Hatena::ブログ(Diary)

トーキョースパムCHANNKOSUMO

2010-12-03

トーキョースパムCHANNKOSUMO

トーキョースパムCHANNKOSUMO

f:id:channkosumo1:20110114181754j:image

トーキョースパムCHANNKOSUMO

1856年にウィリアム・パーキンはアニリンを二クロム酸カリウム酸化し、その紫色の生成物が羊毛や絹を染色できることを発見した。このモーヴと名づけられた物質が世界初の合成染料である。

その後、1869年にカール・グレーベ (Karl Gräbe) とカール・リーバーマン (Karl Liebermann) によってアカネ色素アリザリン、1880年にアドルフ・フォン・バイヤーによってアイの青色色素インディゴの合成が達成され、それらが工業化されると天然色素はその値段の高さから駆逐されていった。現在利用されている染料のほとんどは合成染料である。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証