Hatena::ブログ(Diary)

窓の向こうに このページをアンテナに追加

2009-09-16

極限推理コロシアム 総括

一回30分のドラマは展開がスピーディーでいい。また、ミステリーものはあまり引っ張られるとだんだん面倒になる。4〜5回くらいが適当ではないかと思う。そういう意味で、構成は割と良かった。また、柏原崇はなかなかの好演だった(ちょっと「のだめカンタービレ」における玉木宏に似ていると思ったけど、年代からいうと逆だ。こっちが先)。

欲を言えば、以下のような点で不満はあった。

  • トイレをどうしていたのか。ないはずはないが、個室か共同か。トイレがあれば隠れ場所にもなるし避難場所にもなる。かなり重要と思うが。
  • 風呂・シャワーをどうしていたのか。描写がないが、恐らくそれはなかっただろう。とすると、日が経つにつれてどんどん汗臭くなり、髪もぼさぼさになっていくはずだが、そうはならなかった。服も、何日も同じ服を着て、しかもその服で寝ているにも関わらず、しわも寄らない。綾瀬はるかはいつまでも厚化粧のまま(笑)。トイレがあれば、洗顔くらいはできたのか、とも思うが……
  • 飲み物は各部屋の冷蔵庫に豊富に用意されていることがわかったが、食べ物はどうなっていたか。
  • 夏の館はものすごく暑い設定だったが、暑がるのは初回だけで、以後は誰も暑いと言わなくなり、汗もかかない。「暑い」という設定も忘れていた。
  • ミステリーとして、こういう範囲で考えましょうと枠を区切ってあったのだろう。たとえば、犯人がトイレに隠れている可能性は考慮しなくていいですよ、トリックはそこではないですよということだ。が、あまり記号化されてしまうと、単なるクイズであり、ドラマにならなくなる。もう少し生々しくしてほしかった。

リンク