本屋のほんね このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-07-26

来るべき100円の世界 来るべき100円の世界を含むブックマーク 来るべき100円の世界のブックマークコメント

100円ショップダイソーとかキャンドゥとかで販売している100円書籍出版社さんが営業にやってきました。書店での販路を拡大したいそうです。本部の方針でお断りをすることになりましたが、てゆーか、本部の方針でなくてもお断りしたと思いますが、うちにも来たということは、他の書店さんでも営業をされているということです。近いうちにどこかの書店に100円書籍が並ぶ光景が見られるかもしれません。でもこれ扱ったら絶対自殺行為だと思います。ポイントなんかよりもっと自殺行為。

何かの記事で読んだのですが、ローソンは出版社に対して、コミックだけでなく書籍についても過去のベストセラーを低価格にしたコンビニオリジナル商品を作ってくれと言っているそうです。いよいよ書籍の世界にも粗製濫造の嵐が吹きまくる嫌な時代になってきました。

「それにしても100円で儲かるの?」という素朴な疑問に答える本を今日はご紹介しましょう。

出版をめぐる冒険―利益を生みだす「仕掛け」と「しくみ」全解剖

出版をめぐる冒険―利益を生みだす「仕掛け」と「しくみ」全解剖

この本に100円ショップの版元「大創出版」が紹介されていて非常に興味深いです。これによると何と年間1000アイテムを出版。しかも1タイトルにつき初版7〜8万部が普通というちょっとものすごい世界なのです。類型で80万部販売しているタイトルもあるらしく、典型的な薄利多売システムです。最近では辞書地図も料理の本も夏目漱石も100円ショップで売られておるので、書店としては非常に困ってしまうわけですが、いくらなんでもその100円の本を売ろうという書店はさすがに無いと信じたい。信じたいです!

cavoritecavorite 2005/07/27 21:26 書店全部で心中しましょうということですか

gowestgowest 2005/07/27 22:45 書店にとって、あんまり歓迎できない営業のような気がしますが、営業マンはどんな顔して来てたんでしょう?
それと、ダイソーとキャンドゥで売っている書籍って製作元は同じ?ダイソーは大創出版ってところが作っていたような・・・。

chakichakichakichaki 2005/07/27 23:00 するどい突っ込みですね。版元名は特定するわけにはいきませんので、ダイソー「とか」キャンドゥ「とか」で販売している「ような」100円書籍、ということでご理解ください。
えーと、心中というのはちょと違います。100円書籍を書店で扱う方が滅びへの道の加速行為だと私は思います。

hamastahamasta 2005/07/28 15:18 コンテンツの低価格化は決して止められないと思いますよ
生き残りたければ乗っかるしか無いと思います。
リアルな店は、オンラインショップに品揃えでは絶対かないません。
差別化要因になるのは「特定分野に特化」or「価格」どちらかです。

3号3号 2005/07/28 20:54 難しいところですが「売れれば何でも良いのか?」or「売るものに拘っていくのか?」というところでしょうか?
単純に商売として考えれば売上が立たない事には運営できないけど、書店の存在意義を考えた時に100円商品を扱って良いのか・・・
自分個人としてはやはり後者かな?業界としてもそれでは成り立たなくなるんでは?
最終的にはお客様が選択する事だとは思いますが・・・
なんかモヤモヤしたコメントで申し訳ありません。

chakichakichakichaki 2005/07/30 01:04 100円の本を売ることで一番心配なのは、書店の経営、というよりか、コンテンツ製作者が食えなくなる方向につながるってことですね。コンテンツの低価格化が仮に止められないとしたら、コンテンツ製作側が提供し続けることが出来なくなりますので、コンテンツが過去のリサイクルばかりになります。これは実質的に文化の停滞とレベルの低下を招きます。ネット社会の発展によって、コンテンツ製作者側から消費者に、という直接の経路が出来たとは言え、市場性は今のところまだ幼稚なものですので、これに過度の期待をかけるのも危険。
じゃあ、やはり普及させてはいけない。あくまでニッチなものにとどめておく必要があるのではないでしょうか。私ってば考えすぎ?

cavoritecavorite 2005/07/30 18:48 「普及させてはいけない」
この言葉を書くその瞬間、なんらかの躊躇いなどは無かったのでしょうか?
背筋が凍りました。

oshirooshiro 2005/07/31 04:57 割りこみ失礼いたします。cavoriteさんへの質問です。現状、日記をプライベートモードに設定なさっているようですが、chakichakiさんのように、公開されている方に、さほど生産的とも思えないコメントを残すことに関して、「なんらかの躊躇いなどは無かったのでしょうか?」。双方の意見の当否はともかく、はた目には、アンフェアな印象を受けます。

にゃんちゅぅにゃんちゅぅ 2005/08/01 22:44 まぁ、低価格化の歯止めは、ある程度かけるべきではあるでしょうね。
自国の製品を守るために関税をかける、ってのとほぼ同義の規制は作っていってもかまわないんじゃないの?とは思う。
まぁ、どこをラインにするかが問題ですけれどもね。