燈明日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ごあいさつ

燈明日記へようこそ!!

燈明日記の主なテーマは、以下の通りです。

そして、燈明日記へ来られたのも『私』と『あなた』の何かのご縁です。なので、どうぞごゆっくりご覧下さい!


2017/11/13(月)

chaichanPaPa2017-11-13

[] 無料EXCEL!!

ブログ群のアクセス推移をグラフにしたいと思い、無料のEXCELもどきがあればいいなぁ・・・と検索すると。

なんと、ありました!

しかも、もどきでなく、本家マイクロソフトのものです!

またしかも、ウェブからEXCELが使えて、インストールの必要もない!

またまたしかも、EXCELだけでなく、WORDやパワーポイントもある!



まぁ、無料でウェブからなので、多少使用制限があるみたいだけど、結構使えそうですね!

2016/7/2(土)

[][] httpsページをiframeへ表示する

通常、httpsスキームのページは、iframe内に表示することが出来ません。

セキュリティの関係でそうなのかもしれませんが、よくわかりません・・・


しかし、Chromeブラウザでは、「iFrame Allow」という拡張機能を使うと表示することが可能です。

その設定手順をメモしときます。


  1. Chromeブラウザの右上のメニュー「三」のような記号をクリックします。
  2. 「設定(S)」 をクリックします。
  3. 「拡張機能」をクリックします。
  4. 「他の拡張機能を見る」をクリックします。
  5. すると「Chromeウエブストア」のページが開きます。
  6. そこで「iframe」で検索すると「iFrame Allow」が見つかります。
  7. 「iFrame Allow」の「Chromeに追加」ボタンをクリックします。
  8. 以上です。

「iFrame Allow」を使用したページの例

(iframe内にユーチューブのページ、つまり、httpsページを表示している。ただし、「iFrame Allow」を使用しているChromeブラウザのみ)

2016/6/29(水)

[][] ユーチューブに動画アップできない・・・

先日、長男(ココヒロ)のTSUTAYAインストアーライブをデジカメで撮影しました。

デジカメで撮影した動画ファイルは拡張子が「.AVI」というファイルになっています。


一曲当たりの動画の時間の長さは、4分から6分です。

すると、AVIファイルだと最低でも100Mバイト以上になるのです。


この動画ファイルをそのまま、ユーチューブにアップすると1時間前後掛かります。

なので、mp4ファイルの変換するとサイズが約三分の一ちょいになり、アップする時間も20分前後に短縮されるのです。


動画ファイルのフォーマットには、映像コーディックと音声コーディックからなり、それらをまとめるコンテナから成り立っています。

ちなみに、コーディックとは、データを圧縮するアルゴリズムのことです。コンテナは単に入れ物の意味です。


つまり、動画ファイルは、映像コーディック、音声コーディック、コンテナの3つのフォーマットの組み合わせから成り立っているのです。

今回、音声コーディックをmp3にしていたら、未対応のフォーマットということでアップが出来ませんでした。


結果的にアップできたファーマットは以下の通りです。

  • 拡張子 .mp4
  • コンテナ MP4/MOV
  • 映像コーディック H-264、未使用(ビットレート)、未使用(Quality)、Frame Rate ソースと同様に、カスタムオプションスペース
  • 音声コーディック MPEG Audio 128kb/秒、チャンネル2、Sample Rate 44100 Hz

音声コーディックは、mp3はNGで、MPEG AudioでOKのようです。

尚、変換プログラムは「VLC media player」を使用しています。

2016/6/16(木)

[][] 秀丸では9行以上の文字列をマッチすることが出来ない!

VB-TIPSのファイルが約550個ありまして、1ファイルで連続263行を「無」に置換したかったのですが・・・

秀丸エディッターの置換機能では、9行以上の文字列をマッチすることが、どうしてもできませんでした。


そこで、Perlでプログラムを組んでやればいいと思いつきました。

しかし、今のPCにはPerlがインストールされていませんでした。


早速、Activeperlのサイトに行って、Perlをダウンロードしてインストールをしてみると・・・

なにかインストールプログラムが別に必要なみたいで、インストールが出来ませんでした。


そこで、古いPCを引っ張り出しコピーし、v5.10.0のperlをインストールしました。

まずは、ファイル約550個で、1ファイル毎に連続263行を「無」にする置換プログラムを作成しました。

(具体的には、ワイルドカード「*」を使ってファイル指定を「VBMemo*.htm」とし、

「<!-- BGN VBTIPS BOOK.*END VBTIPS BOOK -->」の間の263行を削除(無に)する)


$/ = undef; # ファイル全体を読み込むためにレコード区切り文字デリミタを未定義にする
while ($fileName = glob("VBMemo*.htm")) {
    open(FH, "<$fileName") or die "open error1 ($!)";
    $fileBody = <FH>; # ファイル全体を読み込む
    close(FH);

    $fileBody =~ s///ms;

    open(FH, ">$fileName") or die "open error2 ($!)";
    print FH $fileBody; # ファイル全体を書き込む
    close(FH);
}

正規表現のオプション「ms」を使うことにより、上手く約550個ファイルの263行削除を一瞬ですることができました!888888

何かの参考になれば幸いです。(ファイル指定と正規表現の2箇所を変えれば汎用性あり)


しかし、約6年ぶりにプログラミングをしました。正直大変でした・・・

誰か、秀丸で置換文字列自体が9行以上場合のマッチの方法が分かる方、いたら教えてください!

2016/6/13(月)

[] コメント欄やブログ投稿欄にタブを入力するには?

ブログを更新したり、ブログやSNSのコメント欄にタブを入力したい場合、どうしますか?

タブの代わりにスペースを入力とか・・・


普通、タブキーを押すと、他のコントロールエリアに制御が移って、タブを入力することはできません。

どうしてもタブを入力した場合は、タブが入力できるエディッターやメモ帳を使って、タブを入力し、Ctrl+cでコピーします。


それをCtrl+vでペーストすれば、コメント欄でも入力ができます。

しかし、毎回毎回これじゃ、面倒ですね。なので、IMEの単語登録にタブをあらかじめ登録しとけば楽チンです。


もちろん、単語登録するときは、上記の方法でCtrl+vします。

ちなみに、EXCELのセルにタブを入力するのは以下の感じです。

2016/6/10(金)

[] キーボード入力でカーソルが飛ぶ

タッチタイピング(ブラインドタッチ)でキー入力をしていると、いきなりカーソルが変な場所に飛ぶ場合がありませんか?

特に小さめのネットPCで頻発します。


これ、使っているソフトやアクセスしているウェブページが、普通キーを制御キーに割り当てたりしている場合が有ったりしますが・・・

実は、それよりも無意識に「タッチパッド」に親指や掌が触れてカーソルが飛ぶ場合が多いです。


なので、タッチタイピングをするときは、意識的に「タッチパッド」に触れないように心がけないと、キー入力が大きなストレスになるのです。

はじめ、キー入力速度の設定やいろいろソフト的に調整しましたが、上手く行かず・・・


「タッチパッド」が原因だったとは、敵は本能寺だったのですね・・・あちゃ(^^;

2016/6/8(水)

[] マウスが急に使えなくなったら

マウスを使っていると、急に使えなくなることがありませんか?

今回、原因の一つを発見しましたので、ご紹介します。


原因は、意外なものでした・・・

マウスの設定やドライバーの不具合といったソフト的なものではなく、マウスの近くにある超短波や電磁波を出す機器が悪さをしてる可能性があります。


この機器がオンの時、マウスが使えなくなり、オフにすると使えるようになるのです。

再現性は100%です!


同じような現象で、トランシーバーの電源をオンにすると、シュレダーの電源がオンになったりしますね!

超短波や電磁波は、目には見えませんが影響を及ぼしているのです!


ということで、何かの参考になれば幸いです・・・