Hatena::ブログ(Diary)

chalcedonyの外部記憶装置・出張版 RSSフィード

2015-07-03

InDesignのパネルメニューをJavaScriptから実行するときはパネルがvisibleな必要がある

タイトルで用は済んでるのですが、忘れないようにもう少しメモしておきます。

以下、OSX10.9 + CS6を前提に書いたものです。



直接DOMをいじるよりInDesignのメニューコマンドを叩いてしまうほうが処理が楽なことって結構ありますが、パネルメニューの場合はそのパネルが表示状態になってないと動きません。

表示状態というのはパネルのメニューボタンが押せる状態のことで、他のパネルとくっつけてタブ表示された状態であっても、それが背面になっていたら動かないってことです。

なので、MenuActionオブジェクトをたどるだけじゃなくて、パネルの表示状態も変更する必要があります。

// サンプル
// 各スタイルで未使用の項目をすべて削除する
// 空のドキュメントだと[基本○○]とかを消そうとしてエラーになるので注意

(function(){

    // パネル名を処理したい順に並べておく
    var arr = ["オブジェクトスタイル", "表スタイル", "セルスタイル", "段落スタイル", "文字スタイル"];

    for(var i = 0, len = arr.length; i < len; i++){

      app.panels.itemByName(arr[i]).visible = true; // ★ここで表示状態にしてる

      var menu = app.menus.itemByName(arr[i] + "パネルメニュー");

      menu.menuItems.itemByName("未使用をすべて選択").associatedMenuAction.invoke();
      // 未使用のものがなかったらエラーになるのではじいておく
      try{
        menu.menuItems.itemByName("スタイルを削除...").associatedMenuAction.invoke();
      } catch(e){}

    }

}());

リハビリ的エントリでした。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chalcedony_htn/20150703/1435929676