本屋のほんね このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-07-05 Amazonの目指す場所 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今年のブックフェアの基調講演で角川会長出版業界は一致団結して打倒Amazonだ、みたいな話があったとか。

打倒Amazon! 出版社と書店の図書館構想

もう遅いって。

誰が見てもそんなことわかってると思うんだが。大手全社が、Amazonへは商品供給しません、ぐらい出来れば、何とかなるのかもしれないが、大株主になっていてすら何も出来なかったブックオフへの対処例を見てるから、そんなこと出来そうにないことぐらい私でもわかる。

こないだ、Amazonに転職した元同僚と飲む機会があったので、

「おまえのAmazonでのミッションって何なわけ?何をめざしてるんだ?」って聞いてみたんだけど

「世の中にあるリアルショップをすべて無くすこと。それも10年以内に」と即答されたときには、ちょっと言葉に詰まった。

そしてそれは不可能ではないと思っている、と付け加えられた。

いや、「黒船」から戦争を仕掛けられていたのは勿論ずいぶん前から知ってたけど、Amazonが世の中にあるリアルショップすべてに対して絶滅戦争をしているつもりだった、ということはそのとき初めて知った。

これまでの認識が甘すぎて、おのれの不明を深く恥じいった次第だ。目指している次元が違いすぎる。

jesusisinusjesusisinus 2013/07/07 11:48 Amazon に怯える一方、多くの書店で進むキオスク化。書店も利益重視に奔走している訳ですから、一方的な Amazon 批判は矛盾を感じます。目の前のスタンドで買える雑誌をわざわざ Amazon で買う人はいませんよね?笑
但し、このような商業主義に走る書店の有り方に疑問を感じ、品揃えを充実させている書店の意見なら、納得出来なくもない。
飲食業と一緒で、全てが手作りでどんなに美味しくても、高級店は倦厭され、ファミレスやファストフードのような資本系に駆逐されていくのと同様、難しい問題ですが、時代の流れには逆らえません。

getnews_kikogetnews_kiko 2013/07/09 20:50 はじめまして。『ガジェット通信』(http://getnews.jp/ )というウェブ媒体を運営しておりますガジェット通信編集部と申します。

Amazonの目指す場所
http://d.hatena.ne.jp/chakichaki/20130705

を、興味深く拝読させていただきました。

こちらを、ぜひ『ガジェット通信』に寄稿という形で掲載させて頂きたいのですが、ご検討いただけませんでしょうか?
まずはメールにてご連絡いただけたら幸いと存じます。

ガジェット通信編集部

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chakichaki/20130705