燈明日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ごあいさつ

燈明日記へようこそ!!

燈明日記の主なテーマは、以下の通りです。

そして、燈明日記へ来られたのも『私』と『あなた』の何かのご縁です。なので、どうぞごゆっくりご覧下さい!


2009/5/19(火)

[] 内部サブルーチンとstatic変数

なんか、妙な現象に遭遇しました。まぁ、知っている人には常識なのかもしれませんが・・・


Perlでは、言語仕様的にはC言語のようなstatic変数は、ありません

(追記:state変数というstatic変数のようなものが、Perl5.10 から導入されました。)

しかし、内部サブルーチンを使用することによりstatic変数が表現できるのです。


まず、以下の簡単なサンプルをご覧ください。

use strict;

my $aaa = &getData(9999);
   print '01-->', $aaa, "<--\n";
   $aaa = &getData(1111);
   print '02-->', $aaa, "<--\n";
   $aaa = &getData(1000);
   print '03-->', $aaa, "<--\n";

sub getData {
   my ($xxx) = @_;
   #print 'AA-->', $xxx, "<--\n";
   my $yyy = &inner_xxx();

   return $yyy;

   sub inner_xxx {
        #print 'BB-->', $xxx, "<--\n";
        return $xxx;
   }
}

実行結果

C:\samp_pl>perl static.pl
01-->9999<--
02-->9999<--
03-->9999<--

3回getData()をコールして、答えは各々9999,1111,1000になる予定でしたが、すべて9999が返ります。

どうやら、インナーサブルーチンを使って親のレキシカル変数をリターン値にすると、初回の値を保持するようなのです。


この性質を利用すると、C言語のようなstatic変数として利用ができそうですね。

しかし、素直にourを使った方が解かりやすいかもです。

(追記:state変数というstatic変数のようなものが、Perl5.10 から導入されました。)

きむら(K)きむら(K) 2009/05/21 02:14 Cのstatic 変数相当のものですが、5.10 から state 変数というのが使えるようになってます。

chaichanPaPachaichanPaPa 2009/05/21 19:29 きむら(K)さま、情報ありがとうございます。
記事の方も修正させてもらいました。
ありがとうございました!
また、よろしくお願いいたします。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chaichanPaPa/20090519/1242739076
Connection: close