燈明日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ごあいさつ

燈明日記へようこそ!!

燈明日記の主なテーマは、以下の通りです。

そして、燈明日記へ来られたのも『私』と『あなた』の何かのご縁です。なので、どうぞごゆっくりご覧下さい!


2011/1/10(月)

[][] いざ出陣です!(警備員は体力と知力)

明日(1/11)、施設警備員として、はじめて出社します。そう出陣です!

はじめの4日間(11,12,13,14)は新任教育で、事実上の出陣は、土曜日の1/15になります。


とにかく施設警備員は、体力と知力は必須で、経験をつむことにより応用力を身につけないとなりません。

高層ビルの巡回を行う体力、沢山のお客様本人を覚えることはもちろん、地理や天気などを聞かれたときに答えられる知力…。


このように、施設警備員って、体力と知力が自然と身につけられるので、いつまでも若々しくいられるのかも知れません。

とにかく、はじめの一年は、修行僧になったつもりで、仕事を覚えていきたいと思います。なんたって、55歳の新人ですから…。


『稼げる警備員になるには』さんがまたまたタイムリーな記事を書いてくれました。

発報してから動く。そういう施設警備員が大半です。発報する前に動くのが施設警備員だと思うのです。「そんなムチャな!」という人がいるかもしれません。でも、多くの場合で可能なのです。じっくり考えてみてください。発報原因について・・・

施設警備員はあらゆるリスクを事前に察知し、未然に防ぐのが最も大事な業務の1つだと思うのです。

施設警備員の問題点: 稼げる警備員になるには

はやく、このレベルになれるよう精進します!


追記:

昨年6月末でリストラされ、ひょんなことで10月に訓練校の施設警備科に入ってから、あれよあれよと、人生が好転して、本社が東京駅前にビルを構える会社の警備部門に入社でき、現場は新築の高層ビルで、そこに勤務しているのは訓練校の先輩が4人もいる。なんて幸運なんでしょうか…ちょっと恐ろしいぐらいです。

2011/1/6(木)

[][] そろそろ活動開始です!

就職も決まり、去年の12月24日に資格取得で大変だった職業訓練校を卒業してから、その反動でグーラタな日々を過ごしてしまいましたが、そろそろ活動開始です!

来週から新たに警備員として社会復帰です。


新米警備員として、凄く良いページを見つけましたのでリンクしときます。

昨年暮れから怒涛の更新をしている『稼げる警備員になるには』さんです。

今の私にとって、ジャストタイミングでナイスコンテンツ、ありがとうございます!

稼げる警備員になるには』さんと同じ志で、私も新米警備員として頑張ります!

2010/12/28(火)

[][] 某会社へ正式入社決定!

入社した会社の事務所が、日本の首都である某東京駅の目の前で、高層ビル全部……。

もしかしたら、一流企業かもしれない…なんて、結構すごい会社に入社できたようです。


とりあえず、ここで、1月中から新任教育を受けてから現場に配置されます。

担当者の方々も同期の方々も人柄がよさそうな人ばかりで、安心しました。

なんか、不安が消滅し、うきうきした気分になりましたよ!


たしか、施設警備2級を持っていれば、新任教育は免除だったような気がしますが、同期の方々との交流もしたいので、そのまま受けさせてもらう予定です。

ということで、私の第二の人生は、スムーズに動き始めました。


『神様は乗り越えられる試練しか与えない』と昨日のテレビドラマJINでも云ってましたね。

これから先の第二の人生のどんな試練でも、乗り越えて行けそうな気がしてきました!(躁かな)

2010/12/27(月)

[][] 自衛消防技術試験(平成22年12月7日)

自衛消防技術試験(平成22年12月7日)に合格しました!

とりあえず、見知らぬ後輩のために、無難な感じでメモしときます。


午前中の問題は、法令以外は、大したことはなかったです。

法令の5問は、結構、悩みました。

法令は、5問中3問出来ないと、コレだけで不合格になりますし…。

しかし、3週間たった今、問題の内容は、すっかり忘れてしまいました。すみません。

たしか、「喫煙の場所」の問題があり、答えは「ホテルの客室」なのですが、当たり前すぎて凄く悩んだこと覚えています。


午後の問題は、よく覚えています。

集団実技の問題は、以下の3つでした。

  • 自動火災報知器で火災受信のときの対応を3つ挙げなさい
  • 垂直式救助袋の設定について
  • 緊急時の防火戸の手動閉鎖について

集団実技では、今回は、「垂直式救助袋」が出ましたが、「斜降式」と「緩降機」は3つセットで覚えておかないといけませんよ!


個別実技は、以下の2つでした。

  • スプリンクラー水損防止
  • 非常放送(地下一階・火災・全館一斉放送)

個別実技は、超簡単だったのですが、やはり、上がってしまうとミスしてしまいます。

なめては、いけませんね。

2010/12/26(日)

今週のお題[日常][再就職] なんか気分が滅入っている

就職が決まって、さーこれからって時なのに、なんか気分が滅入っています。

訓練校での3カ月の疲れが出たのか、卒業式の別れとか、新たな就職先への不安とかが重なったためとか…。


いや、違った!

ここ3カ月間サボっていた、家の片付けが沢山たまっていることが、一番かも知れません。

とにかく、生きて行く為には、次から次へと訪れる苦労を乗り越えないといけませんね。


あぁ、いつになったら、楽になれるのでしょうか……。

すみません。ちょっと、ネガティブな日記になってしまいました。


また、家内にやる気スイッチを入れてもらわないと…(ピンタとかで)。

バッシ!家の片付け開始です!


追記:

そうそう、はてなの「今週のお題」が「2010年私の漢字一文字」なので、とりあえず参戦します。


2010年私の漢字一文字は、『』です!


6月にリストラにあい、後半6ヶ月は、就職活動・訓練校入学・資格試験勉強…と苦難の連続でした。

そして、今は就職が決まって、来年からの新たな仕事に期待と不安が一杯です。

いつまで、『苦』がつづくんや〜、人生皆苦…苦の先に幸福があるとを信じたい。

2010/12/25(土)

[][] さらば…39期生

昨日、訓練校で施設警備科の卒業式がありました。

式自体は、出来合いの式次第・造花・汎用的な校長の祝辞等…訓練校では、ごく普通の卒業式でした。


しかし、10月から約3カ月間の訓練&勉強は、すごく大変で…こちらは私の人生において普通ではなかったです。

ここで感謝の意を込めて、訓練校で出会った39期生と講師の先生方を紹介したいと思います。


39期生は、全員が施設警備2級と自衛消防の資格試験に合格し、ほぼ全員が皆勤賞でした。

本当にみなさん、勉強家で、まじめで、人柄もよい人達でした。

また、講師の先生方も素晴らしい方々で、本当にこの訓練校に入学できてラッキーでした。


ではまずは、39期生(出席番号順)の皆さんです。

  1. 踊り子さん
    39期生では一番若く、私の講師への質問の答えに納得がいかず、再度別の講師に聞いていただいて、私も納得できました。ありがとうございました。
  2. 隊長さん
    まさに39期生の全員が慕う隊長さんです。60代にも関わらずITを操り、デジカメで沢山の写真を残してくれました。また、みんなを和ませたオヤジギャク炸裂など、本当にありがとうございました。
  3. チャー坊さん
    気遣いがすごい人で、いろいろと助けられました。帰りも途中まで一緒なので、一番仲良しになれました。ありがとうございました。
  4. 私です。
  5. イッチャンさん
    たぶん最年長で一番の勉強家屋さんです。お年なのに夜遅くまで勉強をしていると聞いて、すごいなと思うとともに私も勉強しなきゃと思った次第です。ありがとうございました。
  6. ケンチャンさん
    事実上の参謀長。ものごとの分析がすごく、私もよく練習を見ていただき、いろいろとご指摘をいただき、本当に感謝です。ありがとうございました。
  7. 四番打者さん
    迫力満点な実技とは対照的な気の小さなやさしさをもち、そのコントラストが逆に人間味があり大好きでした。ありがとうございました。
  8. トクチャンさん
    事実上の背中リーダー。本ブログではおなじみのNさんです。一番早く訓練校に来て朝レンで、39期生全員を背中でひっぱて頂きました。ありがとうございました。
  9. コッパさん
    事実上の切り込み隊長。練習では、みんながためらっていると、いつもはじめに手をあげて『私がやります』と切り込んでくれて、また最多質問者でもあり、本当に助かりました。ありがとうございました。
  10. ター坊さん
    物識りで、器用で、学校に来る以外は、なんでも速く、いつもやさしいく思い切りのいい人でした。ありがとうございました。

つぎは、講師の方々です。

  • H担任
    担任として39期生をまとめていただき、ありがとうございました。ただ、過去の就職状況のデータをもっと活用していただいきたいと思いました。
  • H講師
    今回、いちばんお世話になった講師さんです。特に自衛消防技術試験では、大変お世話になりました。こわおもてですが、なんでも見通せる凄い人だと思いました。ありがとうございました。
  • E講師
    自他とも認めるナンバーワンの警備系講師です。ユーモアもあり、本音と建前を上手く交えて、本当に自他とも認めるナンバーワン講師だと思いました。ありがとうございました。
  • S講師
    訓練生より年配の講師さんです。主に警備系の法律を教えていただきました。また、これから警備員として有用な資料も沢山頂きました。ありがとうございました。
  • KI講師
    若手の講師さんです。さきほどのE講師がナンバーワン講師だと云いましたが、実は、若いKI講師さんがその座を脅かす最右翼です。本当に分かりやすい講義、ありがとうございました。
  • KO講師
    主に自衛消防技術試験の実技を教えていただきました。かなりいい加減な感じのところもありましたが、本音で教えていただき、ありがとうございました。
  • M講師
    主に施設警備2級の負傷者搬送の実技を教えていただきました。また、いろいろ警備体験談を教えていただき、ありがとうございました。
  • O講師
    主に基本動作を教えていただきました。号令者の気合いの入り方に比例して、全体の整列が良くなるということを身をもって教えていただきました。ありがとうございました。
  • I講師
    主にパソコン操作を教えていただきました。パソコン操作といいながら、貴重な警備体験談を沢山教えていただき、ありがとうございました。

ということで、39期生のみんなと講師の先生方、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

これから、警備員をして第二の人生を歩んでいくわけですが、私の背後にはこのような素晴らしい人たちが控えているのです。

がんばります。なにかあったときは、ヘルプしますので、よろしくお願いしますね!

2010/12/23(木)

[][] 再度、苦労は幸せのもと

明日、訓練校で施設警備科の卒業式があります。

施設警備科では、10月1日に入学してから、以下の2つの資格取得のための苦労の連続でした。

  • 施設警備2級
  • 自衛消防技術

この年(55歳)になって、こんなに勉強するとは思ってもみませんでした。

また、豪雨で全身びしょ濡れになりながら、通った某訓練校…。

靴の中がぐしょぐしょで、パンツの中までもびしょびしょになりましたが、今では良い思い出になっています。


そして、これらの苦労のお陰さまで、運勢が良い流れになり、良い会社へ入社できたような気がします。

来年から本物の警備員になるわけですが、55歳の新人なので、まだまだ沢山の苦労が待っているのだと思います。


苦労は幸せのもと…ということなので、ますます幸せになれますね。来年は!

来年一年間は、警備修行の一年になりそうです。


ということで、以下は前回書いた「苦労は幸せのもと」です。

人生、土砂降りのときもありますが、苦労が大きい分、大きな幸せが返ってくるとものだと思います。