Hatena::ブログ(Diary)

東京のエプロン屋 チャーマース

2018-06-11 便利な作業台

今回は愛用している作業台をご紹介。

| 01:54

松本作業所では生地裁断から縫製、仕上げまでを行っていますが、

作業の中心で大活躍しているのがこちら、布張りの作業台です。

適度な摩擦がチャコひくのにちょうどよく、

マチ針も通せますので生地を重ねて固定しながら裁断したり、

熱セットなど簡単なアイロンをあてることも可能です。

f:id:charmeurs:20180612014821j:image

作り方はホームセンターで手に入る板を袋状に仕立てた布で覆うだけ!

板は好みと予算にもよりますが、ウチの場合は一番安い合板(少し厚め)を使っています。

毎日の掃除は洋服ブラシで簡単ですし、

生地に撥水加工がされていれば雑巾がけもできますよ。

おすすめの布地はナイロン(3〜40%)と綿の合繊ツイル、

縦横に数パーセントのストレッチがあるものならば、

板サイズより小さめに仕上げればフィット感も抜群です。

店頭ではポリエステル合繊の方が手に入りやすいかもしれませんが、

毛羽立つ原因となりやすいウール地などを扱うには電子極性の差から

帯電量が増しやすく静電気をひき起こしますので不向きです。

逆にポリエステルアクリルなどの素材をメインに扱う場合、

ナイロン合繊は避けるか、帯電防止処理のされたものをお勧めします。

参考までに人体の電子極性(+帯電性)にもっとも近い化学繊維はナイロン(ポリアミド系)でして、

冬物のウール地などと擦れ合う状況下で使われるストッキングなどにおおく使われていますね。

f:id:charmeurs:20180612014828j:image

f:id:charmeurs:20180612014815j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/charmeurs/20180611/1528736040
Connection: close