Hatena::ブログ(Diary)

くるみりすの歴史館

2013-03-20

岡山の歴史遺産45 備前国分寺跡(びぜんこくぶんじあと)


☆所在地:岡山県赤磐市山陽町馬屋

☆アクセス:宇野バス「馬屋」バス停下車、徒歩5分。

☆概要

赤磐市南西部、両宮山古墳の西に隣接する一帯に広がっている。

天平13年(741)、聖武天皇による国分寺・国分尼寺建立の詔勅により、8世紀後半に建造された。

西大寺の寺伝によれば平安時代後期の11世紀に大規模な火災にあったと伝えられている。

その後、規模を縮小し戦国時代に焼失するまで存在していたようである。

昭和49年(1974)、発掘調査が行われた。

この結果、南北200メートル・東西180メートルの敷地に、南門・中門・金堂・講堂・僧坊が一直線に配され、南門と講堂を結んだ回廊の中に金堂と塔があり、塔は金堂の南東に配された典型的な東大寺(国分寺)式伽藍配置となっていることが確認された。

ただし、中門が南門に非常に接近していることが、他の国分寺に見られない特徴である。

寺院の礎石は加工の痕跡があまり見られず、礎石に適した石をそのまま利用していたようである。

昭和50年(1975)、国の史跡に指定された。

なお、塔跡に塔心礎が1つ残っており、その上に総高約3メートルの石塔が建っている。

これは鎌倉時代に建造されたと推定されており、平成2年(1990)に赤磐市指定文化財(指定当時は山陽町)となった。

発売日前日お届け DVD・ミュージック



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村

f:id:chie17:20160831160417j:image

まめもち子まめもち子 2013/03/21 20:43 いい勉強になります。恥ずかしながら知らないことばかりです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chie17/20130320/1363792717