Hatena::ブログ(Diary)

なまじなまなか

2009-09-21

[]最近読んだ漫画

積ん読はまだ若干ある。連休中に片付けられるといいのですが。

ちはやふる(6) (BE LOVE KC)

ちはやふる(6) (BE LOVE KC)

細かいギャグが、ノリが古いと思いつつきっちり笑わせてくれる。なんかこの巻、ちはやの扱いが酷くて顔芸がおかしい。

次は太一と新の試合があるのかな?はやく次が読みたい!


エンバーミング 2―THE ANOTHER TALE OF FRANK (ジャンプコミックス)

エンバーミング 2―THE ANOTHER TALE OF FRANK (ジャンプコミックス)

エンバーミング 3―THE ANOTHER TALE OF FRANK (ジャンプコミックス)

エンバーミング 3―THE ANOTHER TALE OF FRANK (ジャンプコミックス)

デザインとかコマ割りとかギミックとか、どんどんアメコミ調になっとる…。日本のメジャー誌で分かりやすくこういう路線入ってる人は珍しい気がする。このまま墨絵とアメコミ調が融合したら面白い事になるんじゃないかな。作者の言う通り、話が進むにつれて徐々に子供っぽく見えるてくる、あたりの手腕。

ただ既成単語をそのまま名前にする(エーデルとか)のってなんか読んでてむずむずする。別のものが連想されてワンクッション入るから、名前とキャラがストレートに結びつかない感じがするというか。切り裂きジャックネタはよく見るけど、絡め方がひねてあって面白いです。美形っぽい感じに気持ちの悪い能力…というスカベンジャーはいかにも和月先生っぽいキャラ。

ウィキペディア見てたら、「青年向け少年漫画」って書いてあって…それ何?


さよなら絶望先生(18) (講談社コミックス)

さよなら絶望先生(18) (講談社コミックス)

下ネタ言う時のくめたん顔が。頭に電球まで浮かべて…笑。若干苛っとさせる可愛さ。

そしてそこここに、さのすけがいる…。


チェーザレ 破壊の創造者(7) (KCデラックス モーニング)

チェーザレ 破壊の創造者(7) (KCデラックス モーニング)

帯見て、なんでカノッサの屈辱??と思ったら、教皇皇帝と権力の話だった。ミケランジェロが(アンジェロとは別に)出てきた。ミゲルの身も蓋もない所が好き。しかし作画の手間を思うと頭が下がる。調べるのも、描くのも。


回転銀河(6) (KC KISS)

回転銀河(6) (KC KISS)

コミックスでまとめて読みたかったので雑誌で読まない様に必死に我慢していました。面倒くさがって落ちるなんて前代未聞。さすがとしか… 

どっちかいうと、和倉ちゃんが恋心を自覚するまでが難関かと思ったけど、そこまで不思議ちゃんではなく、「ほどほど」というニュートラルキャラだから、そこはそう問題にはならなかった。親友のままでも良かったっちゃ良かったんだけど!ファンタジーとか格闘要素のない、日常ベースの学園恋愛もので、ここまで展開にじりじりしながら一ページ、一ページを丁寧に読んだのはすごくひさしぶり。笑いも貰った。和倉ちゃんのコメントとか態度とかウザくておかしかった。


GIANT KILLING(10) (モーニング KC)

GIANT KILLING(10) (モーニング KC)

GIANT KILLING(11) (モーニング KC)

GIANT KILLING(11) (モーニング KC)

11巻読んで変だと思ったら10巻が積ん読状態だった…。それで表紙がカレーだったのか!

次々と捨て駒のように(実際あれだが…)キャラが出てくるが皆可愛いので良しとする。チャンス可愛いよチャンス。まあリーグ戦だからまた時期に出てくるであろう。

十巻から「原案・綱本、作者・ツジトモ」になってる。


のだめカンタービレ(22) (KC KISS)

のだめカンタービレ(22) (KC KISS)

内容を覚えてなかったので数冊前のも読んだ。ちゃんとストーリーを見ながら読んだらえらい面白かった。のだめとの競演を終えたミルヒーの「死ぬかとおもった…。この年であんな目に遭わせるなんてのだめちゃん酷いよー。生きてて良かった」というくだり感動。

そして自分探しブラジルイタリア……?ワールドワイドだなあ。のだめが自分の天使かも、と思う千秋。お互いに才能に嫉妬したりされたり。非常にやおい的。という、ああいうのが私が良いなあと思うやおい。しんどそうだけど。そのしんどさすら引き受ける強さが欲しいという事でもある。次が待ち遠しい!


鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)

キンブレー…好きだったのだが。終わりに向けて引かれた線に沿ってるだけ、という感触もありつつ、でもテンションも落ちない…どころか盛り上がってるって凄いね。

エンヴィーの最期、誰にもとどめをささせずに、主人公の説得で自死。展開が素晴らしすぎて泣けた。PTA的な意見で「少年漫画は戦ってばかりで良くない」みたいなのがありますけど、あそこの下りは、その批判に対して一つの答えになると思う。戦いを描いてはいるけれど暴力でない方法で事態は解決、戦いの虚しさを(戦禍や悲劇ではなく)間接的に描く、という。


からん(2) (アフタヌーンKC)

からん(2) (アフタヌーンKC)

連載時はこの巻の途中くらいから本腰入れて読み始めたので(最初のほう、キャラが多くて訳がわかなかった)、色々繋がる事があった。左近さん怖いわー。


放浪息子 9 (BEAM COMIX)

放浪息子 9 (BEAM COMIX)

相変わらず胸がいたくなる展開です。

ユキさんとしーちゃんのなれそめは、知りたかった所なのでうれしい。続きが気になる……。でも今雑誌を買っても話は繋がってないのよね。最近よくある「この巻の続きが次の号から読める!」って手法の有り難みがよく分かった…。

女の子になりたかったけど今は違うしーちゃんを見て思うところがある高槻くん。女の子になりたいのか、女の格好がしたいのか、と問われて、女の子になりたいです、と答えるにとりん。色々な道が提示される。


ハチワンダイバー 11 (ヤングジャンプコミックス)

ハチワンダイバー 11 (ヤングジャンプコミックス)

そよちゃんが相変わらず肉々しい…そしてカッコイイ。師匠も相変わらずです。まさかここでミッシェルネタが出てくるとは思わなかったよ!


3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)

後書きの次ページ(濃厚なタッチでファンタジー生物が描いてあるやつ)、ぱっと見「3月のライオン」の次巻の予告カットだと思いこんで(いや羽海野さん、パロディで変なカット描く事あるから…)、何故わざわざこのカットを次巻予告で選ぶ?と思ったらベルセルクの宣伝でした。


あずまんが大王1年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

あずまんが大王1年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

あずまんが大王 2年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

あずまんが大王 2年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

あずまんが大王 3年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

あずまんが大王 3年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

修正されてる絵と元の絵がごっちゃだからびっくりするなあ。絵だけじゃなく、文法も案外変わってるんだなあ。あと初期は萌え方向に媚びる様なテイストが強くて、後半になるにつれ消えていく過程が面白かった。


PLUTO 8 (ビッグコミックス)

PLUTO 8 (ビッグコミックス)

実は浦沢マンガちゃんと読んだの初めてでした。読めば面白いんだろうとは思っていたけど、達者過ぎてフックがないんじゃないかなと思って。達者すぎるくらい達者ではあったのも事実だし、フックのなさも案の定だったけど実際に読み出せばそれは面白さのが上回る、という感じでした。しかし、浦沢さんって本当にエロスという要素を持ち合わせていないなあ。それで青年漫画の第一線って凄いなあ。そこの持ち合わせがなくても構わないほどにそれ以外の部分で面白いって事ですね。

全巻読み返した。何回読んでもノース2号のエピソードはきつい。アトムは可愛かった(アトムたんが可愛くて読み始めました)。山田五郎の解説が良かった。


おおきく振りかぶって(12) (アフタヌーンKC)

おおきく振りかぶって(12) (アフタヌーンKC)

南京錠の番号が花井…笑。部長愛されてるな!

着替えに容赦なく入室する千代ちゃんも大好きです。でも誰かさんにだけちょっとドキドキしてるんだろなあ。ふふふ。


今市子先生の初期短編集。ホラーっぽいのは普通に怖くて、最初からオリジナル。SF・FTっぽいのはやっぱりちょっと萩尾臭がする。

あとはBL

Gad Sfortunato (EDGE COMIX)

Gad Sfortunato (EDGE COMIX)

飄々としていていて面白かった。この人ので割と濡れ場が描いてあるほうなので珍しいなーと思いましたとさ。最初買ったの帯なかったから帯付きの買い直しちゃったよ。


生徒会長に忠告 (4) (ディアプラス・コミックス)

生徒会長に忠告 (4) (ディアプラス・コミックス)

中盤からずーっと濡れ場。あれをディアプラス巻頭カラーでやったというのがすごい。

しかし山城がらみはホラーすぎる。犯罪だけど、「どうしたら愛されるだろう」は切ない!この二人は落ち着きどころがあるんだろうか…


ダブルミンツ (EDGE COMIX)

ダブルミンツ (EDGE COMIX)

 

痛い話だなあ…精神的にも肉体的にも。振り幅の広い作家さんですだ。それにしても漫画のうまい事よ。描線がうまいってのもある。

うごキャラ日記 サークルリンク