきってて、別にもう集める必要なかった。マグカップとかビニール人形とかブックカバーとか。(前のんも含む)

次のやつっていつ出るんだろ。またその時にほしくなるもんがあれば良いな。うん。


或る少女の死まで―他二篇 (岩波文庫)

或る少女の死まで―他二篇 (岩波文庫)

学校とかでやたらとこの名前が出てくるわりに読んだことないしどんな話かもしらんなぁ。と思って読んだ。

すごいシンプルな文章だなぁ。というか、日記(自伝)だよなぁ。あとがきにも書いてあったけど。「文豪たち(芥川とか)は最後に自伝を書いてたけど、私は最初に書くんです」て。

でも、『幼年時代』『性に眼覚める頃』と順番に読んでったら、だんだん小説っぽくなっていくのが面白かった。

こないだ、ゼミである人が「自分の感情とかを赤裸々に書くだけの小説って、おしつけがましいからあんまり好きじゃないんです」て言ってて、きっとこれはこの人にとっては面白くないものなんだろうなぁ、とちょっとだけ思った。


村上ラヂオ (新潮文庫)

村上ラヂオ (新潮文庫)

これもまた。学校で「村上春樹小説はもちろんだけど、エッセイはまた違う面白さがあるからね」て先生が言ってたから読んだ。

たしかに。面白かった。この人の頭の中ってなんでこんなにちっさな感動で溢れてるんだろうね。ステキだ。

んでもって、出てくる食べ物が無性に食べたくなった。うなぎとかドーナツとか。お腹へってたからてのもめちゃめちゃあったけど。えへ。

あと、豆知識もわんさかあって、何も考えずに読むにはうってつけだな、と思った。

それにしても、学校先生村上春樹を「春樹ー春樹ー」て言う人が多すぎる。知り合いか!?と突っ込みたいのをぐっと我慢。

[]子どもはみなブログを持て! 16:38 子どもはみなブログを持て!を含むブックマーク


日記はだめなもんだ、とかいう論文発表されてるくせにね。とか言いつつ。

確かにITがどうこう、ってのは重要なのかもしれないけど、ちっこい頃からブログ書いてると、かっこつけること覚えちゃって、素直に人としゃべれなくなっちゃうかもよ。あと、ブログ依存しちゃったり。知りたくないこと知っちゃったり。

いろんな問題がわんさか起こると思うんだけどなぁ。。。

良いか悪いかよくわからんよ。


http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20050614nt07.htm

  • cha-ko2008-11-13
  • cha-ko2008-09-20
  • cha-ko2008-08-12
  • cha-ko2008-08-11
  • cha-ko2008-07-29
  • cha-ko2008-07-07
  • cha-ko2008-07-01
  • cha-ko2008-06-14
  • cha-ko2008-05-12
  • あわせて読みたいブログパーツ
  • なかのひと

ページビュー
189033