Hatena::ブログ(Diary)

餞驟窟誌

2017-10-21

【こよみ 平成29年10月21日(土)旧暦九月二日(仏滅)大潮 寒露 】 51候 蟋蟀在戸 寒露末候 大師縁日 国際反戦デー あかりの日 同窓会の日 スウィーテスト・デー 直哉忌

2017.10.21(土) 七十二候 寒露末候 51候 蟋蟀在戸 蟋蟀 戸に在り
きりぎりすが戸にあって鳴く 10月18日(水)〜10月22日(日)

国際反戦デー
1967年のこの日、世界各地でアメリカベトナム戦争介入に反対する集会が開かれたことから、ベトナム戦争反対の国際統一行動日となった。ベトナム戦争終結後は世界平和実現のための行動日となった。

大師縁日
弘法大師の忌日。真言宗の縁日となっている(毎月21日)

あかりの日
日本電気協会日本電球工業会等が1981(昭和56)年に制定。 1879(明治12)年、エジソンが日本・京都産の竹を使って白熱電球を完成させました。 あかりのありがたみを認識する日。

スウィーテスト・デー
(10月第3土曜日) 親切に対して感謝と言葉とキャンディーを贈る日。

同窓会の日
懐かしい再会と感動の場である同窓会により多くの人々に参加してもらおうと、Web同窓会「この指とまれ!」などを運営する「株式会社ゆびとま」(当時)が制定。日付は連休になる確率の高いことから毎月第3土曜日とした。

[諸外国の記念日]
軍隊の日

(ホンジュラス)

[著名人の誕生日・命日]
直哉忌

小説家志賀直哉の1971(昭和46)年の忌日。

マゼラン海峡発見(1520)
伊能忠敬、全国地図の作成開始(1800)
▲米総領事ハリス、徳川13代将軍家定に謁見(1857)
発明王エジソン日本産の竹を焼いて作った炭素を用いた白熱電球を完成(1879)
東京専門学校(早稲田大学の前身)開校式(1882)
野球の第1回早慶戦開催(1903)
国家公務員法公布(1947)
朝永振一郎ノーベル物理学賞決定(1965)
銀座ウーマンリブ旗揚げ(1970)
志賀直哉没(1971)
巨人長嶋監督が辞任(1980)

誕生:徳川吉宗(江戸幕府8代将軍1684) A・ノーベル(化学者1833)
   江戸川乱歩(作家1894) 岡義武(1902) 白川由美(女優1936)
   五月みどり(女優1939) 蛭子能収(漫画家・タレント1947) 
   大場政夫(1949) 上田照夫(1952) 永島敏行(俳優1956) 
   キャリー・フイッシャー(1956) 渡辺みなみ(キャスター1957) 
   渡辺謙(俳優1959) アルシンド(サッカー選手1967)

誕生花:あざみ (Thistle)     花言葉:独立


季語刻々 <坪内稔典>  晩秋 2017.10.21(土) 寒露


茸包む「秋田魁新報」紙

 
毎日新聞 2017年10月21日 東京朝刊


 ◆今


   茸(たけ)包む「秋田魁(さきがけ)新報」紙 浅井民子
    

解題



 時々、地方紙に包まれた荷物が届く。農産物や海産物など。届いた土地の産物はとてもうれしいが、包んでいる地方紙についつい読みふけることもある。今日の句、その気分を具体的に表現している。作者は1945年生まれ、東京都国立市俳句雑誌「帆(はん)」を主宰している。「丈(たけ)高きグラス磨くも秋思かな」も句集「四重奏」の秀句。<坪内稔典

語釈・晦渋語 &出典

作者は1945年生まれ、東京都国立市俳句雑誌「帆(はん)」を主宰している。「丈(たけ)高きグラス磨くも秋思かな」も句集「四重奏」の秀句。<坪内稔典
 
鑑賞

 時々、地方紙に包まれた荷物が届く。農産物や海産物など。届いた土地の産物はとてもうれしいが、包んでいる地方紙についつい読みふけることもある。今日の句、その気分を具体的に表現している。

俳人

浅井民子


結社誌名 帆 ( はん ) 主宰/代表 浅井民子
師  系 松本陽平 地  域 関東 / 東京都
住  所 〒186‐0002 東京都国立市東4-16-17 Tel/042‐577‐0311 Fax/042‐577‐0311
ホームページ ---
メッセージ 平成2年、関口恭代が東京で創刊


================================================================
===============================================================
=========晩秋 2017.10.21(土) 寒露 (近頃の世情)) ==========
===============================================================
================================================================

土記 重力波と光の共演=青野由利
毎日新聞2017年10月21日 東京朝刊
 <do−ki>

 驚きの「大義なき解散」から3週間余り。有効な1票をどう投じるか。この先を考えると頭が痛い。

 そんな声が私の周囲には満ちているが、今回は混乱の地上から目を転じ、天文学の世界を興奮の渦に巻き込んだ「中性子星の合体による重力波の初観測」について。「浮世離れ」と言うなかれ。これが「世紀の観測」であることは間違いなさそうなのだ。

 発端は8月17日。「中性子星合体とおぼしき重力波を検出」との緊急メールが世界の天文学者の間を駆け巡った。

 中性子星は星が一生を終えた後に残る「死んだ星」。コンパクトで超高密度が特徴で、「山手線の内側に太陽を押し込めた」とも例えられる。

 その合体は「重力波で観測できる」と常々言われてきた。研究者たちが「やっぱりきたか!」と色めき立ったのは当然だろう。

 重要なのはその後だ。メールを受け取った直後から、世界中の天文台衛星が一斉に観測に乗り出した。ハワイにある日本のすばる望遠鏡も含め参加したのは70施設。

 これが、過去4回のブラックホール合体の重力波検出と決定的に異なる点だ。

 ブラックホールは光を出さず普通の観測はできない。一方、中性子星合体は、ガンマ線、エックス線、可視光赤外線電波などの光(電磁波)を伴い、従来の望遠鏡でも観測可能と考えられてきた。

 そして、現実にそうなった。電磁波の観測は、中性子星の位置を特定し、合体の様子をさまざまな波長の光で追跡することに成功した。

 「今回はみんなでやった!」。米ワシントン記者会見で米重力波チームの代表、デービッド・ライツィーさんが強調したのもそのためだ。

 続いてポケットから取り出した「曽祖父の金時計」は、成果の象徴だった。宇宙の始まりに金や白金のような重元素は存在しない。どうやってできたのか。「中性子星合体」が有力仮説だった。

 今回、日本の観測網も貢献し、重元素ができる理論と観測がよく合っていることを確かめた。「この金時計の金も大昔の中性子星合体でできたに違いない」。そんなことが言えるのも重力波電磁波のコラボ観測ならではだ。

 今回の現象は1億3000万光年のかなたで起きた。言い換えると1億3000万年前に発した重力波や光が今、地球に届いたことになる。

 そんなことを考えると、近視眼的な地上の政治にうんざり? いや、この宇宙に奇跡的に生まれた人類の未来も思い、1票を。(専門編集委員

====================================

経済観測 我が国も今こそ屋根の修理を=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出
毎日新聞 2017年10月21日 東京朝刊

 「太陽が出ている間に屋根は修理しなければならない」。ケネディ米大統領は1962年の議会演説でそう述べた。

 今月上旬、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、同大統領ゆかりのハーバード大学ケネディ行政大学院での講演でこの言葉を引用した。「今こそ屋根を修理すべき時だ」と彼女は世界のリーダーに語りかけていた。

 現在、世界経済には温かい日差しが降り注いでいる。IMFの世界経済見通しも今月若干だが上方修正された。最近の日本経済が比較的好調なのも、最大の要因は海外経済の好調さにある。

 しかし、こういう時だからこそ、「屋根の修理」(構造改革)が必要だという。「この良好な景気回復を無駄にしてはいけない」。雨が降り始めたら、長期的な経済成長のための痛みを伴う改革はできなくなってしまうからだ。

 会合に同席していた世界銀行のキム総裁も「先進国は先行きの景気後退に備えるために、今こそ本気で改革を考えるべきだ」と述べていた。

 彼らが訴えたかったポイントは、経済には「循環」があり、今が「晴れ」でも必ず「雨」がやって来るという点にある。日差しの心地よさに安住せず、高齢化に伴って機能しなくなる社会保障制度や、対GDP比で大きすぎる政府債務等々に、今のうちに対処することが必要だという。

 しかし我が国衆院選挙に向けた与野党議論を聞いていると、「今こそ屋根を修理すべきだ」といった姿勢はほとんど見られない。ラガルド氏は「10年後に振り返ってみれば、どの国がこの瞬間をチャンスとして生かせたかがわかるだろう」と“予言”していた。

 今のままでは日本は「チャンスを生かせなかった国」の方に入ってしまうのではないかと懸念される。

====================================

憂楽帳 白票の声
毎日新聞 2017年10月21日 大阪夕刊 【石原聖】

 引っ越して半年が過ぎ、衆院選の投票所整理券が届いた。転入先の自治体で住民票をつくり、3カ月以上過ぎないと選挙人名簿に登録されない。だから選挙権があっても、投票できないことが転勤族にはままある。ただ、4年ほど北京に住んでいたので、整理券を見ること自体が久しぶり。なんだか新鮮だ。

 ちょうど中国でも共産党大会が始まり、習近平指導部の2期目の顔ぶれが決まる。国情の違いを考慮しても、そこに一般人の意思を反映させるすべはない。やっぱり投票で政治にモノ申せるって良いと実感し、誰に投票しようか、どの党に入れようか、と考えていたら、私の住む兵庫8区は前回選で、無効投票率が1割を超えたと同僚から教えられた。

 調べると、無効票は1万8081票。うち、立候補者名を書かない白票が1万1016票。政党名を記す比例代表でも2453票が白票だった。これだけ多くの人が投票所まで行き、支持「なし」の意思表示をした、ともいえる。

 この声は国政に反映されない。だが、公費を使って信を問う以上、政治はすくい上げる必要があると思う。【石原聖】

================================================================

2017-10-20

【こよみ 平成29年10月20日(金)旧暦九月朔日(先負)大潮 寒露 】 51候 蟋蟀在戸 寒露末候 秋土用入 新月 皇后誕生日(満83歳)新聞広告の日 ソフト化の日 リサイクルの日 頭髪の日 吉田茂没

2017.10.20(金) 七十二候 寒露末候 51候 蟋蟀在戸 蟋蟀 戸に在り
きりぎりすが戸にあって鳴く 10月18日(水)〜10月22日(日)

二十四節気雑節
土用

雑節の一つ。この日から次の立冬の直前までが「土用」の期間。立冬の前十八日

新月
朔。月と太陽の黄経差が0°となる日。旧暦ではこの日が暦月の朔日となる。

ソフト化の日
ソフト化経済センターが1989年(平成元年)に制定。柔らかな発想で、これまでと違ったことをやってみるというソフト化を広く呼びかけるために制定。「ソ(十)フ(2)ト(十)」の語呂合わせ。

リサイクルの日
1990年平成2年)に日本リサイクルネットワーク会議と地域交流センターが「10」「20」を「ひとまわり」「ふたまわり」とかけて制定。
新聞広告の日
情報源としての役割を知ってもらおうと、日本新聞協会が新聞週間中の区切りの良い日として選び、1958年昭和33年)から実施。

頭髪の日
日本毛髪科学協会が「10」「20」を「頭(トウ)」「髪(ハツ)」とかけて制定。毎月18日も頭髪の日。

[諸外国の記念日]
ケニヤッタ記念日

(ケニア)

英雄の日
(ジャマイカ)

革命記念日
(グアテマラ)

[著名人の誕生日・命日]
吉田茂

1967年死去。第45,第48-51代内閣総理大臣を務め、ワンマン宰相と呼ばれた。10/31 閣議決定により国葬が行われた。

富士川の合戦で、源頼朝平家軍に大勝(1180)
鎌倉幕府問注所裁判所)を設置(1184)
文永の役(1274)
二宮尊徳、没。70歳(1856)
▲日本初の新聞と言われる海外新聞発行(1864)
メートル法条約に加入(1885)
明治政府元老院廃止(1890)
日比谷公会堂開場(1929)
▲「きけ、わだつみのこえ」刊行(1949)
日生劇場開場(1963)
吉田茂元首相、没。89歳(1967)
北海道愛国駅で幸福行きの乗車券発売が300万枚を突破(1974)

誕生:アルチュール・ランボー(詩人1854) 坂口安吾(作家1906)
   石津謙介(デザイナー1920) 美智子皇后陛下(1934) 眉村卓(作家1934)
   武邦彦(1938) 中島常幸(ゴルファー1954) 山口智子(女優1964)
   KATSUMI(1965) 吉沢秋絵(1968) 中野みゆき(1971)

誕生花:麻 (Indian Hemp)     花言葉:運命




季語刻々 <坪内稔典>  晩秋 2017.10.20(金) 寒露


吾が庭や椎の覆へる星月夜


毎日新聞 2017年10月20日 東京朝刊


 ◆昔


 吾(わ)が庭や椎(しい)の覆へる星月夜 河東碧梧桐(へきごとう)   


解題


 季語「星月夜」は、星の明るい晩、または月がなくて星だけが輝いている夜である。つまり、星明かりの夜(星影の夜)だ。今日の句、庭に椎の大木があって、その枝が庭を覆っている。だから庭は暗いが、椎の覆っているところ以外はとっても明るいのだ。そういえば、少年時代、星月夜には影踏みをした。異界にいるみたいだった。<坪内稔典


語釈・晦渋語 &出典

季語「星月夜」は、星の明るい晩、または月がなくて星だけが輝いている夜である。つまり、星明かりの夜(星影の夜)だ。 

鑑賞

今日の句、庭に椎の大木があって、その枝が庭を覆っている。だから庭は暗いが、椎の覆っているところ以外はとっても明るいのだ。そういえば、少年時代、星月夜には影踏みをした。異界にいるみたいだった。<坪内稔典


俳人

河東碧梧桐

(かわひがし へきごとう、1873年明治6年)2月26日 - 1937年昭和12年)2月1日)は、日本の俳人随筆家。本名は秉五郎(へいごろう)。
愛媛県温泉郡千船町(現・松山市千舟町)にて松山藩士で藩校明教館の教授であった河東坤(号・静渓)の五男として生まれる。少年の頃は正岡子規の友人で後に海軍中将となる秋山真之を「淳さん」と敬愛していた。
1888年明治21年)、伊予尋常中学(現在の愛媛県松山東高校)に入学1889年明治22年)、帰郷した子規に野球を教わったことがきっかけで、同級生高濱清(後の高浜虚子)を誘い子規より俳句を学ぶ。
1893年明治26年)、京都第三高等学校入学。第二高等学校(現在の東北大学)に編入の後、中退。
1902年(明治35年)に子規が没すると、新聞『日本』俳句欄の選者を子規より受け継ぐ。1905年(明治38年)頃より従来の五七五調の形にとらわれない新傾向俳句に走り始め、1906年明治39年)より1911年明治44年)にかけて新傾向俳句の宣伝のため二度の全国俳句行脚を行う。
1933年昭和8年3月25日、還暦祝賀会の席上で俳壇からの引退を表明した。1937年昭和12年)1月、腸チフスを患い、更に敗血症を併発し、2月1日、豊多摩病院で死去[1]。享年65(満64歳)。



================================================================

2017-10-19

【こよみ 平成29年10月19日(木)旧暦八月参拾日(先勝)大潮 寒露 】 51候 蟋蟀在戸 寒露末候 ブラックマンデー 日ソ国交回復の日 バーゲンの日 海外旅行の日 晩翆忌

2017.10.19(木) 七十二候 寒露末候 51候 蟋蟀在戸 蟋蟀 戸に在り
きりぎりすが戸にあって鳴く 10月18日(水)〜10月22日(日)

トークの日(毎月)

ブラックマンデー
1987(昭和62)年10月19日月曜日、ニューヨーク株式相場が大暴落しました。 ダウ30種平均の終値が先週末より508ドルも下がり、この時の下落率22.6%は、世界恐慌の引き金となった1929年の「暗黒の木曜日」を上回りました。この影響は翌日東京にも波及しました。

日ソ国交回復の日
1956年昭和31年)のこの日、日ソ両国が共同宣言を発表。議定書には鳩山一郎首相全権らとブルガーニン首相が調印。

マージャンの日

(毎月第3木曜)

バーゲンの日
1895(明治29)年、東京の大丸呉服店が冬物の大売出しを開催し、日本初のバーゲンとなりました。

海外旅行の日
「遠(10)くへ行く(19)」の語呂合せ。 海外旅行の楽しみ方等について考える日。

[著名人の誕生日・命日]
晩翆忌

詩人・英文学者の土井晩翆の1952(昭和27)年の忌日。

アメリカ独立戦争終結(1781)
ナポレオン仏軍モスクワを撤退(1812)
早稲田大学開校(1902)
魯迅、没。55歳(1936)
海軍神風特攻隊を編成(1944)
日本共産党が合法化される(1945)
▲駅名表示が左書きに統一(1945)
土井晩翠、没。81歳(1952)
▲日旧ソ連国交回復に関する共同宣言(1956)
福井謙一ノーベル化学賞受賞(1981)

誕生:山田一雄(1912) 神風正一(1921) 東恵美子(女優1924)
   円山雅也(1926) 林家喜久蔵(落語家1937), 岡田可愛(タレント1948)
   ラサール石井(タレント1955) 野村真美(女優1964) 松田洋治(俳優1967)
   
誕生花:ほうせんか(紅) (Balsam)     花言葉:私に触れないで


季語刻々 <坪内稔典>  晩秋 2017.10.19(木) 寒露


なほ融けぬ肌の違ひ星月夜 


毎日新聞 2017年10月19日 東京朝刊


 ◆今


 なほ融(と)けぬ肌(はだえ)の違ひ星月夜 若林波留美
     

解題



 作者は1937年生まれ、さいたま市に住む。若い日に私の出会った俳人の一人だ。「霜柱」(東京四季出版)から引いた今日の句は、解決しない人種差別への憤りを詠んでいる。作者の思いに共感するが、「死に変(かわ)るなら晩秋のおまんぢゆう」もいいなあ。作者はきっと饅頭(まんじゅう)が好きなのだ、湯気を立てているほかほかの饅頭が。<坪内稔典


語釈・晦渋語 &出典

 作者は1937年生まれ、さいたま市に住む。若い日に私の出会った俳人の一人だ。

鑑賞

霜柱」(東京四季出版)から引いた今日の句は、解決しない人種差別への憤りを詠んでいる。作者の思いに共感するが、「死に変(かわ)るなら晩秋のおまんぢゆう」もいいなあ。作者はきっと饅頭(まんじゅう)が好きなのだ、湯気を立てているほかほかの饅頭が。<坪内稔典

俳人

若林波留美


若林, 波留美, 1937-

畸型の天使 : 若林波留美句集
若林波留美 著 紫の会 1966

草の実 : はじめて俳句を作る人のために
若林波留美 著 若林波留美 1970

まほろば : 句集 若林波留美自選作品集
若林波留美 著 紫の会 1977

蛭子 : 若林波留美自選作品集 句集
若林波留美 著 紫の会 1986


いひなづけ : 若林波留美句集
若林波留美 著 紫の会 1997

霜柱 : 句集
若林波留美 著 東京四季出版 2017




================================================================
===============================================================
=========晩秋 2017.10.19(木) 寒露 (近頃の世情)) ==========
===============================================================
================================================================

木語 習1強を囲む虎と狼=坂東賢治
毎日新聞 2017年10月19日 東京朝刊
 <moku−go>

 5年に1度の中国共産党大会が開幕した。中国の要人執務区である中南海から会場の人民大会堂までは車も通れる地下通路で結ばれていると言われる。冷戦期には核シェルターとして周辺に巨大な地下街も建設された。地下通路の存在は公然の秘密だ。

 警備強化や交通規制で北京市民はしばらく忍耐を迫られる。渋滞が慢性化している道路はマヒ状態。地下鉄の入り口には安全検査を待つ通勤客で長蛇の列だ。だが、地下通路がなければもっと悲惨な状況になっているだろう。

 最高指導部の政治局常務委員公務員の最高等級の「国家級正職」と位置づけられ、国家元首と同等の待遇を受ける。道路を通る際もパトカーの先導付きだ。7人もの常務委員の車列が地上の道路を占拠するのはまさに悪夢だ。

 中国は国内ルールを外交にも持ち込み、外国を訪れる常務委員にも元首待遇を求めることがある。かつては習近平(しゅうきんぺい)国家主席副主席時代、天皇陛下との会見をめぐるトラブルも起きた。一方で多くの首脳級指導者を動員できるのが中国外交の強みでもある。

 その常務委員を大幅に入れ替えるのが党大会だ。過剰と思える警備態勢も中国的には当然なのだろう。人権活動家らへの監視が強まり、強制的に遠隔地への「旅行」に連れ出される人までいる。

 異論を許さず、習氏に権力を集中させて統治能力を高め、グローバル化や情報化が進む激動期を乗り切ろうというのが今の中国共産党の戦略だ。誰が次期常務委員に選ばれようと、習氏の権力強化が進むことだけは確実だ。

 江沢民(こうたくみん)、胡錦濤(こきんとう)両氏ら引退した常務委員経験者も大会を取り仕切る主席団に顔をそろえた。100歳の長老も健在だ。しかし、トップを経験した江、胡両氏の序列は現在の政治局委員の下で、影響力の低下が見てとれる。

 内政を押さえた習氏だが、思うままにならない「前門の虎、後門の狼(おおかみ)」がいる。トランプ米大統領北朝鮮金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長だ。

 米韓は党大会の会期に合わせるように合同軍事演習を実施し、北朝鮮の新たな核実験ミサイル発射実験も懸念されている。中国北朝鮮の実験と米韓演習の凍結を求めてきたが無視された形だ。

 習氏は3時間を超える報告で「中国の特色ある大国外交」の成果をうたい上げたが、周辺が騒がしいのでは成功とはいえまい。虎や狼を制する新たな戦略を打ち出せるのか。大会後のトランプ氏訪中からの外交姿勢が問われる。(専門編集委員

====================================

経済観測 社会保障の持続可能性=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇
毎日新聞 2017年10月19日 東京朝刊

 安倍晋三首相国難突破だとして踏み切った衆院選挙も後半戦になってきた。北朝鮮情勢や首相の政治姿勢について与野党の更なる論戦が大いに期待される。しかしながら同時に、社会保障の持続可能性についての議論も深めてもらいたいものだ。

 内閣府世論調査によると、国民の現在の生活への満足度は過去最高レベル(73・9%)となっているが、その人たちに悩みや不安を尋ねると、63・1%の人が「悩みや不安を感じている」と答える。そして、その内容で一番多いのは「老後の生活設計」(53・5%)だ。多くの人が社会保障は持続可能ではないと思っているのだ。

 その背景にあるのが少子高齢化と深刻な財政事情。現在のお年寄りは1人が2人に支えられているが、2050年には1人が1人に支えられることになる。しかも、現在は子供たちへのツケ回し(一般会計の3分の1にも及ぶ財政赤字)でも支えられている。とすれば、50年時点での持続可能性確保のためには、早急に財政健全化を図って将来の支え手へのツケ回しをやめるとともに少しでも支え手を増やすべく少子化対策を強化することが求められることになろう。しかしながら、それだけでは50年の絵が大きく変わることはなさそうだ。

 とすれば、次の切り札は将来の支え手たちの経済力の強化だ。デービッド・アトキンソン氏の「新・所得倍増論」によれば、日本の1人当たりの生産性は、世界で27位、先進国の中ではほとんど最下位。

 働き方改革や国民目線に立った雇用市場の流動化による適材適所の実現で人々の能力をより発揮できるようにして成長力を高める余地はいくらでもある。そのための政策の実現が、社会保障の持続可能性をより確かなものにするはずだ。

====================================

社説 視点・総選挙 北朝鮮の脅威 「国難」と言うのならば=論説委員布施
毎日新聞 2017年10月19日 東京朝刊

 北朝鮮の核・ミサイルの脅威が増大し、安倍晋三首相が「国難」と言う中での選挙である。

 が、その割にミサイル防衛(MD)をめぐる論議が熱を帯びないのはなぜだろう。万々が一、日本にミサイルが飛来した時の命綱のはずなのだが。

 各党の公約を見ると、自民党は「陸上配備弾道ミサイル防衛システム(イージス・アショア)」の導入に前向きで希望の党もMDに言及している。

 だが、米軍と米防衛産業が開発を競うMDはどこまでミサイル迎撃に有効なのか、国民の判断材料はあまりに少ない。

 実は政治家もよく分かっていないのではないか。たとえば2007年に久間章生防衛相(当時)は講演で、敵ミサイルはMDシステムで「99%は排除できる」との認識を示した。

 ところが09年には鴻池祥肇官房副長官(同)が国会で「ピストルの弾同士が当たるのは、なかなか難しい」と述べた。迎撃はほぼ不可能との見方だろう。

 政権与党(自民)の要人が正反対のことを言うようでは納税者の立場がない。MDの有効性を日本側が主体的に評価・判断し、日米合同の迎撃実験の結果などを踏まえて国民的な議論を深める必要があるはずだ。

 思い出すのは00年、ノーベル賞を受けた米国科学者50人が、米国ミサイル防衛システム(当時の呼称はNMD)の配備に反対する書簡クリントン大統領に提出したことだ。

 その根底には技術的可能性への疑問がある。半面、MDの技術は進歩している。問題なのは、その辺を踏まえた議論が、MDのお得意様の日本ではほとんどなされてこなかったことだ。

 米国の実験を何度も見学した私は、MDには限界があり過信すれば外交を誤りかねないと考える。ミサイルの脅威を取り除く上で米国科学者たちが重視したのはやはり外交だった。

 首相の言う「国難」は一日にして生じたわけではない。1998年に日本を飛び越えるミサイルを発射して以来、北朝鮮が目指すところは明白だった。

 では日本政府危機を未然に防ぐ外交を強力に展開してきただろうか。高価なMDは国民の安全を確かに守れるのか。為政者が「国難」と言う時はそれらの点も問われるはずだ。

================================================================

2017-10-18

【こよみ 平成29年10月18日(水)旧暦八月廿九日(赤口)大潮 寒露 】 51候 蟋蟀在戸 寒露末候 観音縁日 統計の日 世界メノポーズデー 冷凍食品の日 フラフープ記念日 ミニスカートの日

頭髪の日(毎月)

二十四節気・七十二候・雑節
蟋蟀戸にあり(51候)

七十二候の一つ。寒露末候 51候 蟋蟀在戸 蟋蟀 戸に在り きりぎりすが戸にあって鳴く 10月18日(水)〜10月22日(日)

統計の日

国民に統計の重要性を理解してもらおうと1973年昭和48年)に政府が制定した日。1870年明治3年)に今の生産統計の起源となった「府県物産表」についての太政官布告が公布されたのが、旧暦の9月24日(新暦の10月18日)だったことから。

観音縁日

観世音菩薩の縁日(毎月18日)

世界メノポーズデー

「メノポーズ」とは「閉経」「更年期」のことで、更年期前後の女性がどう生きるかを考える日。

冷凍食品の日

1986年(昭和61年)に日本冷凍食品協会が制定した日で、便利な冷凍食品をもっと食べてもらおうとPRするのが目的。冷凍のトウ(10)とマイナス18度が冷凍食品の品質を保持するのに最適な温度のため10月18日とした。

ミニスカートの日

1967(昭和42)年、イギリスから「ミニの女王」ツィギーが来日し、ミニスカートブームが起こりました。

フラフープ記念日
1958(昭和33)年、フラフープが日本で初めて発売されました。 1本270円で、一か月で約80万本という爆発的な売り上げを記録する大ブームになりましたが、「腸捻転になる」等の噂がたち、急速に売れ行きが落ちました。

▲初の全国的な政党自由党結成(1881)
大隈重信襲われ、条約改正実現ならず(1889)
発明王エジソン没。84歳(1931)
東条英機内閣成立(1941)
フラフープ発売、大ブームに(1958)
旧ソ連金星4号の軟着陸に成功(1967)
▲ミニの女王、ツィッギー来日(1967)
アメリカ木星探査機ガリレオ」発射成功(1989)

誕生:花澤徳衛(俳優1911) 春風亭柳昇(1920) チャック・ベリー(1926)
   馬場のぼる(漫画家1927) 吉永正人(1941) 郷ひろみ(1955)
   マルチナ・ナブラチロワ(テニス選手1956) 石井めぐみ(女優1958)
   湯江健幸(1967) 京野ことみ(女優1978)

誕生花:つるこけもも (Cranberry)     花言葉:心痛のなぐさめ


季語刻々 <坪内稔典>  晩秋 2017.10.18(水) 寒露


 絵所を栗焼く人に尋ねけり


毎日新聞 2017年10月18日 東京朝刊


 ◆昔


 絵所(えどころ)を栗(くり)焼く人に尋ねけり 夏目漱石 
   

解題


 絵所はギャラリー、あるいは画廊である。この句、ロンドンに留学していた折の作。漱石は栗を買いながら尋ねたのだろうか。最近はスマホを見ながら行き先を確かめる人が増えた。特に若い人はそうだが、私は通りの店の人などに尋ねるようにしている。何度も何度も尋ねるが、時には近くまでわざわざ送ってくれる人もいる。<坪内稔典

語釈・晦渋語 &出典

 絵所はギャラリー、あるいは画廊である。

鑑賞

この句、ロンドンに留学していた折の作。漱石は栗を買いながら尋ねたのだろうか。最近はスマホを見ながら行き先を確かめる人が増えた。特に若い人はそうだが、私は通りの店の人などに尋ねるようにしている。何度も何度も尋ねるが、時には近くまでわざわざ送ってくれる人もいる。<坪内稔典

俳人

夏目漱石


(なつめ そうせき)1889年明治22年)、同窓生として漱石に多大な文学的・人間的影響を与えることになる俳人正岡子規と初めて出会う。子規が手がけた漢詩俳句などの文集『七草集』が学友らの間で回覧されたとき、漱石がその批評を巻末に漢文で書いたことから、本格的な友情が始まる。このときに初めて漱石という号を使う。漱石の名は、唐代の『晋書』にある故事「漱石枕流」(石に漱〔くちすす〕ぎ流れに枕す)から取ったもので、負け惜しみの強いこと、変わり者の例えである。「漱石」は子規の数多いペンネームのうちの一つであったが、のちに漱石は子規からこれを譲り受けている。1889年明治22年)年9月、房州房総半島)を旅したときの模様を漢文でしたためた紀行『木屑録』(ぼくせつろく)の批評を子規に求めるなど、徐々に交流が深まっていく。漱石の優れた漢文漢詩を見て子規は驚いたという。以後、子規との交流は、漱石イギリス留学中の1902年(明治35年)に子規が没するまで続く。


================================================================
===============================================================
=========晩秋 2017.10.17(火) 寒露 (近頃の世情)) ==========
===============================================================
================================================================

水説 いろいろな2世=中村秀明
毎日新聞 2017年10月18日 東京朝刊
 <sui−setsu>

 ライブでその歌声を聴いた。「始まりの街」という曲だった。思わず息をのんだ。柔らかいけれど、声量があって伸びやかな声が、そっくりだったからだ。

 デビューCDを今年発表した尾崎裕哉(ひろや)さん。25年前に急死した尾崎豊さんを父に持つ。すでに父の年齢を二つ越えて28歳になった。ここまでいろいろな苦悩や葛藤があったに違いない。

 あるインタビューで父はできなかったが、果たしたいことはあるかと問われ、「音楽を通じた社会貢献ですね」と答えている。「彼がたぶん30歳ぐらいの時には同じことを言ったんだろうなと思います」と付け加えた。

 名のある親や祖父母がいて、同じ道を歩むのは決して楽ではないだろう。

 もがき続けた代表格はフランツモーツァルトだ。

 天才作曲家の父アマデウスモーツァルトが亡くなる数カ月前に生まれた。父譲りの才能があり、英才教育も受けて音楽家となったが、その存在感は薄い。

 AFP通信が、いくつかのエピソードを伝えている。

 母はとても厳しかった。9歳のフランツに「両親を失望させる子は不名誉と苦痛に直面することになります。この言葉を私の愛する息子への警告とします」という手紙を送っているそうだ。

 フランツが51歳の時、オーストリアザルツブルクで父の記念碑が建てられ、ささげる曲を頼まれている。しかし、自らの能力への不信にさいなまれていたため断った。代わりに父が書きかけた未完の2曲を式典用のカンタータに仕上げ、届けたという。

 彼らと逆に同じ道を歩むのが、そうもたやすいのかと問いたくなるのが政治家だ。

 時事通信の調べによると、衆院選でいわゆる「世襲候補」は全体の1割を超える128人もいる。世襲の定義は、父母、義父母、祖父母のいずれかが国会議員、または3親等内の親族に国会議員がいて同じ選挙区から立候補した候補だ。世襲率が高いのは自民党で約28%にもなる。

 ある地域面の「候補者紹介」でこんな記事を見た。

 今回、初めて選挙に出る有力2世の話だ。父から「代わることにした」と電話で告げられたのだという。そのタイミングに驚いたものの、決意を固めたと語っている。

 こちらも驚いた。

 「代わることにした」。そのひと言で、国の未来を動かす国民の代表が事実上決まるとは。苦悩や葛藤は一体どこに? その感覚はやはりおかしい。(論説委員

====================================

経済観測 高齢者福祉の政策吟味を=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄
毎日新聞 2017年10月18日 東京朝刊

 高齢化問題などを争点とする総選挙も終盤に入った。有権者としてはこの機会に、政治家の声を聴くとともに、日本社会の現状について統計的に確認してみるのも有用だ。

 最適な教材は、総務省が先に発表したリポート(9月17日付、統計トピックスNO・103)で、ここでは高齢者の実像が活写されている。

 それによると、日本の65歳以上の高齢者は3500万人で総人口の27・7%を占める。高齢者就業者は770万人で就業率は22・3%となっている。ともに主要国中最高である。こうした世帯は高齢勤労者世帯と呼ばれるが、無職の世帯もある。高齢無職世帯は年金支給と預金取り崩しで生計を立てている。

 高齢勤労者世帯と同無職世帯の月平均消費支出額(2016年実績、以下同じ)はおのおの27万4000円、23万8000円だ。

 支出の中身をみると、やはり保健医療への支出が多く、65歳未満世帯比1・69倍に達する。興味深いのは、子や孫への金品贈与からなる交際費で、同世帯比1・91倍である。高齢勤労者世帯も同無職世帯も共に、月々2万6000円前後支出している。

 平均的には、何とか仕事を続け、健康に留意して堅実に生活しているが、子や孫への金銭支援も忘れない、というのが日本の高齢者像である。

 もちろんその一方で、老老介護で疲弊している世帯や、子育て介護ダブルケアで前途を見失いかけているカップルが少なからず存在する。

 結局、現状がそうであれば、政策の焦点も絞られる。まず、真に困窮している人たちへの十分な支援が欠かせない。そしてそのうえで、将来世代も現状の福祉サービスを十分享受できるよう、その持続力を高める必要がある。各党の政策提言が本当に的を射ているか、よく吟味しよう。

====================================

社説 日本の岐路 財政立て直し こぞって後回しの無責任
毎日新聞 2017年10月18日 東京朝刊

 衆院選の各党公約は、いずれも歳出の膨張策を並べているのが特徴だ。財源が問われるが、与党は2019年の消費増税による税収の一部を借金返済に回さないと表明し、野党増税自体に反対している。

 日本の財政は1000兆円超の借金を抱え、危機的状況にある。それなのに健全化はこぞって後回しだ。

 自民党は過去に公約した基礎的財政収支の20年度黒字化目標を削除した。社会保障公共事業などの経費を借金に頼らずに賄えるかを示すが、安倍晋三首相は黒字化の前提となる消費増税の税収の一部を教育無償化などに充てると方針転換した。

 首相は「急速に少子高齢化が進む中、2兆円規模の政策を実施し大改革を成し遂げる」と語った。しかし、借金返済を減らすのなら、赤字国債の発行で賄うのと変わらない。

 少子高齢化を「国難」と呼び、政策の信を問うと衆院解散したのは首相だ。それほど重くみているなら、今後生まれる世代につけ回しせず財源を確保する責任があるはずだ。

 しかも首相は、基礎的財政収支の20年度黒字化について「困難となる」と述べただけで、新たな目標時期も示さなかった。健全化の具体的道筋を示すのは与党の責務だ。放棄したと言われても仕方がない。

 野党はもっとあいまいだ。

 希望の党立憲民主党共産党なども教育無償化を打ち出したが、消費増税は凍結・中止を主張する。

 希望は基礎的財政収支の20年度黒字化を非現実的と指摘した。収支の改善は、経済活性化による税収増や歳出の見直しで図るという。

 ベーシックインカム(最低所得保障)導入や医療費などの負担軽減を羅列するが、ばらまきではないか。議員定数削減もうたうが、社会保障の財源不足を埋めるにはほど遠い。

 超高齢化社会に備えて財政の安定を図るため、消費増税と借金返済の枠組みを決めたのが12年の自民公明民主の3党合意だ。国家的課題で政争の具にしないとの理念に基づいていたが、ないがしろにされた。

 日銀金融緩和国債金利がほぼゼロになり、与野党とも財政への危機感がすっかり薄れてしまった。低金利に安住するのは、あまりに無責任だ。不人気でも必要な負担は逃げずに論じるのが政治の役割だ。

================================================================

憂楽帳 選挙とインスタ
毎日新聞 2017年10月18日 大阪夕刊 【真野森作】

 白い歯を見せた笑顔や引き締まった表情。街角で各候補の顔写真を目にする衆院選も終盤に入った。票を求めて最高の見栄えを追求したであろう1枚が並ぶ。規制がないので、加工や修正で本人より相当美化されたものもありそうだ。

 最近の若者は、こんな顔写真の裏側を見抜く能力に優れているかもしれない。日々、スマートフォンを通して大量の人物写真に触れているからだ。写真共有アプリインスタグラム」の隆盛である。

 今月上旬、神戸市を訪れたインスタの最高製品責任者、ケビン・ウェイル氏(34)は「掲載した写真は後に残るので完成度を上げなければというプレッシャーはあるでしょう」と語った。アプリを開けば、賛同の「いいね!」を得ようとモデルのようにポーズをとった人々の写真があふれ出す。加工も自在だ。

 実はインスタには24時間で投稿写真が消える機能もある。身近な人と気軽に日常風景を共有してほしいという狙いだ。選挙でも候補者の普段の姿を伝えるアプリがあれば、より有効に1票を投じられるかもしれない。いや、知らない方が有権者候補者も幸せ?【真野森作】

================================================================

2017-10-17

【こよみ 平成29年10月17日(火)旧暦八月廿八日(大安)中潮 寒露 】 50候 菊花開 寒露次候 神嘗祭 貯蓄の日 貧困撲滅のための国際デー 上水道の日 沖縄そばの日 カラオケ文化の日

2017.10.17(火) 七十二候 寒露次候 50候 菊花開 菊の花開く
菊の花が咲く10月13日(金)〜10月17日(火)

神嘗祭(かんなめさい)
1947(昭和22)年までの祭日。天皇が、その年の新穀を伊勢神宮に奉納する祭。 1871年に定められた時点では9月17日であったが、1879年にこの日に改められた。

貧困撲滅のための国際デー
1999(平成11)年の国連総会で制定。国際デーの一つ。International Day for the Eradication of Poverty

貯蓄の日
1952年昭和27年)に貯蓄増強中央委員会の提唱で制定された日で、貯蓄に対する関心を深め、貯蓄の増進を図ることを目的としている。10月17日は戦前、天皇がその年の新穀を伊勢神宮に奉納した神嘗祭にあたり、貯蓄の日も勤労の実りを大切にとの意味合いを持っている。

上水道の日
1887(明治20)年、横浜の市街地へ日本初の近代的上水道による給水が開始されました。 イギリスの工兵中佐パーマーの設計指導により、相模川から野毛山の貯水地へ引水し、市街地へ給水していました。

沖縄そばの日

1978(昭和53)年、「沖縄そば」の名称が公正取引協議会が正式に呼称認定され、また、全国麺類名産・特産品に指定された。

カラオケ文化の日

全国カラオケ事業者協会が設立されたこの日を同協会が申請し、日本記念日協会により認定された。カラオケを通じた文化活動、国際文化交流イベントがおこなわれる。

いなりの日
日本の食文化の中で多くの人に親しまれているいなり寿司を食べる機会を増やすきっかけを作ろうと、いなり寿司の材料を製造販売している株式会社みすずコーポレーションが制定。日付はいなりのい〜なで毎月17日に。

国産なす消費拡大の日
4月17日の「なすび記念日」の17日を、毎月なすの消費を増やす日にしようと、冬春なす主産県協議会が2004年2月9日に制定した。

▲「吾妻鏡」完成(1775)
ショパン没(1849)
学習院開設(1877)
横浜で水道の使用はじまる(1887)
スエズ戦争勃発(1951)
▲「ラストエンペラー愛新覚羅溥儀、死去。61歳(1967)
川端康成ノーベル文学賞受賞(1968)

誕生:サン・シモン(1760) アーサー・ミラー(劇作家1915)
   モンゴメリー・クリフト(1920) ビッグ錠(漫画家1937) 岸田森(1939)
   もたいまさこ(女優1952) 門あさ美(1955) 賀来千香子(女優1961) 
   MR.ちん(タレント1963) 谷村有美(1967) JIRO[GLAY](1972)

誕生花:ぶどう (Grape)     花言葉:信頼



季語刻々 <坪内稔典>  晩秋 2017.10.17(火) 寒露


 ドラえもんからくりいがぐり栗ご飯


毎日新聞 2017年10月17日 東京朝刊

 ◆今


  ドラえもんからくりいがぐり栗(くり)ご飯 松山たかし    

解題


 この句を唱えればドラえもんになれる? 俳句には呪文のような一面がある。たとえば小学生は芭蕉の「行く春や鳥啼(な)き魚の目は泪(なみだ)」を喜ぶ。意味はむつかしいが音が快いらしい。私の「春の風ルンルンけんけんあんぽんたん」などもいっしょに唱えると小学生の顔がゆるむ。今日の句、句集「新・とどのまつり」(象の森書房)から。<坪内稔典


語釈・晦渋語 &出典

今日の句、句集「新・とどのまつり」(象の森書房)から。<坪内稔典

鑑賞

この句を唱えればドラえもんになれる? 俳句には呪文のような一面がある。たとえば小学生は芭蕉の「行く春や鳥啼(な)き魚の目は泪(なみだ)」を喜ぶ。意味はむつかしいが音が快いらしい。私の「春の風ルンルンけんけんあんぽんたん」などもいっしょに唱えると小学生の顔がゆるむ。

俳人

松山たかし


大広CR、大広C&P代表取締役を経て、2009年広告、出版、番組企画・プロデュース会社設立坪内稔典、故摂津幸彦等の影響を受けるも現在は無所属。1993年俳句アルバム「サーキット」刊




================================================================
===============================================================
=========晩秋 2017.10.17(火) 寒露 (近頃の世情)) ==========
===============================================================
================================================================

火論 半世紀たっても=玉木研二
毎日新聞 2017年10月17日 東京朝刊
 <ka−ron>

 とうに忘れたはずなのに、物を見てにおいや音までよみがえることがある。

 「ガリ版」(謄写版)印刷もそうだ。国立歴史民俗博物館千葉県佐倉市)が12月10日まで開催している企画展「『1968年』−−無数の問いの噴出の時代」でその使い古された器材を見た。何十年ぶりだろう。学校のテストも宿題も運動会のプログラムもこれだった。

 企画展は、ベトナム反戦運動、学園紛争、公害告発など、この年を中心に高ぶった抵抗と異議申し立てを映す資料約500点を展示する。

 懐かしさを誘うための回顧展ではない。ねらいは、ほぼ半世紀前、高度経済成長期のひずみ、矛盾が突き上げた問題提起と今日の諸課題を重ね見るところにある。だが、やはり懐かしさが先に立つ。

 各地から集められたビラやパンフレット(よく残っていたと思う)の多くは、鉄筆で手書きしたガリ版で生まれたものだ。人から人の手に渡って主張と情報を伝えた。瞬時、広範囲に駆けめぐるネット時代からは信じがたい「まどろっこしさ」だろう。

 携帯はなく、卓上電話も多くなかった当時は集会やデモの連絡も容易ではなかった。このため、例えば「ベ平連ベトナムに平和を!市民連合)」は、あらかじめ毎月第1土曜日、清水谷公園に集合、などというように定例日を決めておいたという。

 イデオロギーを超えて幅広い人々が集まったのは、こうして個人の自主性に委ねたからでもあるだろう。そこに行けば何かに出合えるかもしれないという期待。あふれるネット情報では、むしろそれを見失っていないか。

 68年前後は世界規模で変動が起きた。ベトナム軍事介入で泥沼にはまったアメリカ自由を求めるチェコスロバキアを武力制圧するソ連(現ロシア)。抜本対策が立てられぬ環境悪化……。現在進行中の状況と似通っている。

 半世紀。ガリ版がパソコンになるほど時を経ても、真の「進歩」はあったか。

 国歌流れる中、ひざまずいて人種差別への強い異議を無言で表すアメリカンフットボール選手ら。これは、メキシコ五輪の陸上男子200メートルで驚異的な世界記録を出し表彰台に上がった米黒人選手らが、うつむいて黒手袋の拳を突き上げ人種差別に抗議した姿と重なる。

 68年10月16日、ちょうど今時分のことだ。選手はごうごうたる非難を浴びた。

 その時、半世紀後もなお亀裂は続いていると想像したのだろうか。(客員編集委員


====================================

経済観測 IMF見通しにかみつく米政権=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅
毎日新聞 2017年10月17日 東京朝刊

 トランプ米大統領の主張で一貫するのは、第二次大戦後米国の主導権でつくりあげた国際機関の役割への根底的な批判である。

 10月12日に国連教育科学文化機関(ユネスコ)脱退を発表した。パレスチナユネスコ加盟を決めた2011年以降はオバマ政権下でユネスコへの分担金拠出が停止されたが、今回はより明確な立場を示した。

 トランプ大統領選挙戦でも戦後に創設された国際機関への名指し批判を繰り返した。国連官僚主義的組織と化したとし、世界貿易機関(WTO)は不公正な貿易慣行や知的所有権の侵害に対し無力だと批判した。

 トランプ大統領の主張が全面的に誤っているとはいえないのが国際機関の現状のため、他の先進国政府もこの点についての米国批判は手控えてきた。

 保護貿易主義に米国が至るのでは、との懸念から国際通貨基金(IMF)発のトランプ政策批判が続くため、米国政権による微細にわたるIMFたたきも常とう化した。

 IMFの行った「世界経済見通し」の米国の成長率予測の引き下げにマルバニー行政管理予算局長が改革の効果を認めないのか、とかみついたのだ。10月発表のIMF見通しでは、今年と来年の米国の実質国内総生産(GDP)成長率は2・2%、2・3%で、ドイツの2・0%、1・8%、日本の1・5%、0・7%よりは高い。

 彼が気に入らないのは、ドイツや日本が4月見通し比較で上方修正されているのに、米国のみが0・1%と0・2%、2年とも下方修正を受けたことだ。減税による改革に否定的なIMF調査局に我慢がならないのだ。これは政権内の雰囲気を映し出したものといえよう。

====================================

憂楽帳 タンザニアツアー
毎日新聞 2017年10月17日 大阪夕刊 【香取泰行】

 「タンザニアツアーから無事に帰国しました」という手紙が届き、話を聞こうと連絡を取った。

 私も16年前、同じツアーに参加した。オルタナティブツアーといって、細かい日程が決まっているわけではない。農村でゆっくり過ごすだけで、暮らしに触れて学び、交流する。一方的な援助とは違う。手紙をくれたのは、その時ツアーで一緒だった男性だ。

 彼は何度もタンザニアを訪れており、今回は5年ぶり。都会はきれいなビルが建ち、バス専用レーンができるなど、ずいぶん様子が変わっていたという。

 しかし、変わらないものもある。人の思いだ。今年2月、1986年から続くこのツアーを現地で受け入れている旅行社の日本人経営者が亡くなった。根本利通さんという。タンザニア関係の日本人で、知らない人はいないと思う。

 7月に兵庫県尼崎市で偲(しの)ぶ会があり、根本さんが向こうで暮らしながら書いた文章をまとめた本を買った。アフリカの人たちについて「いつも援助を求めないといけない可哀そうな客体なのか」と問いかける一文があった。【香取泰行】

================================================================

【こよみ 平成29年10月16日(月)旧暦八月廿七日(仏滅)中潮 寒露 】 50候 菊花開 寒露次候 閻魔縁日 世界食糧デー ボスの日

2017.10.16(月) 七十二候 寒露次候 50候 菊花開 菊の花開く
菊の花が咲く10月13日(金)〜10月17日(火)

ボスデー
1958年昭和33年)10月、アメリカのパトリシア・ベイ・ハロキスが会社を経営していた父親のために、経営者と部下の関係を円滑にしようとボスの日を提唱。アメリカ商業会議所に登録したことが始まり。この日は仕事上のボスをランチに招待したり、プレゼントを贈ったりする。日本でも4月のセクレタリーデーのお返しとして次第に知られるようになった。

世界食糧デー
1945年昭和20年)のこの日に、国連食糧農業機関(FAO)が設立されたことを記念して、1981年(昭和56年)に制定されたもの。

閻魔縁日
死者の生前の行いを判定して賞罰を与えるといわれる閻魔大王の縁日(毎月16日)

[諸外国の記念日]
商業の日

(ブラジル)

人種祭
(アルゼンチンほか)

民族祭
(コロンビア)

藤原鎌足、没(669)
藤原道長、自らの繁栄の歌「この世をばわが世とぞ思ふ望月のかけたることもなしと思へば」を詠む
国鉄上野駅開業(1885)
宝塚温泉発掘。その後、京阪神を代表する温泉地へと発展。温泉客の余興のために少女歌劇団が結成(1886)
天皇皇后戦後初の靖国神社参拝(1952)
中国原爆実験に初成功(1964)
▲原油価格21%値上げで、オイルショック起こる(1973)
青木功、世界マッチプレー選手権優勝。日本男子初の海外優勝(1978)
阪神タイガース、21年ぶりの優勝(1985)

誕生:ウェブスター(1758) 黒田清隆(政治家1840) ユージン・オニール(1888)
   二階堂進(政治家1909) ギュンター・グラス(1927)
   大山のぶ代(声優1936) 宮迫千鶴(1947) 阿川泰子(女優1951)
   黄壁洵(ゴルファー1956) 大岡玲(作家1958) 林寛子(タレント1959)

誕生花:こけバラ (Moss Rose)     花言葉:無邪気




季語刻々 <坪内稔典>  晩秋 2017.10.16(月) 寒露


 猪もともに吹かるる野分かな


毎日新聞 2017年10月16日 東京朝刊


 ◆昔


 猪(いのしし)もともに吹かるる野分(のわき)かな 松尾芭蕉

     

解題


 この句、季語野分」の句として読まれているが、季語「猪」の句として読んでもいいだろう。ちなみに、野分は今では古典語、ほぼ死語である。芭蕉の自解にそって、猪と共に吹かれているのは草木と見られてきたが、それだと私にはおもしろくない。「私」が「猪」と共に吹かれている、と読みたい。その野性的光景、すてきだ。<坪内稔典


語釈・晦渋語 &出典

この句、季語野分」の句として読まれているが、季語「猪」の句として読んでもいいだろう。ちなみに、野分は今では古典語、ほぼ死語である。

鑑賞

芭蕉の自解にそって、猪と共に吹かれているのは草木と見られてきたが、それだと私にはおもしろくない。「私」が「猪」と共に吹かれている、と読みたい。その野性的光景、すてきだ。<坪内稔典

俳人

松尾芭蕉


(まつお ばしょう、寛永21年(1644年) - 元禄7年10月12日(1694年11月28日)[1])は、江戸時代前期の俳諧師。現在の三重県伊賀市出身。幼名は金作[2]。通称は甚七郎、甚四郎[2]。名は忠右衛門宗房[2]。俳号としては初め実名宗房を、次いで桃青、芭蕉(はせを)と改めた。北村季吟門下。俳諧(連句)の芸術的完成者であり[3]蕉風と呼ばれる芸術性の極めて高い句風[4]を確立し、後世では俳聖[5]として世界的にも知られる、日本史上最高の俳諧師の一人である。芭蕉自身は発句(俳句)より俳諧(連句)を好んだ[3]。
芭蕉が弟子の河合曾良を伴い、元禄2年3月27日(1689年5月16日)に江戸を立ち東北北陸を巡り岐阜大垣まで旅した紀行文『おくのほそ道』という書物が有名。


================================================================
===============================================================
=========晩秋 2017.10.16(月) 寒露 (近頃の世情)) ==========
===============================================================
================================================================

風知草 去りゆく秋=山田孝男
毎日新聞 2017年10月16日 東京朝刊

 カズオ・イシグロノーベル文学賞受賞が決まった今月5日、亀井静香が政界引退を表明した。

 広島県北東部の庄原(しょうばら)市出身、80歳。警察官僚を経て1979年から衆院当選13回。かつてコワモテの自民党政調会長であり、政界再編現代史にその名を刻んだ政略家である。

 去る人には何が見えるのか。聞いてみた。

   ◇

 −−「相棒が見つからないから」引退だと記者会見で言われたそうで。

 「だって(安倍)晋三が相棒になれんでしょ? 彼はネ、清和会自民党旧福田派)の中で、どっちかって言えば亀井グループだったんですよ。ホンネは対米自立。表向きは(親米傾向が強い)吉田茂流の、保守本流みたいな立場とってるけどサ。トランプ(米大統領)と組んで突っ走っちゃ危ねえぞって(首相に)言ってんだけどね」

 −−首相以外には?

 「おらんのよ。自民党の中にも、野党にも」

 −−ここ3週間の野党再編劇、どう見ます?

 「これねえ、政策がいいから組めるとか組めないとか、くだらんことばかり言ってんですよ。ウソなんですよ。そんなもン、すぐ変わる話であってね。『理屈は後から貨車で来る』って誰か言ったな(春日一幸(いっこう)元民社党委員長警句)」

 −−では、何が大事?

 「そりゃ、この日本をどうにかしようという、死に物狂いの決意と信頼関係だよ。私と野坂浩賢(こうけん)(元社会党国対委員長。村山内閣官房長官)の間にはあったよ。いま(の政界の離合集散に)ありますか? 絶対の決意と信頼が」

   ◇

 94年、亀井は自民党社会党の連立を仕掛けて村山内閣をつくった。2005年、郵政民営化に反対して自民党を去り、国民新党を創設。09年、民主党中心の連立政権に参加。鳩山内閣金融担当相、菅政権首相補佐官を務めた。

 −−理想に遠い現状だと会見で嘆かれた。

 「うん、こりゃもう、新自由主義ですよね。大きな流れができちゃってね。ひっくり返したいよ」

 −−競争より公平の社民主義的な方へ導く?

 「というよりもね、土着の、土俗の政治ですよ。田舎か都会かを問わず、土や下町のニオイが大事。兜町(かぶとちょう)のニオイしかしない経済はダメよ。だから、私は『脱原発』。小泉(純一郎)とはいろいろあったが、『脱原発』は正しい」

 亀井は30年来、空港保安検査などを請け負う警備会社を経営。震災後、自然エネルギーによる発電事業に手を広げている。

   ◇

 もう一つ。

 引退の真相は別という解説がある。地元で希望の党から出る自由党候補を降ろすべく、小沢一郎自由党代表に説得を頼み、失敗したと(週刊文春)。

 −−そうなんですか?

 「小沢に相談なんかしないよ。頼りになると思ってない。相手は長く私を応援してくれた男だ。彼が出る以上、彼と争うという道は最初からなかった」

   ◇

 衆院選中盤の世論調査が出そろった。与党優勢は共通だが、大勝から辛勝まで予測に幅がある。

 「今の政党は誰かを批判することだけでまとまっている。党を超えて候補の応援に回るよ」と亀井。地道な人材を見抜いて1票を託すしかないと私も思う。劇場型選挙への反動か、堅実さへの支持が広がっているように見える。(敬称略)(特別編集委員)=次回は30日掲載

====================================


影山貴彦のテレビ燦々 木村多江の「ブラックリベンジ」 復讐の決めゼリフに“ゾクッ”

毎日新聞 2017年10月16日 大阪朝刊

 薄幸の身の上、悲しみに耐える女性を演じて、今一番絵になるのが木村多江だ。該当する作品をすぐに思い出す読者も多いはずだ。

 木村の代表作とされるのが、橋口亮輔監督の映画「ぐるりのこと。」(2008年公開)。夫役のリリー・フランキーとの夫婦愛の描き方が卓越していた。せつないながら優しさに包まれた秀作だった。木村はこの作品での演技が評価され、第32回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞はじめ、多くの賞に輝いている。

 そんな木村が、今期のドラマで主演しているのが、「ブラックリベンジ」(読売テレビ系、木曜・夜11時59分〜)だ。5年前、捏造(ねつぞう)された週刊誌のスキャンダルのため、将来有望だった政治家の夫と、おなかの子を失った今宮沙織(木村)。幸せな家庭を崩壊させた人間たちに対し、自ら人気週刊誌の敏腕契約ライターとなることで、今度は彼らのスキャンダルを徹底的に暴き、復讐(ふくしゅう)を遂げようとするストーリーだ。

 木村は今回も悲しい役柄ではある。だが耐えるのではなく、復讐に燃えるという強烈な負のパワーを発散する女性として描かれている。今、社会にあふれかえり、過熱するばかりの不倫報道に食傷気味な方もいようが、こちらはフィクションだ。ある意味思う存分楽しむことができる。人間の汚い部分をまざまざと見せつけるシーンに対し、身につまされながらも、同時にそこには滑稽(こっけい)さがあることにも私たちは気づく。

 スキャンダルを暴露され絶体絶命の相手に、「骨の髄まで炎上しなさい」と言う木村の決めゼリフがゾクっと効いている。

 ■人物略歴

かげやま・たかひこ
 同志社女子大学教授(メディアエンターテインメント

====================================

憂楽帳 シカの交通事故
毎日新聞2017年10月16日 大阪夕刊 【新宮達】
 奈良県庁の近くを車で走っていると、ヒヤッとすることがある。青信号なのに流れが突然滞り、慌ててブレーキを踏む。すると車列の間から「奈良のシカ」がのっそりと現れ、悠々と道を渡っていく。この夏も午後になると日陰の芝生に移動し暑さをしのぐ姿をよく見た。

 当然ながら車との接触事故は多い。シカの飛び出しに注意を促す標識や看板はあるが、「奈良の鹿愛護会」によると、この1年間で91頭が死んだ。周辺で死ぬシカの約2割に相当し、病死に次いで多いという。相当な数字だ。

 昼夜に関係なく、獣医の資格を持つ同会のスタッフが警察などの連絡で駆け付ける。だが、ほとんどは即死の状態。しかも現場に立ち会うドライバーはごくわずかだという。「申し訳ない気持ちがある人はせめて11月20日の慰霊祭に参列して」。会の担当者は悲しそうに話す。

 国の天然記念物という保護される対象だが、不意の事故だとシカをはねても罪は問われないという。その前に生き物の大切な命だ。シカを守る「裏方」の日々の活動に頭が下がるとともに、より慎重な運転を心がけている。【新宮達】

================================================================