Hatena::ブログ(Diary)

しあわせは日々のなか

2009-01-31 土

[]

彼氏さんのご両親にお会いするイベントが終わって脱力している


posted at 19:52:20

2009-01-28 水

[][]

 最後の、宗教科目のレポート提出。終わったーーー。

[]創作演習で無理矢理書いて

 私が創作をすると、たいてい、私自身っぽい要素を持った女の子が出てきて、たいていその子がいやあな目に遭うのだ。それが、遠回りの自傷行為みたいで、すごーく気持ち悪い。

 まあ……今年度は何のきの迷いか創作演習を二つ取ってしまったから、必要に迫られて書くことになったけど、それも終わったことだし。もう、「お話」を書こうと頑張ることはないだろうな。

2009-01-27 火

[][]

 創作演習Bと演習の課題提出っ。
 その後、友達二人とお昼ごはんを食べに行きました。久しぶりにゆっくり話せて嬉しかったー。

2009-01-26 月

[]

 テスト二つ。一つ目は思ったよりできたけど二つ目あやしい……

2009-01-25 日

[]好きだから語る

 「眼高手低」という。
 創造よりも批評に傾く人は、クリエーターとしてはたいした仕事はできない。
(中略)
 「作家的才能」というのはそういうものである。努力とか勉強とかでどうこうなるものではない。
 人間の種類が違うのである。
 作家編集者の間には上下の格差や階層差があるわけではない。能力の種類に違いがあるだけである。
 けれども、これを人間資質の差や才能の差だと思う人がいる。不幸な錯覚ではあるけれど、思ってしまったものは仕方がない。

内田樹村上春樹にご用心』P.164-165)

 文学部に在籍してもうすぐ丸三年になるけれど、つくづく、自分創作ができる人間でも評論が書ける人間でもないなって思う。好きな本についてきゃいきゃい言う一読者にしかなれないと。
 でも、そんな人間なりに、卒論はがんばろう、がんばって書こう、と思う。ここで本について語る時も、注意深く言葉を選びたい、と思う。

2009-01-24 土

[]

@ilikebetty 私も。粉薬はオブラートなしじゃ無理です…


posted at 14:46:24

2009-01-23 金

[]ここに書くのはいつも他人事

 まだ書いてない「書きたいこと」をここに書く時。自分の書きたいことにぴったりくる言葉を探すのはもちろんだけど、それと同時に文章としてまとまっているかとか、伝わりにくくないかとか……自分以外に読まれることを念頭に置いて文章を独立させようとする。そうすると、まだ書いてない「書きたいこと」は、実際に書いてしまった時点で違うものになってしまう。気持ちを言葉に置き換える、なんて、無理だなあ。言葉にした時点で、それは伝えたかったことそのものでなく、それの加工物なんだなあ、と思う。

2009-01-22 木

[]自分を納得させる為に

 他人の文章を読んで、こういう表現は安易に使いたくないな、こういう言い回しはあんまり好きじゃないなと思うことを繰り返していくうちに、使いたくない言葉はずいぶん増えた。高校生の頃書いた本の感想には「切ない」って言葉が頻出するけれど、今だったらそれじゃ自分が納得しない。「切ない」の中味をどうにかして書きたいと思うだろうな。

2009-01-21 水

[]

 確実に相手を傷つけるとわかってることを実行した手応えが忘れられない。しょうがないとか、自分ばっかり責めなくていいんだよとか、相手の方が酷いじゃんとか、たくさん周りの人に庇ってもらえたことが申し訳ないくらい忘れられてない。
「すぐ忘れるでしょ」って自嘲気味に言われたことと自分もそう思ったことを昨日のことみたいに覚えてる。いくら「今」を忙しくして考える暇を自分に与えないようにしても思い出さなかった日はないなんて悪い冗談みたいだ。

[]

 忘れることを望んでないわけじゃないのに、何度も何度も思い出しては言葉にしてるのはなんでだろ。自分でもわからない。これじゃあ忘れないよう反芻してるみたいだ。
 何度言葉にしてもちゃんと気持ちを整理できた気がしない。一時はたくさんあった被害者意識が今は消えて、罪悪感と後悔が息苦しくなるくらい残ってる。

2009-01-19 月

[]わたしの価値

 実際に高校生女の子で、ネットでも女子高生としてブログを書いていた頃、自分価値ブログに書いたことからわかる、もしくはリアルでもちょっと接したらわかる事柄(女子高生、内気、本好き、等々)で構成されるイメージにあると思っていた。顔が見えない限り、わたしはイマドキな感じじゃないけどちょっとはかわいい女の子でいられるみたいだけど、でも実際に顔を見られたらおしまいだと。万が一、顔が許容範囲内でも、嘘は書いてないが一部分しか示していないブログイメージ(もしくはリアルでちょっと接した時のイメージ)から一歩でも外れる行動をしたら、やっぱりおしまいだと。好意を示されるような価値は、そこにしか、無いから。
 だから好きな人と、たくさんの時間をいっしょに過ごすのが怖かった。いっしょにいる時間が長ければ長いほど、ボロが出て嫌われる確率は高くなると予想してたから。逆に、嫌われたい時には、ちょっとイメージから外れる行動をしさえすればいいのだと思ってた。

 ……それでも嫌われないなんて、思いもしなかった。

2009-01-18 日

[]少女少年

【im@s新年会】少女少年-MAKOTO-
 タイトル見て、まさか……やぶうち優マンガのやつ……? と思って開いたら当たりでびーーっくりした!
 しかも設定が3の柚季編準拠……!

少女少年 3 (てんとう虫コミックススペシャル)

少女少年 3 (てんとう虫コミックススペシャル)

 小学六年生の時、学年誌に連載されてたのをリアルタイムで読んでました。懐かしーっ。

2009-01-17 土

[]ひきずってる

 1年以上前のことをこんなにひきずってるのはおかしいかな、という呟きに、ひきずっちゃうもんはしょうがないよなーと答えてくれた人がいた、それでだいぶ救われた。

2009-01-16 金

[]結局のところ説明できない

 どうして、説明して、って、いっぱい聞かれた頃のことを不意に思い出す。
 あの時も今も、わたしは説明する言葉を持ってない。いくら思いつく要素を挙げ連ねていっても、口にした言葉自分の気持ちからどんどん離れていくようだった。
 好きにならないようにしようと思っていたのに好きになってしまった人と、あんなに好きってことを示されたのに好きになれなかった人と、どこが違うのか、なんて。結果が分かれた理由は言葉にできない領域にあって、結果を示すことはできても理由を説明することはできなかった。

2009-01-15 木

[]

@komech 伊織だとこれが特に好きです http://www.nicovideo.jp/watch/sm3209451


posted at 23:50:46


児童文学という言葉を聞くとついついしゃしゃり出てしまう


posted at 22:10:26


@Lycoris_i 屋根にのぼるのは『宇宙のみなしご』かな。私は『つきのふね』『カラフル』が好きです


posted at 22:06:42


@Lycoris_iキッドナップ・ツアー』がよかったなら…未読なら森絵都とかどうでしょう。


posted at 22:00:54

2009-01-13 火

[]

レポートがどうがんばっても4000字を超えないんだけどぎりぎりまでねばってみる


posted at 14:39:53


うちの大学卒論締切は12月だから、私が卒論提出するまでもう1年きってるんだなあ…


posted at 13:08:42

2009-01-12 月

[]

『ますの。』の中で一番好きな短歌は「あなたとのレターセックス 書くという前戯は長く読むのは刹那」かもしれない


posted at 21:22:41


@slept ピンクのやつですー。わー、すれぷとさんからリプライもらえたのが嬉しい


posted at 21:20:58


加藤千恵の短歌集を開いてる。「誰もかも病んでいるからもう誰も病んでいるとは呼べないでしょう」


posted at 16:42:33


「だきしめた」を「だめにした」に空目しました


posted at 10:46:50


ふらふらしながらおうちについた


posted at 00:55:57


@ymrl 急に消えてすみません


posted at 00:15:55


貧血起こしたけど復活 すみません…


posted at 00:05:42

2009-01-10 土

[]木地雅映子 『マイナークラブハウスへようこそ!』 ピュアフル文庫

 おもしろかったーーー!
 舞台は、県下一の有名私立大学付属の中高一貫校。敷地内の一角にある古ぼけた建物は、設備が整っているぴっかぴかの校舎に部室がない弱小文化部、ふきだまりになっている、のです。その建物が、通称「マイナークラブハウス」。そこに集うのは「学校」という場所では奇人変人扱いされる人たちが多め、という……こう書き出してみると、ちょっとマンガ的な設定なのかもな。
 マイナークラブハウスに集う男の子に、女の子に、あるいは保護者に……視点は話ごとに移り変わるけれど、この物語の主役はたぶん、今回は一度も語り手にならなかったけれどすべての話に登場した「ぴりか」という女の子なのではないかと思います。学校という場所ではひときわ「変な子」で、見つめる人によっては、ひときわ「つらそうなひと」である、彼女。
 これまでの木地雅映子の作品は、「変な子」扱いされる子どもが語り手だったり、その子どもを見守る誰かの視点から書かれていたり……「変な子」視点、あるいは「変な子」の味方視点、という印象がありました。
 でも今回は、「変な子」側に視点があるんじゃなく、「変な子」の周囲を視点が転々としている感じがします。それによって「変な子」像が浮かび上がってくる、というか。

2009-01-09 金

[]

 今年度最後の演習の授業。
 学年末レポートについてと卒論についての説明が終わり、みんなリアクションペーパーをかりかり書いているその時に、先生にいきなり話しかけられました。
卒論乙一で書かないの?」
「うーん……基礎演習でやって気が済んだので……」
「なんだ、あれで気が済んじゃったのか。発表のトップバッターが黒乙一乙一だったのは感動的で覚えてたのに」
 ええええええあれ一昨年のあれ覚えてたんですか先生。恥ずかしいから忘れてくださいと言いたいところだけれど覚えていただいているのも嬉しいような……。

[]最近読んだもの

人類は衰退しました (ガガガ文庫)

人類は衰退しました (ガガガ文庫)

人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫)

人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫)

人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫)

人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫)

 『人類は衰退しました』を3巻まで読んだ。挿絵つきの小説には、「挿絵が無くてもいいなー」と思うものも、「無いほうがいいなー」と思うものもあるけれど、これはイラストつきで良かったと思う。物語の中でのぷりちーな妖精さんの挙動を、物語の雰囲気に合ったぷりちーな絵柄で脳内再生することができるのです。すばらしー

2009-01-05 月

[]感想を言うのは難しい

感想を聞かせて」なんてかんたんに言えない。人に要求はできない。言うほどの感想がない場合も、感想言語化するのが難しい場合もあるのに。

2009-01-04 日

[]

@quaint1719 感想ありがとうございます。にやにやしながら読みました。気恥ずかしいですが嬉しいですー。


posted at 21:04:09


共感嫌悪感がないまぜになって吐きそう


posted at 17:49:25


重要じゃないことだと思い込もうとしても嫌悪感邪魔するので


posted at 14:07:34


「よくある話」だからって痛いのが薄らぐわけじゃない


posted at 14:00:56


ずんずん心が痛くなってきている


posted at 13:58:41


影響を受け易すぎるー…


posted at 01:28:01


なぜか誰に頼まれもしないのに「あたし高二」を書いていたけれどへこんできたので本に逃避


posted at 00:04:48

2009-01-03 土

[]書くもの

 わたしが書いたものが他の人から見ても「わたしが書いたっぽい」ものになることは意外性がなくてつまんないなーと思ってるだけで、そうなること自体を嘆いてるわけじゃない。

2009-01-02 金

[]野崎孝訳も数年前に読んだのだった

キャッチャー・イン・ザ・ライ

キャッチャー・イン・ザ・ライ

 主人公が、なにかっちゃ気が滅入るろくでもないうんざりするやってられない気が重いと延々述べ続けるので、最初はこっちの気が滅入るぞといらいらしてました。「けっきょく、世の中のすべてが気に入らないのよ」っていうのは妹のフィービーの台詞だけど、ほんとにそう言いたくなる……でも、読んでいるうちに、こんなに気に入らないものがいっぱいあったら生きにくいだろうなあと気の毒になってきました。
 外見も頭もそんなに悪くないのに、余計なこと(……じゃないかもしれないけど、とにかく学校生活を送るにはすごく邪魔になること)をうだうだ考え続けてしまう男の子物語に、そばで見守っていてくれて時にはひっぱたいて彼の目を覚まさせてくれる女の子や、ここではないどこかからやってきて彼の秘めた力を引き出してくれる女の子が登場しないと、こうやって落下していくだけのお話になるのかなあと思いました。(ひどい感想である)

2009-01-01 木

[]あけましておめでとうございます:クッキー生地でののワさん

 新年早々何をやっていたかというとクッキー生地でののワさん*1を作ってました。
f:id:chiho17:20090101004822j:image
 作ったののワさんはおいしくいただきました。