ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

閑居六尺

2017-06-27

別府の演奏会 いーい湯だな!♪♪

また今年もこの6月のアクセス数が急増した。(ここのとこブログ更新をさぼっているのに申し訳ありません)

原因と思われる過去のブログ http://d.hatena.ne.jp/chichi7/20160604

→金運アップの6月の6の付く日の記事を見るということらしい


「大分県合唱祭」の開催が今年は別府「ビーコンプラザフィルハーモニアホール」で6月18日(日)に開催された。当地は8年に1回ぐらい回ってくるらしいが、我々としては今年の会場に、演奏終了の後の湯上り一杯の期待で大歓迎であった。出番が最後というのも時間的に終了後のスケジュールを考えてのことかな?

f:id:chichi7:20170627130233j:image:left

f:id:chichi7:20170627130236j:image

県下32団体が参加する年1回の合唱の祭典のようなものではあるが、各地域から我こそはといったグループが参加しているので結構レベルも高く、他団体を聴きながら大変参考となるイベントでもある。

f:id:chichi7:20170627130239j:image

今年は3名の新入団員の初舞台ということで、頼もしさとともにハーモニー面の調整を重ねて来た。指揮者にも一抹の不安があったと思われるが、“緊張感よりわが道を行くような演奏”(確かこのような言い方だったと思うが?)だった、という講評に何か今後の課題のようなものを感じた。11月の定期演奏会に向けさらなる課題練習を重ね本番での不安の解消を図らねばなるまい。

聴いて下さった方に感想を伺うと、皆さん一様に「よかったよ」と言ってくれるので細かな点までは聴こえなかったのかよくわかりませんが、声が舞台の中だけで響くのではなく前に飛んで来ていたと言ってくださった方もおりまあまあの安心をせねばなるまい。

f:id:chichi7:20170627130244j:image

f:id:chichi7:20170627130224j:image

どちらかというと今回は演奏後の楽しみを、待ってましたー、という雰囲気、これがあるからやめられない。

来年は 6月17日(日) iichikoグランシアタ 



またまた別府ということで、連週の演奏であります。

これは月2で通っている別府のウクレレ教室が依頼されたライブ演奏であります。

f:id:chichi7:20170627130453j:image:left 5月には別府フラフェスティバルの関係で演奏したばかり、11月には昨秋の別府駅での演奏も予定されているようで、ここのとこ別府づいて来ている。

f:id:chichi7:20170627130248j:image


「愛の里サンビラ」(別府市山の手町) http://www.ainosato.or.jp/10.html

自然環境に恵まれたなかで静かな佇まいを感じさせる、高級感のある有料老人ホームで、伺うと30年以上の歴史があるそうだった。ご入居の方々を聞くと、終の棲家を環境や食材に求め別府を選び県外から来られた人が多く、なかには医師や弁護士などある意味人生の成功を修めた方々も見受けられるとのこと、日頃クラシックばかり聴いてるんだろうな―などと思いつつ、我々の演奏スタイルが受けるか心配しつつ始めた。

f:id:chichi7:20170627131421j:image:w360:left

 我々のスタイルであるが、教室のメンバーにフラダンスを教えている人がいることから、毎回ウクレレ+フラの組み合わせとしている。






場数を踏んでないのでなかなか満足のいく演奏に及ばないが、聴き手の表情を見ながらの身近さや、限られた空間に起こる一体感がライブの良さと思い、できるだけ親近感を持った演奏に徹した。

f:id:chichi7:20170627133946j:image


合唱していると時々会場から“ブラボー!”と声掛けして頂くことがある。この時は大概自分達でも上手く歌えたと思える時で、やはり聴く人にもその出来栄えが伝わっているのだとホッとする瞬間であります。

この日歌い終わったところで“ありがとうー!”と聞こえました。初めて聞く声掛けに感動しました。

f:id:chichi7:20170627130216j:image:left















歌は幸せを運ぶ