Hatena::ブログ(Diary)

(チ)メモ

2010-06-29

6/29神田「第十二回 さなぎの会」。

---

北見翼 転失気

-

平治 たらちね

鯉橋 野晒し

〜仲入り〜

小蝠 豊竹屋

可女次 大山詣り

---

 楽しかった〜! みなさんとってもイイ感じ。 ゴキゲンに帰宅〜。

2010-06-28

6/28水天宮前「十代目馬生一門落語会」。

---

馬吉 鮑のし

馬石 厩火事

雲助 千両みかん

〜仲入り〜

トークショー(馬生、中尾彬、池波志乃、雲助、朝馬) ←志乃さんと中尾さんは、告知無しのスペシャルサプライズゲスト。 うれしかった〜!

白酒 親子酒

朝馬 佐野山

馬生 笠碁

---

2010-06-27

合同酒精「あっさり梅酒」。

度数 : 8度

ベース : 醸造アルコール

味 : 甘さ控えめで、ほんとにあっさり。

 カロリー25%OFFなのがうれしい。

 新宿の居酒屋さんでいただいた。 一緒に「南高梅酒」もいただいたけど、メーカー不明。(サントリーあたりかもしれん。)

6/27浅草「浅草演芸ホール 六月下席 後半 昼の部〜夜の部(途中まで)」。

---

【昼の部】

羽光 初天神(飴)

雷太 鮑のし

-

夢吉 権助魚

やなぎ南玉 江戸曲独楽

今輔 飽食の城

歌蔵 天災

一矢 相撲漫談

歌若(×神田紫) 壺算 

金太郎(×雷蔵) ぜんざい公社

北見伸&スティファニー(小泉ポロン、ここあ) 奇術

寿輔 生徒の作文 ←今日は黄色。

平治 源平盛衰記

春風亭美由紀 俗曲

米丸 ?(若返り)

〜仲入り〜

右左喜 銀婚旅行

Wモアモア 漫才

圓雀 浮世床(夢)

小圓右(×可楽) ?(思い出せたら追記します。)

ボンボンブラザース 太神楽曲芸 ←赤いお帽子が新しくなってました!

右紋 犬の目

---

※見かけた前座さん 雷太さん、昇々さん、羽光さん、味千代さん

 

---

【夜の部】

明光 子ほめ

-

圓満 金明竹(上) ←「骨皮」かと思ったんだけど、違ったみたいなので、訂正っと。

(ここで退場)

---

※見かけた前座さん 小笑さん、あっぷるちゃん、翔丸さん、翼さん、明光さん

2010-06-26

6/26本所吾妻橋「第312回 下町中ノ郷寄席」。

---

小笑 牛ほめ

-

夢吉 花筏

遠峰あこ 唄うアコーデオン弾き(野毛山節、百万円、オリジナル曲、東京音頭、東京節)

〜仲入り〜

一琴 夢八

---

6/26京成中山「小島貞二記念 第二十九回 寄席 清華亭」。

---

歌太郎 ?(新作 選挙のダルマさんの話)

夢吉 天狗裁き

---

2010-06-25

滋賀・太田酒造「道灌 梅酒」。

度数 : 13度以上14度未満

ベース : 清酒

味 : 裏ラベルに書いてある「甘さ控えめで酸味のきいたすっぱい味わい」の言葉そのまんま。ホントにすっぱい。 そして、日本酒仕込みなので、かなりお酒っぽい。 沢山飲んじゃうと、大変なことになりそうだ…。

 太田さんだから、道灌。 納得。

 両国の「大橋屋酒店」さんでゲット。

6/25神田「芸協若手特選会 二ツ目勉強会」。

 今日はホントに楽しみにしてました。 トキメキのラインナップですよ。

---

鯉ちゃ 寿限無

鯉八 転失気

-

可女次 幇間腹

鯉橋 明烏

圓丸 口入れ屋(引越しの夢?)

〜仲入り〜

べん橋 蛙茶番

鏡味初音 太神楽曲芸(五階茶碗、傘)

笑松 崇徳院

---

 みんな良かった〜。 良い夜だなぁ〜。 ゴキゲンに帰宅〜。

 あ、日本橋亭の前とまがり角のところに置いてある出演者の看板がアツいです。要チェックであります。 なぜか昔の写真を積極的に使っているようで、現在の姿かたちと若干違う方がいたりして…。とても興味深いのです。 で、本日の写真チャンピオンは、笑松さんでしたー。わーい!

2010-06-24

6/24高円寺「第三十二回 悪事扇里を走る」。

---

扇里 お菊の皿

扇里 応挙の幽霊

〜仲入り〜

扇里 牡丹灯籠 お札はがし

---

 今夜は怪談特集。…いや、面白いのもあったから幽霊特集かな。

 最後はちょっと怖かったけど、ガッツリ堪能。

 扇里さんはマジ幽霊が似合うので(細いから)、こういう特集はとってもイイ!

2010-06-23

アサヒビール「濃醇梅酒」。

度数 : 12度

ベース : ホワイトリカーベース(醸造アルコール/甲類焼酎/スピリッツ)

味 : とろっとして甘い。飲みやすい。

 高田馬場駅近くの「おばけ食堂」さんでいただいた。

2010-06-22

6/22両国「第十六回 夏丸・雷太だしぬけ二人衆」。

---

雷太 千早ふる

夏丸 酢豆腐

〜仲入り〜

夏丸 青菜

雷太 悋気の独楽

---

 楽しかった〜。

 夏丸さんが体調不良で、残念。

 次回は八月頃だそうです。

2010-06-20

宮城・一ノ蔵「ひめぜん Ume」。

度数 : 8度以上9度未満

ベース : 清酒「ひめぜんSweet」、梅酒(醸造アルコール)

味 : お酒っぽい。度数の割に酔いそう。甘みも酸味もあまり強くなく、さっぱり。

 宮城県蔵王町産の梅「白加賀」を追熟させた黄熟梅使用。

 「春の季節限定品」という文字に惹かれ、上野駅構内のスーパーでゲット。

2010-06-19

サントリー「まるごと凍らせ梅酒」。

度数 : 14度

ベース : スピリッツ

味 : スッキリして飲みやすい。

 南流山駅前の居酒屋さんでいただいた。

6/19南流山「第16回 南流山落語会」。

 池袋から、ふぃ〜っと。 早めに着いたので、近くのファミレスで涼む。

---

花助 胡椒の悔やみ ←表情がいろいろ変わって、楽しい〜。 また聴きたい。(あ、「くやみ」は漢字表記でした。修正っと。)

和光 荒大名の茶の湯 ←爆笑荒茶。 いつも、うわぁぁぁ…となる「ヒゲ汁」は控えめで、ホッ。

〜仲入り〜

和光 初天神(飴、団子、凧) ←上方の形なのか、普段聴いているものとはちょっとずつ違って、楽しかった。

花助 百川 ←軽〜く。ほんとに軽〜く。 楽しかったー。

---

 夜のサッカーの影響がいろいろとあった様ですが、なんのなんの、とっても楽しい会でした。

 次回も楽しみ〜。

【次回のお知らせ】8/28(土)19:00〜 南流山・スタジオエンザ「第17回 南流山落語会」。 出演:雷門花助 他

 八月の第三土曜日は流山の「花火大会」があるので、一週間後ろにずれるそうですよ。(ちゃんとした情報は、主催者の方へお問い合わせくださいませ。)

6/19池袋「池袋演芸場 六月中席 真打昇進披露興行 後半 昼の部(途中から)〜夜の部(途中まで)」。

 寝坊しちゃった…。

 東武の地下和菓子売り場で、おやつのお団子をゲットしてから、演芸場へ。

 おー、お客さんがいっぱい! で、バッチリ立ち見ナリ。

---

【昼の部】

(途中入場 ここから)

夢太朗 代り目

鯉昇 鰻屋

〜仲入り〜

真打昇進披露口上(司会:右紋 鯉昇、傳枝、可龍、楽輔、夢太朗)

傳枝 湯屋番

楽輔 浮世床(将棋〜本)

やなぎ南玉 江戸曲独楽

可龍 七段目 ←「七段目」キターーーッ! 待ってました。 もうほんとにノビノビと楽しそうで、Gooodです。 イイ声〜。

---

※見かけた前座さん 鯉八くん、鯉ちゃさん

 

---

【夜の部】

昇也 子ほめ

(ここで退場)

---

※見かけた前座さん 昇也さん、翔丸さん

2010-06-18

埼玉・麻原酒造「むさしの にごり梅酒 LIONSバージョン」。

度数 : 12度以上13度未満

ベース : 醸造アルコール

味 : スッキリ甘めで、とろっとしてる。

 モノは、北上野「ソバハウス 大自然」さんで飲んだのとおそらく同じ。

 ホークスに L 8 - 1 H でスカッと勝ったお祝いに、西武球場のグッズ売り場でゲット。 わーい、やったね!!

2010-06-15

和歌山・中野BC「紀州 緑茶梅酒」。

度数 : 12度

ベース : 醸造アルコール

味 : 緑茶の渋みのおかげか、さっぱりしていて飲みやすい。

 こちらも池袋のお店で。

 キレイな緑色。なんとなく健康的っぽい。

 国産緑茶100%使用。

 2010/6/20(日)に、和歌山・中野BCさんの敷地内にある日本庭園・大広間にて「梅酒BAR」というイベントが開催されるそう。興味アリアリだけど、和歌山はちょっと遠いなぁ。

福島・ほまれ酒造「造り酒屋の長期熟成梅酒」。

度数 : 12度

ベース : 醸造アルコール

味 : ほどよい甘みと酸味。くせがなくて飲みやすい。

 池袋演芸場の近くのお店でいただいた。

 「会津高田梅」を使用。

6/15池袋「池袋演芸場 六月中席 真打昇進披露興行 前半 夜の部(途中から)」。

---

(楽輔 粗忽長屋)

(途中入場 ここから)

夢太朗 猿後家

〜仲入り〜

真打昇進披露口上(司会:右紋 鯉昇、傳枝、可龍、楽輔、夢太朗)

傳枝 強情灸

鯉昇 蛇含草

鏡味正二郎 太神楽曲芸(鞠、傘)

可龍 幾代餅

---

※見かけた前座さん 鯉八くん、鯉ちゃさん

2010-06-14

福岡・山口合名会社「フルフル完熟マンゴー梅酒」。

度数 : 9度

ベース : 日本酒、梅酒、醸造アルコール

味 : ほぼマンゴーの味。 かなり甘く、とろとろしてた。

 こちらも「かがり火」さんでいただいた。

 少し甘い出汁のおろしぶっかけうどんも一緒に。 水で強めに締めてもらったので、麺がモチモチ&グニグニで、歯ごたえがあった。

 夜は5種類くらいしかうどんメニューが無いけれど、昼のランチタイムには、かなりの種類になるそうな。

神奈川・泉橋酒造「梅酒 山田十郎」。

度数 : 12度

ベース : 純米酒(「山田錦」使用)

味 : 酸味が強い。

 酒米の山田錦の「山田」と小田原名産の「十郎」という梅のコラボで「山田十郎」とのこと。

 アメ横の「UDON 和 DINING かがり火」さんでいただいた。

 しょうゆ豆(空豆を甘い醤油だれで味つけしたもの)、美味しかったよ〜。

6/14御徒町「お江戸上野広小路亭 立川流夜席」。

 たまには、立川流。

---

(途中入場 ここから)

談幸 厩火事

〜仲入り〜

志らら ちりとてちん

談笑 猫と金魚

左談次 錦の袈裟

---

2010-06-13

6/13池袋「池袋演芸場 六月中席 真打昇進披露興行 前半 昼の部〜夜の部」。

---

【昼の部】

鯉ちゃ 金明竹

-

健太郎 動物園

コントD51 コント

昇乃進 ?(深夜のタクシー)

柳橋 狸札

マグナム小林 バイオリン漫談

歌春 長命

桃太郎 寝床

〜仲入り〜

真打昇進披露口上(司会:柳橋 桃太郎、慎太郎、鹿の子、小柳枝、歌春)

慎太郎 壺算

小柳枝 粗忽長屋

鏡味正二郎 太神楽曲芸(鞠、五階茶碗、傘)

鹿の子 子別れ

---

※見かけた前座さん 小笑さん(を見た気がする…)、鯉ちゃさん

 

---

【夜の部】

鯉八 牛ほめ ←かなり面白いぞー! 笑いっぱなし。 与太さん、イイなぁ。

-

鯉斗 新聞記事

春風亭美由紀 俗曲、踊り(かっぽれ)

鯉太 転失気

右紋

宮田陽・昇 漫才

楽輔 浮世床(将棋〜本)

夢太朗 たがや

〜仲入り〜

真打昇進披露口上(司会:楽輔 鯉昇、傳枝、可龍、夢太朗)

傳枝 代り目

鯉昇 鰻屋

林家花 紙切り(舞妓さん、サッカー、ツバメ、可龍師匠、お神輿、歌丸師匠、似顔)

可龍 明烏

---

※見かけた前座さん 鯉八くん、昇也さん

2010-06-12

山梨・シャトー酒折「長期熟成梅酒」。

度数 : 14度

ベース : ホワイトリカー

味 : しっかりした味。甘みはそんなに強くない。

 「午後の紅茶(ストレート)」みたいな色。色も濃いし、味も濃い。

 なんだかやたらと高級感溢れる瓶とラベルのデザイン。自分で「青梅産高級梅酒」って言っちゃってる。確かにちょっとイイ値段だった。

 熟成させた梅酒をベースに、40年以上熟成させた古酒梅酒をブレンドしているらしい。ほー。

 上野駅構内のスーパーでゲット。

6/12三越前「三遊亭遊雀勉強会 水無月会」。

---

遊雀 ご挨拶

小蝠 やかんなめ

遊雀 小言幸兵衛

〜仲入り〜

遊雀 居残り佐平次

---

6/12上野広小路「お江戸広小路亭 六月中席」。

---

明光 子ほめ(半ば)

小笑 やかん

-

夏丸 稲川千両幟

米福(↓花助) 身投げや

宮田章司 江戸売り声

遊馬 かぼちゃや

柳桜 粗忽長屋

松旭斉八重子プラスワン 奇術

栄馬 紙入れ

〜仲入り〜

神田紫 講談 木津の勘助

新山ひでや・やすこ 漫才

花助(↑米福) 初天神(飴、団子、凧) ←飴は、赤、黒、茶、緑、青(コレを買った)。 深い出番でも、かなりしっくりきていた。 ずっとこのポジションでもイイのにね。

圓雀 狸賽

マグナム小林(×やなぎ南玉) バイオリン漫談 ←新しい曲が増えたぞー。賑やかで、楽しかった〜。

助六 春雨宿

---

※見かけた前座さん 小笑さん、明光さん

2010-06-11

6/11池袋「池袋演芸場 六月中席 真打昇進披露興行 前半 夜の部(途中から)」。

 今日からお披露目後半戦のはじまり〜はじまり〜。

 お仕事を(ムリヤリ)早めに終わらせて、池袋の夜席へ〜。

---

(鯉八 かぼちゃや) ←ロビーで聴いてました。 ふわふわしていて、カワエェ。

-

(途中入場 ここから)

夢吉 花見小僧 ←初聴き。 山車の人形の真似とか、軽〜く唄が入ったりして、にぎやかで楽しかった〜。 おせつさんが、まったく可愛くないのが可笑しい。 また聴きたいぞ。 今度はゼヒ通しで!

鏡味初音 太神楽曲芸(五階茶碗、傘)

鯉朝 荒大名の茶の湯

右紋 都々逸親子

宮田陽・昇 漫才

楽輔 代り目

夢太朗 転宅

〜仲入り〜

真打昇進披露口上(司会:楽輔 鯉昇、傳枝、可龍、夢太朗)

傳枝 長短

鯉昇 粗忽の釘

北見マキ 奇術 ←時間たっぷり、トーク多め。

可龍 天狗裁き ←面白ポイントがいくつも追加されていて、笑ったよ〜! グッドですたい。

---

※見かけた前座さん 鯉八くん、吉好さん

2010-06-10

6/10御徒町「鈴本演芸場 六月上席 夜の部(途中から)」。

---

(途中入場 ここから)

文左衛門 夏泥(かな?)

ホームラン 漫才

柳朝(×歌奴) 荒茶

雲助 粗忽の釘

〜仲入り〜

ダーク広和 奇術

藤兵衛(×扇遊) ?(虎の子)

柳家小菊 粋曲

三之助 猫の災難

---

2010-06-09

6/9半蔵門「第三百四十六回 日本演芸若手研精会 水無月公演」。

---

志ん坊 たらちね ←あまり聴かない「かめじょ(亀女?)さん」バージョンでした。

-

夢吉 悋気の独楽

市楽 雛鍔

遊一 たちきり

〜仲入り〜

扇里 お菊の皿

こみち くしゃみ講釈

---

【次回のお知らせ】7/8(木)19:00〜 半蔵門・国立演芸場「第三百四十七回 日本演芸若手研精会 文月公演」。 出演:夢吉(主任)、一之輔、小駒、こみち、扇里 七夕さまの次の日は研精会へ〜。

【次々回のお知らせ】8/12(木)18:15〜 三越前・お江戸日本橋亭「第三百四十八回 日本演芸若手研精会 葉月公演」。 出演:市楽(主任)、遊一、鯉橋、扇里、小駒 場所も開演時間も違うので、お気をつけて!

2010-06-07

白鶴酒造&タマノイ酢「黒酢の入った梅酒」。

度数 : 5度以上6度未満

ベース : 梅酒、米黒酢

味 : 黒酢と梅酒を混ぜた、そのまんまの味。飲みやすくていいんだけど、酔えそうな気が全くしないぞ。

 今夜は健康的に。

 近所のローソンストア100でゲット。(さすがに100円では買えなかった。)

 白鶴酒造とタマノイ酢との共同開発商品。

2010-06-06

福井・久保田酒造「梅霞」。

度数 : 12度

ベース : 清酒「本醸造 丸岡城」

味 : 甘さひかえめ。やや酸味。スッキリしていて飲みやすい。

 浅草演芸ホール近くの「日本料理 手打そば 十和田」さんでいただいた。

 えびの天ぷらを食べながらニコニコ飲んでいたら、カウンターの中でその天ぷらを揚げてくれたかなーりイイ感じの板前さんが「どうです、その梅酒、おいしいでしょう〜。」とニコニコ。 こちらも「ハイ、スッキリしていて、おいしいです〜。」とさらにニコニコ。 こういう会話って、なんかうれしいな。

 あわら市産の紅映(べにさし)梅を使用。

6/6浅草「浅草演芸ホール 六月上席 後半 昼の部〜夜の部(途中まで)」。

 助六師匠と、花助さんを楽しみに。

---

【昼の部】

くま八 元犬

小笑 子ほめ

-

神田蘭 講談 ファイティングまつこ(半ばまで)

松旭斉八重子プラスワン(×鏡味正二郎) 奇術

遊馬 転失気

歌蔵 道具や

松乃家扇鶴 音曲

神田松鯉 講談 卵の強請

圓枝

宮田陽・昇 漫才

鶴光 生徒の作文

歌春

東京ボーイズ 漫謡

米丸 風呂屋風景(かな?)

〜仲入り〜

花助 やかんなめ ←やかんなめ、とにかく大好き! 花助さんも大好き! もう、大・興・奮。

東京太・ゆめ子 漫才

寿輔 親子酒 ←今日は黄色。

圓 反対夫婦

翁家喜楽(↑松旭斉八重子プラスワン) 太神楽曲芸(傘、水雲井)

助六 春雨宿、あやつり(かっぽれ) ←とても楽しみにしていた「あやつり」。 やっぱり、イイねぇ〜。 また、見たいなぁ。

---

※見かけた前座さん 鯉八くん、小笑さん、松之丞さん、宮治さん、翼さん、くま八さん、明光さん

 

---

【夜の部】

羽光 初天神(飴、凧)

-

小蝠 普段の袴

林家花 紙切り(舞妓さん、林家花、タワー(スカイツリー)、歌丸師匠、似顔)

文月 看板の一

(ここで退場)

---

※見かけた前座さん 雷太さん(まぼろし?)、羽光さん、昇也さん、味千代さん

 途中退場して、近くの「下町バームクーヘン」さんへ。 「はちみつバームクーヘン」と「ミニクーヘン」(6個入り)をゲット。 お腹がすいたので、ちらっとお蕎麦を食べに「十和田」さんへ。

2010-06-05

6/5新宿「深夜寄席(途中から)」。

 てっきり扇里さんは四番目の出番かと思っていたので油断していたら三番目だった。 高座開始に間に合わず。 あらら…。

---

(途中入場 ここから)

扇里 明烏 ←翌朝の若旦那のうれしハズカシ顔が見どころです。

鏡太 五目講釈

---

 今晩は「若旦那特集」だったのかな? 途中から入ったので一席目、二席目になにを演ったのかわかんないだけど。

 お家に帰ってきてから、昼間の試合結果を確認。 余裕で勝ったんだろうなー、と思いきや、L 6 - 5 YS でギリギリ勝ちとな。 あぶなかったなぁ…。

6/5聖蹟桜ヶ丘「第26回 せきど落語会 三笑亭可龍 真打昇進記念連続三夜 第三夜」。

 結局、朝まで寝られんかったとです。 ようやく日が昇る頃に寝られたとです…。

 で、昼間はふらっと神宮球場へ。 交流戦のライオンズvsスワローズ。 ビジター外野席でカレーとアイスを食しながら、ゆるゆると応援。 5回が終わった時点でライオンズ1点リード。 ここで途中退場。 球場の外で6回表の追加点の歓声を聞き、かなりゴキゲンに聖蹟桜ヶ丘へ〜。

---

可女次 祝いガメ、踊り(かっぽれ) ← 可女次さん、最近なんだかやけに面白い。目が離せませんよ。 踊り、初めて見たー。

夢吉 近日息子 ←あら、素敵! いつもとちょっと違う色味のコーディネートで登場。(昼間、お仲間のお祝い事に出席した帰りらしい。)

朝夢 代脈 ←なんか、朝夢さんが演るとヤラシーのね。

〜仲入り〜

ロケット団 漫才 ←もう、笑いっぱなし。

可龍 宮戸川 ←もう、ノビノビと。楽しかった!

---

 今夜もかなーり盛り上がった〜。 めちゃめちゃ楽しかったぞ〜!! ありがとう、ありがとう。

 三日連続で、駅のスーパーでお買い物。 母の郷里のお菓子を発見したので、お土産用にゲット。 ゴキゲンに新宿方面へ〜。

2010-06-04

6/4聖蹟桜ヶ丘「第25回 せきど落語会 三笑亭可龍 真打昇進記念連続三夜 第二夜」。

---

可女次 転失気 ←面白かったー。やっぱり、ダジャレが入るんだな。

可龍 こうもり

夢之助 粗忽の釘

〜仲入り〜

ナイツ 漫才

可龍 締め込み ←楽しかった〜! 締め込み大好き!

---

 今夜は前座さん無し。なので、高座返しは可女次さんが担当。フツーに高座返しをしているんだけど、なんか可笑しいの。

 明日の夜は、いよいよヤング三笑亭まつり!(勝手に命名。) 楽しみにしすぎて、今夜は寝られんかもしれん…。

2010-06-03

宮崎・神楽酒造「梅の実」。

度数 : 14度

ベース : 本格焼酎「麦焼酎 くろうま」

味 : 少しトロッとした感じ。飲んだ後は、わりとスッキリ。

 聖蹟桜ヶ丘の京王ストアでゲット。ここのお店は、チョーヤ系が充実している。

6/3聖蹟桜ヶ丘「第24回 せきど落語会 三笑亭可龍 真打昇進記念連続三夜 第一夜(途中から)」。

 今夜から連続三夜で可龍師匠の落語会。これはもう、お祭りだ。わーい!

 なーんて、ウカウカと浮かれていたら、ちょこっと遅刻しちゃった。あらら…。

---

(途中入場 ここから)

可女次 寿限無 ←ばあちゃん、ナイス!

遊雀 堪忍袋

平治 源平盛衰記 木曽義仲

可楽 ちりとてちん

〜仲入り〜

口上(司会:遊雀 平治、可龍、可楽) ←口上とは名ばかりの、爆笑大喜利状態。笑ったなぁ〜。

鏡味初音 太神楽曲芸(五階茶碗、傘)

可龍 明烏 ←表情がとっても良かった。

---

※高座返し 北見翼

 あー、楽しかった〜。明日も楽しみだわい。

 連続三夜公演のチケットの半券二日分(同一日はNG)を受付に提示すると、先着50名様に可龍師匠の手ぬぐいプレゼントだそうですよ。(会場でいただいた「寝床新聞 号外」より)

 帰りは、駅のスーパーを探検。梅酒やらお菓子やらみかんジャムやら親子きんぴらごぼうサンドやら、いろいろなものをゲット。で、ゴキゲンに帰宅〜。