Charsbar::Note

2006/10/01

PlaggerをWindowsにインストールするときの注意点

しげふみさんのところをはじめ、ppm経由のインストールメモはなるべく目を通すようにしているのですが、どこを見てもだいたい大きな落とし穴が残っているのであらためて明記しておきます。

ppm.tcool.org経由でインストールしたPlaggerがうまく動かない場合、assetsの罠を除けば、その原因はたいていActiveStateないしtheoryx5のリポジトリがtcoolのリポジトリより上にあるせいです。

つまり、

C:\>ppm

ppm> rep add http://ppm.tcool.org/server/ppmserver.cgi?urn:PPMServer

Repositories:

[1] ActiveState Package Repository

[2] Autonamed 1

ppm>

とか、

C:\>ppm

ppm> rep add tcool http://ppm.tcool.org/archives/

Repositories:

[1] ActiveState Package Repository

[2] tcool

ppm>

のような状態ではダメだということです。

#この状態でインストールすると、たとえばActiveStateに入っている古いWWW::Mixiがインストールされてしまうため、mixiの日記などを引っ張ってこようとしたときにこけます。あるいは、Template-ToolkitとかDateTimeのXS版が入っていなかったりして変なエラーが発生します。

ご自分の環境がどうなっているかは、ppm repで確認できますので、tcoolが一番上にない、あるいは余計なリポジトリがたくさん登録されている場合は、

ppm> rep up 2(またはrep up tcool)

とタイプして

C:\>ppm

ppm> rep

Repositories:

[1] tcool

[2] ActiveState Package Repository

ppm>

のようにするか、あるいは

ppm> rep off ActiveState Package Repository

のようにタイプして

C:\>ppm

ppm> rep

Repositories:

[1] tcool

[ ] theoryx5

[ ] ActiveState Package Repository

ppm>

のような状態にしてください。

また、すでにインストール済みの方で不幸にも上記にあてはまってしまった方は、tcoolのリポジトリを一番上にしたあと、

ppm upgrade -install

を実行してください。少なくともtcoolより古かったパッケージは更新インストールされるはずです。

完璧を期すなら、

ppm install -force Plagger

でもOK。Plaggerしか入れていないならこちらの方が確実でしょう(TTあたりはActiveStateのも最新版になっているのでたぶんこちらでないとうまく更新できませんので)。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証