Hatena::ブログ(Diary)

ヨスクス

 

2014-01-25

[][]クザリアーナの翼感想(ほぼかざまさんのこと)


観劇からずいぶん時間がたってしまいましたが、クザリアーナの翼感想です。かなりストーリーの核心に触れているので、これから観劇される方はまわれ右することをオススメします。


以下ネタバレにつき隠します。

続きを読む

2013-09-11

[]KB24ざっくり感想


カザマさんは自身の出演作品を視聴者と同じ目線で語れる人だと以前から思っていて、放映前のインタビューで「スポーツみたい」とか「ドキュメンタリーみたい」と連呼するカザマさんを見かける度、「ああ、これは人間ドラマとしては熱く語れるものがないってことか」と、あらかじめハードルを下げて挑んでしまった今回のドラマ。下げたハードルは上がることも更に下がることもなく、伏線の深さと効果音の大きさが反比例するとガッカリ度が増えるという方程式を学んだ頃に最終回を迎えてしまいました(個々の設定はおいしかったのに繋がらなかったのももったいない...!)。でも、広瀬先生と本庄先生のツンデレ師弟愛コンビは最高でした。1話の居酒屋トークが毎回あったらよかったのに。変なところで捻くれる本庄先生と、それに対して「んもう!」って感じで返す広瀬先生が愛おしくて仕方なかったよ。

広瀬役に関してはふっつーーの役をピリッとスパイスを効かす程度に全編演じ切れてほんっとよかったです...(泣)とくに最終回の広瀬先生はまったく澱みのないお芝居をされていて、正直びっくりしました。だって声にぜんぜんノイズが入らないんだもの。うわーかざぽんこんな声も出せるんだー、天上の人の声だーっと思ってしまったよ。あとは番宣チョイスも素晴らしかったし、それ生きに引き続き、フジテレビさんありがとう、としか言いようがないです。

しかし、カザマさんがここまでフジテレビっこになるとは10年前には考えてもいなかったです。なんとなくドラマで拾ってくれるのはTBSかテレ朝だと思い込んでいたので。これからも末永くよろしくお願いします(と拝みに、そのうちお台場に行こうと思います)

2013-08-22

[]秋のかざまつり

秋のかざまごと、なんだか凄いことになっていますね(白目)。
舞台までに1つくらい映像仕事があればなあ...と思っていたけど、まさか2クール続けてレギュラーが決まるとは…!リーガルの裏というあたり、ちょっと残念ではあるけれど(ゲスト出演の夢が…)、ここ1年のかざまごとに関しては基本受け身スタンスなので、やってくる仕事はなんでもありがたく受け止めております。もちろんコトダマで飛ばしていきたいあれやこれやはたくさんありますが、私の中でかざぽんの出演作は真剣に見入るジャンルと面白おかしくつっこむジャンルの2つしか存在しないので、ほんと何が来ても日々の潤いになるのです(こんなポジティブだからこそ、10年近い暗黒期を乗り越えられたのだとも思う)

まあ、あえて今すぐこうして欲しいという願いがあるとしたら、働いて働いてはたらきまくって、堺某や香川某に次ぐ「なに?働きつづけないととしんじゃうの?」役者になってほしいということでしょうか。*1以前、どこかの俳優さんが「年をとると芝居に深みが出る反面、役の幅が狭くなる」と言っているのを聞いたか読んだかしたことがありまして、本当にその通りだなあと。だからこそ、30代のうちにいろーんな役をたっっくさんこなして、その中で彼の合った道を開拓して欲しいと願っております。(20代はそれすらできなかったから尚更ね)

しかしこんなに与え続けられていてもヲタの願望というのは尽きぬものよ...

*1:新婚相手にかなり酷だけど

2013-07-14

[]おめでとうございます


風間俊介さんご結婚おめでとうございます。
恋愛ネタに対しては昔からあっぴろげな人だったから、いつかはそういうことになると覚悟はしていたけど、まさかこんなに早く、しかもどこからも情報が漏れずにヤフトプで一報を聞くという、なんか色々ひっくるめてソツのない結婚*1にびっくりしましたよ(朝ドラ大役を終えたタイミング、30歳という節目、10年愛などなど)。

堺さんや藤原くんなどの結婚報道を見かけるたび、これがカザマさんだったらそれなりにショックを受けるのだろうなあと思っていたけど、実際は全然ショックじゃないどころか嬉しさとワクワク感で胸がいっぱいな自分にも驚いています。これから俳優として、もっともっと演技の幅が広げていくであろうカザマさん(既婚)が楽しみでしかたありません。もちろん名前が売れてきたタイミングでの結婚で失ったチャンスもあるとは思います(若手俳優として増えるであろう女性人気とそれに伴う仕事のオファー。あと、そういう意味で事務所から期待されてなかったのねーというトホホ感はなきにしもあらず)。でもそんなロスを倍にして返せるバイタリティーがあると信じております。ソツもないし人懐っこいしね←これ結構重要。


何より、ヤフトプやら社会新聞やら新幹線の掲示板に報道されるくらい有名になってくれて良かったよ...!たぶんこれが結婚に動揺しなかった一番の理由だよ(泣)しかも30歳ほやほやでこの状況って、しつこいようほんっと鮮やかなまでにソツがなさすぎて、この10年間の仕事状況は全て彼の作戦なんじゃないかと思うくらい、かざぽん様!おそろしいこ...!!(白目)という気分になっております。ほんと、これからも四進一退くらいのペースで太く長く進んでいってほしいなあ。

*1:ファンによって色々な考え方があるのは承知ですが、芸能人として一番理想的な結婚報告だったと私は思うのですよ... 

2013-06-17

[]三十路世界へようこそ


風間俊介さん、30歳のお誕生日おめでとうございます。

かざまさんは昔っから変わらないし、何かがきっかけで大きく成長することもあまりない。要するに果てしなくブレないひとなのだけど、そのかわり自分の経験(何もしないということも含めて)を掘り下げて、丁寧に積み上げてゆくのが得意なひとなのだと思います。あと1年は免許がとれないと事務所に言われるくらい馬車馬状態だった10代の頃。同世代の子たちが華々しく活躍しているなか、1年近く消息不明の時期すらあった20代の頃。どちらの経験もほんとうに綺麗に積み上げているなと、いい形で昇華しているなと、今の彼をみていて思うのです。ここからさらに「それ生き」や「純と愛」で経験したことをどんな綺麗な形で積み上げてゆくのか、楽しみで楽しみで仕方ありません。三十路男の顔は経験で決まるからね。かざぽんはもっといい顔になってゆくと思うよ。

7月からはじまる救命病棟も楽しみにしています。30代最初の役柄が「普通」の役というのがなんともいい感じ。30代かざぽんには色んな「普通」の役を期待しております。あとは群像劇をたくさんみたいなあ。今まで同世代の俳優さんとがっつり絡んできていないということが、20代かざぽんに対する唯一の心残りなので。露出が増えまくったこの2、3年ですら瑛太くんと城田くんくらいしか絡んでないもんなー(しかもほんの数話だけ)。もっとがっつり!ガチで!タッグでもバトルでもいいから観てみたい!です!!*1

*1:と書いたあとで、もこみちとの共演のことを忘れていたことに気付きました。



Connection: close