Hatena::ブログ(Diary)

しあわせは日々のなか

2008-06-30 月

[]限りある時間の中のいくらかを私にくれるその幸せ

 みんなそれぞれ忙しくて、使える時間なんて限られてて、でもその中で、わたしと一緒にいることに時間を使ってくれる人がいること。それを無駄じゃないと感じてくれて、それが楽しいと言ってくれる人がいること。それはすごーく幸せなことだなーって、思ったんです。
 この日記も……読んでくれてる人たちの中には、書いているわたしと会ったことない人もいて、でもなにかのきっかけでここにたどりついて、気に入ってくれて、限られた時間の中のいくらかを「読む」ことに費やしてくれる、それを継続してくれている、そういう人が、いるんですよね。嬉しいな。

[]日本文学・近代

 この先生は、「文学なんて大真面目に語っちゃってる自分」に対してときどき照れているように見えて、それがなんだかかわいいなあ、とひそかに思ってます。

2008-06-28 土

[]ZOO

ZOO [DVD]

ZOO [DVD]

 基本的にわたしは映像より活字が好きで、好きな小説映像化となるといろいろと文句をつけたがる原作信者なのですが、これはよかったー。満足です。
 「カザリとヨーコ」も「SEVEN ROOMS」も「SO-far そ・ふぁー」も「陽だまりの詩」も「ZOO」、ここは原作どおりだなーここはちがうなーここだいぶ違うなーと思いつつ見てはいたけれど拒否感はわいてこなかった。「映像化」されたものとして受け入れられた。わたしには珍しく。
 それにしても神木くん美少年だね、と一緒に観た人と言い合いました。
 「陽だまりの詩」のみ実写でなくアニメでしたが……冒頭で、アニメになると「女性ロボットを作製して自分の世話をさせる」っていうのがちょっぴり変態さんっぽいなあ、と思ってしまった。原作では語り手であるところの女性ロボット容姿は詳しく出てこないけれど、アニメとばっちり少女」って感じだっただけに。
 「ZOO」はいちばん原作どおりじゃなかったけれど、おもしろかった。これに登場する男の人は、現実にはなかなかありえないと思うけれどフィクションの中ではわりと登場する、倉庫を改造した感じの場所を住処にしてたのですが、その虚構的かっこよさとは裏腹に、口から出る台詞は「俺おまえがいないと生きていけないんだよ……」というような情けなさたっぷりだったりして、そのギャップがツボった。

[]カフカ 田舎医者

カフカ 田舎医者 [DVD]

カフカ 田舎医者 [DVD]

 絵の質感がすごく好き。でもみんな、まぶたはどこへ行ったの?ってくらいに目を見開くからこわい。人物の動きの誇張のしかたが激しくて、いちいち伸びたり縮んだりふくらんだりしぼんだりするのもこわい。虫がうじゃうじゃわくところなんかむちゃくちゃ気持ち悪い。声優狂言師さんたちが起用されているから、語りが狂言調なのがこわい。「裸にしちゃえ、そうすれば……」ってきれいなボーイズソプラノで歌われるのもこわい。
 好きなんだけれど説明しようとすると「こわい」しか出てこない。とりあえずこれは原作うろ覚えだから(読んだの中学生の時じゃないかな……)またちゃんと読もう。

2008-06-26 木

[]元気です

 1限に出たあと一度家に戻って炊き込みご飯を作って、それからまた学校に行って、ども研に顔を出した後、本屋さんへ行ったり古本屋さんへ行ったりお茶専門店に行ったりしておりました。

2008-06-24 火

[]高校生の頃

 高校生の頃も、はてなダイアラーだった。今読むと、よくもまあこんなことを恥ずかしげもなく……と赤面してしまうようなことが書いてあるのだけれど、書かないように必死で隠してきた感情があったことも思い出した。

 隠したかったのは、「自分にも欲情される価値があるってことを知りたい」*1って欲望だった。
 「彼氏がほしい」とか「恋愛したい」とは、たぶんちょっと違う。ただひたすら、自分にその価値があるかどうか知りたい、あるならそれを認められたい、肯定されたい……っていう。
 表向きわたしは、自分はきっと一生恋愛なんかできないよーとか、女の子といる方が楽だーとか、自分を好きになる人なんかいるはずないとか……ことあるごとにそんな発言していた。もちろんそれに嘘はなかったけれど、表面化でずんずん、「少しでも若くてきれいなうちに自分にも異性の対象*2になる価値があるのかどうか確かめたい」って気持ちは募っていた。……発情期、って言うのかな、これも。自分の容姿も性格もまったくもって好きになれず好かれる価値があるとも思えず、そのぶんはっきり自分を肯定してくれる自分以外の「誰か」を求めてた、そんな時期。

 そういうふうに高校時代は、何に対しても一生懸命で、いつも切羽詰っていて焦っていた……気がする。今思うと、だけれど。

*1女性には四つの偏差値がある、それは「学力偏差値」「ギャグ偏差値」「容貌偏差値」「実用偏差値」(成績がいいか、ギャグが冴えているか、容貌がすぐれているか、上手に男を立てられるか)である。「容貌偏差値」は男性から見ると「欲情偏差値」に充当する……と小倉千加子さんが『結婚の条件』の中で述べていたのが印象的だったのでこの言葉を使うけれど……ゆ、勇気がいるなあ……

*2:この言葉桜庭一樹ブルースカイ』で見かけて以来のお気に入り

2008-06-23 月

[]こわい話

こういう場合、男性はとにかく説明すればいいのだ。自分にとっての理由とか言いぶんを説明するのではなく、「女性が欲しているラインに沿った説明」をすればいいだけのことだ。感情を曲げ、事実と反した説明をするのは男らしくない、と考えるひともいるかもしれない。あるいは、そんなのは誠実な態度とは言えない、と感じるひともいるかもしれない。
が、所詮は個人的関係にある男女間の喧嘩である。相手の求めるストーリーに則った説明を、いかにも「俺も遺憾であるよ。ほんとにごめんね」と思ってるような素振りで語っておきゃあいい。相手とこれからも仲良くしたいという気持ちがあるのならば。
たぶん多くの女性は、言葉を欲する。べつに、「愛の言葉」という意味ではない。早い話、納得できる「理屈」が欲しいのだ。理屈言葉で説明してくれる態度に、女性男性の「愛」を見いだす傾向にある。
彼女の欲するところに気づいているのに気づかぬふりで、沈黙で抗しようとするのは、怠慢であり演技力の欠如と言えるのではないか。もし、彼女がなにを欲して小一時間も糾弾しつづけているのか気づいていないのだとしたら、それは言語解析能力想像力の欠如と言えるのではないか。
(中略)
女と仲良くしたいと願う男は、執念深くなく言葉を求めない女を探すといいだろう。しかし残念ながら、執念深くなく言葉を求めない女は、存在しないのである。こわいですね。

 三浦しをんさん「ビロウな話で恐縮です日記」より。
 こわいわあ……ちょうこわいわあ……。こういう負の女らしさ(って言えばいいのかな)をわんさか持ち合わせている自信だけはあるので、こわいわあ……

 でもまあ……このエントリ趣旨からは外れた話になるけれど、「自分の求めているストーリーに則った説明」をしないと納得しない人は、男の人の中にも、いるなあ、とか、思ったり……(遠い目)

[]コメントの返信が

 遅くって遅くって申し訳ない……

[]短い髪にはやくも飽きた

 夏が終わったらまたちょっと伸ばしてみようかな。

[]鶏もも肉をてりてりに

http://cookpad.com/recipe/291447
 作ってみた。食べた人の感想:「おいしい」

2008-06-20 金

[]繰り返し引き戻されている

 今は大丈夫だけれど。昨日のへこみっぷりはなんだったんだろ。
 どうして幸せなことだけ見ていられないんだろう。繰り返し繰り返しむかしに引き戻されて、劣等感やむなしさに出会ってしまう。そんなことしたくないのに。

2008-06-18 水

[]創作演習B

 ある作品の冒頭だけを示されて、この続きを書いてみましょう、って課題が出ました。この授業では、授業中に何人かが指名されて、途中まででもいいのでよかったら書いたものを音読してください、と言われます。みんなの前で読みたくなければ読まなくていいのですが、せっかくこういう授業とってるんだし! 読むは一時の恥! と最近開き直って、わたしは当てられたら読んじゃってます。
 今日はなー……読んでみたものの、冒頭の文章の雰囲気を無視してラノベっぽいノリになっちゃってたのがわたしだけだったので、なかなか恥ずかしかったです。うむ。

 しかし、この授業に出てていつも思うけれど、みんな文章が達者だなー……。
 自分は物語の読み手にしかなれない、書き手にはなれっこないとずっと思っていて、それはこんな授業をとっている今も変わらないのでした。
 うちの専攻には最初から創作がやりたいって目的を持って入学してきた人もけっこういるけれど、わたしはそうじゃないからなあ……。入学してすぐの「研究創作どちらに重きをおきますか」ってアンケートの設問にも研究って答えたし、去年まで児童文学の読み方とか日本児童文学講義とか、評論を書くような授業ばっかりとって、創作の授業はとらなかったし。
 今年度創作演習を二つとってみたのは*1、せっかく珍しい授業がうちの専攻にはあるんだから、それを受けないのはなんだかもったいないという、せせこましい気持ちがあったから。それと、中学生の時ちょっと書いてみて、あー自分には無理だー読んでる方が好きだー、と早々に投げ出した「創作」って行為を、今やらなきゃいけない状況になったら(なにせ授業だから、書いて提出しなきゃ単位はもらえない)どんなものができるのか興味があったから。
 ちょっとやってみて、読んでくれた何人かから感想を一言二言もらったけれど……たいてい「ちほちゃんぽい」「ちほちゃんらしい」と言われるのでした。うーん……そう言われるのがいやなわけではないけれど、わたしの書くものがわたしを知る人から見てわたしっぽいというのは、意外性がなくてなんだかつまらないです。しょうがないけれど。
 あと、創作だと、内容に自分の好きなものが駄々漏れなのがすごーく恥ずかしい。いや、日記でさんざん恥ずかしげもなくあれが好きこれが好きと発信しておいていまさら何を、という気もするけれど、創作した話の中に発見されるというかたちで自分の好みが発覚するのはなぜか恥ずかしい。

[]吉本ばなな 『ばななブレイク』 幻冬舎文庫

ばななブレイク (幻冬舎文庫)

ばななブレイク (幻冬舎文庫)

 このページのちょっと前だか後だかに書いている私の父は、確かに「批評ということ」をしていると思う。
 それは、人間仕事にすることであるかぎり、そんなになまやさしい仕事ではない。
 それは、何をどう読んだかがそのまま、その人の魂を映す鏡になってしまうから。そこになにがしかの「普遍性」が感じられてなんぼの世界だから、小説を書くという、わずかでも嘘が通じる世界よりも厳しい。いつも魂の私小説をつづっているようなものだ。(P.226-227)

*1:去年、「編集入門」って授業でも、創作のまねごとはしたけれど

2008-06-17 火

[]創作演習A

 やっぱり提出した文章(……短歌を並べただけなんですけど)は先生によって読まれましたー。やっぱり恥ずかしいものですね。最近は開き直っているけれど。

2008-06-16 月

[]バイト先の(肌きれい・髪ふわふわ・眼鏡かけてる)美少女

 「モテそうですよね」と言われてびっくりしすぎて手をぶんぶん振って否定してしまった。そ、そんなん言われたん人生初……!
 とりあえず、モテません、という事実を主張しておきました。

2008-06-15 日

[]会っていればどこかへ消えている

 結局のところすぐに消えてしまう悩みでもあるのだ。
 考えてる時はものすごく深刻なつもりでも。

[]名づけようのない関係

http://d.hatena.ne.jp/quaint1719/20080615/1213535335

 バルサとチャグムの関係は、親子関係でも恋人関係でも主従関係でも雇い雇われの関係でもなく、「バルサとチャグムの関係」以外のなんでもないんだろうなと思った。

 とっても共感した。アニメ版との最も大きな差異はここだと、わたしは思ってます。アニメだと丸っきり親子に見えてしまったから。それを否定する気は毛頭ない(あれはあれで微笑ましくていいと思うんだ)けれど、わたしはやっぱり原作の二人の関係性が好きです。既存の関係性を表す言葉じゃどうにもしっくりこない、名づけようのない、でも二人の間には強い結びつきがあるのは確かだ、っていうのに惹かれる。

[]言われて嬉しかったことがいっぱいあった

 大事に自分の中にしまいこんでおきたい言葉をもらえたのでした。

2008-06-14 土

[]大学近くのパン屋さんで

 せおちゃん(id;seo19114)にばったり会って、食堂でまったりした。

2008-06-13 金

[]ああ……そっか

 実は、寂しかったのか。気軽に会いに行けないのが。
 あの種の寂しさは、もう嫌だったのか。
 今更気づいた。

[]ああそっか その2

 まだ抜けてない、のか。わたしの中からは。
 調子に乗っちゃだめなんだよ、自分は消去法で残っただけだよ、次点なんだよってずうっと自分に言い聞かせてた頃、とか。やっぱりこんな自分じゃだめかあってがっくりした時、とか。泣きたかったのに泣けなくて、電話切った後ようやくひとりで泣いた時、とか。もうがんばんない悪あがきしないって思った時、とか。
 ……はあ。ほんと、しつこい性質、だなあ……
 こんなんじゃ、覚えられてる側が、気の毒だ……

自分の依存癖に辟易している

 自律したい

2008-06-12 木

[]投げ出したい

 でも投げ出さない

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

私たちを投げ出してしまいたくなったこともあるだろうか。うん、きっとある、と私は思った。一生口に出さなくても、心の底の方で何もかもが面倒になったことがきっとあるだろう。(中略)誰ひとり、本当は心の底に眠るはずのどろどろした感情を見せないように無意識努力している。人生は演技だ、と私は思った。意味は全く同じでも、幻想という言葉より私にとって近い感じがした。その夕方、雑踏の中でそれはめくるめく実感の瞬間だった。ひとりの人間はあらゆる段階の心を、あらゆる良きものや汚いものの混沌を抱えて、自分ひとりでその重みを支えて生きてゆくのだ。まわりにいる好きな人達になるべく親切にしたいと願いながら、ひとりで。(P.48-49)

2008-06-11 水

[]もう

 蒸し返したくない傷つけられたなんて言い立てたくない
 ただ劣等感だけ残ってる 色濃く

2008-06-10 火

[]『荒野』(桜庭一樹文藝春秋) を購入

荒野

荒野

 ファミ通文庫で出た『荒野の恋』第一部・第二部の大ファンで、第三部はいつ出るかいつ出るかと心待ちにしていたのでした。先月、文藝春秋から第三部の書き下ろしを加えて、タイトルも『荒野』になって単行本として出版されて、欲しいな欲しいな読みたいなと思っていたのですが、やっと買えたーっ。
 購入後電車の中で即読了。すごーくよかった。読めて幸せ幸せすぎて涙が出そう。桜庭一樹女の子同士の関係性の描き方が大好きだ。でもやっぱり、ファミ通文庫で『荒野の恋』を読んだ身としては、ミギーさんのイラストが無いのは物足りない、なあ……

[]いつになったら

 あの人がわたしに望むことをかなえるだけで幸せになれたらよかったのに、好きでいられたらよかったのにって思わずにすむんだろう
 すぐ忘れるでしょって言われたことをまだ覚えてる
 重要じゃなくなったから、必要としなくなったから切り捨てたと思われたんだろう、そう思われても仕方ないことした
 でも、そうだったらこんなにずるずるひきずったりしないよ
 いつかは忘れるにしても思い出すだけになるにしても「すぐ」ってほどあなたの存在は軽くなかったんだよ
 違和感だらけでもこのままじゃ駄目だってわかってても怖くても逃げたくても、心の支えだったんだ、ずっと

[]もう、

 劣等感いっぱいでいなきゃいけないのは、やだ
 関係なくなりたい
 劣等感を肥大させてるのは他の誰でもなくわたしなんだから、今逃げたってまた違う場所でも同じような気持ちを抱くのは予想できるけど
 ああほんとうに、いつまでもいつまでも引きずってる、こんな自分は特に大きらい

2008-06-09 月

[]

 『乳房になった男』読んでる。

2008-06-08 日

[]虫にはあんまり動じない

 バイト先にて羽蟻発生。実家方面に発生してたやつより小さいですね、と淡々と処理してました。

2008-06-07 土

[]

 昨日のバイトでは、ほぼ同時期(4月半ば)に採用された3人(わたし含む)で閉店作業をしなくてはいけなくなり、へろへろになって終電で帰ってきました。

本との出会いのきっかけを作れた……というのは何より嬉しい

 id:risukaさんへ
 一度こちらの日記も全削除したので(本文だけ復活させましたが)コメントが消えてしまいました……申し訳ありません。
 コメントありがとうございます。自分の日記を読んでくれる人がいることは、やっぱりすごく嬉しいです。こちらで細々とまた書いていきたいと思います。

2008-06-06 金

[]「女の子らしさ」の内面化

 「女の子」はそんなこと言っちゃいけないしちゃいけない、そんな欲望を持っちゃいけない……私は、そういう抑圧を過剰に内面化してるんじゃないかと思うことがある。他人と比べようがないから、人よりこの程度がひどいかどうかなんてわからないけれど。

[]「二次元女の子になりたい」

 わたし、男性視点から見て魅力的な、いやな言い方をすると「都合のいい」女の子になりたいんだろうなあ。実際に女の子の内側を体験したことのない人が作った「女の子」像の方を、余計なものがくっついてなくてきれいだと感じていて、そうなりたいと思ってる。でも、もちろんそんなのは無理な話。現実世界で生まれた時から女であるわたしは、邪魔なものを持ちすぎていて、「きれい」と感じる女の子像に近づけない。
 アイマス好き*1な理由の一つも、そのへんにあるような気がする。あれに登場する女の子たちは、長所もあるけれど欠点もあって、でもその欠点は「かわいい」と思える程度のもので*2、丸ごとプロデューサーさんに愛されている。現実世界で自分が、そういう風に愛されることはありえない……誰かに好かれることがあったとしても、現実の自分は年をとるし、嫌な部分もたくさんあるから、いつか愛想をつかされたり飽きられたり決定的に嫌われたりするんじゃないかという不安は尽きない。だから架空の、愛されるように造形されたキャラクターにいれこんで充足する。

 こういう、作者コメントから何から愛情あふれる動画見るとなんだか嬉しい。「嬉しい」には、外側の立場から見て微笑ましいとかいろんな成分が含まれてそうだけれど、わたしが女で、架空の女の子キャラの立場になら立ってみることが可能だから……っていうのも少しはあると思う。愛される幸せの追体験ができる、のかな。恥ずかしー言い方だけれど。

*1:実際ゲームやったことなくてニコ動で見てるだけでもこう名乗っていいのならば

*2:このへんは好みによるのだろうけれど

2008-06-05 木

[]「アンダンテ日記:ガラスの山」より

だいぶ前のことですが、顕微鏡下の、卵子精子の結合の瞬間を、TVの映像で見ました。最終目的地に達することができず、力尽きる多くの精子も印象的でした。

『きいろの童話集』(アンドルー・ラング世界童話集第4巻 東京創元社)を手にとって、タイトルに憶えのある「ガラスの山」を真っ先に読みました。残念ながら、記憶していた話とは別のものでしたが。もっとも、つるつるのガラスの山の頂上に、美しいお姫様がいて、最初に頂上にたどり着いた者が、彼女結婚できるという、このモチーフはいくつもの昔話でつかわれているものです。 しかし、主人公若者山登りに挑戦するとき、まわりには、山を転げ落ちて死んだ求婚者の死がいがいっぱい……というくだりを読んだら、急に、先の卵子精子映像を思い出しました。 昔の人は、顕微鏡でしか見えないプロセスを知るはずがないのに、つまりはこのことを指していますよね。こういうものが、神話的な智慧なのだろうと思います。

 今日大学の授業で「いばら姫」がとりあげられていて、ふとこのエントリを思い出しました。 いばらで覆われたお城に美しいお姫様が眠っていて、噂を聞きつけた王子様たちがいく人もお城に入ろうと挑戦するけれど失敗してしまって、ちょうどいいタイミングでやって来た、たった一人の王子様だけがお姫様の元にたどり着ける……というくだりで。

[]消去した前のIDログインしようとしてしまった

 1357日ぶんのはてダ過去ログは、一応とっておいてあるのだけれど。今はまだ、復活させる気がしない。
 極めて個人的なくだらないことしか書いていないけれど、それでも積み重ねた日々の記録は大事に思っていたから、しょっちゅう過去ログを消す人の気持ちはわからない、と思っていた。少し前まで。

[]家賃を払いに

 大家さんに家賃を手渡しにいきました。「風邪の時はなんにも食べずに一人で寝てたりしたらだめよ、電話していいからね」と優しい言葉をかけていただきました。感激……! 先週風邪引いて一晩中ゴホゴホ咳してたことがあったから、なあ……階下まで響いてうるさかったかな。申し訳ない。

2008-06-04 水

[]

勝手に思いつめたり勝手に息をふきかえしたりした


posted at 17:53:52


歯止めをきかせようと頑張らないと際限がない


posted at 13:39:41


自制しないと自律しないと。こんな後悔はごめんです


posted at 13:00:37

2008-06-03 火

[]対象外

 「誰でもいい」の相手になることすらありえないと思ってる、なったら奇跡だと思ってる。

[][]体調悪かったりなんだりで

 火曜3限創作演習Aの授業を何度か休んでしまっているのですが。作品(詩でもエッセイでもなんでもいいと)書いてくれば出席点をくださると先生がおっしゃったので、渡されたプリント短歌を書きつけてます。  高校生の頃はね……詩っぽいもの、を書いていたのだけれど。あまつさえそれを載せるサイトを作ったりもしていたけれど。今そのサイトは、すっかりTwitterと化しているからなあ。ちょっと、もしくはちょっとどころでなく感傷的な呟き限定の。「詩」もしくは「詩っぽいもの」と称して何かを書くことはできなくなった。気恥ずかしくて。  でも、短歌なら何故だか書けている。形式を借りている、からかな。気恥ずかしさが軽減されている。まー、穂村弘さん枡野浩一さん東直子さんの本の影響を受けているのがもろにわかるから、別の意味で恥ずかしいけれど。
 この授業での提出物は、みんなの前で先生によって読み上げられる可能性が高いから、手が抜けない。……いや、自分の気持ちを言葉にする……っていうのは、いつだってある程度大変な、手抜きしてできるものじゃない作業だけれど……。ネット上で、顔の見えない相手に発信するなら、少々乙女ちっくすぎて気恥ずかしいなーってものでも書けちゃったりするのだけれど、見知ったクラスメイトに向かって発信される可能性があるものを書くなら話は別なのです。もし発信されちゃっても顔を合わせるのがあんまり恥ずかしくないようなものに、言葉を加工しておかないと……音読されてこっぱずかしさに悶絶するのはごめんだ、うん。

2008-06-02 月

[]ありがとうもごめんなさいもいくら言っても足りないくらい

[]今日読んだもの

ア・ルース・ボーイ (新潮文庫)

ア・ルース・ボーイ (新潮文庫)


 『ア・ルース・ボーイ』(佐伯一麦新潮文庫)を読んだ。わいえすさんからいただいた本。「ぼくは、多くのものは求めないけれど、いったん自分の手でつかんだものは決して放しやしない。放すもんか(P.182)」ってなんかいいな。かっこいいな。

[]消せはしないから

 「これから」を積み重ねたいって頑張るだけ 苦しくなくなってほしいって願うだけ

2008-06-01 日

[]晴れた朝

 降り続いていた雨は昨夜でやんで、今朝はとっても晴れていたので、気持ちよく洗濯物が干せました。るんるん。
 日傘をさして、大学へ。日曜だけれど、就職活動ガイダンスがあったのです。

[]どうしてだかはわからないけれど

 もうあの人を頼ったりしないだろう、と思えるようになった。 携帯に残っていたあの人の連絡先は消したのに、頭がメールアドレスを覚えてしまっていたから、この前はいくらもたたないうちに我慢できずに頼ってしまった。また、利用してしまった。  でも今は大丈夫。なんでだかわからないけれど、この前と同じような状況になって、悲しくても寂しくても、あの人のところには戻らずにいられる、という自信がある。この自信は、この前には持てなかったものだ。なんで今は大丈夫なのか、なんだかよくわからないけれど、ようやっと踏ん切りがついたんだと思う。
 ……遅いなあ。今更だなあ。とっくの昔についてなきゃいけない踏ん切りだったのに。このせいで、いっぱい他の人に迷惑かけたり心配かけたり、したのに。