本屋のほんね このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-11-23 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

石塚さん、書店営業にきました。

石塚さん、書店営業にきました。

出版社の営業の方向けのHowto本なのですが、実は優れた書店批評本でもあります。出版社の営業の方が、販売拠点である書店に対していかに効果的な営業をかけるかは、顧客である書店および書店員を攻略することが必須であるわけですが、書店および書店員の労働環境、行動パターン、発注する際の心理状態まで、事細かに分析されていて感心します。これは本当にここに書かれてあることその通りですよ。

章末ごとに挟まれる「書店業界あれこれ」の指摘も非常に鋭い。特に「書店人が仕事が出来ない理由」は全書店員に読んで欲しい内容だし、「人材が確保できない」「なぜ残業をするのか」「「余裕」について」は、書店の経営陣に読んで欲しい内容です。なぜ書店員三十歳定年説などという議論が幅を利かせてしまうのか、そしてこの事態を放置したら何が起こるのか、その未来像が見えることでしょう。就職先に書店員を志望されている方にも、三十前になってから後悔しないために、読んでおいてほしい内容です。

こうして非常に多くのアルバイトがやがて「本は好きだけれど将来本屋社員にはなりたくない」という発言をするようになる。これは決して誇張ではない。紛れもない、事実である。優れた才能がほんの数年間書店を通過し、どこかへ去っていってしまうようになっている。

現在いる社員を苦しめているばかりか、将来の人材候補をも失い続けている。そんな業界の未来が明るいわけはないと、苦笑を通り越して失笑である。

(「人材が確保できない」より)

リアルすぎる………。社員になりたがらない優秀なアルバイトさん、実名で20人以上言えますよ、私も。

人材面でもデフレスパイラルに陥ってしまっている書店業界ですが、未来が明るいわけはないと失笑されてしまうような書店業界ですが、いつかその努力が報われるような未来を目指してがんばりたいと思っておりますので、みなさん全国の書店員を応援してあげてください。

kyokyomkyokyom 2008/11/23 23:06 了解しました。
いつも楽しく読ませて頂いているのでそのお気持ちに少しでも応えられるように新刊本は(ネットではなく)本屋で買うようにします。
でもブコフの利用は許して下さい。
では、失礼しました。

八十八八十八 2008/11/24 01:15 「どすこい出版流通」と同じ版元ですね。とんがってますね。今度買わせていただきます(自店で)。
あぁ、わたしもアルバイトになりたい。

本屋のオバさん本屋のオバさん 2008/11/25 16:49 突然お邪魔しました。
どちらから飛んできたのか忘れましたが参考にさせていただきます。書店業の現実から逃げ出さず頑張ります。刺激を与えていただき有難うございます。本買ってみます。

chakichakichakichaki 2008/11/25 21:38 >kyokyomさん
コメントありがとうございます。しかもいつも読んでいただいているとは恐縮です。これからも本屋さんをよろしくお願いします。

chakichakichakichaki 2008/11/25 21:42 >八十八さん
コメントありがとうございます。「どすこい出版流通」もいい本でしたね。文章は平易なんですけど書かれている内容はとんでもなくレベルが高い本でした。ぜひ自店で購入くださいませ。

chakichakichakichaki 2008/11/25 21:49 >本屋のオバさんさん
コメントありがとうございます。こちらこそ共感していただき、ありがとうございます。
本屋で働いていて本当によかった!と、どれだけたくさんの方に言ってもらえるようになるか、それが目指すところだと思っています。
私もがんばります。(でも無理はなさらずに。時には逃げることも必要だったり…)

瑠璃瑠璃 2008/11/30 15:59 現在本屋さんに就職すべく頑張っている者です。
書店の社員さん募集を探していて拝見させて頂きました。

「本屋のあかり」というコミックスでも取り上げられていましたが、
万引き、社員不足、優秀なアルバイトの問題に負けず是非是非頑張っていただきたいです!
個人的には本屋というのは優秀なコミュニケーションの場であり、
文化の担い手であってほしいと思っていますので!!応援しております!!

そして私も書店にアルバイトではなく社員で就職(転職ですが)が
決まりますよう!chakichakiさんにも祈っていただけると嬉しいです!!

chakichakichakichaki 2008/12/01 01:49 >瑠璃さん
コメントありがとうございます。応援しますよ、もちろん!
いいところに決まるとよいですね。がんばってください!

元社員元社員 2008/12/03 19:13 私はこれ読んで勤めていた書店を辞めました。まさにおっしゃる通り、という本です。
私の後にも、読んで辞めた人間が二人いました(貸してあげたんですが)。
仕事自体にはやりがいを感じていたため、未練もあったのですが。
まだ出版業界からは離れがたく、出版社に入りました。
それにしても多くの書店が会社の体をなしていないというのは事実。
本という媒体に愛着があって選んだ職場ですが、逆に足元見られてるような・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chakichaki/20081123