Hatena::ブログ(Diary)

ちょっともらった。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013 年 01 月 07 日 (Mon)

明けましておめでとうございます。

年末のご挨拶もしないまま、年があけてしまいましたが…

昨年は更新もほぼ無い中、お越し頂きありがとうございました。

本年もお付き合い頂ければ幸いです。

さて、早速ですが「ちょっともらった。」はお引越しをします。

キスマイ熱もだいぶ落ち着いてきたのと、

ブイファンあってこそのキスマイ嵌まりだと思っているので、

両方を切り離すのは以前からおかしいとは感じていたのですが、

年も変わったのでこのタイミングで一緒にしてみたいと思います。

ただ、未だにステージに健とおたまが居ると、

2人に対するファンのスタンスが違いすぎて

どういう風に観ていいのかわからないのですが、

まずは日記から始めたいと思います。

(ただブイごとはあんまり更新しないと思うけど…)

(なぜならお仕事が少なry)

まだまだお付き合いいただけるという方はお手数ですが

↓からお越しいただけると幸いです。

■ちょっともらったハイパー

http://d.hatena.ne.jp/chilo38yt/


2003年からhatenaを使っている身としては

「オレたちの愛したhatenaはもう無い!」

と分かっていても結局hatenaから離れられないのよね。。

2012 年 12 月 09 日 (Sun)

お久しぶりです

玉担宣言をしてしまったこともあり、

めっきりキスマイに夢中…

というより、露出についていくので精一杯で

ブイごとはたまにスルーしてますが(ぁ)

コンサート決まりましたね。

とりあえずコンサートはワタシのライフワークなので

絶対に行きます。

新曲が良質で久しぶりにブイにドキドキしたし!

胸の中心をキュッてつかまれた。

高まる以外の要素がひとつもない!

正直な話をすると、キーポンの時にもうブイが目指す方向にはついていけないかも知れない、と感じてただけに本当に良かった!

自己満足ではなく、きちんとビジネスの戦略に乗って、そこに好きなことややりたいことがないと今のワタシはダメかも。

だからこそ、今さら坂本リーダーブームがおこってます。

あの人面白い!

健の呪縛*1から解き放たれて視野が広くなったのか、最近は坂長が自然に視界に入ってくる。

本当に盲目的に健しか見ていなくて、そこにごうつんが入ってきて、岡田が入ってきて、今が坂長。

特に坂本くんの面白さは人として面白い。

わンディッシュなんて、

誰の目から見てもも○ずキッチンのパ○りだろ!と思えるのに

与えられた役割を恥ずかしさもなくこなしている。

きのう何たべた?に書いてあったけど、

40代になるとお腹がでてきたり、薄くなったり、

周囲がオヤジ化してくる中、

あの40代はおいしい!

木中は年齢推しじゃないし敷居が高いし、

茂くんはいい意味でキャラ的にスタイリッシュではないし、

あれをやらせるのは確かに坂本くんが適任なのだ。

しかも本人に恥ずかしさがないところがいい。

たまに照れてるけど、計算ぽい照れなのだ。

やだ。かわいい。

と、奥様連中に思わせてしまいそうな照れかたなのだ!

セク ゾンやらキス マイやら若い子に興味もなく、

あらちですら若い子と思う世代にはぜひ坂本くんをオススメしたい。

適度にへたれな感じが年上の奥様方には魅力にうつるだろう。

旦那はメタボでトキメキはなく、

子供にも手がかからなくなってきた50代あたりの主婦層に坂本くんの面白さを伝えたい。

という訳で、最近はめっきり坂本くんに夢中です。

うっかり語ってしまうくらいには………

(人生っておそろしい)

カリスマは言わずもがな。

早くコンサートに行きたいなー。

*1:自分でかけてたんだけど

2012 年 06 月 10 日 (Sun)

スーパームーンの決断

本来であればここに最初に書くべきだったんだろうけど、

自分と健との距離が見えなくて、

どう書くべきか考えていたのだけれど

アクチュールの健を見て、すんなり腑に落ちたので

やっと書けます。


私は2012年5月5日にKis - my - Ft2の玉 森 裕 太くんに降りました。


それは健ファンを辞めるという選択肢に見えるかも知れません。

裏切りと思われるかも知れません。

もちろんコロコロ変える方もいる世の中で、

反対にそんなのは己の自由だと思うかも知れません。


どちらにしろ自分は自分の心を誤魔化すことはできない性質なので

キスマイコンを観ながらモヤモヤしていた心を

スーパームーンの日に決めました。


でもラブベ終了後辺りから

『卒業できそう』とはブイ友らにも呟いていたのだ。

自分でブログ読み返しても、

完全にココ(http://d.hatena.ne.jp/chiloru530/20111111/1320938181)で

卒業フラグ立ってるなー、と思った。

こんなに健が好きで健が観たくて健のことばかり考えていた日々というのが

本当に本当に久しぶりで終わって欲しくないなぁ、と思う反面、

もう終わっても大丈夫だな、と安定した自分も居る。

その「大丈夫」は健が必要ないという意味ではなくて。

やっと。

どこに居ても、何をしていても、健が好きで必要で無くならなくて失くせなくて。

そういう場所に自分が立ち戻ることができた。

健のことをキライになった訳じゃなくて、

健が元気で大丈夫だと思えたから、

次の人=玉森を受け入れることができたんだと思う。

ただ、自分は2つを同じように追いかけられるほど器用じゃないので

優先順位を変更させて頂いた。


アクチュールの健は、

きっともう年齢と可愛いのギャップに悩んで突然短髪にしたりしないだろうし

短髪にしてもきっと自分で納得して受け入れる度量があるだろうし、

愛することも愛されることも受け入れられると思う。

ブレない。

健がブレないから、ワタシもブレずに居られる。

だからこそ玉に降りる話しをしたブイ友が

「健ブレろ!そうしたら(ワタシが)戻ってくるかも知れないから!」

と言われたけれど、確かにブレたら心配になって戻るかもw

でもそれでもブレないだろうと解かっているから、

ワタシは玉森くんに夢中になります。

(チヤホヤしてくれるのはデビュー当時だけですから!)


もう健に対しては恋情じゃなくて同志な感覚に近いから、

どこかで幸せになっていて欲しい人。


あとは腐った脳で考えると、

4年前まで健は主に左側だったのが、

今は主に右側に変わったということも大きいと思う。

腐っても女な自分、ね。。


という訳で、ブイごとがあればココで更新するかも知れませんが、

今までのような見解はできるかは解かりません。

また、1番好きじゃないとイヤな方には申し訳ないですが、

アンテナやお気に入りから削除していただければと思います。

今までありがとうございました。

今後ともお付き合い頂ける方は、どうぞよろしくお願い致します。


はー。こんな日が来るなんて考えたことも無かった。



Connection: close