Hatena::ブログ(Diary)

窓の向こうに このページをアンテナに追加

2017-10-21

「植木等とのぼせもん」最終回「スーダラ伝説」

出演

  • 安井順平(青島幸男、作詞家)

劇中歌

  • 逢いたくて逢いたくて(歌:山本彩)
  • スーダラ節(歌:山本耕史)
  • スーダラ伝説(歌:植木等)

粗筋

  • 時が経ち、小松はバラエティやドラマに引っぱりだこの売れっ子コメディアンとなっていた。植木は主に俳優として活動を続けながら、愛弟子の活躍を感慨深く見守っていた。←どうまとめていいかわからないので、公式サイトよりコピペ。
  • 小松が植木に「親父さん、紹介したい人がいるんですが……」というので、いよいよ結婚かと思ったら、彼女ではなく母親だった。第二回の回収。あの時植木は「今度は直接お目にかかって……」と電話では話していたが、結局会う機会はなかったわけね。
  • 父・徹誠永眠。
  • 渡辺プロ社長・渡辺晋永眠。

雑感

  • 小松政夫は本当に植木等のことが好きだったのね……という物語だった。
  • 1977年、東京宝塚劇場公演「王将」で坂田三吉を演じる。植木が、「坂田三吉なんて、50を過ぎてからやる役なんじゃないのって言ったら、植木さん、あんた今年で51だよって言われて、あれ、オレもうそんな歳なのかと思って……」というセリフがあったが、このセリフは聞き覚えがある。デジャブ。

(2018/02/03 記)

2017-10-14

「植木等とのぼせもん」第七回「可愛い子には」

劇中歌

  • 小指の想い出(歌:中川翔子)

粗筋

  • 植木は小松に、幕間の5分を一人でつなげという試練を与える。最初は何をやっても受けず、苦労を重ねるが、淀川長治の物真似がバカ受け。ようやく小松正夫として独り立ちをすることになった。

雑感

  • あらかじめ仲間内でいろいろやらせて、それだったら受けるんじゃねえか、という持ちネタをいくつか作らせてから挑ませるのではなく、何の見通しも勝算もなくいきなりヤレ! というのは、厳しいのではなく単に無謀なだけなのでは……と思うが……

(2018/02/03 記)

2017-10-07

「植木等とのぼせもん」第六回「オヤジたるもの」

劇中歌

  • さよならはダンスの後に(歌:中川翔子)
  • 柔(歌:山本耕史)

粗筋

  • 植木が権威ある映画の賞を受賞(なんの賞?)。「これでようやくお世話になった方に恩が返せたかなと思います」と挨拶した等に、父・徹誠が「何を自分一人で何でもやってきたかのように自惚れているんだ」と一喝。いい父親だ。
  • 徹誠が気にしたのは松崎のこと。いつまで身の回りの世話をさせておくつもりなのか。徹誠が松崎に直接尋ねると「親父さんがそばに置いてくださるなら、一生お仕えします」という。だがそれでいいわけがないだろうと……
  • 父に言われて等は松崎を独り立ちさせるべく根回しを始める。
  • 植木等「舞台公演の幕間5分を、小松政夫にひとりでつながせたい」、ハナ肇「俺たちにとっては数ある舞台の一つでも、お客さんにとってはただ一つの舞台。お金をもらっているんだから(半人前の小松には任せたくない)」、谷啓「自分たちもそうだったじゃないか。米軍キャンプでは手さぐりだった」

雑感

  • 植木等のような「芸人」の「付人」というのは、いちいち言わなくても、芸人を目指す「卵」であって、本人もいつかはそうなりたいと望んでいるし、周囲もそのように育ててあげなければならない……というのは暗黙の了解事なのだろうか? 少なくとも小松クンの場合は弟子を募集したわけではなく付人を募集したわけだし、ずっと付人のままで何が悪いのかと思うが。
  • 相撲とかでは、若手の取的が上位力士の付人をするのが慣例になっているようだ。これはこれで、身の回りの世話をさせたいなら、それ専門の人にやらせた方がよいのではないかといつも思う。弟子には、掃除や洗濯をやらせるより稽古をさせた方がいいのでは? と。

(2018/02/03 記)

2017-09-30

「植木等とのぼせもん」第五回「弟子の名は。」

出演

  • 山本彩(園まり)

劇中歌

  • 逢いたくて逢いたくて(歌:山本彩)
  • ふりむかないで(歌:鈴木みな・まりあ)

粗筋

  • どんな話か思い出せないと思ったら、この回は見ていなかった。

(2018/02/02 記)

2017-09-23

「植木等とのぼせもん」第四回「俺たち戦友」

出演

  • 勝村政信(古澤憲吾、映画監督)

劇中歌

  • ごめんネ……ジロー(鈴木愛理)
  • ゴマスリ行進曲(歌:山本耕史)
  • ハイそれまでョ(歌:山本耕史)
  • 逢いたくて逢いたくて(歌:山本彩)

粗筋

  • 植木は映画の撮影で、ビルの屋上をロープで渡る危険なシーンに挑戦。が、足を滑らしケガをしてしまう。
  • 松崎クンが小松と呼ばれるようになる。
  • ラストの植木のセリフ「植木等も、楽じゃねーな」が効いている。

雑感

  • 古澤監督は、危険なシーンもスタントなしで植木に演じさせたかったし、植木も嫌がらずにそれを引き受けたが、人気タレントにこんな扱いをするなど今では信じられない話だ。ケガでもされたらスケジュールに穴が開く。それは何百万、何千万という損害につながる。まず事務所が許可しないだろう。トム・クルーズのようにスタントを嫌がって自分で演じ、大けがをして撮影に穴をあける人もいるけど。

(2018/02/02 記)