Hatena::ブログ(Diary)

チェチェン総合情報 Annex このページをアンテナに追加 RSSフィード

チェチェン総合情報の本サイトは http://chechennews.org/ です。

2011-03-05

旅人は見た−チェチェン戦争の歴史とふつうのひとびとの暮らし−

f:id:chechen:20110306174750p:image

PDFファイル(1.4MB)

2011年4月27日(水)〜5月1日(日)
開館時間:12時〜19時(最終日は17時)
ブックギャラリーポポタム(地図)東京都豊島区西池袋2-15-17) 入場無料

ごあいさつ

 コーカサス地方の小さな国、チェチェン共和国は、ロシア軍による16年間にわたる爆撃や殺戮で、人口100万人のうち20万人を失いました。現在もヨーロッパでは数万人のチェチェン難民亡命生活をしています。

 今、チェチェンは親ロシア派の傀儡政権による、人権侵害が繰り返されており、山岳地帯ではゲリラ戦も続いています。ロシアで「テロ事件」が起こるたびに、容疑者としてチェチェン人の名前が挙げられるなど、事態は好転のきざしを見せていません。

 チェチェン共和国ってどこ? チェチェン人とは? なぜロシアと戦うの? 「テロ事件」の背景には何があるの? しかし、これらのことは、新聞やテレビではなかなかうかがい知ることができません。

 2010年の春から夏にかけて、チェチェン首都グローズヌィや、難民が住むグルジアのパンキシ渓谷に行ってきた人が、たくさんの写真を見せてくれました。

 写真には、女性や子ども、お年寄り、家でくつろぐお父さん、井戸を掘る人、家を建てる人など、ふつうに生きているチェチェンの人々が写し出されています。

 多くの方々に、現在のチェチェンと、そこで生きるひとびとの暮らしを知っていただきたいと思い、今回のイベントを企画いたしました。また、日本人ジャーナリストが撮影した、歴史的瞬間といえる写真も展示します。沢山のご来場をお待ちしております。(チェチェン連絡会議)

関連イベント(予約制)

4月29日(金・祝日)

ドキュメンタリーフィルム上映
「アルディ−時効はない(2009.02)」他一編

1回目:13時〜/2回目:16時〜(上映時間45分)

上映後、作家 姜信子さんによるトーク有り

参加費:1000円

5月1日(日)

チェチェングルジア料理を食べてみよう!」

15時〜17時

参加費:1000円

Rock band ムーズィカ・キオスクLIVEも有り

※お食事されない方も無料で聴いていただけます。

ドキュメンタリー・フィルム「アルディ─時効はない」

(2009.02 ロシア人権擁護センター「メモリアル」制作 32分)

2000年2月5日、グローズヌィ市のノーヴィエ・アルディ村でロシア連邦軍によって、約70名の村民が殺された。この事件は、1999年に始まった第二次チェチェン戦争を象徴する出来事とされている。

 住民たちはこの事件をヨーロッパ人権裁判所(ロシアも加盟するヨーロッパ人権条約に基づく国際裁判所)に訴え、2007年、ロシア政府は敗訴。同裁判所は、ロシア政府が被害者側に約15万ユーロ(1500万円程度)を支払うよう命じた。

 この状況の調査を最初にした1人が、有名なチェチェン人権活動家で、「メモリアル」のメンバーでもあったナタリア・エステミーロワだったが、彼女は2009年の7月にグローズヌィで誘拐され、イングーシ共和国で死体で発見された。

 映画は2000年2月9日にノーヴィエ・アルディ村の住民によって撮影された記録ビデオと、2009年1月から2月にかけて「メモリアル」のメンバーが、事件の目撃者に聞いたインタビューから構成されている。

主催・イベント申し込み先 チェチェン連絡会議 clc@chechennews.org
080-3443-8372

ブックギャラリーポポタム 03-5952-0114(12時〜19時) ※毎週日曜・月曜、4/5〜9は休み

f:id:chechen:20110305224632p:image

丸本丸本 2011/04/15 02:28 現在、“いまそこにある危機”としてメディアの多くは「東日本大震災・原発問題」を主軸に報道体制を敷いていると云っても過言ではないでしょう。 実際、このような大惨事がここ日本で起こってしまった以上、それは報道する側の使命であることには変わりありません。 しかし、震災関連報道の為に国際面が大きく削られてしまっていることも事実です。中東革命やリビア情勢もわれわれは注視しなくてはいけませんし、アフガン問題も大切です。そんな中、こと『チェチェン』に関しては震災以前からも中東革命以前からもメディアからその存在さえほぼ“黙殺”されつづけてきました。実際によほどスキャンダル性がないかぎりコーカサスでの出来事は既に遠い過去の問題として「報道バリュー(価値)」がない、と判断されてしまっています。 しかし、今この瞬間もコーカサス回廊で起こっている非人道的な行為はエスカレートの一途を辿っています。

日本人はいまだからこそ震災や原発事故の「被害者」として、同じ「被害者」の立場や視点で、かれらコーカサスの人々が置かれている現状をほんの少しでも理解できるのではないでしょうか。

chechenchechen 2011/04/25 23:02 その通りだと思います。実際に、戦争を体験していない世代にとって、今までチェチェン人が舐めてきた辛酸を理解することは難しいことでしたが、今回の震災・原発事故によってチェチェンをより身近に感じるようになり、チェチェン人の側からも日本のことを心配してもらっています。A.M

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chechen/20110305/1299333218