ダイエット設定

2009-09-07

ダイエットのメカニズム

18:55

過度に食べなければ、細胞に保存された脂肪が人体の活動のために使われるためであり、脂肪が自ずから分解されるのではありません。

脂肪を使って、空いた空間ができた細胞はこれ以上空いた空間を作ろうとしないだけでなく、空いた空間を満たそうと旺盛な活動をすることになるので体重が減りません。この減らない期間で停滞期となります。

2009-09-05 ミネラルウォーターを飲む

清涼飲料や氷菓子類の代わりにミネラルウォーターを飲む

夏にはすっきりした清涼飲料やアイスクリーム、しばしば食べることになって栄養的な均衡がこわれて痩せることは、ますます難しくなることになる。のどの渇きを解消するためにミネラルウォーターよりより良いことはない。ミネラルウォーターを常に携帯する習慣は健康にも良い。

2009-09-03 夏のダイエット

ダイエットの核心は疲れないで空腹がなくて、無理な運動を避けることだ。夏には普通の時より若干少なく食べた方が良い。果物と野菜を中心に食べて氷菓子類・冷麺などとても冷たい食べ物をしばしば食べないようにする。

2009-09-02 ダイエットの運動

やせるには着実に運動をしなければならないということです。

停滞期の期間、運動の量、食べる食べ物、人によって違うので、停滞期の期間を同じように決めることができません。

停滞期はいつもしばしばくることになって、停滞期のためにダイエットできます。

停滞期は一度だけくるのではなくて、いつもくるので停滞期を克服してこそダイエットに 成功します。

停滞期がしばしば反復しても、運動方法を変更せずに継続すればダイエットに成功します。

2009-09-01

動物のダイエット

18:55

動物は生存のために、血液中に一定の栄養分があるように調節をします。

動物の細胞は摂取した栄養分を使って残ればすなわち血液中に栄養分が多くなれば脂肪で切り替えて、細胞自身の大きさを大きくして保存して、飢えたり運動で栄養分の供給が少なくなれば保存された脂肪を使います。

保存された脂肪を使ったらすでに大きくなった細胞は 空いた空間ができるのに、この空間ができるので体重が減るのです。