Hatena::ブログ(Diary)

チェチェン総合情報 Annex このページをアンテナに追加 RSSフィード

チェチェン総合情報の本サイトは http://chechennews.org/ です。

2009-06-28

No.297 アンナ裁判の動向/イングーシ大統領殺害未遂

======================================================================

 エジプトで強制送還されそうになっているチェチェン人についての、その後の情報が得られないうちに、イングーシでも、モスクワでも、それぞれ事件が持ち上がってしまいました。現在の情報をもとにお伝えします。

*ロシア最高裁、アンナ殺害グループの無罪を取り消し

*イングーシ大統領殺害未遂事件と緊迫する現地の情勢

*朝鮮民主主義人民共和国核実験にあたっての声明(ハンクネット)

*イベント情報

======================================================================

ロシア最高裁、アンナ殺害グループの無罪を取り消し

                           (大富亮)

 6月25日、ロシア最高裁判所は、アンナ・ポリトコフスカヤ殺害に関わったとされるロシア人・チェチェン人4人の無罪判決を取り消し、下級の軍事裁判所での再審を命じる決定を下した。日本語の記事は朝日があった。

記者殺害事件の無罪判決取り消し ロシア(6/26 朝日)

 4人の犯行グループには、今年2月に、モスクワ地区軍事裁判所で無罪の判決が出ていたが、検察側がこれを不服として上告していた。この決定に対しては、被告側の弁護士は「ひどい話だ」と反発を隠さない。容疑者たちも、「それなら最後まで闘う」と言う。

 アンナの遺族は、「彼らは殺害事件に確かに関わっていると思う」と判断している。そして遺族側の弁護士は「無罪の判決は正しかったのに、今回の最高裁の判断はおかしい」という。それでも矛盾してはいないのだ。

 もう何がなにやらという感じだが、仕掛けはこうだ。

 犯行グループのうち、チェチェン人二人は、暗殺者を運んだ運転手と、当日のアンナの動きを監視した見張り役である。ロシア人のうち、元FSB職員(!)のリャグーゾフは通信の盗聴、元警官のハジクルバノフは暗殺に使われた銃器の提供をしたということになっている。

 しかし、ことは殺人事件である。殺人犯がまだ捕まっていないのに、幇助した人間だけが逮捕され、裁判されるということが、そもそも変だ。これでは事件の全体像が見えない。しかも、検察側はろくな捜査もせず、したがって法廷に出された証拠もわずか。遺族側も内心、「多分この人たちは犯行に関わっているんだろう」と思っていたが、陪審員としては有罪とするほどの根拠は見出せないという結論になった。

 疑わしきは罰せず。いったん起訴されたら98パーセントが有罪になってしまう日本からすれば、ロシア陪審制には美しい価値観が残っているようだ。

 そして、容疑者たちが無罪になったということは、事件があった事実は消せない以上、誰かしら新たに犯人を捕まえて裁判にかけなくては、国際社会が納得しないことを意味するので、実は遺族側にとって悪い話ではない。トカゲの尻尾切りではなく、真犯人や、それを指示した上位の人間に捜査が及ばなければ、何の意味もないからだ。

 というわけで、4人の容疑者の無罪と、アンナの遺族の真実追求の意志は矛盾しないことになる。わかっていただけたろうか。

 そういう視点に立ってみると、今回の最高裁の「無罪取り消し」は、これまた問題だ。はっきり言ってプーチン・メドヴェージェフ政権側は、捜査が政権内部に及ばないよう、事件の責任をこの4人の下っ端グループに押し付けることで事件の幕引きをはかろうとしている。

 容疑者弁護士は、「政権のかなり上部が、この決定に関与している」と見抜いた。しかも最高裁は、軍事裁判所に差し戻すにあたって、「再審の場では陪審はしないこと」と注文までつけている。・・・逆に言うとロシア陪審制は正常に機能しているので、このままでは非常識な決定が通せないのだ。

 それにしても、政府というものの権力はすごい。

 このままだと、また4人をめぐって裁判をして、無罪判決が出たら検察が上告して下級審への差し戻しを繰り返すだろうし、有罪判決が出たら出たで『女性記者殺害犯、有罪が確定』などというニュースが世界中をかけめぐる。ことの本質は何も明らかになっていないのに、ほとんどの人は騙されてしまうだろう。

 あるいは、ロシア政府と取り引きがある人などは、進んで騙されたり、「事件は決着した」と触れて回るかもしれない。「権力に対する人間の闘いは、忘却に対する記憶の闘いだ」という言葉を、また思い出す。

 ひとつだけわかったことがある。アンナ・ポリトコフスカヤ事件の真相を、絶対に明らかにしないと決意している勢力がある。それがロシア政府だ。犯行に使われたのは、ロシア政府の治安機関が押収していた拳銃で、それがなぜか持ち出されて彼女を殺すのに使われたということがわかっている(!!)。

ロシア記者殺害の拳銃、治安機関が以前に押収(2/8 共同)

 アンナを殺させたのはロシア政府なのだ。そして今、絶対にそれが露見しないように、不毛な裁判を続けさせようとしている。どうして強大な権力が、こんなふうに守りに回らなくてはいけないのか?

 それは、アンナの息子イリヤをはじめとする遺族が、真実をあきらめていないからだ。世界中にいる、私たちと同じように裁判を注視する人々が、一挙手一投足を見逃さないつもりでいることも、助けになっているかもしれない。

 それに、いくら秘密を守ろうとしたって、漏れるときには漏れる。今後の動きに、ぜひご注目を。

 

ポリトコフスカヤ殺害グループ、無罪取り消しに(6/26モスクワタイムズ)

遺族、真剣な捜査を呼びかける (Gurdian 6/25)

---------------------------------------------------------------------

イングーシ大統領殺害未遂事件と緊迫する現地の情勢

 チェチェンでの戦争が沈静化してきたと思ったら、それはチェチェン以外の地域に広がっているだけの、もぐら叩き状態だった。

 6月22日、チェチェンの隣のイングーシ共和国で、ロシア政府に任命されたエルクロフ大統領県知事のようなもの)が、自動車で移動しているときに自爆攻撃の車に突っ込まれ、大変な重傷を追った。すぐモスクワに運ばれ、集中治療室に入っている。政府発表では「かなりの重傷だが容体は安定している」らしい。

 このところ、イングーシでは地下の抵抗勢力によって次々と要人が暗殺されていた。殺害されていたのは政府の人間だけではもちろんない。去年の夏には、反体制派のウェブサイト主宰者、マゴメッド・エブロエフが白昼堂々、治安機関の人間に路上で射殺された

 他にも、軍や行政当局が関与していると見られる強制失踪や拷問の痕跡が、あちらこちらに現れている。まるでチェチェンである。

 そんな中、要人の暗殺がエスカレートし、今回の自爆攻撃になった。イングーシは臨界状態に近づいている。ダゲスタンも同じような状態らしい。

 

 イングーシの野党勢力を代表するマゴメッド・ハジバエフ氏は、人民決起大会の準備を進めており、ここ数日の間にも開かれるかもしれない。

 そして、事態が緊迫してくると必ず登場するのが、2002年まで大統領を努めた、ルスラン・アウシェフだ。チェチェン戦争に反対し、わずか20万人の国に5万人とも10万人とも言われるチェチェンの難民を引き受け、最後にはプーチンに辞任させられた。しかしその後、ベスラン学校占拠事件の際には果敢にゲリラと交渉し、何人もの子どもたちを実際に助け出したアウシェフが。

 肝心なときに、必ず言うべきことを言うアウシェフは、エフクロフ殺害未遂事件の2日後の24日、ラジオのインタビューで「臨時大統領を引き受ける用意がある」と答え、ハジバエフをはじめとするイングーシ反体制派も、それを支援するつもりでいるようだ。イングーシの混乱を抑えられる人物は事実上、彼しかいないだろう。

 ところがロシア政府としては、目の上のたんこぶのようなアウシェフではなく、悪名高いチェチェンのカディロフ大統領こそ、北コーカサスの治安のために使いたいと思っている。

 そういうわけでカディロフはイングーシ入りし、メドヴェージェフ大統領から、「イングーシの反乱に対処せよ」という指示を受け取っていることを明らかにした。「大統領は、こちらの活動を活発化させろと言っている・・・イングーシも含めてだ。俺が直接指揮したっていい。すぐにいい結果が出せるだろう」と。

 そんなわけないだろう。

 2008年6月、イングーシ人たちの署名活動で、8万人もの人々がアウシェフの大統領への再登板を求めた。アウシェフとカディロフ、どちらをイングーシ人が求めているかは一目瞭然なのだが、カディロフが連邦政府をバックにしている以上、予断を許さない。

 そもそも、どうしてイングーシが今のような混乱に陥ったのか。各人権団体が膨大な報告を出しているとおり、イングーシは対テロ作戦地域に指定され、ロシア軍部隊が増派され、住民の強制失踪が続いていた。その上高い失業率官僚の腐敗。若者たちは地下の抵抗勢力に参加し、イスラム急進派に吸収されていく。

 つまり、チェチェンの繰り返しだ。チェチェンではカディロフ自身が問題を作り出しているのだから、彼がイングーシの治安に乗り出すと言ったって、良くなる見通しはない。表面的に沈静化して、さらに広範囲に戦争が拡大するのが落ちだ。

 ロシア政府がやっている「チェチェン化」という政策は、チェチェン戦争をチェチェン人同士の内戦に変えることだった。そして、今はこの言葉に、新しい意味が加わろうとしている。「北コーカサスチェチェン化」である。

イングーシの状況についてのQ&A (6/22 Gurdian)

イングーシで大統領に自爆テロ(6/22 産経)

露「火薬庫」北カフカス 不安定化に拍車も 要人暗殺続発 (6/23 産経)

エフクロフ殺害容疑者を警察が殺害(6/26 Moscow Times)

イングーシの反体制派、人民大会の開催を準備(6/26 ラジオ・リバティー)

イングーシ大統領は重傷、しかし病状は安定(6/24 Moscow Times)

アウシェフ「臨時大統領に就任する用意がある」(6/24 ラジオ・リバティー)


---------------------------------------------------------------------

朝鮮民主主義人民共和国核実験にあたっての声明(ハンクネット)

 何号か前のチェチェンニュースで、北朝鮮核実験についての日本国内での報道が変だと書いた( http://d.hatena.ne.jp/chechen/20090529/1243604424 )。

 イスラエル核武装について疑問を差し挟まないのに、北朝鮮核実験をしたら一斉にバッシング、自民党から共産党まで抗議声明というのは、やっぱりおかしいと思う。

 長年、北朝鮮子どもたちのために粉ミルクを送るという形で支援を続けているハンクネットからの声明文が届いた。もっともな内容だと思うので、ぜひご一読ください。

朝鮮人道支援ネットワーク・ジャパン(ハンクネット)

朝鮮民主主義人民共和国の核実験にあたっての声明


---------------------------------------------------------------------

イベント情報

--------------------------------------------------------------------

7/4 御茶ノ水:「終焉に向かう原子力」(第8回)

原発・反再処理工場 7.4講演と映画の集い

ビデオ「なぜ警告を続けるのか」と、映画「六ヶ所村ラプソディー」上映。

京大原子炉実験所の小出裕章さんの講演「六ヶ所が映す不公正な世界」も。

地球温暖化によって、ふたたび原発政策が勢いづこうとしている。

http://d.hatena.ne.jp/ootomi/20090427


--------------------------------------------------------------------

7/5 四ツ谷:2009年世界難民の日 東京集会

2008年、1,599人の難民申請者が日本に庇護を求めたが、

難民認定された人はわずか57名。「難民鎖国」は続いている。

「存在しない人」としてこの日本でひっそりと暮らす彼らは、

この不況の中、苦しい生活を強いられている。

そんな彼らの声を少しでも広め、一緒に考えていきたい。

http://www.labornetjp.org/labornet/EventItem/1244593925882staff01


--------------------------------------------------------------------

7/25 文京:ブルース・ギャグノン・スピーキングツアー

      「夜空を眺め、宇宙と地上の平和を考える夏」

元米空軍パイロットにして、核と宇宙戦争に徹底して反対する活動家

ギャグノンさんとともに、宇宙の軍事利用と北東アジアの平和の課題を

考えよう。カンパもぜひお願いします。

郵便振替00120-8-567940 「スピーキングツアー実行委員会

http://d.hatena.ne.jp/chechen/20090622/1245685605


--------------------------------------------------------------------

7/25 神保町:死刑異議あり! キャンペーン1周年記念イベント

昨年10月、福岡拘置所久間三千年さんの死刑が執行された。

足利事件同様、公判では一貫して無実を主張し、物的証拠もなかった。

人が人を裁き、冤罪の可能性をなくせない以上、死刑を廃止しなくては。

http://www.abolish-dp.jca.apc.org/content/event09061597


--------------------------------------------------------------------

10/3 明治公園:NO NUKES FESTA 2009 -放射能を出さないエネルギーへ-

エネルギー政策の転換に向けて、全国から集まろう!

http://www.nonukesfesta2009.com/


======================================================================

映画・写真展・連続講座

--------------------------------------------------------------------

5/28-6/30 サハリン:新高麗新聞創刊60周年記念 片山通夫写真展

在留韓国人・朝鮮人を追って60年ーー

サハリン州唯一のハングル紙の日本語電子版を手がける

片山通夫氏の写真展。日本での写真展も今後予定。

http://www.609studio.com/2009sakhalinphotoEx.htm


--------------------------------------------------------------------

『沈黙を破る』

考えるのをやめたとき、僕は怪物になったーー

2002年、イスラエル軍ヨルダン川西岸に侵攻。

その頃、「祖国への裏切り」と非難されながらも、

みずからの加害行為を告白する、若いイスラエル兵士たちがいた。

土井敏邦氏が13年間にわたって撮りつづけたシリーズ第四作。

http://www.cine.co.jp/chinmoku/


--------------------------------------------------------------------

MediR講座

『制作者との対話〜TVドキュメンタリーを通して社会を考える』

5/10-8/9 高田馬場

優れたドキュメンター番組を見、

制作者との討論を通してメディアリテラシーの養成をめざす。

http://medir.jp/2009first_08


--------------------------------------------------------------------

チェチェンへ アレクサンドラの旅』

孫へのまなざし 平和への祈り ロシアの見たチェチェン

http://www.chechen.jp/


--------------------------------------------------------------------

 『ビリン・闘いの村』

パレスチナ暫定自治区ヨルダン川西岸のビリン村。

若者たちは非暴力の闘いに立ち上がった。

http://www.hamsafilms.com/bilin/

======================================================================

  チェチェンニュースは、ロシア南部で続くチェチェン戦争に反対し、

  平和的解決を求める立場から発行している無料のメルマガです。

  ぜひ、発行継続のためのカンパをおねがいします。いくらでも結構です。

  〈郵便振替口座番号 00130-8-742287 チェチェンニュース編集室〉

  〈ゆうちょ銀行 019店 当座 0742287 チェチェンニュースヘンシュウシツ〉

  転送・転載・引用歓迎です。印刷物への転載の際は事前にご相談ください。

  新規購読はこちらから: http://chechennews.org/chn/sub.htm

  購読を停止したい方は、このメールにコメントなしでご返信ください。

  よろしければ、ご意見、ご感想や情報をお寄せください。

editor@chechennews.org

  発行部数:1432部 発行人:大富

http://chechennews.org/ [チェチェン総合情報]

http://d.hatena.ne.jp/chechen/ [チェチェン総合情報 Annex]

PGP公開鍵:

http://chechennews.org/dl/editor@chechennews.org.asc

======================================================================

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chechen/20090628/1246122025