燈明日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ごあいさつ

燈明日記へようこそ!!

燈明日記の主なテーマは、以下の通りです。

そして、燈明日記へ来られたのも『私』と『あなた』の何かのご縁です。なので、どうぞごゆっくりご覧下さい!


2018/3/9(金)

chaichanPaPa2018-03-09

[] 韓国語の元は日本語?

最近、平昌五輪や北朝鮮問題で韓国語を目にする機会が多いですね。

で気が付いたのですが・・・韓国語の元は、日本語じゃないかって思いました。

たとえば、以下を見てください。()は韓国読みで、[]が日本読みです。


漢字韓国読み日本読み
平昌(ピョン・チャン)[ビョウ・ショウ]
平壌(ピョン・ヤン)[ビョウ・ジヤウ]
文在寅(ムン・ジェ・イン)[ブン・ザイ・エン]
金正恩(キム・ジョン・ウン)[キン・ショウ・オン]
朴槿恵(パク・ク・ネ)[ボク・キン・エ]
金日成(キム・イル・ソン)[キン・ジツ・セイ]

どうですか、これは方言の変化を考慮すれば、もう一緒でしょう!


韓国は、1948年ハングル専用法以前は、漢字とハングルを併用していました。

ハングルは日本語で言えば、カタカナに相当し、単なる発音記号で、漢字一文字に対してハングル一文字で発音するようになっています。


また、1800年後半には、西洋の文物・概念を漢語によって翻訳した和製漢語が日本から中国・韓国へ輸出されました。

つまり、近代漢語(漢字)は日本語(漢字)なのです。


よって、韓国語であるハングルは漢字の発音記号で、漢字は日本語なのです。

しかも、韓国語の文法は、日本語とほぼ同じだと言います。

と言うことで、『韓国語の元は日本語?』でした。


追記

ちなみに、上記にも書きましたが、中国にも和製漢語が輸出されました。

しかし、中国語は文法が日本語と異なり、漢字自体も独自に簡略化されたので、日本語とは言い難いですね。

またしかし、単語自体には日本語と共通している場合が多いです。

たとえば、「中華人民共和国」の7文字中5文字の「人民共和国」は和製漢語です。


と言うことで、韓国語にしろ中国語にしろ、ベースは和製漢語なので、日本語と親和性が高いのは事実だと思います。

1800年後半の幕末・明治維新で、外国勢力に飲み込まれまいと必死で英語を日本語(和製漢語)に置き換えた人達が、近代日本語、近代韓国語、近代中国語の礎を作ったと言っても過言ではないのです!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chaichanPaPa/20180309/1520557062