ちゃずけのきろく

 | 

2006/05/26 (金) 朝御飯のアンケートと給食費。

どういうわけか小学生の下の子が毎日「アンケート」と称して「朝御飯」とか「起床就寝時間」とかを

書かせるプリントをもって帰ってくる。昨日なんて朝ウンチをしたかどうかまで書かんといかん、

それも三日間、何なんだ、それは?よく読ませて頂くブログでもこういった動きがあるらしく、

どうも全国レベルで調べにかかってるようだが、朝御飯を和食にしろとは、どういう事やねん、

今イワシが無茶苦茶高いとワイドショーで騒いでるのを知らないか、こんなふうに微妙政府の古米を

押し付ける動きがある気がして、腹立つ。私個人の問題ならわざと朝は「ナンとラッシーとシシカバブです」と

してやりたいがお学校様には子供人質にとられてるようなもんで、しかたがなしに握り飯を作る事であろう、

ちくしょうバターで焼いてやる!と、こんな小さい反抗しか出来ない私、かなしー。

大体ねえ、あの日野原が高血圧だかなんだかを予防するために味噌汁は一日一回って決めたんじゃなかったっけ?

うちは味噌汁は夜飲むんだよ、朝はいろいろだよ、栄養士やってる友達のとこなんか旦那のリクエスト

朝から手打ちうどん喰ってるよ、なんでメニューまで決められなきゃいけないんだ、むきーっ!

朝、パンじゃなんでいかんのじゃ、そんなにこめを喰わせたきゃ学校給食全部米飯にしろ、

うちの上の子が初めて行った小学校は農村の小さな小学校だったんで御近所の方の寄付で毎日米を喰っていた。

転校して米飯が週に一度か二度だったんで上の子はカルチャーショックを受けていた。

しかもまちの米はまずかったので、どうもありがとう、あの時の農家の方。

給食設備も地区によってかなり違うのでこれは私も驚いた。上の子が通ってたへき地の小学校

子供の数が少ないので色々行き届いていてみんな成績もよかった。そりゃあ、農家の子が多くて

育ててるのはじいちゃんばあちゃんだし、「西の畑のあいつには負けられん」とか

そういう秘かな数代に渡る確執が悪い成績なんかとらせるもんかとがんばってた。

田舎の豊かな農村部は子供も丸々して元気いっぱいだったりする、中途半端な地方都市である

今の県庁所在地引っ越し子供の体型の違いにも驚いた、まちの子はみんな痩せぎすか、

水太りのようなデブ田舎の固太りはめったに見かけない、なんつーか、そりゃ米は身体にいいんでしょう、

でも米って高いんじゃないかな、今の学校給食費が足りなくて四苦八苦している。

払えるやつが払わないんだよ、しかもそんな家の奴に限って給食お代わりする、

家はベンツ乗ってるようなお金持ちだというのに、こんな小学校には行かせたくなかったから

腹いせに給食費を払わない、という噂だ、払わなくても大丈夫なんだねえ、

まあ徴集しに先生が行くわけにもいかんだろうからなあ、、まともに払ってる側にしわ寄せが来る、

家が貧乏でっていうんならしかたがないとも思うしそういう場合市の補助の手続きがとれるから

大丈夫なんだけど金があるのに払わないのはその手続きもできないから、本当に迷惑、

国は子供に罰則のどうのといってるがこの手の親の方をどうにかしてほしい、給食費、払え−!

アラ、朝御飯から離れたな、公立の小学校の抱える問題は本当にいやになるほど山とある。

まともにアンケートに答えるご家庭の朝御飯のメニューにケチつけるヒマがあったら払える奴から

給食費払わせる方法を考えろ、国がするべき事はそれだ!

 |