本屋のほんね このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-07-23 シンプル族の反乱 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

シンプル族の反乱

シンプル族の反乱

下流社会」の三浦展氏の新刊です。三浦氏と言えば、世代間のライフスタイルギャップ研究で有名ですが、この本もその中の一冊。

「車を買わない」「海外旅行に行かない」「結婚式は地味婚」「服はユニクロ」「テレビを見ない」「休日に外出しない」「日本が好き」「古いものが好き」「田舎暮らしに憧れる」という特徴をもち、モノを買わない新しい価値観をもつこの世代を、「シンプル族」と呼ぶのだそうです。

シンプル族の考え方は、家父長的伝統的な価値観と違うのはもちろんのこと、物質文明的な発展=善という価値観をもつモダン派とも大きく違っていて、これまでのマーケティング理論は全然通用しなくなっているという指摘がなされています。

自分自身が思いっきり「シンプル族」なので、この本の書いてあることはものすごく腑に落ちるというか、こういう本が出るということは、自分と似たような考え方を持つ層が、ようやく世の主流になってきたんだなぁと共感できる嬉しさも含めて、なかなか感慨深い本でした。「シンプル族の反乱」てありますけど、個人的には反乱している自覚は一切ないので、ちょっとこのタイトルは解せませんけどね。

新しい世代のライフスタイルとして、対極に位置しており、もう一方の主流である「ヤンキー系」とともに、今後シンプル族についてはもっと研究され、語られるべきでありましょう。

最後のほうに世代間格差の例として、とてもわかりやすい対比表が載ってましたので、ちょっと引用します。現在45歳ぐらいの部課長クラスの「バブリー族」は、部下である「シンプル族」のことが理解できないのは、この価値観の違いだという話。まさにうちの上司もこの通りなんですが。

項目シンプル族バブリー族
世代1970年生まれ以降中心1960-64年生まれ中心
消費の特徴私有意識弱い・古い物OK・ブランド志向弱い私有志向強い・新しモノ好き・海外高級ブランド好き
好きなクルマ軽自動車プリウスベンツBMW
好きな移動手段徒歩・自転車タクシー
好きなファッションユニクロ・無印ヴィトンシャネルエルメス
食事和食・マクロビオティック・日本茶イタリア料理・ワイン・スターバックス
食器・家具日本の陶磁器柳宗理中古家具ウェッジウッドバカラカッシーナのソファ
趣味読書農業・世界遺産巡りゴルフ・スキー・テニス・ブランドショッピング
住みたい家天然木造・古民家港区タワーマンション・軽井沢別荘
好きな街吉祥寺下北沢高円寺銀座青山六本木
よく接するメディアインターネット40型以上の大型テレビ

kobarinkobarin 2009/07/24 05:21 chakichakiさん、おはようございます。コメントありがとうございました。
上記の表、笑ってしまうほど自分にぴったりです。
若い頃から食指が動くのは書籍ぐらいで、全然物欲というものに無縁な自分自身がおかしいのかなと思うことがあったのですが、「シンプル族」とカテゴライズされるほどマジョリティになってきているのですね。安心してしまう様なそうでないような・・・。

chakichakichakichaki 2009/07/25 23:56 >安心してしまう様なそうでないような・・・。
その気持ちわかるっ!!

なまなまなまなま 2009/07/28 10:32 対比表みましたが バブリー族なんて分け方がナンセンス!てことは この本て
中身も薄いのか?って思っちゃうけどどうなんでしょう。買って読んでみよう。