chilican はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-06-06

前衛レーベルからの洒脱なクレズマー・ジャズ - Feldman/Caine/Cohen/Baron

ジョン・ゾーンのTzadikレーベルにはいくつかのシリーズがあるが、「Radical Jewish Culture」シリーズはものによってはかなり激しく、なかなか聞くのは厳しい音楽で、買ったけど手放しちゃうなんてことがしばしばある。Tzadik自体がなかなかポップミュージックとして聞くには奇矯だし、かといってアカデミックでもないものの巣窟なんだけどね。とにかく幅が広いのでレーベルを丸ごと受け入れるってのはなかなか難しいと思う。

f:id:chilican:20090606095254j:image

そんな中ディナー・ミュージック的にも楽しめるアルバムが出た。

Mark Feldman / Uri Caine / Greg Cohen / Joey BaronのカルテットによるSecrets (Tzadik, 2009)だ。

ヴァイオリン、ピアノ、ベース、ドラムの編成でジャズ化したクレズマー音楽をやっているのだが、これが実にスウィンギーで聞いていて気持ちがいい。曲によっては哀感の強いものもあるし、急速調でドライヴする展開もあって、飽きさせません。ダウンロードで買ったので、あまり詳しくないTzadik公式サイトの記述くらいしかクレジットの情報がないのだが、口伝で伝えられてきた東欧の敬虔派ユダヤ教徒の音楽、ハシディック・ソングを取り上げているらしい。

フェルドマンとバロンジョン・ゾーンやビル・フリゼールジョン・アバークロンビーらとの共演でおなじみだし、コーエンもマサダメンバーだったはずだ。フェルドマンのヴァイオリンはいつきいてもすてきな、美しい音色を持っている。ユリ・ケインはぼくにとっては初めてだが、リリカルなタッチの端正なピアニストという感じだ。

バップ原理主義者とユダヤ嫌いは別として、拒絶する人は少ないだろう。

Tzadikにはめずらしく、とんがった音楽を好まない人であっても楽しく聞けるアルバムだ。

910910 2009/06/06 11:04 もともとユリ・ケイン目当てで買ったアルバムですが、最初ユダヤのトラディショナル集というか、そっち方面の曲ばかりなので心配しましたけど、メンバーがうまく料理してくれていますね。ジャズの方にも引き戻された曲もあって、雰囲気もいく分親しみやすく、アルバムは気に入りました。でも買ってから聴くまで、日数がかかりましたよ。

TBさせていただきます。

chilicanchilican 2009/06/06 13:39 トラックバックありがとうございます。
Tzadikだと、アヴァンギャルドで聞きにくいんじゃないか、って心配もありますよね(苦笑)。
これはたぶん激しいだろう、と思っていても、このレーベルの場合、予想を軽々と越えていくので油断できません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chilican/20090606/1244249937