Hatena::ブログ(Diary)

窓の向こうに このページをアンテナに追加

2014-11-16

「軍師官兵衛」第46話「家康動く」

公式サイト

出演

粗筋

  • 秀吉逝去。
  • 長政ら朝鮮にいた兵が帰国。みな、疲れ切っているが、なんのねぎらいも恩賞もなく、三成への不満が渦巻く。恩賞どころか、三成は小西行長のタレ込みを理由に清正、長政らを処罰しようとする。
  • 家康は、小西行長が加藤、黒田、福島らを訴えたことを告げ、これは理不尽だから自分が預かると告げる。これで加藤、黒田、福島らは家康に取り込まれていく。
  • 家康は秀吉の遺言を無視して勝手に縁談を進めたりし、(三成が頼りにする)前田利家と対立。が、利家は病にかかっており、官兵衛の薦めを受け入れて家康と和睦する。
  • ほどなく前田利家が亡くなった。
  • 淀は大阪城からおねを追い出すよう画策。おねは官兵衛に、「豊臣の天下は秀吉一代だと思っている。そのあとは、天下人に相応しい人がなればよい」と言って驚かす。
  • 長政らは三成を急襲。三成は家康のところへ逃げ込む。長政らは引渡しを要求するが断わる。官兵衛は家康の真意を見抜く。行かされた三成は必死で兵を集めるだろう。そして三成に兵を挙げさせ、その上で敵を根こそぎ叩き潰す……つまり、天下を取ろうとしているのだと。
  • 国中の大名が家康につくか三成につくか迫られるだろう。大殿はどちらに……? と問う子分の前で「わしは我が道を行く!」と決意を述べる。

雑感

ついに官兵衛が立ち上がる! 誰かのためでなく、自分の力で天下を手中にしようとようやく動き出すのだ! ……あれ? 大河ドラマも既に46話が過ぎ、残りわずかに4話。ここから野望編のスタートですか!

有岡幽閉後の官兵衛は黒官兵衛になったとか言われたけど、相変わらずのお人よしで外見以外は特に変わりはなかった。が、この「我が道を行く!」とつぶやいた時の岡田君の顔は、ギラギラと自分の欲望に忠実になっていて、とてもよかった。

このドラマの世界においては前田利家は存在しないと思っていたから、突然の登場には驚いた。案の定、登場したと思ったら15分で死んでしまった。出てきたばかりの人が死んでも、なんの感慨もない。どうせ前田利家を出すのなら、これまで、利家が必要な場面はいくらでもあったろうに。

秀次もそうだし吉太夫もそうだが、この作品は、本当に、死ぬために出てくる人物が多い。50回という長い長い時間があるのだ。この回でこの人物を殺そう、ではこの辺りで登場させ、この辺りでこのエピソードを入れて視聴者に印象付けて、……というような「構想」はなかったのだろうか。

(2014/12/22 記)

リンク

2014-11-09

「軍師官兵衛」第45話「秀吉の最期」

公式サイト

粗筋

  • 吉太夫を連れ、朝鮮へ向かう熊之助だったが、途中、船が遭難しあっさり死ぬ。
  • 黒田家で熊之助を最後に見たのは糸だったが、事態に気づかず留められなかったことで自分を責める。その後、糸は女の子を出産。しかし男でなかったことでさらに自分を責める。
  • 秀吉の命により官兵衛帰国。秀吉は秀頼のことを官兵衛に託すが、官兵衛は断わる。
  • 秀吉はおねの見守る中、息を引き取る。

雑感

長政と糸が近く離縁することはわかっているが、その理由を、「糸が熊之助を見殺しにし、かつ、男児を産めなかった」から、ということにしたいのかと理解。黒田が主人公なので、長政の一方的な理由で三行半をつきつけたということにはしたくないのだろうが、熊之助のことは糸にたいして責任はないし、男児を産めなかったのも無論糸には何の責任もないことである。ちょっと糸が哀れだ。

本郷和人先生によれば、男の子が生まれなければ養子を取ればいいので、この時代、それはさほど問題にならない、そうでなければ子のいないおねが離縁されなかった理由が不明だということである。なるほどそういうものか。

秀吉が淀ではなくおねの傍で死んだのはよかったかも。まあ、淀は間もなく死ぬ秀吉にもはや関心はなかっただろう。

家康はこれまで右目が半分ふさがったような顔をしていて、寺尾聡何かあったのか? と当初はいぶかしんだが、どうやら演技だったらしい。秀吉の訃報に接し、「長生きはするものよのう」とつぶやくと右目がカッと開かれ……。なんとも臭い演出だが、寺尾聡がやると不思議に臭くない。なかなか格好良く映った。

熊之助とともに遭難した人のには黒田一成(有岡城の牢番の息子)がいたらしい。どうせならここで一成も登場させれば、第22話からのリンクになってよかったのに。

(2014/12/21 記)

リンク

2014-11-02

「軍師官兵衛」第44話「落ちゆく巨星」

公式サイト

出演

  • 今井悠貴(熊之助、官兵衛の次男)
  • 林凌雅(吉太夫、母里太兵衛の嫡男)

粗筋

  • 豊臣秀吉の老醜を描く。
  • 秀次に対し、秀吉は当初は出家させて追放でよいと思っていたが、淀にけしかけられ、結局切腹、妻子も皆殺しという過酷な裁定を行なう。
  • お拾は秀頼と名を改める。
  • 母里太兵衛、飲み比べに勝ち福島正則から槍の日本号を手に入れる。これがのちに黒田節に歌われるエピソード。
  • 第二次朝鮮出兵。官兵衛も出兵することに。武功をあげるためではなく、被害を最小限に抑えるため。
  • 官兵衛の次男・熊之助も出兵したいと言い出すが、官兵衛・長政は許さない。万が一の時に黒田家から男が三人いなくなると困るから。しかし吉太夫を連れてこっそり家を出て行く……

雑感

タイトルを見て、秀吉が死ぬのかと思ったが、まだ死なない。

秀次事件は、その過酷な処遇に多くの反発を買い、豊臣家臣団の対立が深まった。また数少ない秀吉の血縁(秀次は甥)を減らすことになり、豊臣家の力を自ら弱めることになったのだが、ドラマでは単に秀吉が年を取って、秀頼のことしか考えられなくなり、淀の言いなりになっている様子が描かれるにとどまった。その代わりに秀吉がおねしょをする場面は描かれた。日本史上有数の人気者である秀吉の晩年の醜いありさまをここまで描いたドラマは、これまであまりなかったのではないか。

一方、秀吉はどんどん年老いていくのにおねが全く歳をとらない。毎年そうだが、老け役をやらせると女優さんが嫌がるのだろうか?(そんな莫迦な)

朝鮮出兵はかなり危険に満ちた戦で、確かに官兵衛・長政ともに命を失う危険はあった。たとえ熊之助が幼くなくても、連れて行くわけにはいかなかっただろう。熊之助は、父や兄の若い頃がそうだったようにいけいけドンドンで、早く初陣を飾り手柄を立てたい気持ちではやるのはわかるが、そうした状況を全く理解できていなかったのが残念。

それにしても、太兵衛に息子がいたとは驚いた。いや結婚していたとは知らなかった。善助が嫁を取ったので、年齢的にも、太兵衛、九郎右衛門とも嫁をもらってもおかしくないのだが。こういうシーンを描くなら、もう少し前振りがほしかった。熊之助は何度も出てきたのだから、その遊び相手として登場させておくとか……。

公式サイトで、速水もこみちが、突然息子が登場して驚いたと言っており、ああやっぱり、役者さんにとってもそうなんだと妙に納得した。今年の脚本は、あるシーンを描くことしか考えていなくて、そのシーンをリアリティをもって描くためにどのくらい前から仕込んでいくかといった計算がまるでできていない(としか思えない)。ダイジェスト大河と揶揄されるゆえんである。

(2014/12/21 記)

リンク

2014-10-26

「軍師官兵衛」第43話「如水誕生」

公式サイト

粗筋

三成の罠に嵌まり秀吉の怒りを買った官兵衛は、剃髪し「如水」と名乗って許しを乞う。淀が子を産んだことと、おねをはじめ多くの人から助命嘆願の文が届いていたことから、秀吉は官兵衛を許すことに。

淀が秀頼を産んだため、秀吉は、秀次に関白の座を譲ったことを後悔しはじめる。危機を募らせた秀次は官兵衛の意見をいれ、娘を秀頼に嫁がせることを秀吉に提案。が、淀は、秀吉が死後秀頼が大きくなるまでの間、わずかな不安も取り除きたいと言い出し……

雑感

岡田君、ついに坊主になるの巻。本編ではここまでもったいつけて登場したのに(確かにそれだけの迫力があった)、予告編で映しちゃったらダメだろう。

その官兵衛は剃髪して秀吉に許しを請うが、その口上はとても許しを請う者のそれではない。なんでオマイはいつもそうやって挑発的な物言いをするのだ。あれでよく秀吉が許したものだよ。淀から助命を頼まれていなければ切腹させていただろう。

さて、秀次。窮地に立たされて官兵衛に相談した人はこれまでにもいたが、官兵衛の言うことを聞いてうまくいったためしがない。必ずしも官兵衛が悪いわけではないのだが、軍師軍師という割に状況を読み切れていないし、今回は官兵衛に相談しただけでフラグがビシッ! と立ってしまった。官兵衛が主人公なのに、それでいいのか。

秀頼が成人したら関白を譲る、と言っても口約束では秀吉は信用しそうにない、ならば娘を嫁がせて……というが、そこまで危機感があったなら、関白の座などさっさと返上してしまえばよかったのに。関白の座にしがみついているから不安に思われるのだろう。

しかし淀から見たら秀次が邪魔者なのか。秀吉の死後、自分や秀頼にとって都合の悪そうな人物は、もっとたくさんいると思うが。

(2014/12/20 記)

リンク

2014-10-19

「軍師官兵衛」第42話「太閤の野望」

公式サイト

出演

  • 中尾明慶(豊臣秀次)
  • 武田航平(宇喜多秀家)
  • 有薗芳記(増田長盛)←以前から出ていたが書いていなかったので。顔芸のすごい人。

粗筋

  • 秀吉は関白を秀次に譲り、太閤となる。
  • 朝鮮出兵。総大将は宇喜多秀家。そこに小西行長、加藤清正、福島正則、黒田長政らが主要な戦闘隊だが総じて戦の経験が浅い。お目付け役は小早川隆。最初は連戦連勝、わずかな期間で首都を落とす。
  • 官兵衛と三成も朝鮮へ。着いた頃には戦局は悪化していた。おまけに部隊はバラバラで統率を欠くありさま。官兵衛は一時帰国し、一刻も早く戦を終わらせるため和睦を提案、「お前に任せる」との秀吉のお墨付きを得て再び朝鮮へ。
  • 秀吉の出した和睦の条件は、朝鮮の半分を割譲せよなど無理難題ばかり。官兵衛は戦を終わらせるのが最優先と、条件を伏せたまま交渉を行なう。日本軍は釜山に撤退させる。
  • 淀が再び懐妊。秀吉は上機嫌。朝鮮のことなんか忘れてしまった気配さえ漂う。
  • 三成から、状況を直接秀吉に報告するように言われて再度帰国。しかし秀吉は、帰国を認めていない、命令違反だと怒る。さらに三成・増田長盛の面会を断わったのは秀吉に対する裏切りも同然とまで言われる。官兵衛は呆然。「わしを陥れるためにそこまでやるか……」。蟄居を命じられる。

雑感

官兵衛を陥れようとする三成のやり方は児戯に等しいもので、こんな手にあっさり嵌ってしまう官兵衛が心配だ。こういう人は戦にも向いていないのではないだろうか。

朝鮮出兵組は苦労の連続。三成に対して反感の意を募らせる。豊臣家臣団にも徐々に亀裂が。ていうか別にもともとまとまりがよかったわけではないよね。

今頃になって突然豊臣秀次が登場。出演させるなら、もっと前から顔を出させておくべきだったのではないか。

淀が三成に、「私はもう一度殿の子を産みます」と怪しい口調で言うシーンがある。これは三成と浮気した(三成から子種をもらった)ことを暗示しているのではと深読みする人もいたようだが、こんな会話をするほど二人は通じていたということを単に示していただけだと自分は感じた。

配役

  • 有薗芳記は顔芸のすごい人。「平清盛」の藤原経宗役で知ったが、「探偵はBARにいる」でも田口晃の父親役で出演していた。

(2014/12/20 記)

リンク