本屋のほんね このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-06-21 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

日本でいちばん大切にしたい会社

日本でいちばん大切にしたい会社

あさ出版の営業の方に、この本が今よく売れていますよ。泣けるビジネス書です。と教えられ、読んでみました。初版4月1日付で6月10日ですでに6刷ですから、これはかなり売れている本です。「泣けるビジネス書」とか言われると読んでみたくなります。「鏡の法則」みたいな本なのでしょうか。

と思ったら、この本は、日本全国にある「本当にすばらしい企業」を紹介している本なのでした。

一社目の「日本理化学工業」の話を読んで、本当に感動して泣いてしまいました。自分の方向性が定まらずに、色々悩んだり迷ったりした時期も長かったけれども、この本はそんな私を揺さぶり、心に沁みる数々の話は、これからあなたの進んでいくべき道はこっちだ、と教えてくれているようでもあり、そのために今自分ができることは何なのだろう、と深く考えるきっかけになる本でした。

著者は、会社経営は、5つに対して使命と責任がある、と主張します。

まず一番順位が高いのが、「社員とその家族幸せにする」

二番目に、「外注先、下請企業の社員を幸せにする」

三番目に、「顧客を幸せにする」

四番目に、「地域社会を幸せにし、活性化させる」

そして最後に、その結果「自然に生まれる株主の幸せ」の5つです。

あなたの会社は「お客様第一になっていませんか?」「業績、業績とばかり言って、利益が一番の経営になっていませんか」と著者は問いかけます。なってますねー、うちの会社は。でもそれは違うんだそうです。そうした会社は社員のモチベーションが低くなる傾向あるのだとか。そしてこの本で紹介されている事例を読んで、本当にそうだと納得しました。

うちの会社も例に漏れず、毎月数名メンタル面の問題で休職する人が出ている、と人事の方から聞きました。業界の平均値から比べると今は発症率がかなり高い水準になっているらしく、大幅な人事制度改革をおこなっている途中でもあります。でも、企業文化として、著者の言っているような考え方は今はなく、最終的にそうなっていないと社員が自分の会社に誇りをもてなくなるという意味では、根本的な解決にはつながらないかもしれません。自分からこうした考え方を啓蒙し、変えていかなければならないのだという思いをもてる本でした。

いい本をご紹介いただき、ありがとうございました。評価A

3号3号 2008/06/22 16:51 我々の会社も例に洩れず同上です。
でも社員のモチベーションはあまり変化無いような気が…
元々が高くないのか?というか自由度が高すぎて圧迫された感じがなく、結構好きな事をやってるから
感じてないのかな〜?
最近は親と仕事の件でよく言い合いになります。
「お前の会社は何時になったら家族が幸せになるんだ!」と。
不惑を過ぎて説教喰らうとついカチンときますが、自分の状況を客観的に
見たら反論できず、何とか改善していかないといけないと改めて思う次第です。

chakichakichakichaki 2008/06/23 23:08 コメントありがとうございます。耳が痛いっす。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chakichaki/20080621