ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

中小企業診断士ちゃむのブログ「徒然なるままに...」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-08-18

金正恩が脱北する日

| 09:42 | 金正恩が脱北する日を含むブックマーク

これから、本を山積みにしようとしている書斎の中の広い机を前にして、椅子にもたれながら綴る読書本の紹介です。


今回紹介する本は、高永拊、「金正恩が脱北する日」です。


著者は、元韓国国防省北朝鮮分析官だそうです。


金正恩が脱北する日 (扶桑社新書)

金正恩が脱北する日 (扶桑社新書)


タイトルを見て、えっ!そんなことがあるのかと思い、本書を手にしました。


読んでみると、このタイトルのようなことは書かれておらず、米朝会談を経て、北朝鮮としての戦略、米国の戦略、そして日本としてもどのような対応が考えられるかが書かれています。


インテリジェンスの世界にいた人だけあって、様々な状況から、どのようなことが考えられるかを、理路整然に述べており、説得力を持ったものになっています。


本書にも書かれていますが、『北朝鮮は核を放棄するつもりはない』とのこと。


そうなると、米国の軍事オプションがやはり高まることも指摘しています。


最近の北朝鮮に対して、一見、鳴りを潜めているような米国の動きが、実に本書に書かれていることにも符合し、不気味です。


北朝鮮問題に関心を持たれている方ならば、興味深く読むことができる一冊だと思います。

2018-08-17

コストダウンのポイント(3) 外部調達での施策

| 11:03 | コストダウンのポイント(3) 外部調達での施策を含むブックマーク

全てを自社で賄うことはできない。


加工は自社で行う場合は、その材料を裁量を購入しなければならない。


組立だけを行っているようなところでは、外部から部品を調達することになる。


このように、製造業では外部調達を行うわけで、コストダウンを実施するには、この外部業者(サプライヤー)との交渉や調整、依頼を行っていかなければならない。


外部調達を行う際の施策としては、次のような取り組み方がある。


■安くモノを買うために

ハードネゴシエーション:交渉力を強化し、サプライヤーを納得させる

⊇乎羚愬磧Ч愼数量の合算によるボリューム割引を行う


■安いモノを買うために

グローバル調達:海外の安価部品を調達、生産現地での調達推進

ぅークション:参加サプライヤーの競争により値引きを引き出す


■こちらの手間をかけすに購入する

ゥタログ購買:購買プロセスの自動化し、自動発注する


■安くなるように設計する

Ε汽廛薀ぅ筺質定の効率化:多数のサプライヤーを参加、相見積を比較

安価部品(ユニット)の採用:高集積部品、新機能部品を採用する

┫存部品流用の徹底(新規部品抑制):部品共通化、再生部品を採用する

協調設計:ハードソフト設計を早期に協調して行い、早期に原価を作り込む


■安くなるように作るために

部品の集約、サプライヤーの集約:同一部品を集約しサプライヤーを絞り込む


■安い工具で作る

VA/VE:VE手法等により部品単価の低減や製造方法の改善を図る

設備や金型費を抑制:設備や金型を有効利用、保全費用を抑制する



このような施策が考えられる。


そうは言っても、様々なデータを得て、コスト分析を行うことが前提である。


では、コスト分析は、どのように行うのだろうか。


次回は、そのために行うコスト推定の方法について、解説したい。

2018-08-16

コストダウンのポイント(2) テーマ的コストダウンの進め方

| 17:38 | コストダウンのポイント(2) テーマ的コストダウンの進め方を含むブックマーク

多くの企業においては、コストダウンが年度のテーマになっているところも多いと思う。


では、どのように進めたら、良いだろうか、別に進め方にこれだというのがあるわけではないが、筋道立てて物事を進めている姿勢もアピールしようとするならば、次のようなステップがある。


ステップ1.コスト比率高い部品やAssyに絞込む

現状のコスト分析より、コスト比率の高い部品にまずフォーカスし、そこを攻めていく。


ステップ2.対象ベンダーを訪問し、工程を視察する

これは、非常に大事なことだ。

まず、きちんと見ることができれば、ある程度相手(ベンダー)の手の内を把握することができる。

それをベースに、コスト推定し、見積との差異を指摘するためにも、是非とも実施してもらいたい。


ステップ3.コスト分析・工程上の課題抽出

ベンダー訪問で得た工程情報(生産速度、直人員数、廃材の処理状況等)をもとに、対象部品、Assyのコスト見積を実施する。

また、工数短縮や効率化等改善可能箇所があれば、その抽出、対応策などの検討し、まとめておく。


ステップ4.コストダウン施策案の検討・抽出

上記検討を踏まえ、コストダウンを実施するための観点(工数、材料、物流など)を列挙しておく。


ステップ5.コストダウン施策案のベンダーへの協力依頼と可能性検証

上記でまとめた施策案を対象ベンダーに話して、協力を依頼する。

また、ベンダー側での実施可能性の検討を行う。


ステップ6.コストダウン施策の実施と効果の確認

実際に、施策を行った結果と推定値との差異を確認し、効果と実績を確認行い、未達項目については原因を確認する。

新たなアクションが実施可能な場合には、その施策を実施する。


ベンダーに協力を仰ぐためには、きちんとした理論構築が出来ていることが重要である。


それが、できていないと、ただ口からでまかせ的に、言っているだけに聞こえるし、相手がこれだと、上手くごまかせると考える業者も少なくない。


ということで、昨日も書きましたが、見積書を穴の開くほど見ていますか?


その妥当性をあなた自身がきちんと確認していますか?

2018-08-15

コストダウンのポイント(1) 見積書を穴の開くほど、見ていますか?

| 23:59 | コストダウンのポイント(1) 見積書を穴の開くほど、見ていますか?を含むブックマーク

コストダウンは自らが行える利益確保手段である。


だから、企業はコストダウンを行う。


そして、関連部門でどれだけコストを削減できるか、検討・実行していくことになる。


そのための、ベースとなるのは、現在購入、あるいは生産している材料、部品、加工費などの現在の費用がどうなっているかだ。


自社内のものは、その値の正確性は高いであろう。


しかし、外部から購入しているものは、正確性は高いと言えないかもしれない。


それは、それらを供給してくれるところも、企業であり、利益確保を追求しているからだ。


もしかしたら、あなた会社で購入しているもので、不当な利益を上げている企業があるかもしれない。


あくまでも、不当な利益だ。


お互いWIN-WINになるためには、双方にとって、利益になることで、不当な利益はWIN-LOSEの関係だ。


そのカラクリを見抜くための相手側との唯一の資料が見積書と言えるだろう。


コストダウンを進めていきたいと考えているあなた


見積書を穴の開くほど、見て、それを分析しているだろうか。


分析するためには、まずは準備が必要である。


次回は、分析を行うため、そしてコストダウンに結び付けるために、どのようなステップで進めるかを解説したい。

2018-08-14

[随想]にんにく効果実感中

21:13 | [随想]にんにく効果実感中を含むブックマーク

定期健康診断の結果、血圧が高めだと言われました。


そこで、ニンニクレンジでチンして、毎日3〜5粒、食するようにしています。


これは、NHKの『ためしてガッテン』で、匂いを気にせず、食べられる方法としてやっていたもの。


そこでも。血圧を下げる効果があるようなことを言っていました。


今年の夏は暑いこともあり、夏バテ解消、暑さを乗り切る効果も狙い、食べ始めました。


調べてみると、ニンニクに含まれるアリシンには抗血栓作用があり、血液をサラサラの状態にする効果があるそうです。


血栓血小板が集まって固まることでできてしまうそうです。


リシン硫黄化合物で、この硫黄化合物には血小板が集まるのを防ぐ作用があるのだそうです。


確かに、効果があるようで、血圧は平常値に戻ってきました。


もともと、ニンニクが好きなこともあり、そして匂いも気にせず、食せるということで、これからも続けていこうと考えています。