本屋のほんね このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-05-24

正しい文庫の並べ方講座 その1 正しい文庫の並べ方講座 その1を含むブックマーク 正しい文庫の並べ方講座 その1のブックマークコメント

takam16さんが、文庫の陳列論争勃発というのをやっていていい機会なので、私も正しい文庫の並べ方講座をやってみたいと思います。今日は1回目。

(幻砲痢崙票圈廚箸蓮何者でしょうか?

出版社別陳列は、本当に悪者でしょうか?

C者別陳列は、理想の陳列方法でしょうか?

い覆紀伊国屋は出版社別で、ブックオフは著者別になるのでしょうか?

シ覿匹里箸海蹇∪気靴つ栂鵑辰董△匹Δ覆鵑任垢?

文庫の「読者」とは、何者でしょうか? (幻砲痢崙票圈廚箸蓮何者でしょうか?を含むブックマーク (幻砲痢崙票圈廚箸蓮何者でしょうか?のブックマークコメント

出版社別陳列を批判する方のご意見によく登場する「出版社別陳列は読者のことを考えていない」の「読者」なんですが、これって結構重要なキーワードですねー。はたしてどういう意味で使われているのでしょうか?

書店でいう「読者」ってのは、すなわち「お客様」のことです。つまり文庫の購入されるお客様のことを考えようよ、と言ってる訳です。書店はお客様商売なわけですから全く正しい意見ですね、その通りだと思います。では、お客様のことを考えて見ましょう。お客様はどういう時にどういう必要があって文庫本を買うのでしょうか?文庫本のニーズは大体下記に分類されます。

1 好きな作家の本を安く読みたい(作家ニーズ)

文芸書の単行本は高いですからね。廉価版としての文庫本のニーズは非常に多いと言えます。この方々の特徴は好きな作家や購入したい作家が決まっているとことが多いということです。好きな作家の文庫本の新刊がでてないかよくチェックしています。このグループのニーズを、作家ニーズと便宜的に呼ぶことにしましょう。なお、現在文庫でしか入手できない過去の名作、たとえば三島由紀夫が読みたいとか谷崎潤一郎が読みたい、というマスターピースニーズもこのグループに含めても良いでしょう。

2 好きなジャンルを安く読みたい(コンテンツニーズ)

1と非常に似ていて、重なる場合も多いのですが、ちょっと違います。たとえば、ミステリならなんでも好き!とか、日本のはダメだけど海外翻訳ものが大好きとか、ライトノベルしか読まない、とかそういう人たちです。作家よりも広いカテゴリーコンテンツに興味のある層ですので、コンテンツニーズと呼ぶことにしましょう。

3 持ち歩きたい(パッケージニーズ)

バカでかい本は重いですから、電車飛行機の中で読む用に持ち歩くのは軽くて小さい文庫本が最適なのです。つまり満員の通勤電車で本を読みたい人にとって優先順位が高いのは、値段よりも、本が軽くて小さいことであるわけです。駅の売店で文庫本が売っていたり、駅前の書店で文庫本が異常に売れたりするのは、この通勤電車ニーズによるものです。この方々は、文庫本以外はあまり購入しないという特徴があります。書店に来ても単行本には見向きもせず、文庫本売場だけを見て帰るタイプですね。このグループのニーズを、パッケージニーズと呼ぶことにします。

4 集めたい(コレクションニーズ)

これは、1や3とも重なる部分が多いのですが、安価でコンパクトな文庫本は家でコレクションとして蔵書するのに向いています。コミック文庫のまとめ買いなんて、まさにその典型ですね。これをコレクションニーズと呼びましょう。

5 学びたい(レーベルニーズ)

大変少数派ですが、存在します。この方々は大変学術的なものに興味がある方々でして、軽いものは読みません。岩波文庫講談社学術文庫朝日文庫や筑摩文庫の棚の前をうろつきます。保守的なのが特徴で、いつも同じ書店で同じ出版社の叢書シリーズの新刊を購入されます。出版社の叢書シリーズの固定客と言えるので、レーベルニーズと呼びましょう。

6 妄想したい(レーベルニーズ)

エロ系の需要です。男性なら、フランス書院文庫とか、そういう棚の前をうろつきます。女性の場合は直接的なポルノではなく、ソフトなハーレクイン系のロマンス小説、MIRA文庫とか扶桑社の海外文庫の棚の前をうろつきます。面白いことに、やはりこれも出版社の叢書シリーズの固定客なので、レーベルニーズだと言えるでしょう。

7 安心したい(ブランドニーズ)

ライトノベル好きでも、電撃しか買わない、とか、SF好きでも、ハヤカワしか買わない、みたいな方がいます。元々はコンテンツや作家ニーズからスタートした方々と思われるのですが、レーベルのブランド力を信頼し、そのレーベルのファンになった方々ですね。角川ホラーはレベル高いから安心して買える、みたいな感覚です。一種のレーベルニーズでしょう。ブランドイメージが購買動機になるという意味では、新潮文庫の夏の100冊なんか明らかにそうです。Yondaパンダのグッズが欲しいから買うわけですよ。新潮文庫。ブランドが判断基準なわけですから、レーベルニーズ以外の何者でもありません。

こんな感じでしょうか。お客様も多種多様ですね。いろいろなお客様がいらっしゃることがわかります。では、最初の話に戻しましょう。[

出版社別陳列は読者のことを考えていない」の「読者」とは、どの読者を指しているでしょうか?1のニーズには出版社別陳列は不向きですね。2もほぼそうだと言えます。3や4は、あまり関係ありませんね。5や6や7はむしろ出版社陳列の方が向いていますね。ありゃ?出版社別で都合が悪いのは1と2のお客様だけではないですか。

こうやって考えてみたら本当に出版社別陳列は読者のことを考えていないかと言えば、結構そうでもないですよねー。1と2のお客様のニーズ=全体のニーズである、と拡大解釈した場合のみ通用する論理なんじゃないかな。

「いやいや、数としては1・2が圧倒的に多いんです!」とか「学術系文庫の話じゃなくて一般小説の話をしているんです!」という反論も聞こえてきそうなので、そろそろ結論を。

私はこの8年ぐらいこの文庫陳列問題に取り組んできて、数十店舗において実験をいたしました。出版社別陳列を著者別に変更したり著者別を出版社別に変更したり、という実験ですね。その結果、文庫の陳列方法と売上の関連性はない、ということがわかりました。つまりどっちにしても売上は一緒というわけ。売上=お客様のニーズの延長上にあるわけですから、トータルでみると顧客満足度は、全くかわらないということですね。つまり著者別陳列の方がお客様のためである、という仮説は、書店の自己満足だったわけです。数十店舗やって売上実績変わらないんですから、多分間違いないんでしょう。おそらく陳列変更をしても上記のニーズの向き不向きが逆転するだけで、売上の増減分が相殺されてしまうのでしょうね。多少売上が変わった店があるとすれば、それは陳列方法ではない別のファクターが絡んでいるか、その店のニーズに極端な偏りがあったか、どちらかであると考えられます。

じゃあ、どうしたらいいの!?と憤られているあなた、ちょと工夫してみましょう。ニーズの相殺を無くすような売場を作ることが出来れば、売上は上げることができるはずです。

次回は出版社別陳列方法の長所短所について、もうちょと深く掘り下げてみましょう。双方のいいとこ取りが出来る売場をつくるのです。

maximmaxim 2005/05/25 22:15 文庫だと、結局、どちらでも変わらないのですか。ところで、エロマンガだと、専門店だと、作家別に並べているところもあって、そう言うところは、買う方からすると便利なのですが、これはエロマンガの場合は、レーベル別の差が無くもないけど、基本は作家買いだからなのだろう。

gowestgowest 2005/05/25 22:19 面白いエントリですね。読みいってしまいました。文庫の並べ方批判みたいなのはあっても、「文庫をなぜ買うか」なんてじっくり考えたことがなかったもの。第二回目が楽しみです。

sawarabisawarabi 2005/05/25 23:29 私は出版社別のが便利だなーと思ってる人です。なぜなら、この作者がほしいと思ってるときは出版社別だと順番に探せばいつかは見つかるのですが、その逆に、この出版社の本で新刊ないかなという風に探すときには作者別だと少し不便だからです。

bowlbowl 2005/05/26 01:46 お客様のカテゴリー分け、考えてみればそうですね。
バイト先の書店が作者別陳列です(何年か前までは出版社別でした)。
文庫を良く購入されるお客様には不評ですね、作者別は。
出版社別の方が、「出会い」が多いそうです。
書店側としては、お客様からの質問で本を探す時に作者別だと楽だ、という位しかメリットが無い気がします。
(特に少し前の映画のノヴェライズや、複数社から文庫を出している方のものなど)
でも、矢張り作者別は見た目が煩いので作者別支持です。

merlinmerlin 2005/05/26 02:56 難しい問題だと思います。専門性の高い岩波文庫やちくま学術文庫などは出版社別に並んでいる方が探しやすいし、見やすい気がします。
しかし出版点数が多く、出版社も多岐にわたっている一般小説作家の作品を探している時などは、作家別の方が捜しやすいと感じます(棚を渡り歩くはめになりますので)。もっとも、使いやすいレファランス・システムがあればこういう問題は軽減されるのでかもしれませんが……