Hatena::ブログ(Diary)

しあわせは日々のなか

2010-06-30 水

[]

仮面の告白 (新潮文庫)

仮面の告白 (新潮文庫)

そしてここでは、私は一人の男子であることを、言わず語らずのうちに要求されていた。心に染まぬ演技がはじまった。人の目に私の演技と映るものが私にとっては本質に還ろうという要求の表われであり、人の目に自然な私と映るものこそ私の演技であるというメカニズムを、このころからおぼろげに私は理解しはじめていた。(p.29)

2010-06-29 火

[]

[asin:4163292403:detail]

清浄と淫らって、一つのことだと思うわ」   (p.25)

2010-06-28 月

[]『受胎告知』

受胎告知

受胎告知

だけど、あんた、あんたみたいな東京文化人階級お嬢さんたち、考えたことあるの? それ、まったく、インテリの特権なんだよ。あんた、自分がどんなに特権階級だかなんて、考えてもいないでしょう。ね、あんたの考えてることなんて、インテリにしか通じないんだよ。あんたも、あんたのお父さんも、死んだお母さんも、みんなインテリインテリずくめなんだよ。インテリなんて、お互いどうしわかってるだけで、部外者にはぜんぜん思いやりがないの。 (P.63)

2010-06-26 土

[]憂鬱な夏

 何故か知らないけれど月に一度のお客様は、暑くなると二度三度やってくることが多い。初潮を迎えて以来ずっとそうだ。憂鬱の種。

[]本を読みたくなっている

 去年は卒論のために何度も何度も同じ本を読んでいたし、今年に入ってからもずっと余裕がなくて、既に慣れ親しんでいるものしか読めなかったけれど、最近やっと新しい活字を取り込めるようになった、かも。

2010-06-23 水

[][]図書館が好きです

 久しぶりに地元図書館に行った。自転車で。高校時代はしょっちゅう通っていた場所。
 広くて明るくて、近隣の中学校で練習している野球部のかけ声がここまで聞こえてくる。よく通っていた頃と同じに。最近かさかさの心を潤すべくいそいそと借りる本を選び出す。

 家に帰るとどこに寄ってきたのか母親に訊かれて、図書館と答えると、「やっぱりねー、だと思った」とちょっとだけ呆れたように言われた。自転車だと図書館は遠いのにがんばるねえ、でもあなたは昔から本好きだったもんねえ、という反応。私の行動パターンをわかってるなあ、わからせてしまっているなあ、と思う。

[]

 ここに何を書いたらいいのかわからなくなってる。
 書きたいことが何もないわけじゃないんだけれど。

2010-06-22 火

[]所詮現実

 私と接して「漫画とかアニメキャラみたい」と言った人は過去に何人かいて、いやそんな気軽に漏らした他愛ない感想を真に受けることないんだろうけど、でも、私は所詮現実に生きてて、癒しとか生きる元気とかを与えるだけの存在にはなれないんだ……という当たり前の事実に直面した時、そういうことを思い出す。
 できればね、好きな人の望むものだけ与えられる存在になりたかった。悩みの種なんかになりたくなかった。無理だけど。生きてる以上無理なんだけど。

2010-06-16 水

[]再読

赤×ピンク (角川文庫)

赤×ピンク (角川文庫)

 まるで女の子人生みたい。華やかな、かわいい女の子でいられる時期は一瞬。過ぎ去っていく季節だってわかっているのに、無駄に使ってしまっている。夜をおかしなことに切り売りして生きている。それで息も絶え絶えになって。(p.36)

2010-06-15 火

[]年相応

 昨晩、高校生の妹に「おねえ絶対年相応に見えないよね、若く見えるよ、高校生て言っても大丈夫」と言われて、ちょっと嬉しいような気もしたのだけれど、肌とか明らかにもう十代じゃないと思うので、それでも十代に見えるってことはやっぱり年相応の落ち着きというか大人っぽさが足りないんじゃないだろうか。などと考え込んでしまった。

[]

アイドルマスター 千早「jet coa‌ster★girl」
 手描きの、ふつうに道行く女の子が着てそうな可愛い服(ワンピ+ストール+レギンス? かな?)を着たちひゃーがかわゆい。かわゆすぎる。

アイドルマスター 天海春香 許されない恋
 許されない恋を春香さんが選んだと思うと……うう……。

2010-06-14 月

[]無人駅

「きっぷは、ご乗車前に、目的地の駅まで正しくお求め下さい」というポスターが、無人で切符売り場も無い駅(乗車したら整理券を取る)に貼ってあって腑に落ちない。乗車前に買う手段ないじゃないか、ここ……! いやこの駅が例外で乗車前に切符買える駅がほとんどなんだろうけど腑に落ちない……!

2010-06-12 土

[]孫娘の自分

池辺の棲家 (角川文庫)

池辺の棲家 (角川文庫)

 池のほとりで暮らす千亜子は息子を失っている。息子は高校生の時、「ぼくは皮膚呼吸ができなくなりました」と書いた紙片を残して山に消えたのだ。それが、今は孫娘を持つ「おばあちゃん」でもある彼女の、過去の話だ。


 久しぶりにこの本を読み直したら、ふと、叔父のことを思い出した。父の弟は交通事故で、19歳の時に亡くなっている。小さい頃、同居している祖父母にその話は何度か聞かされていたから、20歳になった時には「ああ、叔父を追い越して成人したんだな」という感慨みたいなものがあった。
 叔父が亡くなったのは私が生まれる前の年だ、というのは聞いていたけれど……そうか、祖父母からすると私は末の息子を亡くした次の年に生まれた孫娘なのか、と思い至った。
 息子を亡くすのがどれほど悲しいことなのか、孫が生まれるのがどれほど嬉しいことなのかは私の想像できる範囲を超えているけれど、初孫でもある私がすごく大事にされているのは確かだ。

2010-06-10 木

[]春香さんを愛でる

アイドルマスター 天海春香    が好きだ
アイドルマスター 『樹海の糸』 春香ソロ
THE iDOLM@STER 天海春香 「サンデイ」
 春香さんを見る時は、春香さんが愛しいというプロデューサーさん視点に乗り移って見ていることが多い気がします。
 他の子を見る時は、プロデューサー視点でなく単なる一ファンとして見ている気がするんですよね。
 雪歩がちょっと複雑。たいていはただのファンとして造形に目を奪われているんだけど、ものによっては雪歩の性格に自分を重ねてしまうから。感情移入対象が雪歩になってしまう。

2010-06-08 火

[]甘ったれた娘の戯言なのはわかってるんだけど

 父親からああしたらどうかこうしたらどうかと何かを勧められたり助言されたりするたび頭ががんがんして目頭熱くなる。息苦しくなる。
 父親の言う内容如何に関わらず、そういう風になってしまう。受け入れられない。げんなりする。過剰反応
 はいはいと聞き流しておけばいいのだ。それくらい顔に出さずにできるようになってもいいはず。大人なんだから。

[]

私は性慾に駆られてこの線の手前まで来て、これさえ越えれば望むところの性慾の満足を得られると思いながら、この線が怕ろしくて越えられなかったのだ。越えたくなくて越えなかったのではなくて、越えたくても越えられなかったのだ。その後幾年か経って再びこれを越えんとした時にもやっぱり怕ろしかったが、その時は酒の力を藉りて、半狂気になって、漸くこの怕ろしい線を踏越した。踏越してから酔が醒めると何とも言えぬ厭な気持ちになったから、又酒の力を藉りて強いて纔にその不愉快を忘れていた。こんな厭な想いをしてまでも性慾を満足させたかったのだ。これは相手が正当でなかったから、即ち売女であったからかというと、そうでない。相手は正当の新婦と相知る場合にも、人は大抵皆そうだと云う。殊に婦人がそうだという。何故だろう?

二葉亭四迷『平凡』新潮文庫 p.93)

2010-06-07 月

[]いもうと

 妹の方が私より6センチちょっと背が高い。妹の身長が羨ましい。やっぱり立ち姿が「すらっ」としてる。私じゃどうがんばっても「ちまっ」だもんなー。
 改めて妹に身長いくつ? と尋ねたところ答えた後に尋ね返され、153センチと答えると「かわゆす」と言われた。身長かわいいと言われるのはそんなに好きじゃないんだけど、相手が妹だと気にならないな。

[]ピーマンの肉詰め

 作った。
f:id:chiho17:20100607194112j:image:medium
 食べるぶんには気にならないけど写真だと黒焦げ部分が気になるなあ。

2010-06-06 日

[]タカシP巡り

【アケマスありがとう】−花ー【アイマス紙芝居】
【アイマス手描きMAD】「汚れた下着」
【切り絵アニメ】でアイドルマスター【完成版】
 ここ数日またタカシPの動画をぐるぐる見てまわってます。

[]電話

 東京にいた頃は夜中までだらだら電話してたんだけど、実家帰って以来私が早寝なのもあってあんまり長電話できてなかったんです。でも今日は寝る前にたくさん話せて嬉しかったです。

2010-06-05 土

[]てりてり

 一人暮らしの時に照り焼きチキンhttp://cookpad.com/recipe/291447)とか作ったよ、という話を母親にしたら、「あらそれお母さん作ったことないから作って♪」……ということになり、今日は私がそれを作りました。(とか言うと大げさだ……煮るだけだし簡単だし)
 あと母親手伝ってキャベツ千切りにしたり野菜炒め作ったりしてた。7人分だから見た目びっくりするほど量多い。すぐなくなるんだけどね。

2010-06-04 金

[]二葉亭四迷『平凡』

平凡 (新潮文庫 草 14-1)

平凡 (新潮文庫 草 14-1)

「私は生来未だ曽て決心をした事の無い男だ」に笑ってしまった。おもしろかったです。

2010-06-02 水

[]実家効果

 元からかなり寝つきはいい方なのだけれど、実家にいるとさらにいい。たちまち寝る。日付変わる前に眠くなる上に朝6時前に目が覚める。

2010-06-01 火

[]

 農作業から帰ってきた両親祖父母とお昼ごはんを食べて、食器を洗おうと席を立ったら「『ゲゲゲの女房』見てからにすれば、おもしろいよ」と母親に呼び止められて再び座る。連続テレビ小説ってほんと放送時間農家の生活リズムにぴったりだよね……。
 今日の『ゲゲゲの女房』にはエビフライが出てきたんだけど、観終わった後父親と母親が「今日夕飯エビフライにせんと?」「しゃん豪勢なもんしません」と会話してておもしろかった。