Hatena::ブログ(Diary)

しあわせは日々のなか

2009-03-29 日

[]

褒められたがるくせにいざ褒められると猜疑心むくむく


posted at 11:14:49

2009-03-28 土

[]世田谷文学館に行ってきました

 @nemicoさんと。企画展荒井良二*1目当てで、たくさん絵本原画を見ることができて楽しかったのだけれど、事前にぜんぜん調べていなかった常設展もおもしろかったなー。ムットーニのからくり書物*2とか。「世田谷文学館怪獣あらわる!!(協力:円谷プロダクション)」って模型(でいいのかな、ああいうのの名称って)とか。

 雑感。子どもの方が、「一見わけわかんないけどなんかスゴイ」ものを受け止める力があるのかな。
 絵本子どものためのもの、って思ってる人の方が多い(実際書店でも図書館でも絵本は「こども室」にあったりするし)。だからこそ「大人のための絵本」とか「大人も泣ける本」とかいうキャッチフレーズを付される絵本がある。でも、「大人向け」の絵本はそうじゃない絵本に比べて、わかりやすいな、と思う。ストーリーも絵もシンプルで、余計なものが入っていない感じ。ごちゃごちゃしてたり意味とか意図とか汲み取ろうとするのが無駄に思えたりするようなめちゃめちゃに楽しいおもしろい絵本は、子ども向けに分類してある絵本の中に多い気がする。

 こうして分類して、したり顔で語ることができるようになったわたしはきっと、大人になったってことなんだろうな。「わけわかんないけどスゴイ」世界を、子どもはもっと、違う風に受け入れることができてるんじゃないかって思う……推測にすぎないけれど。

2009-03-26 木

[]あんまりよろしくないじょうたい

 元々少食ではあるけれど、ごはんがあんまりおいしく感じられない、のは久しぶり。あと寝つきと寝起きがいいことだけが取り柄なのに寝つきがあんまりよくないのも。

2009-03-25 水

[]言葉なんか言葉なんか

 言葉にすると単に「構ってもらえなくて拗ねた」ことになるからもうやだ悔しい

2009-03-24 火

[]母と娘

 たいていの人を相手にしている時、「言わない方がいいな」と思ったら言わずに我慢ができる……というか、「言わずに我慢できる」程度にしか感情は波立たない。でも、母親相手だとそうはいかない。言わない方がいいな、と思っているのに、我慢できなくて言ってしまう。後悔するのが言う前からわかっていても。言わないといやな気持ちが育って苦しい、でも言ったからってすっきりするわけじゃない、どっちにしろかなしい思いをする。

[]かわいい

 今日は年配の男性の方にかわいいと言われた。年配の女性の方にも言われた。
 どうも一部のけっこう年上の方々に好ましく思われる容姿と言動をしているらしく、時折「こんな謙虚な子はめったにいない、今時の派手な子よりずっといい」と大絶賛される。ううむ、容姿については化粧あんまりしなくて髪も染めてないだけだし、言動については単に緊張してたり人との会話に戸惑ってたりするだけなんですが。でも「かわいい」はいついかなる時でも言われると嬉しい言葉です。場合によっては多少の困惑やら何やらがくっついてきますが(かわいい、という言葉についてこういうふうに語ってしまうところがかわいくないのだ、という自覚はある)。

[]バイトの時

 休憩時、みなさんワンセグでWBC見てて、その前を横切らないと更衣室に行けなくて、どーしよーと突っ立てた……(気づいた人に通してもらえました)。
 終了後、「あの子の笑顔は久しぶりに見たわねえ」「ああいう星の下に生まれた人っているのねえ」と話しているほんのちょっと年配の方たちに、なんか和んだ。

[]「十九歳」が未来だった頃

 『対岸の彼女』(角田光代・文春文庫)読んで泣いていた。最初はうわー女子校パートぐっとくるー母娘関係ずきずきするーってだけだったんだけど、どんどん思考がそれてゆき、あんまり関係ないことまで悪い方に考えて泣いていた。

「十九歳のお誕生日にシルバーのリングもらうと、もらった人は一生しあわせになれるんだって」
「えー、一生? でもそれ、彼氏からでしょ?」
「ねえアオちん、あたしたちが十九歳のときもし彼氏がいなかったら、お誕生日にシルバーのリングを贈り合おうよ。一生しあわせにすごせるよ」
「ナナコはいないだろうからプレゼントしてあげるけど、あたしは絶対に彼氏からもらう」(P.92)

2009-03-23 月

[]大嫌いになれる日は

 大嫌いだ、もう顔も見たくないって思い切れたら楽だろうか。それはそれで大変そうだな。恨むのにも憎むのにもパワーはいるだろうから。
 ごめんね、ごめんなさいって心の中で謝ることすら忘れる日は、多分いつか来るんだろうけど、今はまだそれをやめられそうにない。

2009-03-22 日

[]

 お金無い時にも本屋さんには入ってしまう。物欲がたぎって困るというのに。なじみじゃない街に行くと、そこにある本屋さんはどんな風なのかチェックせずにはいられない。
 夕方帰ってきてすぐ電池が切れたみたいに寝てて夜目が覚めた。

2009-03-20 金

[]いつからだったっけ

 私いつ頃からニコニコでアイマス観てたんだっけと記録をたどってみたところ、2007年夏頃にはもう結構はまってたらしいことがわかりました*1。そんなに前からだったのか……
アイドルマスター バーバラ・セクサロイド(戸川純) 春香ソロ

*1:ブログにはちゃんと書いてないけど。こっそり本家で好きな動画まとめページとか作り始めたのはその頃だ……

2009-03-19 木

[]日常的にクッキー

「クッキーまだー」と日常的にクッキー作りを頼まれる環境にあるので、普段は近所のスーパーでケーキ用マーガリンまとめ買いして使ってたのでした(無塩バターより安いから)。でも今日は久しぶりに無塩バター使ってみた。高級品気分。

2009-03-18 水

[]雀野日名子 『トンコ』 角川ホラー文庫

トンコ (角川ホラー文庫)

トンコ (角川ホラー文庫)

 id:quaint1719さんにいただいた本。ありがとうございます。
 ふと思い立って著者名を口に出して読んでみた。「すずめのひなこ」ってかわいい名前だなと思った。(角川ホラー文庫だけど)

 まず、表題作の『トンコ』。トンコ自身はものすごく人間に迷惑をかけるようなことしてないんだけど、周囲の人間が汚い危ない襲われたと騒ぎ立ててトンコを悪者扱いするようすが滑稽でした。
 トンコの行動や感情(?)を擬人化してないとこがいいな。トンコはたった一頭で、きょうだいたちを匂いを頼りに探すけれど、その行動の動機を「寂しい」とか「悲しい」とか人間の気持ちを表す言葉で説明していない。きょうだいたちといっしょに過ごし、職員たちに世話され、子どもたちから好物のリンゴをもらえた時期のことも、そういうエピソードを出しているだけで、その時期に「戻りたい」とか「楽しかった」とかトンコ自身が「思う」場面はないのだ。ただ、事実記述するだけで、トンコに人間内面言葉を持たせて語らせるようなことはしていない。それを読んで「かわいそう」だの「切ない」だの「哀れ」だのと思うのは読み手の勝手なんだなー、と思う。

 最後の『黙契』がいちばん暗い感じがする、かな。情景を想像すると気持ち悪くなりそうなので、想像しないように字面を目でなぞったダメな読者です。真ん中の『ぞんび団地』が、収録作の中で、いちばんトーンが明るい……設定は悲惨だけど。酷い家庭環境にいるあっちゃんは、誰も怒ったり泣いたり喧嘩したりせず「うー」という挨拶だけで通じ合えるぞんび団地の人々の暮らしに憧れて、「ぞんびにして」と毎日のようにお願いしに行くのだけれど、ぞんびさんたちはなかなかその願いを叶えてくれないので、あっちゃんは「こっくりさん」を呼び出し、どうしたらぞんびになれるのか訊いてみる……というお話童話みたいなですます調で語られるのがおかしくておもしろい。

 人々が新しい人を食べつくしてしまうのを初めて見たとき、あっちゃんはおもらししそうになりました。でも、ここに何度か足を運ぶうちに、歓迎される人と食べられてしまう人との違いがわかるようになりました。人々や家の中の写真を撮りに来た人のことは、怒って食べてしまうのです。(P.91)

2009-03-14 土

[][]単位はここだ

 成績表確認した。卒業するのには必要ないのに趣味でとって、でもあんまり合わなくて放棄した二科目以外は、全部単位取れてた。三年生のうちに司書資格取得に必要な単位は全部取る!って目標は達成されてました。よかった……!
 来年度は必修の宗教科目と卒論しか取らなくてもいいんだなー。嬉しいなー。

[]前にも引用したことあるけど改めて

 顔が好みだの性格がやさしいだの何かに秀でているだの、もしくはもっとかんたんに気が合うでもいい、プラスの部分を好ましいと思いだれかを好きになったのならば、嫌いになるのなんかかんたんだ。プラスがひとつでもマイナスに転じればいいのだから。そうじゃなく、マイナスであることそのものを、かっこよくないことを、自分勝手子どもじみていて、かっこよくありたいと切望しそのようにふるまって、神経こまやかなふりをしてて、でも鈍感で無神経さ丸出しである、そういう全部を好きだと思ってしまったら、嫌いになるということなんて、たぶん永遠にない。

角田光代 『愛がなんだ』 角川文庫 P.149-150)

[]髪切った

 説明会の後、予約入れてた美容院へ。縮毛矯正かけた後ほっといてて、肩下10センチくらいになってたんだけど、ばっさり切った。「伸ばしてたみたいだけどいいんですか?」「放置してただけなのでいいんです」というやりとりの末、うなじがのぞくくらい短くしてしもうた。おー、夏にも肩にやっとつくかつかないかくらいに切ったけど、ここまで短くなったのは「女子はショートカット」という校則のあった中学生時代以来だー。

2009-03-13 金

[]あっさり

 不安のあまり在学中に就職決まらなかった時のことについて母親と話し合ってしまった(メールで)。そしたら「そっちで就活続けてもいいしこっちに帰ってきてもいいし、まだ時間はあるからそうなった時に考えればいいんじゃない(要約)」というような反応で、ほっとしてちょっと泣きそうになった。ありがと。実家にも地元にも愛着あるけど、今はこっちにいたい気持ちの方が強いんだ……(「こっちにいたい」の動機が不純なのが申し訳ないけど)。

 電話もかかってくるしメールも来るし、放置されてるわけじゃないけど、うちの親はあっさりしてる方なのかな。他の地方から上京して一人暮らししてる大学生の話聞くと、けっこう遠くても親御さんがたまに様子見に来たり部屋探しもいっしょにしたりしてるみたいなんだけど、うち、そういうのは一切なかったし。大学の職員さんにも、「就職活動こっち? 帰って来いって言われないの?」と言われたけど、全然そんなことはなくて、むしろ「そっちの方が就職先あるだろうし」と上京前から言われてたくらい。弟も妹もいるからなのかなー。

2009-03-12 木

[]同性にも異性にも叱られてる

 好きだったら許せる範囲内だったかも、と書いたことについて、同じことを当時を聞き知っている人に話したら「そんなわけないし」って言われた。というかその基準で男性を見るなと怒られた。ううむ……ご、ごめんなさい……

[]

アイドルマスター 少女ロボット(ともさかりえ) 伊織ソロ
 マイリストに入ってるニコマス動画が、履歴書とか書く時のBGM代わりになってたりする…

[]大遅刻

 会社説明会でした。道に迷って大遅刻でした。開始時刻5分前に「道に迷ってて遅れます」って電話入れたら親切に道順教えてもらえたけれど(それで正反対の方向に自分が来てるのがわかった。地図は手元にあったのに…!)、そして「連絡くださった方ですね」って受付もすんなり通してもらえたけれど……うー。結局1時間近く歩き回ってたな……。

2009-03-11 水

[]意味があるのか、悩んだけど

 意味なんかなくてもいいやと開き直った。
 私の発言が影響を与えることができるとは思えない、でも、伝えたかったんです。

[]結局のところ個人的な例に基づいて考えることしかできない

 節度のないコミュりたい欲をただ一人に向かって発露させるような「一途な人」に好かれたら疲弊するから、難しいなとか考えていた。でも、好きな相手からそうされたら嬉しいのかな。

 もしも、わたしもあの人を好きだったならうまくいったのだろうけれど。どうして好きになれなかったのかって、いろいろエピソードを挙げて説明することは一応できるけど、そこに本質(ってなんか嘘っぽい言葉)はあるのかな。もしも好きだったなら、それらのエピソードは許せる範囲内だった気がするよ。好きじゃなかったから嫌だったんだ。じゃあどうして好きになれなかったのか、なんてわからない。

[]米澤穂信 『秋期限定栗きんとん事件 下』 創元推理文庫

秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)

秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)

 うーん、おもしろかった。大満足ー。
 以下、ネタバレしてないつもりだけど一切ネタバレされたくない人は読まない方がいい感想です。

続きを読む

2009-03-10 火

[]それでも女の子が好きだ

 女の子と対面してる時、私はいつもどこか緊張してる、気がする。快く思われたい嫌われたくないって相手の視線を気にしてる。同時に劣等感や羨望が存分に混じった視線で相手を見てしまう。

[]好きな(男の)ひと

 顔見るとほっとする一緒にいると落ち着く多分癒されてるって言ったら笑われるかなほんとなんだけど

2009-03-08 日

[]自分賞味期限が切れることへの焦り

 可愛いって言われることが絶対なくなる年になる前に一回でも多く「可愛い」って言われたい、高校の頃そう思って焦ってたし今もたぶんそう思ってる。
 元々大した容姿じゃないんだから衰えたってかまわない、というのも本音。若いって魔法はできるだけ長くかかっていて欲しい、ちょっとでも多く褒めてもらいたい外見価値を肯定してもらいたい、というのも本音。「目を喜ばせてくれる」ことをなんとなく要求される(ように感じられる)「若い女性」という地位から早く逃げ出したい、一気に年をとっておばあちゃんになってしまいたい、というのも本音。

[]弟も妹もよい子です

 しゅーかつとバイトで心がささくれだってたんだけど、弟からのメールで和んだ。ありがと。

[]手縫いも楽しいけどミシン欲しいです

 自力で裾上げを施した。まつり縫い、久しぶりにやったなー。

2009-03-05 木

[]うんうん

 うんうん唸りながらエントリーシート書いたったって書けるくらいには大丈夫になったかな。ちょっと前まで不安を文字化することすら不安を増強しそうで怖くて、ブログじゃ一言もしゅーかつについて触れられなかったんだけど。

2009-03-04 水

[]母校(高校)の1年生に大学紹介

http://d.hatena.ne.jp/chiho17/20090220/p1
 こんなわけで、修学旅行に来た高校1年生たちに大学紹介をしてきました! かんたんに学生生活についてしゃべる内容は考えて、文章化してメールで職員さんに見てもらって「わかりやすくてすごくいいですよー」と心強い言葉をいただいていたものの、いざ人前に立つとあがりました。緊張しました。声ちょっとふるえました。だめだめです。
 1・2年生の時の担任の先生にも3年生の時の担任の先生にも久しぶりにお会いできましたー。「変わらんねー!」としきりに言われた……そ、そんなに変化がないのか……。
 そんなこんなで、懐かしの先生や後輩たちといっしょに学内を巡ったり昼ごはん食べたり楽しかったですー。高1って妹と同級生だから(妹は別の高校なのだけれど)、出身中学も同じ子に「○○ちゃんのお姉ちゃんですか?」って言い当てられたりしました。
 午後はチャペルでお祈りしたり聖歌うたったりしました。久しぶりに入ったなチャペル
 バスで次の目的地へ向かう後輩たちを見送った後、入試広報課の職員さんにすごく丁寧にお礼を言われたりお褒めの言葉をいただけたりで恐縮してしまいました。た、大したことはしてないのに……! でも自分が果たした仕事(ほんのささやかなものだけれど)について肯定的な評価をいただけたのは久しぶりなので、たいへん嬉しいです。ふっふっふー。

[]Twitterポストしているうちに気づいた

彼氏」という言葉を単体で登場させるのはなんだか恥ずかしくて「彼氏さん」にしていたのだけれど(さん付けしたからといって何故恥ずかしさが薄らぐのかは謎)、「かれしさん」とひらがなで書くとさらに意味曖昧になった気がして恥ずかしさが減ることが判明したので、こっちを使っていこうと思いました。……まあその呼称もそんなにしょっちゅう登場しないでしょうが。恥ずかしいから。結局それか。それなら最初からなんにも書かなきゃいいのにね。うまく理由は説明できないけれど自分日常をここやTwitterに記録するのは楽しくて癖になっているから、時には「かれしさん」のことが書きたいことの中に含まれることもあって、そういう時は本人が見ても気分を害さない・私が書いても恥ずかしくないぎりぎりの線を模索しながら書かなくてはならないわけです!
 ……しかし改めて説明してみると「書かなきゃそれですむ」ことを「書く」ためになかなかややこしい道をたどってるな。なんでこんなややこしいことが好きなんかな……。自己顕示欲と言ってしまえばそれまでなんだけれども。

2009-03-02 月

[]

 褒め言葉をかみしめて嬉しがっている。

2009-03-01 日

[]手足の先まで感情でいっぱいになってる感じの時

 とにかく話を聞いてほしくて慰められたくて吐き出したくて、って時にほんとにしゃべり散らすものじゃないと思った。生傷の時にさらけだしたって醜いだけだった。後悔につながるだけだった。

Connection: close