燈明日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ごあいさつ

燈明日記へようこそ!!

燈明日記の主なテーマは、以下の通りです。

そして、燈明日記へ来られたのも『私』と『あなた』の何かのご縁です。なので、どうぞごゆっくりご覧下さい!

2014/9/14(日)

[] 足の調子がいい

仕事の方が忙しく、日記更新が滞っています。すみません。

昨日、ほぼ一日、トイレ休憩以外、立哨をしていましたが、足は大丈夫でした。

普段の足の屈伸のトレーニングが効果があったようです。

持病の左膝も痛くなく、調子がいいです。

では、今日もこれから引越し立会いに行って来ます。

2014/9/10(水)

[] 笑顔はエネルギー!

立哨時にゲートや受付時に通用門を通る人に挨拶をしますが、殆どの人は形式的な挨拶か無視です。

しかし、笑顔で挨拶を返してくれる人が少しいるのです。


警備員の仕事の一部で、挨拶をしているわけですので、形式的な挨拶を返していただけるだけで十分なのですが・・・。

笑顔で挨拶を返していただけると、なにか嬉しくなり、よいエネルギーをもらった気がするのです。


老若男女を問わず、そのようになるのです。

あまり面白くない仕事の中でも、なにか面白さはありますね。


笑顔は間違いなくエネルギーで、そのエネルギーで今日も仕事にやりがいを感じる事が出来るのかもです。

もし、あなたが警備員さんから、挨拶をされたら、できれば笑顔で挨拶を返してくださいね。よろしくお願いします。


そうしたら警備員さんも、ありったけのエネルギーを送りますよ!

と書きましたが、やはり、家に帰ってきて、奥さんの笑顔が一番のエネルギーかな。すみません。親バカでなく、奥さんバカでした。

2014/9/6(土)

[] 空き時間を有効に

施設警備の仕事形態は普通、受付、立哨、巡回、休憩をシフトで回します。


実は、受付でも暇な時間帯があります。

そのような時間は、つい無駄に過してしまいますが、今、自衛消防等の勉強に充てています。


また、立哨でも暇な時間帯があります。

そのような時間は、つい無駄に過してしまいますが、今、体力作りに充てています。


頭脳的にも体力的にもつねに、普段から鍛えて、いざの時に備える・・・これぞプロの警備員!

私も、少し目覚めてきたところです。誰にともなく・・・。


そう、空き時間を有効に使って勉強と体力作りを!!

2014/9/5(金)

[] 信頼されるということ

信頼は、文字通り『信じて頼りにすること』です。


普段、生きて行くには、あまり意識していませんが、その人の生き様が信頼を醸し出すのでしょう・・・

しかし、警備員は、そんなことは言っていられません。


オーナーやテナントさんから、まず信頼されないとならないのです。

だから、意識的に信頼されるように、演出と訓練を重ねるのですね。


演出の結果は、見た目や振る舞いが、この警備員は結構いいぞ!

訓練の結果は、大事があった時にてきぱきと行い、この警備員は結構いいぞ!


そう、警備員は信頼されてなんぼの商売なのですね。

そのためには、日々、訓練と勉強を行い人格を磨かないといけないわけです。


警備員って、突き詰めると「心技体」を極める究極の職業だと思います!

2014/9/4(木)

[] 施設警備員の能力3大要素

施設警備員は、普通時は通常業務を行っています。

通常業務は、おおむね立哨・受付・巡回の3つです。


しかし、施設警備員の真価が問われるのは、非常事態の時です。

救命・火事・地震・不審者・不審物・犯罪等の対応です。


あと、施設警備員は、テナントさんやオーナーから信頼を得るために見た目も大事です。

アイロンの効いた制服をきっちと着こなし・振る舞い・挨拶・姿勢・歩き方・話し方等の見た目です。


つまり、以下の3つの能力が必要なのです。

  • 通常業務をこなす能力
  • 非常事態対応をこなす能力
  • 見た目をよくする能力

このため、警備員は日々、訓練・勉強・体力作り・健康管理を意識しての自己向上が不可欠なのですね!

ということで、施設警備員の能力3大要素でした。


ちなみに、知的に歩き、知的に挨拶、そして、知的な姿勢をキープする・・・難しいですね(^^;

2014/9/2(火)

[] 施設警備員詐欺

誤解を生じるタイトルなので、初めに申し上げておきます。

犯罪的な詐欺ではなく、心構え的な詐欺のことなのです。


施設警備員は普通、施設管理する防災センターに勤務します。

防災センター要員に成るためには、通常以下の3つの資格が必要です。

  • 防災センター要員
  • 自衛消防
  • 上級救命

つまり、防災センター要員の警備員は、消防と救命に関してプロの知識と技術を要しているわけです。


しかし、2年、3年と経つと、怠け者の警備員は、すっからかんに忘れてしまいます。

確かに、資格を取る時は、一生懸命に勉強した記憶のみはあるのですが・・・。


先日、先輩からこの辺の質問をされ、ことごとく答えられず・・・。

もしこれが、オーナーやテナントさんからの質問だったら、どうする!!


これらの知識や技術があるからこそ、お金を払って、雇っているのに・・・これじゃ詐欺ってもんだ!!

という事態になりました。


いかん、消防と救命の勉強し直しや〜

普段の仕事だけをこなしていたらダメなんですね!


警備員は、日々、消防と救命を勉強し、大事が起こった時に的確に対応できないといけないのです。

そのために、オーナーやテナントさんはお金を払ってくれるのです。


プロの警備員を目指して、また、一から出直しします・・・誰にともなく・・・

2014/8/30(土)

[] ヘルストロンは良く効きますよ!!

ネットで『ヘルストロン』を検索すると、意外と否定的な情報を目にします。

その大分部は、実際にはヘルストロン体験をせず憶測で批判をしていますね。


ヘルストロンは、厚生省に認可された電位治療器です。

1940年代から80年以上、国公立大学を中心に基礎研究、医療機関と共に臨床研究等を行ってデータ的に認められたものです。


憶測のものとデータ的なもの、どちらが正しいか・・・

言わずものがな・・・ですね。


あと体験者でも、70代で10年間、ヘルストロンに乗って全身の筋力が失われたというページがありました。

これ単に運動不足と老化でしょう!


厚生省に認可された効能は、頭痛、肩こり、慢性便秘不眠症の4つで、私の場合、慢性便秘、不眠症は確かに効果があります。

ちなみに、頭痛と肩こりはもともとありません。


厚生省に認可された効能は4つですが、ヘルストロンは血流を良くするので、全身に血液で栄養と酸素が運ばれ易くなり、ほぼ万病に効果があると思いますよ!

ということで、ヘルストロンはおすすめです!


ヘルストロンとは

2014/8/26(火)

[] 血液サラサラには胡桃と葉酸が良い・・・

健康の体を維持するには、結論から言うと、血液サラサラです。

人間の体は、ご存知の通り、全身に血管が廻らされています。

その血管の中の血液で、栄養と酸素が各部位に運ばれ、健康が維持できるのです。


ストレスや生活習慣(食べ物や運動不足)により、栄養と酸素が上手く運ばれ難くなる状態があります。

この状態こそ、健康とは言いがたい状態なのです。

つまり、この状態では血液ドロドロということなのです。


では、血液ドロドロを血液サラサラにするにはどうするか・・・

よく知られているのは、DHAEPAの摂取ですね。

これらは、魚の油に含まれる成分なので、油の乗った、まぐろ、さんま、さば、いわし、あじ、かつお、ぶりなどに多く含まれています。


しかし、魚はいろいろな理由で食べつらいです。

そこで、登場するのが胡桃です。

実は、胡桃は体内に入るとDHAとEPAに代謝されるのです!!


あと、血液でなく血管年齢を若返らせる成分として葉酸が注目されています。

葉酸は、血管壁を傷つけて動脈硬化を引き起こすホモシステインを減らす働きがあると言われています。

葉酸は、ホウレンソウ、キャベツ、ブロッコリー、アスパラガス、サツマイモ、豆類、焼き海苔、レバーに含まれています。

葉酸は、直接、サプリメントで摂るより、これらの野菜等で摂るのがいいとのことです。


ということで、血液サラサラには胡桃と葉酸が良さそうです。

あと、座るだけで血液サラサラになるヘルストロンもありますね!


ヘルストロンとは

2014/8/22(金)

[] 巡回中に不審物を見つけたら!

巡回中に不審物を見つけ、防災センターに帰って報告・・・怒られました!

『帰ってくる前に、やることがあるだろ〜』

『そうですね。不審物の中身を確認します』・・・もっと、怒られました!


不審物は触れただけで、爆発や毒ガス噴射の可能性を否定できません。

中身を確認など、もってのほかで・・・

不審物を見つけたら、その場に留まり、他の人が触れないようにして、無線で防災センターへ連絡し、上位者に対応してもらうこと。


不審物発見時の三原則『触れない、嗅がない、動かさない』


追記

上位者が不審物と判断したら、当然、警察に連絡。

2014/8/19(火)

[] 簡単な事をおろそかにすると、難しい事は出来ない

仕事で簡単な事は、意外とおろそかになり、忘れがちになります。

また、簡単な事なので、忘れても大して問題にはなりません。


しかし、簡単な事を正確に行い、その積み重ねこそが、スキルアップにつながり、結果的に難しい事もこなせるようになるのです。


簡単な事をおろそかにしないように、忘れないように・・・

忘れない工夫をして、忘れないように・・・

2014/8/18(月)

[] 『すみませんでした』という言葉の重み

仕事で失敗するたびに『すみませんでした』と謝ります。


あまりにも失敗して、その度に『すみませんでした』と、言っていたら、当然、信用がなくなり、リストラリストに入ります。

実は、『すみませんでした』という言葉には、以下のような重みがあるのです。


『2度と同じ過ちを犯しませんのでお許しください・・・』


『すみませんでした』と言うたびに、この重みを頭に刻み込まないといけません。

しかし、アスペルガーとか発達障害の人は、『同じ失敗を繰り返す』という特性があるのです。


だからといって、甘えてはいけません。

なんとか、工夫して同じ失敗を繰り返さないようにしないといけないのです。


そして、そこにこそ、人間としての成長もあると思うのです。


補足

だからといって、上記は、アスペルガーや発達障害の人に強いるものではありません。

アスペルガーや発達障害の特性にあった職業もあるのです。

ネットで検索すれば、偉人達が実はアスペルガーや発達障害だったってケースが多いのです。

2014/8/16(土)

[] 施設警備員とは・・・

普通の人が施設警備員を見ると、正面施設ロビーで暇そうに立っていたり、裏面通用門受付で暇そうに座っているように見えます。

なんて楽な商売なんだって思っているでしょう・・・


しかし、施設警備員の立場から見ると一瞬も気が抜けない施設不審者侵入をセキュリティしているのです。

また、施設警備員は、いざ事が起これば、以下の3つに変身するのです。

まぁ、風がついているのは、実際は警備員なので仕方がありません。


そのために資格も取っています。

  • 上級救命(救急救命士風)
  • 自衛消防(消防士風)
  • 施設警備2級(警察官風)

というわけで、施設警備員は、意外と大変な仕事なのです。

また、シフトで勤務するので、シフトに穴を開けなように体調管理も必要ですし・・・


上級救命士としての自覚、自衛消防士としての自覚、2級警備士としての自覚。

もちろん、普段は、愛想のいい、サービスたっぷりの気のいいおじさんですよ!

2014/8/12(火)

[] 高血圧認知症の関係とは

高血圧の人は、医者から降圧薬をもらって下げていると思います。

しかし、体が必要あって血圧を高くしているのに、降圧薬で強制的に下げて問題がないのでしょうか…。


心臓はポンプの役割で、血管内の血液を体内全体に送り届けています。

頭脳は、血液を沢山必要としますが、心臓より上にあり、血液を得るのに一番高い血圧を必要とする部位です。


ということで、降圧薬で強制的に高血圧を下げると、脳に血液が行き難くなるのです。

また、血液の一番の役割は、体中に酸素と栄養素を赤血球で届けることです。


ということで、降圧薬は結果的に脳に送る酸素と栄養素を充分に届けることが出来なくしてしまうのです。

すると、脳は酸素と栄養素が充分でないので認知症になりやすくなるのです。


ですので、降圧薬を使わず、自然に血圧が下がれば良いわけです。

また、血液は、ドロドロの血液よりサラサラの血液の方が送り易く…。


結果的に血液がサラサラになれば、血圧は下がるのです。

では、血液をサラサラにするには、DHAが多い魚や胡桃が良いとのことです。


あと、ヘルストロンも同様の血液サラサラ効果あり、良いとのことです。

結果的に、ヘルストロンは高血圧症と認知症にも効果があることになるのです! 凄い!


ヘルストロンとは

2014/8/11(月)

[] エボラ出血熱に効果のあるファビピラビルとは?

ファビピラビルは、抗インフルエンザ治療薬として開発されました。

ウイルスは、自分の力だけで増殖できず、宿主細胞を乗っ取ることで増殖するという性質もっています。


従来のタミフルリレンザは、細胞内にウイルスを封じ込めることにより、増殖を阻害するものでした。

一方、ファビピラビルは、細胞内でのウイルス複製そのものを阻止し、増殖を阻害するものなのです。


よって、ファビピラビルの方が元からウイルスを絶つことができるのです。

そして、エボラ出血熱の原因もウイルスなので、ファビピラビルが効果があるのです。


また、鳥インフルエンザもウイルスなので効果が期待されています。

ということで、ファビピラビルは、ウイルス系の万能薬なのかも知れません。


しかし、世界で初めてのエボラ出血熱治療薬のファビピラビルを開発した日本(富士フイルムHD/富山化学)は名誉なことですね!

富士フイルムHDの株は、もう買いましたか…。


補足

ウイルスは、自分の力だけで増殖で出来ませんが、細菌は自分で増殖出来ます。

また、ウイルスの大きさは20〜970nm(ナノメートル:1mmの100万分の1)で、細菌の大きさの1〜5μm(マイクロメートル:1mmの1000分の1)

つまり、ウイルスは桁違いに細菌より小さい。

参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1253593697


参考リンク

2014/8/8(金)

[] 一瞬で眠気が取れたという不思議な体験

寝れない状況で、どうしようもなく眠い時があります。


以前、空気を吸わないと眠気が去るとネットに書いてあったので・・・実践したら・・・

確かに眠気は去ったのですが、吐き気がしてきて、大変な目にあいました。


で今回、歩きながらうろうろして、眠気を取ろうとしましたが取れず・・・

不覚にも立ったまま一瞬目を瞑ってしまったら・・・膝が『かっくん』として倒れそうになり、一気に眠気が取れました。


もしかしたら、一瞬熟睡したのかもしれない・・・

でもその間の時間は、10秒も経っていない・・・


ということで、一瞬で眠気が取れたという不思議な体験をしました。