Hatena::ブログ(Diary)

Chance for Children(学校外教育バウチャープロジェクト) RSSフィード Twitter

2013-10-14 ブログを移行しました。

チャンス・フォー・チルドレンのブログを移行しました。
最新の情報は以下のWEBサイトからご覧ください。

http://cfc.or.jp/

2013-10-13 10月の街頭募金実施しました

<ブログを移行しました>
チャンス・フォー・チルドレンの最新の情報は以下のURLからご覧ください。
http://cfc.or.jp/


-------------------------
10月13日(日)、学生ボランティアが募金活動を実施しました。
みちのくYOSAKOIまつりの開催に合わせての活動となりました。

計6時間で約3万円以上のご寄付をいただきました。募金いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

資金集めという目的に加え、私たちが発信することで東日本大震災を風化させないという姿勢で臨みました。
学生ボランティアの声はいつにまして大きく、力強さを感じました。

また今回から実施場所や天候・気温等の状況詳細を記録し、金額との関係を考察することで次回以降の募金活動の質を高める試みをしています。

来月以降も、月一回を基本として街頭募金を継続していきます。どうぞ、これからも温かいご支援をよろしくお願いします。

三笠茜
f:id:chance-for-children:20131013162927j:image

【実施内容詳細】
○場所
アインズ&ドルペ仙台駅前店

○時間
11:00〜17:00

○参加学生ボランティア
・阿部智宏
・阿部剛
・菊田沙樹
・鹿野亮汰
・神正光
・中澤舞
・藤野未瑚
・本間春香
・三笠茜
・山内沙也花

○募金額
31,459円

2013-09-24 埼玉県児玉郡美里町の原田町長と面会させていただきました

埼玉県児玉郡美里町の原田信次町長、学校教育課長と面会させていただきました。CFCからは昨年度より大阪市でも導入が始まった「学校外教育バウチャー事業」のご紹介をさせていただきました。また町長や学校教育課長からは、郡部の子ども達(特に低所得世帯の子ども達)が抱える課題やその実情、支援策等についての考えをお聞かせいただき、本当に多くのことを学ばせていただきました。お話をしていて、何よりも町民のことを心から考えて取り組んでおられる町長の姿勢に感激しました。

また、今回の面会は全国の若手首長のコミュニティ(ささつな自治体協議会)形成や若手社会起業家の支援を行うNPO WINPEACE様(理事長 小島大様)のコーディネートによって実現しました。CFCはWINPEACE主催の「PROBONO STAFF CLUB」のメンバーとして日頃からご支援をいただいています。本当にありがとうございました!

■埼玉県児玉郡美里町
http://www.town.saitama-misato.lg.jp/

■NPO WINPEACE
http://www.npowinpeace.com/

f:id:chance-for-children:20130924163726j:image:w360

2013-08-26 下村博文 文部科学大臣と面会させていただきました

この度は、CFCのアドボカシー活動の一環として、下村博文 文部科学大臣と「子どもの貧困対策」等に関する意見交換をさせていただきました。

また、今回は日頃よりお世話になっている公益社団法人全国学習塾協会の理事の皆様にも同席いただき、民間教育力の活用という視点も踏まえてディスカッションさせていただきました。学校教育の質向上は間違いなく重要ですが、一方で専門性の高い民間教育力の活用を通じて、子ども達をサポートしていくという視点も必要になると思います。また、被災地の教育支援等についても情報交換をさせていただきました。

下村大臣からはCFCが実施する事業について貴重なアドバイスをたくさんいただきました。大変ご多忙な中、お時間をいただき、心から感謝いたします。

また、この度全体のコーディネートをしてくださった全国学習塾協会の皆様にも御礼申し上げます。

どうぞ、今後ともよろしくお願いします。

■下村博文公式WEBサイト
http://hakubun.jp/

■公益社団法人全国学習塾協会公式WEBサイト
http://www.jja.or.jp/

f:id:chance-for-children:20130911193431p:image

2013-08-25 スキルアップ研修を開催しました。

8月24日・25日、ブラザー・シスター(大学生ボランティア)を対象とした第2回スキルアップ研修を実施しました。

今回のスキルアップ研修では、今年5月から活動を開始したブラザー・シスターにとって初めてのスキルアップ研修でもあり、面談の目的・面談を行う上で大切にすべきことについてのレクチャーから始まりました。

レクチャー後は、それぞれのブラザー・シスターが考える「良い面談とは何か」といったテーマで意見共有する時間を設けました。様々なバックグランドを持つ者同士が意見を交わすことで、それぞれの持っている価値観に触れる機会となり大変学び深い時間となりました。

そして、講義・グループワークを通し自分たちの面談活動の意義や目的についてしっかりと考えた上で、外部講師の先生から2つのテーマでお話いただきました。

一つ目のテーマは「自己肯定感を育てる褒め方」
株式会社セレクティーの代表取締役の畠山明様よりお話いただきました。
非常に分かりやすいスライドを使いながら説明いただき、ブラザー・シスターは終始「なるほど。」と首をたてに振りながら話を真剣に聴いていました。

そして、二つ目のテーマは「進学・就職について」
株式会社デュナミスの取締役である松浦智博様よりお話いただきました。
キャリア教育コーディネーターの資格をお持ちの松村様は、日頃より小・中・高校と広く子どもたちのキャリア教育に関わっています。被災地の子どもたちの進学・就職の状況がどのようになっているのか。現場の生の声を交えながら分かりやすく解説してくださいました。


ブラザー・シスターの面談活動が始まってから約一年半が経ちました。私たちは今回のグループワークにもあったように常に「子どもたちにとって良い面談とは何か。」と問い続けなければいけないと思います。
今回の研修で学んだことを確実に子どもたちに還元できるよう、引き続き一つ一つの面談を大切にしていきたいと思います。

f:id:chance-for-children:20130824125913j:image
グループワークの様子「テーマ:良い面談とは」

f:id:chance-for-children:20130825140404j:image
レクチャーの様子