Charsbar::Note

2005/09/26

秀丸ってそんなことができたのか

Milano::Monologさんの記事より

ところが、秀丸+FFFTPという組み合わせの作業を行うときは、このタイトルバーアイコンが大活躍するのです。
FFFTPでリモートホストのファイルを秀丸で開くよう指示すると、ファイルがtempディレクトリにダウンロードされてから秀丸で開かれますよね(設定により変わるけど)。
その秀丸でファイルの中身を修正して再度アップロードしようとすると、通常だとそのtempディレクトリをエクスプローラーかFFFTPで開いてからアップロードしなければなりません。これは非常に面倒。文字をちょこっと変えたいだけなのに、CのDocuments and SettingsのhogeのLocal SettingsのTempの…って、お経かこれは。
しかし、修正が終わって保存済みの秀丸のタイトルバーのアイコンを、FFFTPにドラッグ&ドロップしてみましょう。
すると、その修正済みのファイルがアップロードされるのです。
なんて便利!わざわざtempディレクトリを開く必要もありません。

へえと思わず感心。もっとも、残念ながら私が常用しているWZ Editor(や、たまに使うxyzzy)では対応していないようですが。

FFFTPを使わずにWinSCPを使うという手もありますね。これならWZやらxyzzyでも大丈夫。編集が終わったら修正済みのファイルがそのまま元の場所にアップされます。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/charsbar/20050926/1127715497