燈明日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ごあいさつ

燈明日記へようこそ!!

燈明日記の主なテーマは、以下の通りです。

そして、燈明日記へ来られたのも『私』と『あなた』の何かのご縁です。なので、どうぞごゆっくりご覧下さい!


2006/12/16(土)

[] カレントディレクトリの求め方

VB6では、実行ファイルがあるディレクトリが、カレントディレクトリになります。

しかし、VBSやVBAでは、WSH本体やEXCEL本体のあるディレクトリが、カレントディレクトリになります。

したがって、VBスクリプト(.vbs)やEXCELブック(.xls)があるディレクトリのパス情報も必要になるケースがあります。

以下は、そのパス情報取得のスクリプトです。

VBSの場合

Dim vntCurrentDirectory
Dim objWshShell
Set objWshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
vntCurrentDirectory = objWshShell.CurrentDirectory
MsgBox vntCurrentDirectory
Set objWshShell = Nothing

VBAの場合

Dim vntCurrentDirectory
Dim intIdx As Integer
For intIdx = Len(ActiveWorkbook.FullNameURLEncoded) To 1 Step -1
  If Mid(ActiveWorkbook.FullNameURLEncoded, intIdx, 1) = "\" Then Exit For
Next
vntCurrentDirectory = Mid(ActiveWorkbook.FullNameURLEncoded, 1, intIdx - 1)  
MsgBox vntCurrentDirectory

VB6の場合

Dim vntCurrentDirectory
vntCurrentDirectory = CurDir

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chaichanPaPa/20061216/1166233994