燈明日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ごあいさつ

燈明日記へようこそ!!

燈明日記の主なテーマは、以下の通りです。

そして、燈明日記へ来られたのも『私』と『あなた』の何かのご縁です。なので、どうぞごゆっくりご覧下さい!


2007/9/2(日)

[] SMTPモジュールでの複数アドレスメールToの罠

SMTPモジュールで、送信先メールアドレスを設定する箇所は、メールヘッダーとtoメソッドで最低2箇所があります。

つぎに、その2箇所の送信先メールアドレスへ複数のアドレスを設定する場合、以下の注意が必要なのです。

  • メールヘッダーには、複数のアドレスを、文字列内リストで表現します。
  • toメソッドには、複数のアドレスを、引数のリストで表現します。

my $mailto = 'aaa@bbb.co.jp, xxx@yyy.co.jp; # 複数のアドレスを、文字列内リストで表現
my @mailto = split(',', $mailto);           # 複数のアドレスを、配列変数リストで表現
#メールヘッダー設定
my $header = << "MAILHEADER";
To: $mailto
Subject: $subject
:
:
#メール送信
my $smtp = Net::SMTP->new('mailhost');
$smtp->to(@mailto);
:
:

で、何が罠かというとメールヘッダーの「To: $mailto」は文字列内がリストで、

toメソッドの「$smtp->to(@mailto);」は、配列変数リストというところ。


つまり、文字列内リストの「$smtp->to($mailto);」だといくらやってもメール送信されない…(罠)。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chaichanPaPa/20070902/1188722241