ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

中小企業診断士ちゃむのブログ「徒然なるままに...」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-12-03

人を見る目

| 00:15 | 人を見る目を含むブックマーク

これから、本を山積みにしようとしている書斎の中の広い机を前にして、椅子にもたれながら綴る読書本の紹介です。


今回紹介する本は、保阪正康著、「人を見る目」です。


本書は、一種のエッセイになるのでしょうか。


軍人や政治家など昭和史に踊った人々の言動をもとに、様々な人間模様を評論しています。


人を見る目 (新潮新書)

人を見る目 (新潮新書)


世の中には、確かにいろいろな人がいますが、この時代、この状況で、そんなことをするのかというような例も紹介されており、このような先人により、日本歯車が狂わされてきた面もあるのだなと思いました。


全部で、20のセクションに分けられているのですが、”お追従”、”お節介”、”しみったれ”などのタイトルは、それだけでも、どのような人物が、どのような状況で、そんな風になるのかと興味がそそられながら読んでしまいます。


著者は、あとがきにて、「本書を通じてそれぞれの世代なりに、時代に生きる人間の素顔を受け止めてもらいたいと思う。私たちはそれぞれの時代という舞台で、80年、90年、自らの役を演じきって亡くなっていくのである。せめてその間だけでも、充足感を味わいつつ、自らの役を演じきってみようじゃないか、と思う。」と述べています。


我々も、どのような役を演じているのか、振り返ってみるのもいいのでhないでしょうか。

2018-12-01

朝鮮半島情勢

| 00:11 | 朝鮮半島情勢を含むブックマーク

最近は、北朝鮮のことはテレビ、新聞などで報じなくなったと思ったら、今日、ニュースで報じられていた。


それは、北朝鮮兵士韓国へと脱北したとのこと。


これは、北朝鮮が以前と何も変わっていないことを示すものではないだろうかと思います。


ということは、表面的には静かになり、ひっそりと核開発を進めているということ。


それをサポートするかのように、韓国では徴用工の裁判判決。


韓国に注目が集まり、北朝鮮に対してはノーガードの状態になりつつあるような気がします。


しかし、これはあくまで表面的なこと。


裏では、どのような情報が錯綜しているのだろうかと思います。


嵐の前の静けさでなければ、良いのですが・・・

2018-11-30

季節感が早まった感じです

| 23:58 | 季節感が早まった感じですを含むブックマーク

スーパーへ行ったら、なんと、もうお正月用の食品が売り出されていました。


それに、松飾なども販売されていました。


クリスマスのものより目立つ感じで、11月末日なのに、なんか一気に年末になったような気がします。


この季節感の先取りもそうですが、今年はブラックフライデーをやたら強調していましたね。


しかし、まだブームになっていないようです。


これも、何年かしたら、ハローウィンのようになるのでしょうか・・・


盛んにコトを強調して、消費を進めようとしている感があります。


それだけ、日本人は、そういうものに乗りやすい国民性なのでしょうか・・・

2018-11-29

献血してきました

| 23:55 | 献血してきましたを含むブックマーク

今日、街を歩いていると、献血のプラカードを持ったおじさんを何人も見ました。


それで、久しぶりに献血でもしようかと思い、おじさんに、どこで献血をやっているのかを聞くと、なんとビルの7階にその場所があるというのです。


そこで、そのビルに入りエレベータに乗り、7階に行き、献血ルームに入ると、中は、こじゃれた喫茶店のような雰囲気。


そこで、受付のお姉さんに献血に来ましたと言うと、「どの献血にしますか?」と言われました。


献血には、成分献血と全血献血の2種類あることを知りました。


今までは、全血献血しかやったことなかったので、「全血でお願いします」と言うと、その後、いくつかの質問事項に答え、ドーナツを頂きました。


休憩室の部屋には、飲み物の自動販売機があったのですが、よく見るとお金を入れるところはなく、ボタンを押せばいいだけです。


そこで、ミルクティーを選び、ドーナツを頬張りながら、しばし休憩。


そして、いよいよ献血


これも、今までのバスの中とは違い、っゆったりとしたベッド。


終わった後も、アイスクリームやおせんべいを頂き、しばし、のんびりしてから帰ってきました。


知りませんでした、献血ルームと言う施設があるのを・・・


これなら、また献血しようかなと思いました(笑)

2018-11-22

度が過ぎていますね

| 23:56 | 度が過ぎていますねを含むブックマーク

徴用工の判決以降、韓国側の日本への対応が非礼というか、度が過ぎているように思います。


国と国の約束を簡単に反故してしまうのは、無礼そのもの。


日本も断固抗議するのは、いいのですが、毎度このようなことが起きているのですから、もっと強い措置に出てもいいように思うのですが・・・


北朝鮮が静かなだけに。逆にウラで何をやっているのか、勘繰りたくなっています。


それにしても、外国員労働者の件など、日本の方向性も誤った方向に進めないようにしてもらいたいと、考えてしまいます。