Hatena::ブログ(Diary)

チェチェン総合情報 Annex このページをアンテナに追加 RSSフィード

チェチェン総合情報の本サイトは http://chechennews.org/ です。

 | 

2011-02-08

#361 モスクワ空港爆破・ウマーロフの犯行声明の謎

f:id:chechen:20110209121647j:image

 モスクワの事件について、チェチェン独立派・コーカサス首長国ののウマーロフ首長から、犯行声明ビデオが出た。それをめぐって、いくつか疑問が浮かんだので、整理してみたい。


 ・なぜプーチンは、この事件に「チェチェンは関係ない」と言い放ったのか。

 ・なぜ捜査当局とプーチンは「事件は解決した」としつこく発表したのか。

 ・なぜウマーロフは、声明を2度に分けたのか。


 とりあえず、疑問はこの3つだ。時系列を見てみよう。

  • 1月29日 ロシア捜査当局は、実行犯が北カフカス地域出身の20歳の男と特定、「事件は解明された」と発表した。ロシア政府は、男の似顔絵を公開した。(画像)この男の写真or似顔絵が手に入らない。どこかにないですか? http://tinyurl.com/4ztb6dn
  • 2月4日 カフカスセンター経由で、ある声明文が出された。ドッカ・ウマーロフが指揮下の部隊を訪問し、そこで、「今年はロシアにとって、血と涙の一年になる」と、各地での自爆攻撃を予告するビデオ。 http://tinyurl.com/4ja68xp このビデオの中で、ウマーロフの側にいた若者が、ロシア当局が1月29日に発表した、モスクワ空港爆破事件の犯人と酷似しているという。ウマーロフが、実際に自分が関与したことをアピールするには、いい道具立てだとは思う。

 カフカスセンターの英語版では次のように紹介されている。

 「声明の中でウスマン首長は、モスクワでの攻撃は自分自身が命令したものだと明言している。また、こうした作戦を、今後も断固として継続するという。ウスマン首長は、現在の闘争の性格について、こう語っている。コーカサスムスリムは、アッラーの名のもとに、イスラム信仰と人々の尊厳、コーカサスムスリムの土地の解放、そして、法と正義の確立のために、ロシア占領軍に対して戦うのだと」


 こう整理してみると、最初に挙げた3つの疑問は、なかなか味なものがある。

 あくまで推測だが、この事件には、チェチェン独立派の一部と、ロシア当局の間の何らかの連携または、連携の失敗が感じられる。プーチンは最初、情報機関から間違った情報を受け取った。または、プーチンにとって、この事件はチェチェンの仕業であってはならなかった。

 だから、プーチンが影響力を持っている武力省庁(シラビキ)に対して、「お前ら、北コーカサスくらいは言ってもいいけど、チェチェンには関係ないって言え。捜査は幕引きだ」という意味のことを言った。目的はわからないが。

 シラビキはそのとおりにした。ところがメドベージェフには怒られた。

 それから数日たって、ウマーロフが、今回の件に関係するような、しないような、微妙な声明を出した(4日)。しかしそこに映っていた人物は、ロシア当局が出した顔写真だか、似顔絵だかにそっくり、らしい。

 そうなると、プーチンの分が悪い。

 さらに7日になって、今度は本格的に、ウマーロフが24日の空港爆破事件に犯行声明を出した。明らかに、4日の声明からエスカレートした内容だ。

 4日の控えめな(?)声明は、誰に向けられていたのだろうか。

 何にせよ、4日の内容は犯行声明としてのインパクトを欠くものだった。そもそも、犯行声明というのは、事件直後に出されてこそインパクトがある。それなのに、事件からすでに半月が過ぎていること自体、不可解だ。

 ウマーロフとロシア政府の誰かさんとの間で、何かの謀議がまとまらず、ウマーロフは保険のために撮っておいたビデオを公開することにした。それが、7日のビデオだ。

 まったく逆に、事件を「解決済み」にしたいヒトたちが、ウマーロフにビデオの公開を依頼したという可能性もある。にしても、仲の良いことである。

 わからないことばかりだが、プーチンが梯子を外されたことだけは、間違いないだろう。

 首相閣下の弁明が聞きたい。

 (大富亮)

※なお、似顔絵が全然似てなかった場合は、この推理は取り下げます。

追記:コムソモールスカヤ・プラウダのサイトに、似顔絵とビデオを比較する画像とビデオがあった。教えてくれたFさんに感謝します。

Террорист, взорвавший «Домодедово», засветился в ролике с Доку Умаровым

http://www.tver.kp.ru/daily/25633.5/799333

素材を一つだけ借用:


────────────────────────────────────

 ■イベント情報

────────────────────────────────────

★ 2/11-16 川崎,京都:アルカサバ・シアター公演

      『アライブ・フロムパレスチナ ─占領下の物語』

http://kawasaki-ac.jp/theater-archive/110211/

────────────────────────────────────

★ 2/12 早稲田:wam de ART 「韓国現代美術と女性、政治」

http://www.wam-peace.org/jp/modules/topics/details.php?bid=46

────────────────────────────────────

★ 2/14 文京:アジア記者クラブ

  チュニジア革命からエジプト革命へこのグローバルな動きをどう見るのか

http://apc.cup.com/

────────────────────────────────────

★ 2/19 地名:宇田有三さん緊急報告会「ビルマの今そして、これから」

http://pfb-japan.org/?p=717

────────────────────────────────────

★ 3/19 代々木:武力で平和はつくれない WORLD PEACE NOW 3.19

http://worldpeacenow.jp/

────────────────────────────────────

■映画・連続講座

────────────────────────────────────

★ 『ビルマVJ 消された革命』

  僧侶は、そしてビルマ市民たちはどう立ち上がったのか。

  VJ(ビデオ・ジャーナリスト)たちが死を賭して伝えた未完の革命

http://www.burmavj.jp/

────────────────────────────────────

★ 『アメリカ帰還兵(IVAW)イラクに誓う』

  許しを請うのではなく──

  イラク帰還兵士が、自らの意志で再びイラクを訪れ、誓った。

  この戦争と占領を終わらせるために、

  イラクや世界の人々とともに歩みつづける。

http://www.peacetv.jp/movie.html

────────────────────────────────────

★『沈黙を破る』

考えるのをやめたとき、僕は怪物になったーー

祖国への裏切り」と非難されながらも加害行為を告白する、

若いイスラエル兵士たちがいた。

http://www.cine.co.jp/chinmoku/

────────────────────────────────────

★『ビリン・闘いの村』

  パレスチナ暫定自治区ヨルダン川西岸のビリン村。

  若者たちは非暴力の闘いに立ち上がった。

http://www.hamsafilms.com/bilin/


====================================

  チェチェンニュースは、ロシア南部で続くチェチェン戦争に反対し、

  平和的解決を求める立場から発行している無料のメルマガです。

  ぜひ、発行継続のためのカンパをおねがいします。いくらでも結構です。

  〈郵便振替口座番号 00130-8-742287 チェチェンニュース編集室〉

  〈ゆうちょ銀行 019店 当座 0742287 チェチェンニュースヘンシュウシツ〉

  転送・転載・引用歓迎です。印刷物への転載の際は事前にご相談ください。

  新規購読/購読停止はこちらから: http://chechennews.org/chn/sub.htm

  よろしければ、ご意見、ご感想や情報をお寄せください。

editor@chechennews.org

  発行部数:1390部 発行人:大富

http://chechennews.org/ [チェチェン総合情報]

http://d.hatena.ne.jp/chechen/ [チェチェン総合情報 Annex]

====================================

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chechen/20110208/1297184486
 | 
Connection: close